窪田康志のニュース

番組司会やイベント……“落ち目”AKB48が競馬界とズブズブ関係を築く「カネと愛欲」の裏事情

日刊サイゾー / 2015年11月12日23時30分

そこに資金を提供したといわれているのが、AKB48の総本山といえる管理会社、AKS設立に参加した窪田康志の実父、窪田芳郎氏。息子であるAKSの窪田康志氏の要請に応じて、20億円とも30億円ともいわれる資金を提供した。 そして解散寸前にあったAKB48はこの資金を元に成功をおさめ、一躍日本を代表するトップアイドルへと駆け上ったのである。 この窪田康志氏は、競 [全文を読む]

野球賭博汚染は球界だけじゃない、AKB運営・前社長も億をつぎ込む常連だった! 巨人とAKBのコラボの裏で何が...

リテラ / 2016年04月03日12時30分

その男とは、秋元康とともにAKB48をつくった創始者の一人にして、AKB48の運営会社である株式会社AKSの前社長・窪田康志氏である。 彼は過去、「週刊文春」(文藝春秋)2011年8月11日・19日合併号で野球賭博常習者であったと報じられたことがある。 誌面によれば、AKB48が誕生する前の04年のシーズンから10年のシーズンまで年間億単位の額を野球賭博 [全文を読む]

“消えたAKB48”河西智美、ミュージカル主演に! 「あの人は今」効果で会見は大盛況

サイゾーウーマン / 2017年01月23日11時45分

さらに同年、「週刊文春」(文藝春秋)に、当時のAKS社長・窪田康志氏宅へのお泊まりスクープを報じられた。 「そういった騒動が重なってAKBの運営からも見放されていましたが、現在は仕事のない時期を経験したことで改心した様子。今回のミュージカルも決して大作ではありませんが、いきいきと取り組んでいるように見えました。少なくとも、また逃げ出すことはないでしょう。本 [全文を読む]

レコ大買収、HIROのLDHがバーニングに払った1億円の行方! スポーツ紙記者の豪華接待に使われていた?

リテラ / 2016年10月30日12時30分

そして窪田康志社長がエイベックスの松浦社長とバーニングに相談し、その結果、EXILEはレコ大を辞退することで話がついたんですが、裏でやはり巨額の金が動いたと言われました」(音楽事務所関係者) そして、このバーニングを中心とした受賞工作に全面的に協力していたのがスポーツ紙記者などのマスコミ関係者だった。 実は、レコ大の審査委員のほとんどはスポーツ紙記者や新聞 [全文を読む]

バド桃田賢斗選手は違法だが、「カジノ大好き」著名人は数多い!? AKB48仕掛け人やタレントに見る「中毒性」

Business Journal / 2016年04月14日13時00分

まあ、運営プロダクションAKSの社長である窪田康志氏も数十頭の競走馬を所有する馬主であり、AKB関連の幹部はみなギャンブル好きな面があるようだ。 意外なところでいうと、タレントの菊地亜美も「カジノ通い」を趣味にしているとか。以前テレビ出演した際、2013年にたまたまロサンゼルスやラスベガスでカジノを体験し夢中に。5万円を投資して100万円勝ったと豪語。ブラ [全文を読む]

AKB公式10年史発売記念...暴力団との関係、タレントへのお手つき、盗撮、脱法ハーブ...AKB運営闇の10年史

リテラ / 2016年04月06日12時00分

●ファンへの裏切り! AKS社長はタレントに手をつけている! AKB48の運営母体である株式会社AKSという名の由来は、A(秋元康)K(窪田康志)S(芝幸太郎)だというのはよく知られた話だが、このAKS前社長・窪田氏は自分の手がけるタレントに手をつけているという噂が絶えない。 まず一番最初に名があがったのが、篠田麻里子。「週刊文春」10年2月18日号では「 [全文を読む]

“クビ卒業” 篠田麻里子、レギュラー番組降板で消滅待ったなし! 凋落原因は「運営」とのイザコザか

日刊サイゾー / 2016年03月23日20時30分

当時篠田は、運営サイドの上層部、それこそ秋元氏から窪田康志AKS前社長まで、トップ陣営とも連絡を取り合ったり、食事に行くほどの仲でした。しかし、そこで彼らがついしゃべってしまった機密事項を、篠田はほかのメンバーやスタッフに言いふらしてしまったそうです。愛想を尽かされた上での“クビ”という事実。AKB48の10周年イベントなどには出演できたものの、業界で彼女 [全文を読む]

前田敦子も言及...秋元康、AKB48プロデューサー「卒業宣言」の真意

メンズサイゾー / 2015年12月22日18時00分

ともにグループ創設に尽力した窪田康志氏は失脚し、芝幸太郎氏は過去の黒い交際が報じられた末に同じく影響力が低下。もはやAKBは彼らのものではなくなってしまった。時代の寵児とまでいわれた秋元氏にすれば、お神輿のような現在の立場が面白くないのは当然でしょう」(芸能関係者) [全文を読む]

篠田麻里子、黒すぎるトラブル続発で凋落状態が深刻化...「オヤジ受けのよさ」が裏目?

メンズサイゾー / 2015年09月18日15時00分

AKB48グループの運営会社「AKS」の窪田康志社長(当時)から特別の寵愛を受けているとされ、高級タワーマンションの一室を与えられているなどと報じられた。 これ自体は「過去のこと」としてイメージが薄れていたのだが、昨夏に窪田氏が社長を解任された騒動で話題が再燃。窪田氏が独断で篠田のブランド「ricori」に約5億円の融資をしていたとされ、それ以外にも数十億 [全文を読む]

小嶋陽菜は家賃300万!?AKBメンバーの仰天マンション事情

デイリーニュースオンライン / 2015年09月12日08時30分

小嶋陽菜(27)など一部メンバーの高額な家賃、旅行代、美容代などを約4億円、また昨年辞任した窪田康志・前社長(44)が使った交際費約4000万円を経費計上したことが原因で、追徴税額は1億数千万円にのぼった。 各メディアの報道により、家族と住むメンバーの家賃や、月100~200万円の家賃まで負担していたことも判明したが、どのメンバーがどんな部屋に住んでいるの [全文を読む]

伊藤英明に火事騒動…出火元は芸能人がスキャンダルされる“いわくつき物件”

デイリーニュースオンライン / 2015年09月10日12時30分

「このマンションにはAKB48の運営会社である株式会社AKSの元社長・窪田康志氏も住んでおり、2013年4月24日発売の『週刊文春』(文藝春秋)で、元AKBの河西智美(23)をお泊りさせたことが報じられました。当時マスコミ関係者の間では、窪田氏の自宅というよりは伊藤の自宅として知られていた物件だけに、近隣の海老蔵宅への取材をかねてこちらの様子を見る記者も [全文を読む]

篠田麻里子、AKB48卒業は「クビだった」!? 運営が問題視した“悪癖”とは?

サイゾーウーマン / 2015年09月09日12時45分

しかし、運営側から見切りをつけられてAKBを辞めてからはジリ貧で、ファンクラブの立ち上げとほぼ同時に『ricori』の閉店・炎上騒動が発生と、運にまで見放されてしまった印象です」(スポーツ紙記者) グループ加入にあたっては、オーディションに落選したものの、その後秋元康氏から直接引き抜きを受けるという“シンデレラ・ストーリー”を地で行った篠田だったが、なぜ人 [全文を読む]

河西智美「おフェロ顔」公開でファン絶賛、そのウラ側で「後ろ盾の失脚」が招いた凋落

メンズサイゾー / 2015年05月01日20時10分

さらに、卒業直前にAKB48グループの運営会社「AKS」の当時代表だった窪田康志氏とのお泊り愛が報じられ、イメージがボロボロになってしまった。 それでも窪田氏の後ろ盾と事務所のパワーで盛り返し、一度は中止になったファースト写真集の発売を強行。人気ユニット・キマグレンの楽曲提供によるソロシングルのリリースやライブ出演、AKB時代から出演していた人気番組『ア [全文を読む]

元AKB48・篠田麻里子が札束両手にニコリ♪ 蒸し返される“愛人疑惑”と、「妙にリアル」の声

日刊サイゾー / 2015年02月19日20時30分

また、真相は不明だが、その店にAKB48運営会社・AKS元社長の窪田康志氏が訪れたことが縁で、スカウトされて上京したという説も根強い。 さらに、2010年には、窪田氏が篠田を同じマンションの別の部屋に住まわせ、クレジットカードを自由に使わせていたと「週刊文春」(文藝春秋)が報じ、愛人説が浮上。この記事に対し、AKSが俗に「AKB喜び組裁判」と呼ばれる損害賠 [全文を読む]

篠田麻里子、「ファッションリーダーランキング」圏外に日テレ関係者が「恐怖」と漏らすワケ

サイゾーウーマン / 2014年09月11日13時00分

さらに、その後発売された『週刊文春』(文藝春秋)では、元AKS社長・窪田康志氏によるricoriへの『謎の5億円融資』も伝えられ、さらにファンの失望へとつながったようです」(芸能ライター) またricoriの閉店は、篠田個人のファンクラブ結成が発表される直前というタイミングの悪さも相まって、さらにネット上での炎上が加速。そしてそんな篠田の、もはや唯一の看板 [全文を読む]

「何も取り柄がなくなってしまった」ファッションリーダー陥落の篠田麻里子、“ヘアヌードで出直し“の仰天情報も...

メンズサイゾー / 2014年09月11日10時00分

また、篠田はAKSの前社長である窪田康志氏の寵愛を受けていたことでも知られていますが、窪田氏からricoriに約5億円という大金が半ば独断で融資されていたことが一部で報道されました。もともと、博多のキャバクラで働いていたところを窪田氏に気に入られてAKB入りにつながったというストーリーもささやかれているため、『これを機に愛人体質から脱却した方がいい』という [全文を読む]

元AKB48・河西智美の「付き合うってことが分からない」発言が、あながちウソではないワケ

日刊サイゾー / 2014年09月11日00時00分

河西といえばAKB48卒業直前、同グループ運営会社・AKS社長(当時)の窪田康志氏との“お泊まり愛”がスクープされ、ファンの間で「AKB48史上、最もえぐいスキャンダル」などと騒ぎに。2人は2010年頃から愛人関係にあると伝えられたほか、昨年10月末にも、ベロベロに酔っぱらった状態で窪田氏の自宅マンションに一泊する河西の姿がキャッチされた。 「エロいイメ [全文を読む]

「矛盾の宝庫」!? 元AKB48・河西智美、恋愛に奥手アピールと豪華すぎる自宅公開

メンズサイゾー / 2014年09月10日16時30分

しかし、河西といえば、昨年週刊誌のスクープにより、AKB48を管理運営する会社のトップ窪田康志氏との不倫関係が報道されており、世間のイメージは"恋愛下手の初心な乙女"ではない。スタジオでの視聴者の反応は敏感で、河西の言葉に観覧席からクスクスと笑いが漏れるほどだった。 [全文を読む]

しのまり、詫び状の深層

NewsCafe / 2014年09月01日18時00分

「篠田はAKB48の運営会社AKSの窪田康志社長(42)の愛人と言われ、彼から資金提供を受けて『ricori』を運営していました。しかし、窪田氏が放漫経営で没落し、篠田ブランドも資金難に陥ったと週刊誌に書かれた。だから、悪評判の火消しに必死なんです」(先の記者) どうせ詫び状を書くなら、倒産と同時に書いたほうが印象がいいし、誠意も伝わったのでは? [全文を読む]

ヨンアの再婚相手はAKB48創設・芝幸太郎! ドス黒いウワサに秋元康もタジタジ?

日刊サイゾー / 2014年08月27日17時00分

一方、芝氏は05年に、秋元氏、窪田康志氏らと「秋葉原48プロジェクト」を発足。AKB48メンバーのマネジメント事業を中心に行ってきたが、12年に関連会社に同事業を移管。現在は国内5社、海外6社のグループ企業を有する持株会社として、「日本文化の輸出」をキーワードに展開しているという。 芝氏といえば、“ドス黒い過去”が週刊誌にたびたび報じられてきた。AKB4 [全文を読む]

フォーカス