新井紀子のニュース

ロボットは東大に入れるか? NII 新井紀子教授が語るAI技術の現状と課題

EnterpriseZine / 2016年05月25日06時00分

そのリーダーである国立情報学研究所(NII)教授の新井紀子氏が予測する「AI導入後のビジネス変化」とはどのようなものか。「ガートナー ITインフラストラクチャ & データセンター サミット 2016」での講演を紹介する。■ロボットは東大に入れるか? 「2030年には現在のホワイトカラーの約50%はAIやロボットに代替されるだろう」 2015年12月、そんな [全文を読む]

【未来メディア塾】「人工知能が私たちの仕事を奪う?」ゲスト「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクターの新井紀子・国立情報学研究所教授 5月18日@渋谷

PR TIMES / 2015年04月24日16時52分

ゲストは、AIを東大入試に合格させるという大規模開発プロジェクトを率いる新井紀子・国立情報学研究所教授です。「コンピューターが仕事を奪う」などの著書を通じ、ロボット化社会について問題提起を続ける新井教授が、想定される未来とその問題点について考えを語ってくれます。コーディネーターを務めるのは、経済問題の取材経験が豊富なベテラン記者、原真人・朝日新聞論説委員で [全文を読む]

難関中学「語彙」問題 解く子は親が違う!-

プレジデントオンライン / 2017年05月10日15時15分

東ロボ(東京大学の入試に挑戦した人工知能)を開発している国立情報学研究所教授の新井紀子先生によれば、主語を読み違えたり、助詞の正しい理解ができていなかったりする誤答が目立った。その要因として子どもたちの語彙の不足が考えられると指摘した。 わたしは中学受験専門塾で小学生たちを対象に国語指導をおこなっている。 塾講師として20年以上子どもたちに携わっているのだ [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第27号 3月6日発売!

DreamNews / 2017年02月24日15時00分

【特集構成】Part1 聞く 沢木耕太郎×梯 久美子 「作家の妻」をめぐる二つの物語 ジョン・クラカワー 「少なくとも一〇〇回は書き直している」 国分 拓 「ノンフィクションのようなドキュメンタリーを作りたい」Part2 読む 池澤夏樹 ノンフィクションと文学のあいだ 福岡伸一 文化の狭間を生きた建築家ミノル・ヤマサキの人生を読む 中島岳志 見えないタブー [全文を読む]

人工知能が東大受験を断念!? 医師国家試験に合格して臨床現場にデビューする日

ヘルスプレス / 2017年02月20日10時58分

だが、国立情報学研究所の新井紀子教授によれば、「東ロボくん」は、問題を理解する読解力に限界があることが分かったので、センター試験の模試は今回が最後になると話している。正答率は55.6%! AIは医師国家試験に合格できるか? さて、昨年の医師国家試験の合格率は91.5%。医師国家試験が年1回の実施となった1985年以降では、2年連続で過去最高を更新している [全文を読む]

おばあちゃんの非構造化データ

EnterpriseZine / 2016年04月15日06時00分

市田[著] 【関連記事】 ・ブランドへの信頼?第三者認証?…事業者が実施するパーソナルデータの活用、ユーザーは何を信用すべきか? ・ロボットは東大に入れるか? NII 新井紀子教授が語るAI技術の現状と課題 ・データサイエンティスト育成のプロフェッショナル―日立インフォメーションアカデミー 田中貴博さん ・MongoDBの高可用構成(前編) ・大切なこと [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第22号 12月4日(金)発売! 特集テーマは「中上健次 ふたたび、熊野へ」

DreamNews / 2015年12月04日10時00分

【特集構成】巻頭言 中上 紀 中上 紀が「中上健次」略年譜を解説する島田雅彦 涙が止まらなかった一言Part1 中上健次を知る水谷 豊 回想『青春の殺人者』都はるみ 私のことを思ってくれる兄のような人中上 紀×柴崎友香 中上健次が描いた「女」の物語に見る戦争上原善広 中上健次と「路地」紀和 鏡 中上健次という回転体荒木経惟 追憶のソウル市川真人 秋幸と龍造 [全文を読む]

「人工知能(AI)が私たちの仕事を奪う?」 朝日新聞未来メディア塾 オープンカフェ開催報告

PR TIMES / 2015年06月23日10時54分

「人工知能(AI)が私たちの仕事を奪う?」と題した今回は、AIを東大入試に合格させるプロジェクト(東ロボプロジェクト)を率いる新井紀子・国立情報学研究所教授をゲストに招聘。経済記者として長年AIの進化に注目してきた原真人・論説委員と、AIが雇用の未来に与える影響について討議した。 [画像1: http://prtimes.jp/i/9214/96/resi [全文を読む]

東大卒プロ棋士が語る「人間が将棋ソフトに勝てなくなる日」

NEWSポストセブン / 2014年11月30日16時00分

そのプロジェクトの中間報告が『ロボットは 東大に入れるか』(新井紀子著/イースト・プレス/本体1400円+税)という書だ。 一方、一昨年から行なわれているプロ棋士と将棋ソフトによる「電王戦」では、ソフトの側が大きく勝ち越している。「電王戦」を担当する日本将棋連盟の理事で、東大卒棋士である片上大輔六段は人工知能をどう見るか。──昨年11月、「東ロボくん」が代 [全文を読む]

フォーカス