段田安則のニュース

ナチス政権下の核開発…段田安則×浅野和之の舞台『コペンハーゲン』とは?

anan NEWS / 2016年06月03日12時00分

時に少女や老婆だって変幻自在の芸域の広さで、作品に厚みをもたらす段田安則さんと浅野和之さん。 共に夢の遊眠社に所属し、’80年代小劇場ブームを牽引した演劇界の至宝たちが、宮沢りえさんというこれまた凄い女優を間に挟んで舌戦を繰り広げる。これは観なくては! おふたりにお話しを伺いました。 段田:昔から浅野さんの舞台を観ていて、いい俳優さんだなって思っていたんで [全文を読む]

【フジテレビ】高橋克実、段田安則、浅野和之、鈴木浩介…4人の実力派俳優たちがコントに挑戦! 『SKETCH MAN ~スケッチマン~』今夜放送 2月17日(金)深夜25:05~26:05

PR TIMES / 2012年02月17日11時58分

============================================================================高橋克実、段田安則、浅野和之、鈴木浩介…4人の実力派俳優たちがコントに挑戦!『SKETCH MAN ~スケッチマン~』今夜放送2月17日(金)深夜25:05~26:05 (フジテレビ関東ローカル放送)htt [全文を読む]

三谷幸喜の新作舞台はサスペンス! 出演は優香ほか

Smartザテレビジョン / 2016年11月07日16時49分

作・演出は三谷幸喜、出演は段田安則、優香、栗原英雄、戸田恵子の4人で、三谷の書き下ろし“サスペンス”だ。数多くの名作を生み出し、ことしの話題をさらっているNHK大河ドラマ「真田丸」の脚本を担当している作家・三谷幸喜。今回の新作は「うそ」からはじまるサスペンス。一つの小さなうそが、さらなるうそを引き起こす。坂道を転がるように暴走を始めてしまう、うその数々。そ [全文を読む]

第3回衛星放送協会オリジナル番組アワードにおいて3作品が同時受賞!

PR TIMES / 2013年07月17日16時47分

■ オリジナル番組賞中継番組部門 最優秀賞 「三谷幸喜『ホロヴィッツとの対話』渡辺謙×段田安則×和久井映見×高泉淳子」 ■ オリジナル番組賞 企画賞 「ドラマWスペシャル 尋ね人」 ■ オリジナル編成企画賞 特別賞 WOWOW×TBSコラボレーション企画「ダブルフェイス」 衛星放送協会オリジナル番組アワードは、一般社団法人衛星放送協会が、有料・多チャンネ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】優香、三谷幸喜の新作舞台出演 “全34幕”挑戦に「大変」

TechinsightJapan / 2017年03月08日11時55分

三谷幸喜氏ほか、共演の段田安則、栗原英雄、戸田恵子と会見に登場した優香。初めての舞台出演も三谷作品『酒と涙とジキルとハイド』(2014年)だった。同作は小説「ジキル博士とハイド氏」をベースにした三谷幸喜氏の書き下ろし作品で、19世紀末のロンドンを舞台にしたシチュエーションコメディだ。優香は、科学者・ジキル博士(演:片岡愛之助)の婚約者・イヴを演じた。 三 [全文を読む]

SF大作だった!? 視聴率上昇の『就活家族~きっと、うまくいく~』段田安則“働かせすぎ”問題

日刊サイゾー / 2017年03月03日23時30分

最終回を目前に控えた、テレビ朝日系『就活家族~きっと、うまくいく~』。2日放送の8話の視聴率は10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と上昇。同じ枠のドラマでは他局をおさえ、最終回に向けて順当に上昇していると言えそうです。 一家全員失業という転落ぶりだった富川一家ですが、失業したことで、仕事の大切さとともに、以前よりも家族らしくなっていく様子が見られまし [全文を読む]

三浦友和「就活家族」で禁断の愛に溺れる? 追加キャストも発表

Smartザテレビジョン / 2016年12月16日19時00分

木村多江、渡辺大、新井浩文、山本未來、キムラ緑子、段田安則という、名優たちが注目の作品に厚みを加える。 本作は、“就職活動”をテーマに、平穏だった日常がふとしたことがきっかけで狂い始め、家族全員がそろって就職活動をすることになるという、ユーモラスかつミステリアスなホームドラマ。 新たに発表された出演者の木村が演じるのは、洋輔(三浦)が人事部長を務める日本鉄 [全文を読む]

三谷幸喜 2017年待望の新作書き下ろしは“サスペンス”豪華キャストで贈る、虚言が巻き起こす悲喜劇 舞台『不信~彼女が嘘をつく理由』上演決定

@Press / 2016年11月10日09時30分

出演は『ホロヴィッツとの対話』(2013)『国民の映画』(2011、2014)で、その存在を常に解き放つ段田安則、『酒と涙とジキルとハイド』(2014)で初舞台を踏み、三谷作品2本目にして二度目の舞台出演の優香、現在放送中のNHK大河ドラマで草刈正雄演じる真田昌幸の弟 真田信尹を、その眼力とクールな面立ちで演じている栗原英雄が初参加、そして戸田恵子が久しぶ [全文を読む]

「遺留捜査」“糸村らしさ”健在で初回最高視聴率15%の好発進!

ザテレビジョン / 2017年07月14日12時08分

間もなく事件の指揮を任された特別捜査対策室室長・桧山亘(段田安則)は、黒沢興産と、遊覧船に乗っていた代議士・長部麗子(財前直見)の間に、知られざるつながりがあるのではないかとにらみ、特対刑事の佐倉路花(戸田恵子)や雨宮宏(永井大)らに彼らの周辺を探らせる。 [全文を読む]

小出恵介「パッチギ!」井筒監督の強烈クレーム告白「ギャラよりフィルム回ってると…」

映画.com / 2017年05月30日15時00分

[映画.com ニュース] 直木賞作家・荻原浩氏の人気小説を基にしたNHKの土曜ドラマ「神様からひと言 なにわ お客様相談室物語」の会見が5月30日、東京・渋谷の同局で行われ、主演の小出恵介、共演の岸井ゆきの、段田安則が出席した。 2006年に伊藤淳史主演でテレビドラマ化された萩原氏の小説「神様からひと言」は、大手広告会社から食品メーカーに転職後、早々にト [全文を読む]

小出恵介、人生最大のクレームは井筒和幸監督から 「おまえのギャラよりフィルム回ってるぞ」

エンタメOVO / 2017年05月30日14時41分

NHKの土曜ドラマ「神様からひと言 ~なにわ お客様相談室物語~」の完成試写会および会見が30日、東京都内で行われ、出演者の小出恵介、岸井ゆきの、段田安則が出席した。 荻原浩氏の「神様からひと言」を原作にしたドラマは、正義感があふれ過ぎて上司と衝突し、大手広告代理店から「珠山食品」に転職してきた熱血漢の主人公・佐倉涼平(小出)が、配属された「お客様相談室」 [全文を読む]

上川隆也「遺留捜査」が2年ぶりに復活!『糸村らしさは健在』

Smartザテレビジョン / 2017年05月30日05時00分

また、段田安則、戸田恵子 永井大ら豪華実力派キャストが集結。そして甲本雅裕演じる、おなじみの科捜研係官・村木繁が引き続き登場するのも、「遺留捜査」ファンにはたまらないところだ。 舞台を京都に移し、新たなキャストを迎え、さらなるパワーアップを果たす第4シーズンに期待したい。 ■ 上川隆也コメント 前作のスペシャルから約2年ぶり。連続ドラマでまた糸村を演じられ [全文を読む]

視聴率上昇! テレビ朝日系『就活家族~きっと、うまくいく~』が示した“家族像”

日刊サイゾー / 2017年03月10日23時30分

しかし、自らを社会復帰に導いた“唯一の友人”天谷五郎(段田安則)への恩を返そうと引き受けた仕事と重なり、洋輔は結局食事の場へ顔を出すことはなく、離婚は決定的かと思わせたまま放送は終了。 さて、今回は家族それぞれが最後まで抱える問題を、インドでの社長就任の打診を受けたことで誇りを取り戻し、“無敵の中年“となった洋輔が鮮やかに解決していきます。 娘・栞と真壁雄 [全文を読む]

低空飛行を続ける『就活家族 きっと、うまくいく』前田敦子の“キレ芸”が光る!

日刊サイゾー / 2017年02月17日23時30分

そんななか、かつて「私とあなたは違う」と、強烈なマウンティングをぶつけていた天谷五郎(段田安則)から、自営のコンサルタント業を勧められ「コンサルタント料ってのをもらったのが嬉しくてですね……」なんて言っちゃう始末。まるで学習してない! [全文を読む]

黒木瞳が“すご〜く嫌な感じ”!? 『就活家族 きっとうまくいく』は低空飛行を続けるか

日刊サイゾー / 2017年02月03日23時30分

依然として失業したことを隠したままの洋輔は、公園で知り合った失業者の天谷吾郎(段田安則)から、家族に失業を隠し通すためのあれやこれを伝授してもらいます。口から出まかせで、京都出張があると言ってしまったからです。天谷の場合、最寄りのカプセルホテルで寝泊まりを続けたところ、自分のいない間に妻が浪費して、その結果恐ろしい額のローンが積み上がっていたそうです。 そ [全文を読む]

三浦友和、役員に昇進するはずが…退職危機!?

Smartザテレビジョン / 2017年01月19日07時00分

夫の役員昇進に喜ぶ水希(黒木瞳)に事実を言い出すことができず、出社するフリをして公園で時間を潰す洋輔は、そこで同じ境遇の天谷(段田安則)と出会う。同情のまなざしを向ける天谷に、洋輔はたまらず「私はあなたとは違う」と言い放つ。 だが、会社からは非情な通達を受けることになり、窮地に追い込まれた洋輔は、長く勤めた会社に別れを告げるという選択をしようとしていた… [全文を読む]

米倉涼子「3度のキス&2度のバスタイムシーン」でも「ドクターX」ファンは納得しない!?

アサ芸プラス / 2016年07月04日17時59分

また、衆議院議員役の岸本加世子は、第1シーズンで段田安則の妻役で出ており、違和感を持った人も多かったようです。また、スケートリンクの客席に村主章枝がエキストラで出演してるのを目ざとく見つけた人もいるなど、『ドクターX』ファンの眼力にはすさまじいものがあります」(芸能ライター) 視聴者の厳しい目に見守られながら10月期、さらに“失敗しない”大門未知子が帰って [全文を読む]

あの人とあの人が昔は一緒の劇団に!?意外と知らない劇団俳優の繋がり

日本タレント名鑑 / 2016年03月28日14時55分

そして東京大学の「夢の遊眠社」は、小姑役がピカイチな円城寺あやさん、段田安則さん、飄々とした演技が魅力の佐戸井けん太さん、バラエティでも活躍する田山涼成さん、なつかしドラマ『ぽっかぽか』のお父さん羽場裕一さん、影のある女性役が多い山下容莉枝さん、『きょうは会社休みます。』の優しいお父さん、浅野和之さんなどが出身です。 ちなみに、大学や高校が母体になっていま [全文を読む]

”不老不死”の香取慎吾&中条あやみが真実を追う

Smartザテレビジョン / 2016年03月27日07時00分

三杉は古書店の店主・前島(段田安則)のもとを訪ねると、“香織”という女性を迎えに来たと告げる。 前島は、そう話す三杉の姿が鏡に映っていないことを指摘し「気を抜くな」と忠告する。一見普通の人間と何ら変わらない三杉たちだったが、実は2人は年を取らずに生き続ける不老不死“バンパネラ”の一族だった。 前島の勧めで三杉はかなり古びたマンションの一室を借り、中学校で産 [全文を読む]

“バンパネラ”中条あやみ「不老不死に憧れません」

Smartザテレビジョン / 2016年03月23日05時00分

【ストーリー】 都内で連続殺人事件が発生する中、大きなスーツケースを抱えた男・三杉(香取)と謎の美少女・真理亜(中条)が古書店の店主・前島(段田安則)の元を訪れ、三杉は“香織”という女性を迎えに来たと告げる。 中学校で産休補助の英語教員として勤務し始めた三杉は、約束の夜に香織(宮下かな子)を迎えに公園へ。 しかし、香織は何者かに殺害されてしまう。香織も連 [全文を読む]

フォーカス