石塚真一のニュース

魂を震わせる音楽マンガ『BLUE GIANT』 石塚真一インタビュー

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月11日11時00分

作者は『岳―みんなの山―』でマンガ大賞を受賞した石塚真一さん。作品に込めたアツい思いを伺った。 【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 石塚真一さんがジャズを描こうと思った理由はごくシンプル。「ジャズが好きだから」。 「でも若い人たちには『大人のイメージ』『よくわからない』と言われることが多い。だからジャズってこんな感じだよって伝えたかった。マンガの中で [全文を読む]

『BLUE GIANT』の石塚真一氏 音楽を紙で表現する技術

NEWSポストセブン / 2017年05月26日16時00分

ジャズミュージシャンの成長を描いた石塚真一の漫画『BLUE GIANT』がシリーズ累計230万部を突破、第62回小学館漫画賞を受賞するなど注目を集めている。石塚を長く支える担当編集者は、その魅力をこう表現する。 「表情、線、表現、コマ割と画のあらゆるところが真摯なんです。彼の持って生まれた人柄がよく出ていて、とってつけたような感じにはならない。人が動いて、 [全文を読む]

『BLUE GIANT』の石塚真一氏 遅咲きデビューまでの日々

NEWSポストセブン / 2017年05月22日07時00分

前作『岳』で山岳漫画に風穴をあけた作者の石塚真一(45)は、こう明かす。「日本のジャズには、どうしても少しハイソでフォーマルというイメージがある。でも、そうじゃなくて、Tシャツとジーンズで聴きに行って、プレーヤーたちの喧嘩のような激しいバトルを見る楽しみもあるわけです。 内なるものをさらけ出し、勝負するのはジャズが一番だと思う。とにかく〝わあ、ジャズってど [全文を読む]

岡田准一 好きな作家は漫画『BLUE GIANT』の石塚真一氏

NEWSポストセブン / 2017年04月25日16時00分

枕を挟んでうつぶせになってみたり、座って読んでみたり、さまざまです」 ――お気に入りの作家は? 「最近、『BLUE GIANT』というマンガに感動したのですが、その作者の石塚真一さん。登山マンガ『岳』の作者です。『BLUE GIANT』はジャズプレーヤーを志す青年の物語なのですが、マンガという音が鳴らない世界で音楽性の高いジャズを表現できている、というのに [全文を読む]

日本橋で「Jazz WEEK」開催。ジャズライブや漫画家・石塚真一による『BLUE GIANT』原画展も

FASHION HEADLINE / 2016年09月28日12時00分

また2016年漫画大賞第3位を受賞したジャズをテーマにした『BLUE GIANT』の原画展(本館7階はじまりのカフェ)に加え、10月2日の12時半から作者である石塚真一によるトークショーが行われる。 また、同企画では初心者に向けたプラスチック製の管楽器や、子ども向けのミニピアノなどに加え、ジャズのスコアなども用意。自ら奏でるのではなく、視覚からもジャズの持 [全文を読む]

富士通テンのジャズ情報サイト「KOBEjazz.jp」が人気漫画とコラボレーション

PR TIMES / 2016年09月09日16時20分

10周年を記念して、「BLUE GIANT」とジャズを盛り上げます! 富士通テン株式会社(本社:兵庫県神戸市 代表取締役社長:山中 明)は、関西を中心としたジャズ・ビッグバンドに関する音楽情報サイト「KOBEjazz.jp」(URL: http://kobejazz.jp/)の10周年を記念し、小学館ビッグコミック誌連載中の石塚真一氏による人気ジャズ漫画「 [全文を読む]

Spotifyと人気漫画『BLUE GIANT SUPREME』がコラボレーションを展開

PR TIMES / 2017年03月10日11時23分

今回のコラボレーションでは、主人公が愛聴するジャズの楽曲を紹介する『BLUE GIANT SUPREME』と、ジャズをこよなく愛する作者・石塚真一が自ら厳選した楽曲を集めた『カッケー ジャズのプレイリスト』の2つのオリジナルプレイリストを日本のSpotifyユーザーのために作成・公開。いずれも熱心なジャズファンはもちろん、ジャズに興味のあるビギナーにも入門 [全文を読む]

『ゴールデンカムイ』が“異色グルメ対決”を制する! 「マンガ大賞2016」授賞式レポート

おたぽる / 2016年04月01日14時00分

大賞 『ゴールデンカムイ』(野田サトル)2位 『ダンジョン飯』(九井諒子)3位 『BLUE GIANT』(石塚真一)4位 『僕だけがいない街』(三部けい)5位 『百万畳ラビリンス』(たかみち)6位 『波よ聞いてくれ』(沙村広明)7位 『恋は雨上がりのように』(眉月じゅん)8位 『町田くんの世界』(安藤ゆき)9位 『東京タラレバ娘』(東村アキコ)10位 『岡 [全文を読む]

『BLUE GIANT』×RittorMusic 最強タッグが贈る「夏ジャズフェア」開催!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月11日11時00分

『デトロイト・メタル・シティ』、『BECK』、『フテネコ』、「ガリガリ君」、「FANTAバンド」…… 毎年恒例で実施しているリットーミュージックのコラボ企画がこの夏も動き出す! 今夏実現するのは、石塚真一が描く累計70万部突破のジャズ漫画『BLUE GIANT』との最強タッグ。2015年8月上旬より、全国の楽器店、主要書店にて“夏ジャズフェア”が開催される [全文を読む]

BLUE GIANT(小学館ビッグコミック)×リットーミュージック抽選でサックスが当たる!夏ジャズフェア開催

PR TIMES / 2015年07月30日17時15分

[画像: http://prtimes.jp/i/5875/804/resize/d5875-804-457336-0.jpg ]インプレスグループで音楽関連の出版事業を手掛ける株式会社リットーミュージック(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古森優)は、石塚真一が描くジャズ漫画『BLUE GIANT』(小学館ビッグコミック連載中)とのコラボフェアを、8 [全文を読む]

メディア芸術祭に塩分摂取過多と戦う電気味覚フォーク「ELECTRO FORK」が登場

EnterpriseZine / 2017年03月27日12時30分

マンガ部門大賞はジャズプレイヤーを目指す青年を描いた石塚真一氏の「BLUE GIANT」。現時点ではマンガは音を伝えられない媒体であるにもかかわらず、「BLUE GIANT」は迫力ある筆致により紙面から音が鳴っているように感じられる作品であることなどが評価された。 本稿ではアート部門優秀賞「Alter」とエンターテインメント部門優秀賞「NO SALT RE [全文を読む]

上原ひろみが漫画に!「ビッグコミック」第6号に登場

dwango.jp news / 2017年03月10日11時16分

今年小学館漫画賞一般向け部門を受賞した人気漫画「BLUE GIANT」の作者で、かねてより上原のファンであることを公言していた石塚真一との対談が実現し、その模様が石塚による漫画となって掲載される。 以前「BLUE GIANT」の単行本第3集の帯に上原がコメントを寄せ、その巻末のおまけページに登場したことがあるが、ビッグコミック本誌に掲載されるのは初めて。 [全文を読む]

人や企業の成長に必要な「真っすぐさ」を問い直せ

Forbes JAPAN / 2016年12月30日10時30分

title:BLUE GIANTauthor:石塚真一data:小学館 600円+税/224ページ宮嶌裕二(みやじま・ゆうじ)◎1971年、東京生まれ。95年、大学卒業後、ソフトバンクに入社。99年にサイバーエージェントに転職し、新規開拓営業、新規事業立ち上げを行う。2001年、モバイルファクトリーを設立。03年に株式会社に組織変更し、代表取締役就任。15 [全文を読む]

保存版! ジャズを楽しむための基本がこの1冊に『JAZZぴあ』発売

PR TIMES / 2016年12月01日14時18分

ミュージシャン上原ひろみ、黒田卓也、石若駿、渡辺香津美、ジャズを描いたマンガ『BLUE GIANT』作者・石塚真一らのインタビューや、乃木坂46 伊藤万理華のジャズを巡るロケほか、ジャズ用語、名盤紹介、潜入レポートなど、あらゆる側面から、ジャズに関する情報がギュッと詰まった一冊となっています。 BOOKぴあ:http://piabook.com/shop/ [全文を読む]

日本橋三越にて「~JAZZのある暮らし~ JAZZ WEEK」、9月28日から10月11日まで開催

PR TIMES / 2016年09月28日14時12分

イベントのメイン・ヴィジュアルは2013年「ビッグコミック」でジャズをテーマに連載開始された大ヒットマンガ「BLUE GIANT」の作者石塚真一氏によるジャズをテーマにした「BLUE GIANT」とのコラボレーション。漫画の主人公である宮本大が日本橋の街でサックスを吹く姿が三越日本橋本店の様々な場所でディスプレイされ、ミニ原画展や10月2日にはトーク・イベ [全文を読む]

『BLUE GIANT』最新巻発売!【9月9日発売のコミックス一覧】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月09日06時30分

nekotan(3)』 大橋つよし 『寄宿学校のジュリエット(3)』 金田陽介 『アビス(7)』 長田龍伯 『ドリィ キルキル(7)』 ノ村優介 蔵人幸明 『ベイビーゴッド 残虐と純情のメジェドさま(1)』 瀬上あきら 『スイートビター(1)』 桜庭ゆい あやぱん ●シリウスKC 『ニンジャスレイヤー殺(4)』 関根光太郎 ブラッドレー・ボンドほか 『ジャ [全文を読む]

呉智英氏が「70歳になる私が号泣した」と語る漫画は?

NEWSポストセブン / 2016年08月19日16時00分

毎年のヒット作を表彰する『マンガ大賞』の発起人で、ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記氏は、『BLUE GIANT』(石塚真一、小学館刊)がグッとくるという。 世界一のジャズサックスプレイヤーを目指す、主人公の大のひたむきな努力に心動かされる。彼の夢を応援する周りの人物たちも魅力的だ。貧しいながらも弟のためにローンで51万6000円のサックスを買った兄、大を [全文を読む]

今度は「銀魂」!?小栗旬に「漫画のキャラクターしか演じられない大根役者」の声

アサ芸プラス / 2016年06月14日17時59分

「ボクシング漫画の『はじめの一歩』や、『岳』の石塚真一が描くジャズ漫画『BLUE GIANT』あたりは十分ありそうですね。小栗は漫画好きで映画関係者に漫画の単行本を渡して読んでもらい、映画化を働きかけたことが何度もあります。ですから今後も漫画の実写版で主役を演じることが何度もあるでしょう」(マスコミ関係者) 小栗が漫画から離れてくれるのを漫画ファンは願って [全文を読む]

マンガIPのグローバル展開をめざす株式会社ダブルエルが、マンガ家集団「ぽけまん」の公式サイトをリニューアルオープン

PR TIMES / 2016年04月01日15時37分

【ぽけまんについて】 発起人まんが家(NPO法人国際まんが推進協会理事長):石川サブロウ ぽけまん代表(NPO法人国際まんが推進協会副理事長):村上もとか NPO法人国際まんが推進協会理事:本庄敬、はしもとみつお、立野真琴、魚戸おさむ 所属作家:あおきてつお、石塚真一、国友やすゆき、下條よしあき、高橋よしひろ、高見まこ、中山昌亮、星野之宣、三田紀房、竜崎 [全文を読む]

「マンガ大賞2016」発表! 野田サトルの『ゴールデンカムイ』が大賞に輝く

ダ・ヴィンチニュース / 2016年03月30日17時30分

【人気連載マンガ】ネットで話題!! とある書店のコミック売り場から、マンガ愛をふんだんにこめた日報をお届け! <今、この瞬間一番おもしろいマンガを選ぶ!「マンガ大賞2016」> 大賞:『ゴールデンカムイ』野田サトル 91ポイント 2位:『ダンジョン飯』九井諒子 78ポイント 3位:『BLUE GIANT』石塚真一 68ポイント 4位:『僕だけがいない街』 [全文を読む]

フォーカス