金子信雄のニュース

東映ヤクザ映画の不朽の名作『仁義なき戦い 頂上作戦』の東映コラボシリーズTシャツ新発売

@Press / 2016年04月07日15時00分

▼『仁義なき戦い 頂上作戦(POLICE TACTICS)-金子信雄-』http://core-choco.shop-pro.jp/?pid=100840432▼仁義なき戦い×ハードコアチョコレートhttp://core-choco.shop-pro.jp/?mode=grp&gid=1357076&sort=n【商品概要】▼『仁義なき戦い 頂上作戦(PO [全文を読む]

織本順吉 西村晃、金子信雄らと劇団青俳を旗揚げした若き時代

NEWSポストセブン / 2015年03月10日16時00分

その後、劇団の同僚だった岡田英次、西村晃、それに木村功、金子信雄らと新たに劇団青俳を旗揚げしている。「新協劇団には5年くらいいました。ちょうどその時にスタニスラフスキーの演技論の本が出版されたんです。『演技でも日常の生活と同じようなことをやれ』ということが書いてあって、今までやってきた演劇とは違うな、と思いました。 当時は舞台俳優も映画に出演するようになっ [全文を読む]

文太、松方、千葉、梅宮ほか『仁義なき戦い』シビれる名言集

NEWSポストセブン / 2017年02月23日07時00分

第1作『仁義なき戦い』(1973年)は、山守組が誕生し、広能昌三(菅原文太)や坂井鉄也(松方弘樹)ら若者たちが力をつける中、老獪な山守義雄(金子信雄)の策略で、その多くが命を落とすまでを描く。 第2作『広島死闘篇』(1973年)は、いわば番外編であり、広能が狂言回し的なポジションに下がり、山中正治(北大路欣也)と大友勝利(千葉真一)の2人の若者の対照的な [全文を読む]

<追悼・菅原文太>今でもそらんじることができる「仁義なき戦い」広能昌三のセリフ

メディアゴン / 2014年12月03日00時02分

変わり者の叔父は真似するのも山守親分・金子信雄だった。その主演、菅原文太さんが逝った。広能昌三が死んだ。筆者にとっての菅原文太さんはあくまで、「仁義なき戦い」の広能昌三であって、トラック野郎では決して無く、社会活動家の菅原文太さんでもない。これはただの菅原文太ファンである筆者の特権だから許してもらおう。「仁義なき戦い」の原作は、戦後の広島で実際に起こった広 [全文を読む]

片岡鶴太郎 『軍師官兵衛』で鼻を赤く塗った理由

NEWSポストセブン / 2017年04月09日16時00分

小寺の時は『金子信雄でやってください』です。『仁義なき戦い』の親分。それで撮影初日に鼻を赤く塗りました。決断せず周りを見ながら、てめえだけが生き残りたい。そういう自己保身のみみっちさや何かを探る臭覚を鼻で表現したかったんです。 ヒントは、舞台を終えたコメディアンですね。舞台用に鼻毛とかを顔に描いているのに、その顔のまま楽屋で付き人に怒る。これが実に怖いん [全文を読む]

<渡辺徹座長・文学座コント部>旗揚げ公演『おもしろいやつ』出色は助川嘉隆

メディアゴン / 2017年03月12日07時30分

金子信雄がいた文学座である。大泉滉がいた文学座である。小川眞由美がいた文学座である。橋爪功がいた文学座である。石立鉄男がいた文学座である。細川俊之がいた文学座である。加藤嘉がいた文学座である。下川辰平がいた文学座である。宇都宮雅代がいた文学座である。西岡徳馬がいた文学座である。村野武範がいた文学座である。松田優作がいた文学座である。中村雅俊がいた文学座であ [全文を読む]

松方弘樹 大御所スターでありながら「可愛い後輩」だった

NEWSポストセブン / 2017年03月02日16時00分

金子信雄さんは引き出しの多い方でしたね。いつも全力でいろいろと研究してくる人で。同じ脇役でも、小松方正さんとかは芝居の手を抜いてくるんですが、金子さんはそういうことはなかった。テストでこちらが笑ってしまうくらいですから、とんでもなく達者な俳優さんです。文ちゃん(菅原文太)も、みんな笑っちゃうんです。そういう様子を見ながら、金子さんはニコニコしていました [全文を読む]

追悼・松方弘樹「修羅の74年」烈しすぎる秘話!(1)150人分を1人で払った

アサ芸プラス / 2017年02月06日05時57分

神輿が勝手に歩けるいうんなら歩いてみないや、おう!〉 日本の映画史を変えた傑作「仁義なき戦い」(73年、東映)において、松方弘樹扮する坂井鉄也が山守義雄組長(金子信雄)に向けてタンカを切るシーン。下剋上を表したシリーズ屈指の名セリフとされ、今なおサラリーマン層からも熱い共感を得ている。 松方は約1年の闘病もむなしく、脳リンパ腫によって1月21日、74年の生 [全文を読む]

故加藤武さん 笑わせる意識で芝居したら一巻の終わり

NEWSポストセブン / 2016年01月24日16時00分

金子信雄さんも面白かった。文学座の大先輩だけど、現場に行ったら先輩も後輩もないからね。役者としてのぶつかり合いだから。それでやるから、自然とああいう画になっていく。市川崑さんも役者の芝居を引き出すのが上手い。冗談を言いながらリラックスさせてくれるから、現場でもホッとするんだ。 [全文を読む]

10人にひとりが「タレントの料理本」購入経験アリ!

NewsCafe / 2015年10月30日12時00分

■今は亡き俳優の金子信雄サンの料理本を単行本で買ったのでアリ。■ムーミンママの料理本もタレント枠に入るならアリ。■たまたま、タレントさんの本だった。芸能人の事は詳しくない。■買ったコトあるけど料理を作ったコトはない。【ナシ…89.9%】■タレントの料理本なんて買わない。お金の無駄です。■なぜせっかく買うのにワザワザ素人の料理本を? プロのを買うよ。■買う程 [全文を読む]

フォーカス