丹羽孝希のニュース

卓球男子日本代表松平健太選手へのスポンサー契約を発表

PR TIMES / 2014年10月27日13時58分

■松平 健太(まつだいら けんた)選手のプロフィ-ル 1. 競技種目 卓球 2. 生年月日 1991年4月11日生まれ(23歳) 3. 出身地 石川県七尾市 4. 学歴 早稲田大学 在学中 5. 主な成績 2006年 世界シ゛ュニア卓球選手権大会:男子シンク゛ルス優勝 2008年 平成20年度インターハイ:男子シンク゛ルス優勝 2009年 世界卓球選手権 [全文を読む]

卓球男子日本代表 丹羽孝希選手モデル超攻撃卓球を可能にするラケット新発売

PR TIMES / 2017年02月17日14時31分

2017年2月下旬より全国のVICTAS製品取扱店にて順次発売開始 ヤマト卓球株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:松下浩二)は、卓球男子日本代表の丹羽孝希(にわ こうき)選手モデル卓球ラケットを2017年2月下旬より、全国のVICTAS製品取扱店にて発売いたします。 2016年8月に開催されたリオデジャネイロ五輪卓球男子団体で銀メダルを獲得した丹 [全文を読む]

卓球男子日本代表 丹羽孝希選手 スヴェンソン所属決定

PR TIMES / 2017年01月16日14時17分

丹羽孝希選手の世界での活躍を全力でバックアップ株式会社スヴェンソン(本社:東京都港区、代表取締役 兒玉義則)は、卓球男子日本代表の丹羽孝希(にわ こうき)選手と2017年4月1日から4年間の所属契約を締結したことをお知らせいたします。丹羽孝希選手は、2016年8月に開催されたリオデジャネイロ五輪卓球男子団体として銀メダルを獲得。2017年4月以降は、スヴェ [全文を読む]

卓球・丹羽孝希を謝罪させた乃木坂46ファン、恐怖の“大炎上事件”とは

日刊サイゾー / 2016年10月25日23時30分

リオ五輪の卓球男子団体で銀メダルを獲得した丹羽孝希が、10月10日深夜放送の『スポーツジャングル』(フジテレビ系)に出演。番組の最後で乃木坂46ファンに謝罪するひと幕があった。 五輪での思い出の写真を披露するコーナーで、他の選手は表彰式に撮影した集合写真を選んだが、丹羽が公開したのは、人が誰も写っていない卓球台のショット。司会のダウンタウン・浜田雅功に、な [全文を読む]

現役明大生オリンピアンが大会を振り返る!「リオデジャネイロオリンピック報告会」10月20日開催―卓球 丹羽選手、ボート 冨田選手が登壇―

@Press / 2016年10月14日16時00分

この報告会では、卓球男子団体で銀メダルを獲得した丹羽孝希選手(政治経済学部4年)と、ボート競技軽量級女子ダブルスカルに出場した冨田千愛選手(政治経済学研究科博士前期課程1年)の現役明大生2名が、オリンピックでの戦いを報告します。また、応援団によるパフォーマンスも実施し、世界の舞台で活躍した明大生の健闘を、“ALL MEIJI”の一体感で称えます。 <リオ [全文を読む]

卓球・丹羽孝希が乃木坂46生駒里奈に謝罪も“謝ってやってる感”に賛否真っ二つ

アサ芸プラス / 2016年10月13日14時45分

ついに、卓球日本代表の丹羽孝希が乃木坂46生駒里奈および乃木坂ファンに謝罪した。 丹羽といえば、現在は何事もなかったように乃木坂ファンを公言しているものの、昨年5月にツイッターでファン引退宣言をした過去を持つ。そのファンを引退した理由が、生駒がセンターを務めた12thシングル「太陽ノック」の選抜に納得がいかなかったというものだった。 生駒がセンターになった [全文を読む]

まず生駒ちゃんに謝まれ!卓球・丹羽孝希、乃木坂46へのVTRにファンが憤慨

アサ芸プラス / 2016年10月07日17時59分

「乃木坂ファンを公言している卓球日本代表・丹羽孝希が3人へVTRでメッセージを送っていたことに不快感を覚えているファンが多いようです。丹羽といえば、8月に神宮球場で3日連続で行われた『4th YEAR BIRTHDAY LIVE』にもテレビ番組の仕事を早退してまで全公演に参戦するという筋金入りの乃木坂ファンですが、昨年5月にはツイッターでわざわざ乃木坂ファ [全文を読む]

「別冊カドカワ」乃木坂46を総力特集 表紙は西野七瀬&伊藤万理華

dwango.jp news / 2016年09月30日14時00分

丹羽孝希(卓球選手)、西岡良仁(テニス選手)、そして俳優の手塚とおるらからの思いやりのあるスペシャルメッセージのほか、堀未央奈、能條愛未が撮影した舞台裏撮影企画、お気に入りのプレイリストを紹介するMy PLAYLIST企画も充実。vol.01、vol.02に続く強力な内容となっている。<Contents>【巻頭グラビア&インタビュー】西野七瀬/伊藤万理華特 [全文を読む]

【VICTASキャンペーン第1弾】 丹羽孝希選手グッズ付きラバー「VICTAS V>15」限定パッケージ10月上旬発売

PR TIMES / 2016年09月20日15時41分

丹羽孝希選手モデルカード型USBフラッシュメモリー付き卓球メーカーのヤマト卓球株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:松下浩二)は、2016年1月よりスポンサー契約をしている、丹羽孝希選手のめざましい活躍を記念し、丹羽孝希選手の使用用具VICTASブランドのキャンペーン第1弾として、VICTASラバー「V>15エキストラ」、並びに「V>15リンバー」 [全文を読む]

卓球・丹羽孝希、番組を早退し乃木坂46ライブ直行にくりぃむ上田が絶句

アサ芸プラス / 2016年09月10日09時59分

リオ五輪卓球男子団体の代表選手・丹羽孝希が、通常ではあり得ない理由で番組を途中退席した。 9月5日に放送されたバラエティ番組「くりぃむしちゅーの!THE★レジェンド」(日本テレビ系)にはリオ五輪のメダリストたちが集結。VTR出演も含めると24人ものメダリストが出演したが、丹羽もその1人だった。 そんな丹羽は、卓球男子代表で最も冷静な男として紹介されていたが [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】乃木坂46と三代目JSB 卓球・丹羽孝希選手、伊藤美誠選手を“推しメン”が祝福

TechinsightJapan / 2016年08月23日17時50分

リオ五輪で活躍した卓球の丹羽孝希選手や伊藤美誠選手が生放送の五輪特番で大好きな芸能人に祝福される場面があった。丹羽選手は乃木坂46からのVTRメッセージに白い歯を見せて喜び、伊藤選手に至っては三代目JSBメンバーが隣に座って会話した上に「チューチュートレインを踊りませんか」という流れになった。 8月22日に生放送された『リオ五輪2016総集編~夢と感動をあ [全文を読む]

<リオ五輪>男子卓球、丹羽孝希に第1ゲーム先取された中国選手、試合開始直前まで寝ていた―中国メディア

Record China / 2016年08月11日16時30分

2016年8月11日、鳳凰体育によると、9日(日本時間10日)に行われたリオデジャネイロ五輪の卓球男子シングルス準々決勝で、日本の丹羽孝希に第1ゲームを奪われてから4ゲームを連取し逆転勝ちした中国の張継科(ジャン・ジーカー)が、試合開始の約10分前になっても待機場所のソファーで寝ていたことが分かった。 中国紙アモイ日報が中国版ツイッター・微博(ウェイボー) [全文を読む]

卓球日本代表 丹羽孝希選手とスポンサー契約を締結

PR TIMES / 2016年01月13日12時24分

丹羽孝希選手の世界での活躍を全力でバックアップ株式会社スヴェンソン(本社:東京都港区、代表取締役 兒玉義則)と、同社のグループ会社である卓球メーカーのヤマト卓球株式会社(本社:大阪市浪速区、代表取締役 松下浩二)は、卓球男子の丹羽孝希(にわ こうき)選手と2016年1月1日から5年間のスポンサー契約を締結したことをお知らせいたします。[画像1: http: [全文を読む]

話題の複合型卓球スペース「T4 TOKYO」内に「VICTAS」初の卓球ブランドショップがオープン!

PR TIMES / 2017年05月26日13時00分

2017年5月より始まる世界卓球2017の日本代表選手には、当社がアドバイザリー契約を結ぶ丹羽孝希選手、村松雄斗選手、前田美優選手の3名が出場予定。 ヤマト卓球株式会社HP: http://tsp-yamato.com/企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

ヤマト卓球株式会社 新商品発売!バランス力に優れたSL-PREMIUM 40+(シームレスボール)

PR TIMES / 2017年04月26日15時54分

2017年5月より始まる世界卓球2017の日本代表選手には、当社がアドバイザリー契約を結ぶ丹羽孝希選手、村松雄斗選手、前田美優選手の3名が出場予定。 ヤマト卓球株式会社HP: http://tsp-yamato.com/ ■会社概要 事業内容 : 卓球用品全般の製造販売 本社所在地 : 大阪府大阪市浪速区難波中3丁目6番3号 代表者 : 代表取締役社長 兒 [全文を読む]

卓球の絶対王者・中国、代表コーチ「もっとオオカミがやって来たら面白い」―中国

Record China / 2017年04月18日11時30分

男子シングルスでは馬龍(マー・ロン)が韓国の丁祥恩に敗北、同じく許●(シュー・シン、●は日へんに斤)が日本の丹羽孝希に敗北したほか、女子シングルスでは丁寧(ディン・ニン)、朱雨玲(ジュー・ユーリン)、陳夢(チェン・モン)の3主力選手が平野1人に相次いで敗れるという、中国にとっては思いがけない展開となった。 5月末から開催される世界卓球選手権ドイツ大会(デ [全文を読む]

卓球アジア選手権で日本人選手が快進撃、中国メディアが日本ネットの反応に注目

Record China / 2017年04月16日18時20分

男子シングルスでも、丹羽孝希が同3位の中国の許キン(シュー・シン、キンは日へんに斤)を破って準決勝に進出し、3位以上を確定させた。 この快進撃について、日本のネット上では「無敵の中国も、今回は日本に負けて呆然だな」「中国の選手は甘く見すぎていた。日本は大金星」などと興奮する声のほか、「平野と丹羽が中国に勝った意味は大きい。これから中国との対戦で精神的に余裕 [全文を読む]

<卓球>日本人選手のラケット直撃した中国人審判、頭に4針縫うけが=別の審判も「目に当てられた」―中国メディア

Record China / 2017年04月12日16時20分

10日に行われた男子団体1回戦の日本対インドの第2試合の途中、丹羽孝希の手からすっぽ抜けたラケットが審判を務めていた王欣(ワン・シン)さんの左側頭部を直撃し流血。丹羽はすぐに駆け寄って声をかけ、気遣った。王さんにはその場で治療が施されたが、結局、交代を余儀なくされた。 王さんと共に審判を務めていた裴偉民(ペイ・ウェンミン)さんによると、王さんは頭部を4針 [全文を読む]

<卓球>日本人選手のラケットが中国人審判の頭部を直撃!流血し交代―中国

Record China / 2017年04月11日11時30分

記事によると、男子団体1回戦の日本対インドの第2試合の途中、丹羽孝希の手からすっぽ抜けたラケットが審判を務めていた女性の左側頭部を直撃。女性は出血したとみられ、試合は一時中断、緊急治療が行われたという。結局、引き続き試合を裁くことは困難と判断され、別の審判と交代したようだ。 記事は、女性が王欣(ワン・シン)さんといい、ブルーバッジ(上級国際審判員)を所持 [全文を読む]

2016年度 全日本卓球選手権大会 男子シングルス準優勝吉村和弘選手とアドバイザリー契約を締結

PR TIMES / 2017年04月03日10時18分

2017年5月より始まる世界卓球2017の日本代表選手には、当社がアドバイザリー契約を結ぶ丹羽孝希選手、村松雄斗選手、前田美優選手の3名が出場予定。企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

フォーカス