森村誠一のニュース

森村誠一初の自伝エッセイ『遠い昨日、近い昔』が2015年12月1日より発売開始

DreamNews / 2015年11月27日15時00分

出版社バジリコ株式会社(本社:東京都墨田区 代表者:長廻健太郎)は新刊『遠い昨日、近い昔』(森村誠一著)を2015年12月1日より全国の書店ならびにオンライン書店で発売を開始します。出版社バジリコ株式会社(本社:東京都墨田区 代表者:長廻健太郎)は『遠い昨日、近い昔』(森村誠一著)を2015年12月1日より全国の書店ならびにオンライン書店で発売を開始します [全文を読む]

「壇蜜さんがとても聞き上手だから」作家・森村誠一が語った仰天エピソードとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月03日09時00分

2016年1月3日(日)18:00より放送の、BS日テレ「久米書店」特別編に、日本文学界を代表する文豪、森村誠一さんが出演、タレントの壇密さんと対談します。 森村さんは、『人間の証明』『野性の証明』『悪魔の飽食』などの伝説的ベストセラーを数々世に送り出し、その多くは映画化やテレビドラマ化されるなど、その名を知らない人はいないほどの国民的作家。83歳になられ [全文を読む]

巨匠・森村誠一の新たな代表作が誕生! 作家生活50周年記念作品『運命の花びら』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月03日15時00分

『人間の証明』『野性の証明』などで一時代を築き、今なお文学界を牽引する大家、森村誠一。1965年にビジネス書『サラリーマン悪徳セミナー』でデビューした同氏は、2015年に作家生活50周年を迎える。森村の縦横無尽の活躍には、時代を共に創ってきた作家からも絶賛の声が寄せられている。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら「今もっとも求められているのは森村誠一[全文を読む]

巨匠・森村誠一氏の新たな代表作が誕生。作家生活50周年記念作品『運命の花びら』10月30日(金)発売!!

PR TIMES / 2015年10月30日09時54分

時代の先端を走り続ける森村誠一氏の作家生活50周年作品、『運命の花びら』(上・下)を、株式会社KADOKAWAより2015年10月30日(金)に発売!森村氏の一つの集大成ともいえる注目の作品に、早くも絶賛の声が集まっている。 『人間の証明』『野性の証明』などで一時代を築き、今なお文学界を牽引する大家、森村誠一氏。1965年にビジネス書『サラリーマン悪徳セミ [全文を読む]

祝!赤川次郎作家生活40周年!森村誠一氏、内田康夫氏、山前譲氏、橋本環奈さんからのお祝いのコメントを特設サイトにて公開中!

PR TIMES / 2016年03月23日13時47分

寄稿者は赤川次郎氏にゆかりのある、文学界の重鎮である森村誠一氏、内田康夫氏、山前譲氏、著書である『セーラー服と機関銃・その後ー卒業ー』が原作の映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』に主演された橋本環奈さん。お祝いコメントは追加予定です。 赤川氏は1948年、福岡県生まれ。1976年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビューし、瞬く間に著 [全文を読む]

藤原竜也&鈴木京香、森村誠一の名作を蘇らせる!「人間の証明」今夜放送

CinemaCafe.net / 2017年04月02日15時00分

日本を代表するミステリー作家・森村誠一を代表する作品の1つでこれまで何度も映画化、ドラマ化されてきたベストセラー小説を、藤原竜也と鈴木京香の共演でドラマ化するドラマスペシャル「人間の証明」が、4月2日(日)今夜テレビ朝日系で放送される。 原作は1976年に発表された同名小説で、同作は「棟居刑事シリーズ」の主人公である棟居弘一良が初登場する作品としても知られ [全文を読む]

森村誠一氏 「安倍総理は戦争文化から何も学んでいない」

NEWSポストセブン / 2015年08月15日16時00分

作家・森村誠一さん(82才)の原点は、70年前の8月14日深夜の熊谷空襲にある。生まれ育った埼玉県熊谷市の街が一夜にして焼け野原、近くの川に浮かんでいた見知った顔の死体の山…当時、小学6年生だった彼が目にした光景はあまりにも衝撃的だった。一日たりとも忘れていないあの日の出来事―― 戦後、森村さんはホテルマンを経て、念願の作家となり、ジャンルを問わず健筆を振 [全文を読む]

森村誠一氏 空襲で初恋相手の遺体を目にし作家になると決意

NEWSポストセブン / 2015年08月14日07時00分

累計発行部数1億4000万部を超える作家・森村誠一さんの原点は、70年前の8月14日深夜の熊谷空襲にある。生まれ育った街が一夜にして焼け野原、近くの川に浮かんでいた見知った顔の死体の山…当時、小学6年生だった彼が目にした光景はあまりにも衝撃的だった。一日たりとも忘れていないあの日の出来事――。 1945年8月14日午後11時頃、森村さんは、父親に枕を蹴飛ば [全文を読む]

森村誠一氏 戦時中小説を読んでいたら非国民扱いされたと述懐

NEWSポストセブン / 2015年08月12日16時00分

作家・森村誠一さん(82才)の家には、6才のメス猫がいる。名前はチビクロ。家に寄りつくようになった野良猫を数年前から飼い始めた。 「子供の頃から大の猫好きでした。小学校の頃には、コゾという名前の猫を飼っていました。家族同様、いや、家族以上の存在でした。家族みんなから愛される、そんな猫でした」(森村さん、以下「」内同) が、愛猫のコゾは、70年前のあの日から [全文を読む]

生涯仕事を続ける秘訣とは? 森村誠一初の健康本が登場!

PR TIMES / 2014年03月11日12時04分

中経出版ブランドカンパニー株式会社KADOKAWA(東京都千代田区)は、『健康に生きる覚悟』(森村誠一著)を刊行いたします。人生、前編はリハーサル。後編こそ本番。「私が健康に気をつけるようになったのは、九年余にわたるホテルマン生活に別れを告げ、フリー、つまり作家になってからであった。会社勤めをしていると健康診断など会社がお膳立てをしてくれるが、フリーになる [全文を読む]

フォーカス