柳原白蓮のニュース

大手前大学通信教育部が生涯学習無料セミナー「柳原白蓮の恋の歌」を3月4日(水)に開催

DreamNews / 2015年02月26日18時00分

今回は、大手前大学総合文化学部 盛田 帝子講師が「柳原白蓮の恋の歌」をテーマに講演を行います。また、通信教育部の入学相談会も同時開催いたします。大手前大学通信教育部は、グランフロント大阪のスイーツ・ラボにて、スイーツ付無料セミナー「リレートークin Sweets Lab」の第2回を3月4日(水)に開催いたします。このリレートークは、本学の多彩な教員陣が「社 [全文を読む]

NHK朝ドラ実在モデル 幻のエッセイを収録 文藝春秋 電子オリジナルコンテンツ『告白手記でよみがえる「白蓮事件の真実」』を緊急発売!

@Press / 2014年08月06日13時00分

そのモデルとされるのが大正天皇の従妹に当る歌人で「大正三美人」の一人として知られる柳原白蓮(本名・燁子)です。 福岡の炭鉱王・伊藤伝右衛門の妻だった白蓮は、滞在先の東京で、社会活動家の宮崎龍介と駆け落ち――これがいわゆる「白蓮事件」です。白蓮の一途に恋に生きた様が90年以上たった今改めて注目されています。 彼女が「白蓮事件」の約5年後の昭和2年『文藝春秋』 [全文を読む]

一足先に春を満喫 都内最大級の雛まつりイベント 圧巻!約1,000点の貴重な雛人形を展示『百段雛まつり ~九州ひな紀行II~』目黒雅叙園にて2017年1月20日(金)~3月12日(日)好評開催中!

@Press / 2017年01月25日11時00分

■見どころ(2) 特別展示!柳原白蓮と村岡花子の愛したお雛様通常は非公開である柳原白蓮が愛した有職雛(ゆうそくびな)と、村岡花子ゆかりの雛人形と雛道具を特別公開しています。九州にゆかりのある柳原白蓮は大正時代を代表する歌人であり、明治、大正、昭和と激動の時代を生きた女性です。また、その腹心の友である村岡花子は「赤毛のアン」をはじめとする多くの海外文学を不朽 [全文を読む]

累計来場者数40万人以上!都内最大級の雛人形展第8弾 百段雛まつり九州ひな紀行IIを2017年1月20日~3月12日開催@目黒雅叙園 文化財「百段階段」にて

@Press / 2016年12月06日10時30分

◇見どころ(2) 【特別公開】柳原白蓮と村岡花子の愛したお雛さま柳原白蓮は大正時代を代表する歌人であり、明治、大正、昭和と激動の時代を生きた女性です。筑豊の炭鉱王、伊藤伝右衛門の元に嫁ぎながらも自らの愛を生き抜き、時代の扉を開けようと努めました。その腹心の友である村岡花子は「赤毛のアン」をはじめとする多くの海外文学を不朽の名訳で日本に紹介した翻訳者、児童文 [全文を読む]

『花子とアン』実在モデルの娘が語る「柳原白蓮が生きた時代」

WEB女性自身 / 2014年06月01日07時00分

NHK連続テレビ小説『花子とアン』で、仲間由紀恵が演じる葉山蓮子のモデルとなった柳原白蓮(びゃくれん・享年81)は、“大正の三美人”といわれた大正から昭和にかけて活躍した女流歌人。その長女である宮崎蕗苳(ふき・88)さんが、母・白蓮について語ってくれた。 白蓮は柳原伯爵家の庶子として東京に生まれたが、生母は3歳のときに病死。幼くして子爵の息子と結婚させられ [全文を読む]

実はワガママ? 『花子とアン』ヒロインの“腹心の友”白蓮の本当の姿とは

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月30日05時50分

そのモデルとなった柳原白蓮(本名:燁子)の愛を貫いた人生に憧れを抱いてしまう女性は少なくはないだろう。九州の石炭王と結婚したものの、愛のない生活に苦しむうちに年下の青年・宮本龍介と恋に落ち、思いをとげるため駆け落ちした白蓮。姦通罪として問われるかもしれないことを恐れず、自らの愛を貫いた彼女の人生とはどんなものだったのだろうか。ドラマでは描かれていない真相と [全文を読む]

『百段雛まつり』~九州 ひな紀行~目黒雅叙園 文化財「百段階段」で3月3日(月)まで好評開催中 都内最大級の雛まつりイベント・九州全県のひな約1,000点が集結

@Press / 2014年01月30日16時00分

筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門の旧邸(福岡県飯塚市)で例年飾られている約500体の「座敷雛」や妻として迎え入れた華族出身の歌人・柳原白蓮が愛した門外不出の有職雛をはじめ、八代城主・松井家ゆかりのお雛さまや、松平定信の娘・秦姫が平戸藩主へ嫁ぐ際に持参したお雛さまと雛道具などの大名家ゆかりの名品、そして庶民の間で育まれた伝統工芸品のお雛さまも登場します。総移動距離 [全文を読む]

ひなの国・九州全県より名品が集う百花繚乱ひなめぐり『百段雛まつり』~九州 ひな紀行~

@Press / 2013年11月21日13時00分

■筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門に愛され、恋に生きた歌人・柳原白蓮ゆかりの門外不出の秘伝の名品も集結かつて日本一の炭鉱の街として栄えた筑豊地方。その中心地・飯塚市の北部に“筑豊の炭鉱王”が暮らした「旧伊藤伝右衛門邸」があります。後に伝右衛門の妻として迎え入れた華族出身の柳原白蓮のために増改築を繰り返したこの豪邸は「筑前いいづか雛のまつり」のシンボルとして、現在 [全文を読む]

金で買った結婚に反論「炭堀りには炭堀りの人格がある」伊藤伝右衛門(上)

THE PAGE / 2017年06月09日15時40分

蓮子のモデルは紛れもなく歌人・柳原白蓮でした。伝助は粗野で教養のない炭鉱成金でしたが、潔く妻の駆け落ちを許すという男気が人気を博しました。 実際の伊藤はどのような人物だったのでしょうか? 人柄がにじみ出る言葉と経済人としての功績を市場経済研究所の鍋島高明さんが解説します。一代にして炭鉱王に登りつめ、銀行経営や衆議院議員にも 作家の野坂昭如が「デンネムさんに [全文を読む]

ご存知ですか? 6月7日は浪曲師の桃中軒雲右衛門が浪花節ブームに火をつけた日です

文春オンライン / 2017年06月07日07時00分

その長男で社会運動家の宮崎龍介もまた、歌人の柳原白蓮と駆け落ちの末、結婚したことで知られる。 (近藤 正高) [全文を読む]

フォーカス