大沢在昌のニュース

お金持ちが意識している「引き寄せの法則」とは?

ZUU online / 2017年05月10日22時00分

私は大沢在昌さんという作家の本が大好きで、とくに『新宿鮫』シリーズはすべて読破しています。アンダーグラウンドの世界や社会の裏を描いたハードボイルド小説のシリーズで、読み始めると止まらなくなる面白さがあります。三度の飯より好きなくらいです。このように『新宿鮫』シリーズファン、大沢在昌さんファンを公言していたところ、なんと、ついに大沢在昌さんご本人とお会いす [全文を読む]

ファンキー加藤があの直木賞作家に聞いた人生相談「オレの前に堂々と出てきただけで対談する意味はある」

週プレNEWS / 2016年06月29日06時00分

期せずしてこのタイミングで人生相談の“雄”、作家の大沢在昌氏との対談が決まっていたのも何かの運命かもしれない。 「よろしくお願いします」 腹の底から声を出し、頭を上げた加藤のその目は、前だけを見つめていた―。 * * * 加藤 このタイミングで対談を受けていただき、本当にありがとうございます。 大沢 もしかしたら、この話も飛んじゃうんじゃないかと思ったんだ [全文を読む]

語っていいとも!第2回ゲスト・大沢在昌「本気で女とヤルのが必要ないと思っているとしたら生き物として種族が違うわ」

週プレNEWS / 2015年05月10日12時00分

第1回のゲストとしてご登場いただいた北方謙三氏にご紹介いただいたのは、盟友として知られる作家の大沢在昌氏だ。 大沢氏も『週刊プレイボーイ』本誌では以前よりエッセーから小説、そして人生相談まで連載していただくなど最も縁の深い“お友達”といえる。ご連絡するとすぐに快諾いただき、六本木にある事務所に向かったのだが…。 な、なんと時間に厳密といえる方なのにいっこ [全文を読む]

鈴木京香、テレ東ドラマ初主演で瀬戸康史と初タッグ!

Smartザテレビジョン / 2017年01月18日06時00分

ことし春にテレビ東京系で、鈴木京香主演で「ドラマ特別企画・大沢在昌サスペンス『冬芽の人』」を放送されることが分かった。「冬芽の人」は、ハードボイルド小説「新宿鮫」などで知られる直木賞作家・大沢在昌によるサスペンス小説で、今回が初のドラマ化。鈴木がテレビ東京のドラマ作品で主演を務めるのは今回初めてとなる。殺人事件の捜査中に同僚を死なせてしまい、刑事を辞めた主 [全文を読む]

ファンキー加藤がW不倫発覚後、初の雑誌対談で騒動に言及...でも相手の大沢在昌から「反省したじゃねーよ」と公開説教

リテラ / 2016年07月01日00時28分

その対談相手は、なぜか『新宿鮫』シリーズでおなじみのハードボイルド作家・大沢在昌。今週月曜6月27日に発売された、「週刊プレイボーイ」2016年7月11日号(集英社)にその模様が掲載されている。 いったいファンキー加藤は、大沢在昌とどんな言葉を交わすのか、さっそく読んでみたところ、対談は謝罪会見のわずか10日後、6月17日に行われたらしい。記事はまず、騒 [全文を読む]

冒険小説・ハードボイルド好きの好奇心を満たす、骨太の文学全集『冒険の森へ』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月06日17時30分

全集の編集委員をつとめる大沢在昌、逢坂 剛の両氏に加え、横山秀夫といった作家による傑作警察小説が中心にセレクトされている。 目玉はやはり大沢、逢坂の人気警察小説シリーズの長編二作だろう。 まずは大沢在昌『新宿鮫II毒猿』。日本の警察小説史上に輝く刑事ヒーロー“新宿鮫”こと鮫島警部が活躍する第二作であり、シリーズの人気を決定付けた作品だ。 鮫島警部は国家公務 [全文を読む]

語っていいとも! 第2回ゲスト・大沢在昌「男でも女でも失恋して泣いた経験のない人間なんか信用できるか」

週プレNEWS / 2015年05月17日12時05分

リレーインタビューのメモリアルな第1回ゲスト、作家・北方謙三氏に紹介していただいたお友達は、盟友の大沢在昌氏。 なんと、まさかの大遅刻!?で登場した大沢氏だが、話は尽きず…。そのまま前回の北方氏同様、時間を延長していただき後編に突入!(聞き手/週プレNEWS編集長・貝山弘一) ―楽といえば、絶食男子の話でいうと、傷つきたくないっていうのもあるようですね。 [全文を読む]

【新連載】語っていいとも! 第1回ゲスト・北方謙三「絶食系の顔して一途にもバカにもならない…つまんねーな」

週プレNEWS / 2015年05月03日12時00分

北方 一番の仲良しの友達……大沢在昌。 ―それは、ものすごいドストレートな直球じゃないですか(笑)。 北方 だからドストレートだよ。そこをちゃんとプレイボーイの責任で、お願いしますっていくんだよ。変化球でも紹介できるけどさ、でもハッキリ言って、最初にものを作っていくなら、基盤を作っておくっていう意味ではね、大沢がやっぱりいいだろ。 つまり、この路線を作ん [全文を読む]

KADOKAWAの人気キャラのカードが書店で配布される! 「ニコニコカドカワ祭り」開催

ダ・ヴィンチニュース / 2014年09月18日18時20分

統合直前の9月30日22時からは、伊集院静、大沢在昌、黒川博行、角川歴彦の4名による麻雀番組「伊集院静、大沢在昌、黒川博行vs角川会長 カウントダウン麻雀大会」を放送。23時55分からは、統合に向けて両社の成り立ちと出会いを紹介する特別映像を放送し、その時間帯にニコニコ動画を視聴しているユーザーの画面に映像を表示する。 ●KADOKAWA作品一挙放送&統 [全文を読む]

大沢在昌氏「読者以前に私が飽きる」と最新作で新境地に挑戦

NEWSポストセブン / 2013年03月04日16時00分

【著者に訊け】大沢在昌氏/『冬芽の人』/新潮社/1890円 雪に閉ざされ、色を失くした北国の冬。その静謐をやぶるように、木々に降り積もった雪が落ちる様子を「垂(しず)り」というそうだ。 「ヒロインの名前を考えている時に辞書で見つけたんだけど、綺麗だなあと思ってね。同じように凍てつく冬をじっと耐え、春を待つ芽を冬芽といい、心を固く閉ざした女の喪失と再生の物語 [全文を読む]

eBookJapanにて講談社の電子書籍フェア「夏☆電書 2012」開催! 『グラゼニ』『GIANT KILLING』など、人気コミック9作品を紙の単行本と同時発売!

PR TIMES / 2012年06月29日08時44分

『はじめの一歩』『修羅の刻』『風光る』などの名作コミック、五木寛之の『親鸞 激動篇』、大沢在昌の『語りつづけろ、届くまで』など、紙版の出版と同時期に電子書籍化された最新注目書を配信してまいります。なお、講談社作品は全て、Windows/Mac/iPad/iPhone/iPod touch/Android向けに配信します。・「講談社 夏☆電書 2012」キャ [全文を読む]

GWの“のんびり読書”は電子書籍でオトクに買ってオトクに読む。電子書籍のオトクなフェア、KADOKAWA「G電祭」が電子書店各店で開催中!

PR TIMES / 2017年04月28日17時52分

◆KADOKAWA「G電祭」開催中フェア一覧・男も惚れる!大沢在昌ハードボイルド小説フェア[画像2: https://prtimes.jp/i/7006/3231/resize/d7006-3231-453668-8.jpg ]http://bit.ly/2oWzBVM・『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』ドラマ化放送記念フェア[画像3: https: [全文を読む]

瀬戸康史が鈴木京香に“あすなろ抱き”でハグ!

Smartザテレビジョン / 2017年04月05日06時00分

4月5日(水)夜9時より「ドラマ特別企画 大沢在昌サスペンス『冬芽の人』」(テレビ東京系ほか)が放送される。主演は鈴木京香。 今回、ドラマの秘蔵カットが解禁され、鈴木がガンアクションに挑むシーンや、瀬戸康史演じるかつての同僚の息子・岬人に抱かれるシーンなどが公開された。 鈴木は今回演じた役について、「背負った重い十字架を一緒に担ぐ気持ちで過ごした1カ月でし [全文を読む]

ドラマ「冬芽の人」出演の瀬戸康史『勇気を与える作品です』

Smartザテレビジョン / 2017年04月02日06時00分

4月5日(水)夜9時より「ドラマ特別企画 大沢在昌サスペンス『冬芽の人』」(テレビ東京系ほか)が放送される。殺人事件の捜査中に同僚を死なせてしまい刑事を辞めた主人公・牧しずり(鈴木京香)が、その同僚の息子・岬人(瀬戸康史)と出会い、過去に隠された衝撃的な真実を追う物語だ。 今回、しずりと一緒に事件の真相を追う岬人役の瀬戸康史にインタビューを敢行。ドラマの見 [全文を読む]

舞台「陥没」で熱演中!瀬戸康史ら出演「関数ドミノ」地方公演決定

Smartザテレビジョン / 2017年03月03日18時00分

同作には、ドラマ「幕末グルメ ブシメシ!」(NHK BSプレミアム)で好演、また4月5日(水)には「ドラマ特別企画 大沢在昌サスペンス『冬芽の人』」(テレビ東京系)でも注目を集める瀬戸康史が出演。瀬戸はドラマでの活躍はもちろん、舞台でも高く評価を受けている注目の俳優の一人。 これまで高橋一生と共演した「マーキュリー・ファー」(白井晃演出)や、仲村トオルと [全文を読む]

ファンキー加藤の週プレ連載が楽曲に!「読者の皆さんに贈る応援ソングです」

週プレNEWS / 2016年11月01日11時00分

―そして第6回戦が、本誌で人生相談を連載していた作家の大沢在昌(ありまさ)氏です。 加藤 自分の背中がもう、思い切り丸まっていた時期だったので(苦笑)、ひと言ひと言がずしりと重く心に響いたというか、僕の弱いところを気持ちよくぶった斬っていただきました。 ―いずれもビッグネームのレジェンドばかりですが、この対談をどうやって歌にしたんですか? 加藤 皆さん、 [全文を読む]

夏目雅子、高倉健らを撮った写真家・立木義浩が語る「女、文豪、役者、そして写真」

週プレNEWS / 2016年08月09日06時00分

作家の大沢在昌(ありまさ)さんがシノプシス(物語のあらすじ)を作って、LAでは現地のスタントチームを雇って爆破したり、本物の黒豹を借りたり、車同士をぶつけて大破させたり。 大掛かりなロケになるほど写真の本丸からは遠ざかるけど、編集部にはこれまでの常識を打開したい、違うものを作りたいという熱気があったはず。結局、LAの写真だけでは納得がいかず、ハワイに飛んで [全文を読む]

第18回 大藪春彦賞決定

PR TIMES / 2016年01月28日20時17分

選考委員は、大沢在昌、今野 敏、馳 星周、藤田宜永の各氏。 贈賞式は3月、都内にて開かれ、大藪春彦賞選考委員会と後援の徳間書店から正賞として顕彰牌・賞状、副賞500万円が贈られます。 受 賞 者 須賀 しのぶ 氏 受賞作品 革命前夜 (文藝春秋・2015年3月刊) 須賀 しのぶ(すが・しのぶ)氏のプロフィール ※情報は選考日現在 1972年11月7日、埼 [全文を読む]

語っていいとも! 第3回ゲスト・阿川佐和子「仕事嫌いっていったって、お嫁にいけないんだからしょうがないよね」

週プレNEWS / 2015年05月31日12時00分

作家の大沢在昌氏からご紹介いただいた、第3回のゲストはエッセイストとしても知られる阿川佐和子さん。さすが、週刊誌の対談連載「この人に会いたい」、そして大ベストセラー『聞く力』とインタビュアーの実績では右に並ぶ者がいない大先輩なだけにこちらはタジタジ…。 だが、話は弾み、超多忙なスケジュールを縫っていただいた取材時間ギリギリまで融通いただき、延長戦の後編に [全文を読む]

語っていいとも! 第3回ゲスト・阿川佐和子「週プレが私に何用? グラビアですかぁ!?なんてね(笑)」

週プレNEWS / 2015年05月24日12時00分

第2回のゲストとしてご登場いただいた作家・大沢在昌氏が次のお友達に推したのは、なんとエッセイストとしても知られる阿川佐和子さん。えっ、ありえない!? 超多忙な方でもあり、お断りされるのでは…。 と思いきや、そこで「じゃあ俺からメールしてみようか」とその場で大沢氏が自ら連絡を。すると、なんと即レスが返ってきたではないか!「なんか、出てもいいみたいだけど、私 [全文を読む]

フォーカス