横山雄哉のニュース

【プロ野球】急遽先発勝利の翌日に登録抹消…。横山雄哉(阪神)は「藤浪の代役」に甘んじてはいけない

デイリーニュースオンライン / 2017年04月30日16時05分

東京ドームのレフトスタンドを埋め尽くした虎党たちも、横山雄哉(阪神)からこの言葉が発せられた瞬間、勝利の喜びを忘れ、どよめいた。 4月23日の巨人戦。インフルエンザで登板回避した藤浪晋太郎に代わり、急遽、マウンドに上がったのが横山だった。 横山は今季初登板初先発ながら、巨人打線を5回1失点、被安打6に抑え、勝利投手としてヒーローインタビューを受けた。 「 [全文を読む]

巨人・森福、ヤクルト・オーレンドルフが二軍降格 24日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月24日15時09分

<4月24日の公示情報> ※再登録=5月4日以降 ■ 読売ジャイアンツ =抹消= 13 森福允彦/投手 ■ 横浜DeNAベイスターズ =抹消= 49 クライン/投手 6 白崎浩之/内野手 44 佐野恵太/内野手 ■ 阪神タイガース =抹消= 15 横山雄哉/投手 ■ 東京ヤクルトスワローズ =抹消= 34 オーレンドルフ/投手 ■ 中日ドラゴンズ =抹消 [全文を読む]

苦境打開へ…日本ハム・中田&大田が一軍昇格! 23日のプロ野球公示

ベースボールキング / 2017年04月23日13時31分

<4月23日の公示情報> ※再登録=5月3日以降 ■ 読売ジャイアンツ -登録- 28 内海哲也/投手 ■ 阪神タイガース -登録- 16 横山雄哉/投手 =抹消= 51 伊藤隼太/外野手 ■ 中日ドラゴンズ -登録- 55 福田永将/内野手 =抹消= 61 若松駿太/投手 ■ 北海道日本ハムファイターズ -登録- 6 中田翔/内野手 12 松本剛/内野 [全文を読む]

防御率1位の燕投手陣、オーレンドルフが先発 23日のセ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年04月23日11時41分

【23日の試合予定】 DeNA(クライン)- 中日(バルデス) <横浜 13時00分> ・最近5試合の成績 De(4位):●○○△○ ※3連勝中! 中(6位):●○○△● 巨人(内海哲也)- 阪神(横山雄哉) <東京ドーム 14時00分> ・最近5試合の成績 巨(2位):○○○●○ 神(3位):○●●○● ヤクルト(オーレンドルフ)- 広島(九里亜蓮) [全文を読む]

【プロ野球】ルーキーイヤーに4勝の「伊予ゴジラ」秋山拓巳。目指すは開幕ローテーションと2ケタ勝利!

デイリーニュースオンライン / 2017年03月12日16時05分

岩貞に続く若手左腕として期待される横山雄哉。彗星のごとく現れたドラ2ルーキーの小野泰己だ。 2月25日の日ハムとのオープン戦に先発した秋山は、4回を被安打1、7奪三振で零封。この試合はオープン戦の初戦だった。オープン戦の初戦で先発を命じられる投手は、そのシーズンで最も期待される若手が務めることが多い。 首脳陣の期待に応えた秋山は、3月8日のロッテ戦でも5回 [全文を読む]

WBC組が不在中にアピールを続ける選手

ベースボールキング / 2017年03月11日11時15分

オープン戦の打率.267だが、『9番・二塁』でスタメン出場した5日の阪神戦では、左の横山雄哉から2本の安打を記録。昨季は右投手のときの打席数が53に対し、左投手のときはわずかに5打席だった。左投手から2安打したことは、大きなアピールになったはずだ。 また、ルーキーイヤーの昨季は0に終わった盗塁も、1つ決めるなど、足でも存在感を見せている。 ◆ 日ハム・横 [全文を読む]

【プロ野球】3年前の阪神ドラ1も神宮のライアンも! 21世紀枠で甲子園に出場したプロ野球選手は?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月25日17時05分

横山雄哉(阪神・投手) 2010年センバツ出場/初戦敗退 山形中央高(山形)→新日鐵住金鹿島→2014年・阪神1位 山形中央高の2年生エースとしてセンバツに乗り込むも、初戦で日大三高(東京)打線に掴まり、7回13失点の壮絶ノックアウト。しかし、その悔しさをバネに夏の山形大会を勝ち上がり、甲子園に帰還。その夏も初戦で九州学院高(熊本)に敗れはしたが、エー [全文を読む]

阪神・金本監督 低迷するチーム状態…「シロウト首脳陣」に見切りでもう「新任」探し

アサ芸プラス / 2016年06月18日09時56分

「“能見2世”と言われる岩貞祐太(24)がブレイクしたものの、期待のもう1人の左腕、横山雄哉(22)が故障。代役で使ったルーキーの青柳晃洋(22)も楽天戦でプロ初勝利をつかんだのはいいが、2戦目で馬脚を現した。セットアッパーとして使った石崎剛(25)も楽しみな戦力だったのに、これまた故障した。投手がなぜ育たないのかという議論がチーム内、球団内で起きており、 [全文を読む]

【プロ野球】自らが現役時代に証明?阪神ナインに浸透する”金本イズム”

デイリーニュースオンライン / 2016年06月13日16時06分

■投球ミスではなく、攻める気持ちの欠如 2年目の左腕・横山雄哉がバレンティン(ヤクルト)に2打席連続で被弾し、3回でマウンドを降りたのは5月25日、神宮球場でのことだった。 「投げてはいけないボールを投げてしまいました」 試合後の横山の会見であるが、このときの金本監督の会見とは表現が微妙に違う。 「捕手の要求通りに、もっと内角を当ててもいいくらいの気持ち [全文を読む]

【プロ野球】今季1軍初出場を果たした選手は?セ球団別大抜擢ランキング

デイリーニュースオンライン / 2016年05月23日16時05分

しかし、2年目の横山雄哉、3年目の岩貞祐太など、ここまで出場機会が薄かったフレッシュな先発投手が結果を残しつつある。金本監督は高齢化が深刻な投手陣にも超変革を起こせるか。 ■巨人 5人 ≪投手≫ 平良拳太郎(3年目・21歳) 1試合/0勝1敗/防御率9.82 桜井俊貴(1年目・23歳) 1試合/0勝1敗/防御率8.31 長谷川潤(1年目・25歳) 1試合/ [全文を読む]

【プロ野球】育成契約だった阪神・原口文仁が正捕手の座を掴む日

デイリーニュースオンライン / 2016年05月08日16時04分

横山雄哉のプロ初勝利(7回無失点)も見事にアシストしている。 そして、5月4日にはプロ初ホームランをナゴヤドームのレフトスタンドに叩きこんだ。 中日・吉見一起から放ったその当たりは滞空時間が長く、美しい放物線を描いた。1970年代にファンを魅了した、三代目ミスタータイガース・田淵幸一を彷彿とさせる打球だった。 今回のサプライズな昇格劇は、大きな夢のストーリ [全文を読む]

【プロ野球】ほぼ期待外れ!? 昨年のドラフト1位選手たちの今(セ・リーグ編)

デイリーニュースオンライン / 2015年09月10日11時00分

【阪神】横山雄哉(投手・新日鐵住金鹿島) 1軍:4試合 0勝2敗 防御率6.75 2軍:14試合 5勝4敗 防御率2.32 有原航平(日本ハム)、山﨑康晃(DeNA)を外したあとの「外れ外れ1位」で昨年のドラ1の中では一番遅い指名となった横山。しかし、球持ちのよいストレートは好素材と評判で、即戦力になり得るという見方も強かった。 しかし、制球難もあり、フ [全文を読む]

掛布雅之 「メジャー級」高橋光成の大物度

アサ芸プラス / 2015年03月07日17時56分

ドラフト1位の横山雄哉は、身長183センチの本格派のサウスポーです。「左胸鎖関節炎症」で自主トレの調整が遅れていましたが、二軍の高知・安芸キャンプで大器の片鱗を見せてくれました。昨年のドラフトでは早大・有原(日本ハム)、亜大・山崎(DeNA)の抽選クジを外し、いわゆる外れ外れの1位でしたが、よくこれほど力のある投手が残っていたなという感じです。 彼は上から [全文を読む]

フォーカス