坂田藤十郎のニュース

【挑戦!お江戸クイズ】幕府公認のたった3つの芝居小屋とは? 江戸時代の芝居雑学クイズ4問

サライ.jp / 2017年03月14日19時00分

では、江戸三座にあてはまらないのは、次のうちどれでしょう?(い)結城座(ろ)市村座(は)森田座(に)中村座【クイズ2】荒事で人気を博した江戸歌舞伎の初代市川団十郎に対し、和事で評判を呼んだ上方歌舞伎の人気役者は誰でしょう?(い)3代目尾上菊五郎(ろ)3代目中村歌右衛門(は)初代坂田藤十郎(に)5代目松本幸四郎【クイズ3】歌舞伎十八番のひとつでもある人気芝居 [全文を読む]

【基礎知識】「能」「文楽」「歌舞伎」何がどう違うか説明できますか?

Woman Insight / 2014年05月27日20時00分

【歌舞伎】 確立された年:元禄年間(1688~1704年)前後 確立された地:上方・江戸 大成者:坂田藤十郎、市川團十郎など 演者の構成:大きく分けると成人男性の「立役」と、男性が女性を演じる「女形」の二役。坂田藤十郎、市川團十郎など、歌舞伎創始期から続く役者名(名跡)を襲名することで芸を継いでいく。 主なテーマと登場人物:時代物と世話物の演劇、そして舞 [全文を読む]

中村玉緒 男の人は京女の言葉に目尻下げちゃいけません

NEWSポストセブン / 2017年03月26日07時00分

関西歌舞伎の名門家庭の長女として京都の中心街に生まれ(父は2代目中村鴈治郎、兄は4代目坂田藤十郎)、京都の名門女子校で、通称「京女」と呼ばれる私立京都女子中学校・高等学校を卒業。平成23年からは京都市の「京都名誉観光大使」も務める中村玉緒さんは、「京女」という存在をどう考えるか。(インタビュー・文/鈴木洋史)──生まれたのは中京区の蛸薬師のそばだそうです [全文を読む]

有名人「歴史的大不貞」はこんなに甘美だった!(3)石田純一のあのフレーズ真相

アサジョ / 2017年03月26日06時00分

さらに三田村と中山の離婚調停に3年もかかる後味の悪さでした」(スポーツ紙芸能デスク) さて、現在は人間国宝、四代目坂田藤十郎を襲名しているが、02年6月、中村鴈治郎だった時に起こした一件こそ国宝級。当時70歳でありながら、19歳の舞妓をホテルに招き入れ、その舞妓を見送る際には、ホテルの廊下でバスローブの前をはだけ、開チン写真を「FRIDAY」に撮られてしま [全文を読む]

それでも水素水を信じる藤原紀香、片岡愛之助も妻擁護で「梨園の妻らしくない」バッシングは馬耳東風

messy / 2017年03月09日23時00分

のみならず、八代目中村芝翫の妻でタレントの三田寛子がテレビ出演を再開したことや、四代目坂田藤十郎の妻・扇千景が(結婚を機に宝塚歌劇団を退団したが)テレビタレントとして活躍、国会議員としても長く活動したことをあげて「それは言われないんかと思う」と発言。もっとも、「寛子姉さんがたくさんテレビに出てからは(紀香も批判を)言われなくなったけど」とこぼした。 しか [全文を読む]

アイドル女優の元カレ、大河でも活躍…だけで語るのはもったいない!舞台の尾上松也がいかに“イイ男”か

messy / 2017年03月01日14時00分

人間国宝の坂田藤十郎の孫である壱太郎は大ヒット映画『君の名は。』でヒロインと妹が踊る巫女の奉納舞の創作を手掛けています。どちらも美しい女方として活躍しています。 長身ながらも細身の新悟は女方での儚げな風情が、義経の落人の悲哀と御曹司としての品として表れており、ふとうつむいて歩く姿が、なんともいえない色っぽさ。女方としての出演作や松也とも共演した2014年の [全文を読む]

紀香 デビュー1カ月…先輩妻たちが押す「梨園妻失格」の烙印

WEB女性自身 / 2016年11月04日06時00分

「あの扇千景さんだって80歳を超えた今も自分で運転して坂田藤十郎さんを送り迎えしています。紀香さんには『万が一、事故でも起こして舞台に穴を開けたら』と考えてほしかった 。これでは 梨園妻失格 と言われても仕方ありませんね」(歌舞伎関係者) 本誌は千穐楽後の2人を目撃していた。公演後に愛之助の車が出てきたが、和服姿の紀香は後部座席へ。近くにあるホテルに向か [全文を読む]

愛之助・紀香、結婚披露宴での「異常事態」が波紋…浮かれる紀香の女優活動に暗雲

Business Journal / 2016年10月04日07時00分

出席者も約600人に上り、坂田藤十郎、尾上菊五郎、尾上菊之助、松本幸四郎、市川海老蔵、中村獅童、中村勘九郎、中村七之助と歌舞伎界に重きをおいた顔ぶれでした」 芸能界では藤原とS社長の強い結びつきは有名だが、挙式と披露宴の欠席には、事情があるようだ。スポーツ紙関係者は語る。 「今年3月の結婚会見以前から、S社長は2人の結婚を喜んではいなかったようです。S社長 [全文を読む]

竹内結子や近藤サト 梨園のしきたりが理解できなかったか

NEWSポストセブン / 2016年09月29日16時00分

また坂田藤十郎の妻・扇千景も“開チン事件”(2002年、50歳年下の舞妓との不倫発覚)の際、ある雑誌の取材に「ああ、その方(不倫相手)なら私も贔屓にしております。あの中で一番美人で頭の良い子ですよ。まったく問題じゃありません」と余裕を見せた。 「梨園の妻にとって一番の優先順位は旦那の芸事。その妨げになるようなことは絶対にしない。芝居に磨きがかかるのであれば [全文を読む]

梨園の常識は世の非常識 歌舞伎役者は艶聞に事欠かない

NEWSポストセブン / 2016年09月28日16時00分

2002年、人間国宝・坂田藤十郎(84)は50歳年下の舞妓との不倫発覚と同時に、“開チン”写真が流出した際の釈明会見で「お恥ずかしいなぁ~。私が元気だと証明するみたいで」「世の男性方にも頑張ってもらいたいね」と、ケロッと話した。 一般社会であれば、「不倫」「隠し子」などは、社会的に抹殺されかねない大問題であるが、歌舞伎の世界では「日常」なのだ。 ※週刊ポス [全文を読む]

フォーカス