山中伸弥のニュース

手術が下手、鬱の過去も。ノーベル賞の山中教授、iPS細胞発見物語

まぐまぐニュース! / 2017年05月12日19時30分

「iPS細胞」の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞し、世界中から注目を集めた山中伸弥京都大学教授。しかし、山中教授がiPS細胞発見までに至る道のりは、決して順風満帆ではありませんでした。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)」は、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信。整形外科医への道を諦め、最愛の父を亡くし、日本とアメリカの研究環境の違い [全文を読む]

【書評】iPS細胞・山中伸弥氏が語る「ジャマナカ」と呼ばれた過去

まぐまぐニュース! / 2017年04月20日01時00分

山中伸弥、羽生善治、是枝裕和、山極壽一、永田和宏。恐れ入りました、ってこのうちお二人は知らないんですけど。企画して本にまとめたのは永田和宏・京都産業大学教授、京都大学名誉教授。 山極壽一は京都大学総長。この本に収められた四人の講演と、そのあとの対談は、京都産業大学創立50周年記念の「マイ・チャレンジ 一歩踏み出せば、何かが始まる!」という企画の記録である。 [全文を読む]

ノーベル賞山中教授が研究に没頭した時期や研究内容語った本

NEWSポストセブン / 2012年11月10日07時00分

【書籍紹介】『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』(山中伸弥/聞き手 緑慎也/講談社/1260円) ノーベル賞を受賞した著者が、機械いじりの好きな少年時代から医師を目指し、その後〈理論的に可能なことがわかっていることなら、いずれできる。多くの人が「こんなん絶対無理」と思うようなことも必ずできるようになる〉と考え研究者として研究に没頭した時期 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】芦田愛菜 9歳で読んだ山中伸弥・京大教授の自伝に感銘受ける

TechinsightJapan / 2017年05月23日15時56分

そんな彼女が今まで読んだ本の中で一番感動し影響を受けたのが、「iPS細胞」の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥・京都大学教授の自伝だ。著書には山中教授の波瀾万丈な人生が赤裸々に綴られており、芦田はこの本から“人生の教訓”を得たのだ。 3歳で芸能界入りし、6歳の時には史上最年少でドラマ主演を務めた“天才”子役の芦田愛菜。中学入試のため本格的な受験 [全文を読む]

患者増加中の眼病「加齢黄斑変性」をiPS細胞で治す

プレジデントオンライン / 2016年12月27日09時15分

京都大学山中伸弥教授のノーベル賞受賞以来、官民を挙げて再生治療の取り組みが進んでいる。実用化に向けてさまざまなバイオベンチャーが生まれており、ヘリオスはその一つだ。 社長の鍵本忠尚氏は熊本県出身で、九州大学医学部卒業。九州大学病院で眼科医として勤めた後にアキュメンバイオファーマを設立。さらにiPS細胞の製品化を目指してヘリオスを設立した。臨床医から転じて [全文を読む]

京都人しか知りえない“秘められし京都”を、ゲーテが総力取材。京都に縁の深い市川海老蔵、片岡愛之助も登場!

PR TIMES / 2016年10月24日10時35分

[画像4: http://prtimes.jp/i/7254/221/resize/d7254-221-324612-3.jpg ] そしてそして、今月号より連載開始したのは、ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥氏! 研究者と同時に、京都大学iPS細胞研究所の所長でもある山中氏。そんな両面を持ち合わせながら、研究の今後のビジョンや目標について熱く語っ [全文を読む]

山中伸弥&伊藤穣一、二人の知の巨人が送る~未来を変える「伝える」技術~「プレゼン」力の重要性を語った!

PR TIMES / 2016年09月28日11時53分

NHK「スーパープレゼンテーション」初の書籍化! 9月28日発売予定 日本を代表するふたりの「知の巨人」、山中伸弥京大iPS細胞研究所所長と、伊藤穰一MITメディアラボ所長が プレゼンテーションの重要性、本当に伝わるプレゼンテーションについて語った1冊が誕生した。 研究者にとって、「研究は半分、もう半分はプレゼンテーション」と、今まで様々な著書、インタビュ [全文を読む]

科学の面白さ満載!ノーベル賞科学者対談が実現

Smartザテレビジョン / 2015年12月28日10時00分

1月9日(土)、赤崎勇氏(名城大学終身教授/名古屋大学特別教授・名誉教授)と山中伸弥氏(京都大学iPS細胞研究所所長)が、「若い世代へノーベル賞科学者からの提言~科学技術で次の時代を切り開け~」と題し、語り合う。 対談では、両氏それぞれが困難に挑んできた道筋を振り返りつつ、明日の日本の科学技術を担う若手研究者や研究者を目指す若者たちに向けて、“科学の面白 [全文を読む]

「情熱大陸」“iPS細胞の生みの親”山中伸弥氏に密着

Smartザテレビジョン / 2015年10月18日23時30分

10月25日(日)放送の「情熱大陸」(夜11:15-11:45TBS系)で、iPS細胞を生み出し'12年にノーベル賞を受賞した、iPS細胞研究所所長・山中伸弥氏に密着。ドキュメンタリー番組が密着するのは今回が初めてだという。 山中氏は'06年、体のあらゆる細胞に変化できる夢の細胞“iPS細胞”を開発し、'12年にノーベル賞を受賞。昨年にはiPS細胞を使った [全文を読む]

ノーベル賞の山中教授も、ホリエモンも-- 「バケツで氷水かぶる」運動が日本でも急拡大

インターネットコム / 2014年08月19日18時30分

ノーベル生理学・医学賞受賞者の山中伸弥教授が、たっぷりと氷水を浴びて見せたり、堀江貴文氏も挑戦を表明したりしており、今後国内の IT や科学分野でさらに多くの人が参加しそうだ。 Ice Bucket Challenge は、筋萎縮性側索硬化症(ALS)という難病の治療方法研究を支援するための運動。神経の障害により、手足、のど、舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだ [全文を読む]

「新経済連盟イノベーション大賞」 記念すべき初回受賞者に山中伸弥氏を選出!

ITライフハック / 2014年07月09日17時00分

記念すべき初回の受賞者に京都大学iPS細胞研究所所長・教授 山中伸弥氏を選出した。■「新経済連盟 イノベーション大賞」とは?「新経済連盟 イノベーション大賞」とは、独創的かつ先進的なイノベーション(革新)により、日本経済と社会に対して極めて顕著な貢献を果たした人に、その栄誉を称えて表彰し、さらに日本全体のイノベーションを促進することを目的として、同連盟が新 [全文を読む]

人間の“心”も単なる細胞の営みなの? 細胞のミラクルワールドとは

ダ・ヴィンチニュース / 2014年04月07日11時30分

iPS細胞の山中伸弥教授と演出家・野田秀樹さんの出演も大きな話題となりました。6日の放送で同シリーズは最終回を迎えたが、この番組を見てあらためて“細胞”の働きに興味を持った視聴者も多いだろう。そこで、本番組番組制作の指揮官にして、『人体 ミクロの大冒険 60兆の細胞が紡ぐ人生』(NHKスペシャル取材班/KADOKAWA 角川書店)、ビジュアル・ブック『NH [全文を読む]

メディケア生命保険株式会社調べ 「絵本の偉人伝」 実際にあれば子どもに読んで欲しいランキング 1位「宮崎駿さん」、2位「イチローさん」、3位「山中伸弥さん」

@Press / 2013年07月16日15時00分

メディケア生命保険株式会社( http://www.medicarelife.com/ )(本社:東京都江東区、取締役社長:寺崎 啓介)は、「子どもの絵本と教育に関する調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により、2013年6月8日~6月12日の5日間において実施し、小学3年生以下の子どもを持つ男女1,000名(調査対象者:20歳 [全文を読む]

科学立国日本の研究を支える民間の財団 国内に多く存在する

NEWSポストセブン / 2013年04月10日16時00分

昨年、iPS細胞を開発した功績により山中伸弥京都大教授が生理学・医学賞を受賞したノーベル賞は、学術、文化における業績に対して与えられる世界でもっとも有名な賞といえるだろう。授賞式と晩餐会にスウェーデン国王一家が訪れるのが恒例となっているが、賞の運営や授与されるメダルと賞金の管理は、ノーベル財団という民間組織が行なっている。海外では、研究者へ与えられる賞には [全文を読む]

山中伸弥教授の記念講演に学ぶ、ユーモアとプレゼン力! 『ENGLISH JOURNAL』 2013年5月号、4月6日発売

PR TIMES / 2013年04月05日09時24分

山中伸弥(医学者、2012年ノーベル生理学・医学賞受賞)50歳という若さで、25年ぶり2人目の日本人の生理学・医学賞受賞に輝いた山中教授。昨年12月のノーベル賞授賞式前日に行われた、記念講演の一部をお届けします。成果を出すまでの軌跡、iPS細胞研究の可能性などについて、ユーモアを交え、丁寧な英語で語る様子は、私たち英語学習者に勇気と自信を与えてくれます。 [全文を読む]

世紀の対談! iPS細胞×はやぶさ『夢を実現する発想法』(山中伸弥&川口淳一郎・共著)出版&秘蔵音声ダウンロード特典

PR TIMES / 2013年01月15日14時01分

1月17日(木)限定アマゾンキャンペーンを開催iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞した山中伸弥氏と、「はやぶさ」のプロジェクトマネージャとして、世界初となる小惑星サンプルリターンを実現した川口淳一郎氏による初の対談本『夢を実現する発想法』(致知出版社)を1月11日に発刊。1月17日(木)限定のアマゾンキャンペーンでは、購入特典として二人の対談取材における秘蔵 [全文を読む]

TOEIC990点の社員 いざ外国人と対面すると無言になる例も

NEWSポストセブン / 2012年12月27日07時00分

50歳の若さで今年のノーベル医学生理学賞を受賞した京都大の山中伸弥教授はいわば現代のスーパーマンだが、会社にも負けず劣らず(?)の超人がいる模様。超A級の才能や資格、特技の持ち主は周囲から一目置かれますが、中にはおかしな場合もあるとOLの皆さんに紹介してもらいました。 * * * りな(不動産・27歳):「2012年のスーパーマン」といったら、iPS細胞の [全文を読む]

ノーベル賞山中教授 家庭ではトイレ、風呂、床の掃除が担当

NEWSポストセブン / 2012年10月26日07時00分

iPS細胞の作製でノーベル医学生理学賞を受賞した山中伸弥・京都大学教授(50才)だが、研修医時代に臨床医としての限界を感じ、1989年に基礎医学へと進路変更したという経緯があった。すでに、結婚し、長女も誕生していた状況で、週末に病院勤務のアルバイトをしながら、平日に実験に明け暮れるという生活は、かなり厳しいものだった。 そして、1991年には次女が誕生。知 [全文を読む]

祝ノーベル賞受賞!『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』(著:山中伸弥、聞き手:緑慎也)電子書籍版緊急配信開始

PR TIMES / 2012年10月19日13時49分

株式会社講談社(本社:東京都文京区 代表取締役社長:野間省伸)は、10月18日から電子書籍版『山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた』(著:山中伸弥、聞き手:緑慎也)を配信開始いたしました。 10月8日の山中先生のノーベル医学・生理学賞受賞決定後、緊急に電子書籍を配信することを10月17日に決定しましたが、翌日の配信開始は講談社初です。 売行き [全文を読む]

山中伸弥博士の2012年ノーベル賞受賞を記念して『細胞工学』記事を無料配信!

PR TIMES / 2012年10月19日11時42分

(株)学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長・宮原博昭)のグループ会社、(株)学研メディカル秀潤社(東京・品川 代表取締役社長・須摩春樹)は、山中伸弥博士の2012年ノーベル生理学・医学賞受賞を記念して、山中博士の論文解説記事を無料配信いたします。 2006年、京都大学の山中伸弥博士は、世界的に権威のある科学誌『Cell』にiPS細胞(人工多能性 [全文を読む]

フォーカス