小早川毅彦のニュース

野村克也氏 小早川毅彦の開幕戦3連発HRを振り返る

NEWSポストセブン / 2017年03月27日07時00分

ちょうどこの年、広島を自由契約になった35歳の小早川毅彦を獲っていた。この男が、俺のミーティングを聞いて「野球をこんなに深く考えているんですか」と感激しているわけだ(苦笑)。“バッティングの8割は次の球への備えだ”とか、少し教えただけで見違えるように良くなった。 それで開幕戦で5番を任せてみたら、2回にストレート、4回にはカーブ、6回にはシンカーと、すべ [全文を読む]

小早川毅彦、今年こそ優勝!カープ愛トーク

アサ芸プラス / 2013年04月05日09時59分

とはいえ、15年連続Bクラスという状況を打破すべく、カープOBのプロ野球評論家・小早川毅彦氏は、今季の躍進を断言する。 * 「昨年は、マエケン(14勝7敗)が言うことなく、野村も9勝11敗と借金を2つ背負いましたが、防御率は優秀で内容も非常によかった。復活した大竹(11勝5敗)も一皮剥けました。戦力的には、巨人がダントツですが、投手陣に関しては、ひけを取り [全文を読む]

「カープ女子」うえむらちかpresents「関東カープファンミーティング2017」を開催

PR TIMES / 2017年08月17日18時14分

ゲストにはカープ女子でもあり、タレントのうえむらちかさん、特別ゲストには「赤ヘルの若大将」と称され、山本浩二さんや衣笠祥雄さんの後継者として活躍された小早川毅彦さん(プロ野球解説者)をお迎えし、セ・リーグ連覇、さらには33年ぶりの日本一を目指すカープ盛りだくさんのトークショーを行います。 ご多忙のことと存じますが、ぜひ、貴メディアでのご紹介やご取材を賜り [全文を読む]

槙原、桧山、立浪、駒田らプロ野球OBレジェンドが今シーズンを斬る!

@Press / 2015年04月20日16時30分

出演は、巨人・槙原寛己、阪神・桧山進次郎、広島・小早川毅彦、中日・立浪和義、横浜DeNA・駒田徳広、ヤクルト・川崎憲次郎といったセ・リーグ各球団OBの豪華レジェンドたち。スマホアプリ「部活DO!」の「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」が主催するこのイベント、混戦を極めるセ・リーグを中心に、ここまでの戦いぶりや今後のペナントの展望について豪華メンバーが本音の舌戦を繰 [全文を読む]

球史に残る!「名監督たちの神采配」伝説プレイバック

日刊大衆 / 2017年05月04日09時05分

97年の巨人との開幕戦で飛び出した小早川毅彦の3打席連続本塁打なんかは、まさしく、その真骨頂でしょうね」(前同) 阪神時代の00年には、左腕の遠山奬志と右腕の葛西稔を、マウンドとファーストで交互に起用する「遠山葛西スペシャル」なども話題を呼んだ。その翌年のオープン戦では、「F1セブン」の一角として売り出した、ルーキーの藤本敦士を一塁、赤星憲広を三塁に置いた [全文を読む]

【プロ野球】堀北真希だけじゃない!? ダイビングキャッチに散った虎のスピードスターら、プロ野球界の電撃引退劇

デイリーニュースオンライン / 2017年03月10日17時05分

1986年9月22日の広島戦で、江川は小早川毅彦に2打席連続本塁打を浴び敗戦投手となる。すると、この試合をきっかけに引退を表明してしまったのだ。 このシーズンも25試合に先発し、13勝を挙げるなどローテーションの軸として活躍していた。しかもまだ31歳。引退するには早すぎる年齢だっただけに、江川の電撃引退劇は大きな衝撃を与えた。 引退の理由には諸説あるが、真 [全文を読む]

松坂大輔「10kg減量」でやる気充分「WBC主将」に大抜擢の奇策

WEB女性自身 / 2017年02月18日06時00分

また、大谷欠場によって生じた宣伝的なマイナス面を埋める効果も期待できる」 一方、小早川毅彦氏は、リーダーとしての資質に期待する。 「8日に直接会って話をしたんですが、印象はすごく明るく、話の内容からも『今年はやるんだ!』という気持ちが伝わってきました。松坂なら侍ジャパンの精神的な支柱としての役割を担えると思うし、適任者だと推します」 経験値の高いベテランの [全文を読む]

【プロ野球】ノムさんの歩んだ道に咲いた月見草の子どもたち。「野村再生工場」のオールスター選手を総まとめ

デイリーニュースオンライン / 2016年12月27日16時05分

小早川毅彦 広島から戦力外通告を受けてヤクルトに移籍した1997年、開幕戦で巨人のエース・斎藤雅樹から3打席連続本塁打を放ち、リーグ優勝への勢いをつけた。 ■阪神監督時代(1999年~2001年) 遠山奬志 ロッテから阪神に復帰2年目の1999年、野村監督の助言でシュートを取り入れて中継ぎで活躍。カモにしていた松井秀喜(当時巨人)に「顔も見たくない」と言 [全文を読む]

【プロ野球】レジェンド左腕・今中慎二が語った、高校No.1左腕・寺島成輝の可能性と球速ウラ話

デイリーニュースオンライン / 2016年10月31日17時05分

ゲストはカープOBの小早川毅彦。カープの25年ぶり優勝を記念した『祝!カープナイト』と題して盛り上がる予定だ。 イベント情報について、詳しくはオンラインコミュニティ「乾杯!ほろ酔いプロ野球部」のホームページ(https://bukatsu.hikaritv.net/campaign/0021/)もチェックを。(※文中、敬称略) 文=オグマナオト 【関連記事 [全文を読む]

後世に残る名試合ばかり! プロ野球・日本シリーズ伝説の瞬間「激闘!昭和編2」

週プレNEWS / 2016年10月26日11時00分

2-0と西武のリードで迎えた9回裏、完封目前の東尾修は、1アウトから小早川毅彦に一発を浴び、さらにこのシリーズを最後に現役引退する山本浩二にもライトスタンドに運ばれて同点に追いつかれる。試合は延長に突入したが、両チーム共に決め手を欠き、延長14回引き分けに終わった。 第2戦以降は、勝負どころで力を発揮した広島が3連勝し、あっという間に王手をかける。 後が [全文を読む]

元広島・長内氏 特技「アグネス・チャンのものまね」の理由

NEWSポストセブン / 2016年10月25日16時00分

以降は、翌年入団の小早川毅彦と激しいポジション争いを繰り広げ、1986年と1989年にはオールスターに出場するなど主力として活躍した。現在は、広島市内の焼き鳥店『カープ鳥』の店舗オーナーとなっている。 そんな長内について、おもしろいエピソードがある。かつての『プロ野球選手名鑑』(日刊スポーツ出版社発行)を開くと、長内の特技欄には、『アグネス・チャンの物まね [全文を読む]

【プロ野球】いざ25年ぶりの大舞台へ! カープの日本シリーズ名場面をプレイバック!!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月20日16時05分

ここで一死から3番・小早川毅彦が本塁打を放ち1点差に。続くベテランの4番・山本浩二は外角のスライダーを巧みにライトスタンドへ運び、広島は土壇場で同点に追いつく。試合は延長戦に突入しても決着はつかず、延長14回引き分けで第1戦を終えた。 すると広島は第2戦から3連勝。一気に日本一へ王手をかける。第5戦は1対1のまま第1戦同様延長戦となり、延長12回裏に工藤公 [全文を読む]

元広島・木下富雄、長内孝 焼き鳥店オーナーの現在

NEWSポストセブン / 2016年10月15日07時00分

外国人取らないから」と確約された翌シーズンは不調に陥り、新人の小早川毅彦にレギュラーを奪われる。それでも、阪急との日本シリーズ第7戦、1点リードを許して迎えた6回表2死満塁の場面で、一塁線の打球にグラブを伸ばして大ファインプレー。逆転日本一を手繰り寄せた。 「オフになって、右手を骨折していたと気付いた。シーズン中に『腕が腫れてグローブに手が入らんのです』と [全文を読む]

四半世紀ぶりの歓喜!で広島カープ・歴代優勝の瞬間をプレイバック

週プレNEWS / 2016年09月30日06時00分

【1984年】小早川、山崎、大野、川口……若手が光ったV4 37歳にしてキャリアハイの数字を叩き出したベテラン衣笠と、俊足スイッチヒッターの山崎隆造やルーキーの長距離砲・小早川毅彦といった若手が噛み合ったシーズン。 投手陣でもエースの山根和夫、北別府学を筆頭に、若きサウスポーの大野豊、川口和久も先発として活躍した。日本シリーズは阪急との対戦となったが、3 [全文を読む]

東大が体現する「粘りの野球」で”史上初”Aクラスの可能性

デイリーニュースオンライン / 2016年04月22日12時05分

開幕戦で小早川毅彦や西田真二(ともに広島カープ)、木戸克彦(阪神タイガース)らを擁する法政大学を6対2で撃破(その後連敗で勝ち点なし)した東大は、続く早稲田大学を1対0、2対0の連続完封。3カード目の慶応義塾大学戦も初戦こそ0対1で落としたが、4対1、3対1と連続勝利で、早慶両校から勝ち点を奪うという快挙を達成した。 この時点で明治に次ぐ2位につけ「初優 [全文を読む]

30本塁打でも引退!? 好成績の年にプロ野球界を去った男たち

デイリーニュースオンライン / 2015年11月19日15時00分

しかし、自信を持って投げた球を若手の小早川毅彦(広島)や八木裕(阪神)にホームランにされるなど、衰えを自覚していた。 そして来季の活躍に自信が持てなくなった江川は、「2ケタ勝利ができなくなれば引退」という自身の信念に従って球界をあとにした。 また、江川ドラフト騒動で渦中の人になった阪神・小林繁も1983年の引退年は、35試合で13勝14敗/防御率3.18の [全文を読む]

再び金星を挙げた東京大学野球部! かつての「赤門エース」を大公開

デイリーニュースオンライン / 2015年09月25日11時00分

小早川毅彦(元広島ほか)、西田真二(元広島)、木戸克彦(元阪神)らを擁する法大と、開幕戦で対戦した東大。法大圧倒的有利の予想に反して、大山が好投をみせて6-2で勝利。 「今季の東大はひと味違う」という戦いぶりで、続く早大戦では大山が1-0で、さらに2回戦は左腕・国友充範が2-0と、連続完封勝利を記録。また、慶大戦でも大山が力投を見せて連勝。早大と慶大の両校 [全文を読む]

開幕から1ヶ月…セ・リーグ各球団の戦いぶりをレジェンドたちが採点!

@Press / 2015年05月13日16時00分

広島に対しては、ほとんどのレジェンドたちが軒並み低評価を与える中、OBの小早川毅彦氏だけが100点満点を与えるなど、随所に個性豊かな採点も目立った。また、ヤクルトOB川崎憲次郎氏は、中日に移籍し2004年の開幕投手を飾った裏エピソードなどを披露。レジェンド同士の因縁トークもイベントを盛り上げた。6人のレジェンドが3チームに分かれて「侍JAPANドラフト会議 [全文を読む]

球史を彩るサヨナラゲーム「悲劇&絶望の名場面」5選を紹介

NEWSポストセブン / 2015年03月03日07時00分

【1987.9.20】怪物に引退を決意させた後輩の一撃 巨人・江川卓が法大の後輩、広島・小早川毅彦にサヨナラ弾を浴び、人目を憚らず涙を見せた。プロ9年目で2本目のサヨナラ被弾で怪物は引退を決めた。 【1993.6.9】黄金ルーキーは150球目に泣いた 高速スライダーを武器に巨人打線から16奪三振。しかし150球目を巨人・篠塚和典にとらえられた。試合後、伊 [全文を読む]

結婚データ分析で見えた!今狙うならこの女子アナ

WEB女性自身 / 2014年10月16日08時00分

’90年の小早川毅彦と赤間裕子(テレ東)を皮切りに18組ものカップルが誕生しているが、全体で見れば、わずか12%。「世間のイメージほど、女子アナは野球選手とばかり結婚しているわけではない」(テレビ局関係者) では、女子アナはどんな職業の男性と結婚しているのか。47人で部門別トップに輝いたのは、一般企業の社員だった。内村光良とつき合い、明石家さんまからも求愛 [全文を読む]

フォーカス