高杉良のニュース

東京オリンピック50周年記念対談 高杉良(作家)×大沢たかお(俳優) 「東京にオリンピックを呼んだ男」 フレッド・和田勇とは?

週プレNEWS / 2014年10月10日06時00分

主人公の和田勇を演じる大沢たかおが、ドラマの原作者・高杉良に、偉大なる先人の生きざまについて聞いた。 2020年東京オリンピックを6年後に控える今、あらためて注目を集める男がいる。 彼がいなければ、1964年の東京五輪はあり得なかったといわれる、フレッド・和田勇(1907-2001年)である。和田はアメリカ・ロサンゼルスに住む日系二世だった。 そもそも19 [全文を読む]

【神戸観光】ユーハイムやカファレルも!本店だけの限定イートインスイーツ4選

Walkerplus / 2017年05月19日06時00分

■ 「御影高杉」の鮮やかフルーツのミルフィーユに胸キュン! 「御影高杉 御影本店」(※高はハシゴダカ)は、「フランス菓子文化のおいしさと食文化を正しく伝えていきたい」という高杉良和シェフが率いる、関西を代表するパティスリー。ミルフィーユや「アシェット」(1296円)などは本店でしか味わえない。 「ミルフィユ・オ・フリュイ」(1080円)。店内で焼き上げる [全文を読む]

~お菓子が運ぶ幸せなひと時を、神戸から~『2017 洋菓子フェスタ in Kobe』

PR TIMES / 2017年04月25日14時37分

参加費:税込550円(ドリンク付き) 参加人数:各回50名 5月3日(水・祝) 2.パティスリーAKITO 田中哲人氏 「フルール・ド・ルージュ」 5月4日(木・祝) 1.神戸洋藝菓子ボックサン 福原敏晃氏 「いちご畑」 2.レーブ ドゥ シェフ 片山陽介氏 「完熟マンゴーを使った夏先取りスイーツ」 5月5日(金・祝) 1.御影高杉 高杉良和氏 「春のパ [全文を読む]

大阪の町工場から世界を変えた「炎の経営者」伝説

プレジデントオンライン / 2017年03月17日09時15分

日本にあきらめの空気が漂っていた戦後間もない時代、大阪の町工場から世界を変えようとした男がいた! 現代にも通じるリーダーの条件とは何か? 男のDNAを受け継ぐトップと、男に魅せられた企業小説の第一人者・高杉良が語り明かした。 ■「鉛筆の先を手前に向けて置きなさい」 【高杉】八谷(やたがい)泰造さんとの出会いは、僕がまだ20代半ばで化学業界の専門紙の駆け出し [全文を読む]

経済小説家はどうやって当事者を取材しているのか?

プレジデントオンライン / 2017年01月06日09時15分

これは先輩作家の城山三郎さん、高杉良さん、吉村昭さんなども同じである。これらの人たちのエッセイを読んでいると、高齢になってもノートと鉛筆を手に歩き回っていたことが書かれている。どんなに有名になっても、いい情報は向こうからはやって来ない。取材に関しては、ベテラン作家も新人作家も同じである。 ■現地取材で風の匂いを嗅ぐ 作品の舞台には極力足を運ぶ。今回の作品で [全文を読む]

いぬやしき、累、ラブホの上野さん…【8月23日発売のコミックス一覧】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年08月23日06時30分

』 琴音らんまる コミックス・ウェーブ・フィルム 『ノーゲーム・ノーライフ、です!(2)』 ユイザキカズヤ 榎宮祐 『つきツキ!(7)』 柴嶺タカシ 後藤祐迅ほか 『カーグラフィティJK(2)』 さきしまえのき ●MFコミックスフラッパーシリーズ 『となりの関くん(9)』 森繁拓真 『ラブホの上野さん(4)』 博士 上野 『女子会QUEST(3)』 椎名聰 [全文を読む]

講談社文庫の中から選りすぐった傑作揃い!文庫売り伸ばし企画「講談社文庫 傑作宣言プロモーション」第4弾 全国1,800書店で展開開始!

DreamNews / 2016年06月06日17時30分

6月開始となる第4弾では、指名候補作家に満を持して東野圭吾、堂場瞬一、高杉良が加わり、さらにパワーアップした顔ぶれとなりました。また、作品単品でも“傑作宣言”ができる「銘柄選択枠」では、前回・第3弾の売上No.1作品『すべて真夜中の恋人たち』(川上未映子)が引き続きエントリーする他、“イヤミスの女王”真梨幸子『女ともだち』から、不朽の名作『窓ぎわのトット [全文を読む]

「印刷業界のガリバー」の闇を暴露!常態化した粉飾や談合、社長ジュニアが経費で豪遊…

Business Journal / 2015年09月15日06時00分

出光興産をモデルした作品は、高杉良の『虚構の城』(講談社)に、百田尚樹の『海賊とよばれた男』(同)と、数え上げればきりがない。 そして、ここに『小説・大日本帝国印刷』(集中出版)という本がある。印刷業界の最大手を描いた、やはり「企業もの」小説だ。同作は大きな反響を呼んでおり、熱烈なファンも少なくない。 魅力のひとつは、あまりにもあからさまな企業名だろう。 [全文を読む]

フォーカス