郭源治のニュース

名野球選手多数の台湾、郭源治や陽岱鋼の故郷と日本を繋ぐ線

NEWSポストセブン / 2017年04月04日16時00分

日本プロ野球だけでなく、米メジャーリーグでも台湾出身選手の活躍が目覚ましい。九州と同程度の面積の小国から、なぜ才能が続々輩出されるのか。約1世紀前、野球文化の「種」を蒔いたのは日本人だった。ジャーナリストの野嶋剛氏がリポートする。 * * * 多くの場合、取材の取っ掛かりは、小さな疑問から始まる。台湾映画「KANO 1931海の向こうの甲子園」は、2015 [全文を読む]

プロ野球開幕!今までになかったドラゴンズ本「DRAGONSぴあ 2017」が発売中

PR TIMES / 2017年04月01日11時10分

OBの山崎武司氏・川又米利氏による解説付きの全選手&首脳陣紹介や、郭源治氏の台湾インタビュー、ファンが選んだ「ドラゴンズベストナイン」など、盛り沢山な内容でお届けする。 特別企画として実現した森繁和新監督と名古屋市長・河村たかし氏の対談では、熱烈なドラファンである河村市長が本音トークで森監督に迫る。他にも、読み応えのある記事が満載。そして巻末では、本拠地・ [全文を読む]

「ニ郭一荘」ほか台湾出身の名プロ野球選手たち

NEWSポストセブン / 2017年04月13日16時00分

中日で100勝100セーブの記録を打ち立てた郭源治、ロッテで活躍した荘勝雄も加えて、台湾ではそれぞれの姓を取って「二郭一荘」と称された。 台湾籍の王貞治は、実際は台湾では生活したことはなく、父は中国大陸出身だが、台湾で英雄として尊敬され、台湾野球界との交流も深い。王貞治に憧れて日本に渡ったのが中日や阪神で強打を見せた大豊泰昭。引退後、中日のスカウトになった [全文を読む]

【プロ野球】外国人枠の制約を受けない”助っ人”選手たち

デイリーニュースオンライン / 2016年04月27日16時04分

ちなみに、相撲やサッカーなどは、外国人選手が日本に帰化するケースが多く見られるが、意外に野球では郭源治(元中日)や松元ユウイチ(ヤクルト打撃コーチ)など、過去に数例しかない。 ■助っ人外国人+日本人枠選手+ハーフ選手…選手の国際化が止まらない!? 昨年7月15日、楽天のスタメンにウィーラー、ペーニャ、サンチェス、フェルナンドの4人の外国人選手が並んで話題 [全文を読む]

山本昌が江夏豊に語った現役引退「プロ1年目でクビ寸前でしたから50歳までやれて“大往生”です」

週プレNEWS / 2016年01月23日06時00分

2月のキャンプでは小松さん、鈴木孝政さん、牛島和彦さん、郭源治(かく・げんじ)さんといったエース級がブルペンで投げるのを見て、「やっぱり来ちゃいけないところに来た」と(笑)。 江夏 スピードが違った? 昌 伸びもスピードも、見たことがないボールでした。しかも、キャッチャーが構えた所にバチバチくる。それで、グラウンドのほうを見ても、名前も知らないような二軍の [全文を読む]

世にも不思議な野球記録「0球セーブ」の謎【ザ・ギース尾関しらべぇ】

しらべぇ / 2015年06月27日10時00分

しかし! 1989年4月28日の中日阪神戦で、マウンドに上がった郭源治投手は投球練習中にふくらはぎを痛め、特別に審判に認められ降板。まさかの0球降板が成立しました。 元中日の落合英二投手も、マウンドに上がって登板となった直後に雨が降ってきて、そのまま1球も投げずにコールドとなる記録を残しています。どうやら、中日と深い縁がある記録のようです。 ②「0人切り [全文を読む]

DeNA山口俊 「抑えから先発転向は成功しない」説打破するか

NEWSポストセブン / 2014年06月21日16時00分

今は、100球を超えると、みずから代えてくれと言う投手も珍しくないですからね」(同前) 過去100勝100セーブを記録した投手は、江夏豊(阪神など)、山本和行(阪神)、斉藤明夫(大洋)、郭源治(中日)、大野豊(広島)、佐々岡真司(広島)の6人。そのうち、先発として100勝以上挙げた投手は江夏と佐々岡だけだ。 「このなかで、抑えから先発に転向したのは大野だけ [全文を読む]

プロ野球優勝チームの法則 監督と似た選手存在、今年は広島

NEWSポストセブン / 2014年05月03日16時00分

1988年、星野仙一監督が中日を優勝に導いたときには、燃える男・郭源治をストッパーに抜擢。郭はマウンド上で吠えまくった。星野監督自身、優勝した1974年に最多セーブに輝いていますからね。 阪神が日本一となった1985年は、ランディ・バース・掛布雅之・岡田彰布という強力打線ばかりに目が行きますが、名ショート・平田勝男の守備なしに猛虎フィーバーは語れません。現 [全文を読む]

​海外サイトが選んだ「日本の有名な野球選手」がスゴい! 板東英二から正岡子規まで

AOLニュース / 2013年08月23日14時42分

たとえば板東"ゆで卵"英二氏がいたり、台湾の英雄・郭源治氏(元中日投手)が混ざっていたり、ミスターの息子(長嶋一茂氏)がクールな顔して(宣材写真?)シレっと紛れ込んでいたり...。 そして、このところすっかりご無沙汰だった斎藤佑樹投手が発見されたかと思えば、日本の野球ファンの間でさえ馴染みの薄い"赤いハンカチ王子"こと広島カープの齊藤悠葵(さいとうゆうき) [全文を読む]

フォーカス