宇多田照實のニュース

藤圭子、宇多田照實氏と“離婚7回”の理由

アサ芸プラス / 2013年09月05日10時00分

さらに翌年には7度目の離婚に踏み切った藤圭子と宇多田照實氏は25年の夫婦生活を完全に終えた。 振り返れば、ヒカルのブレイクによって全国民に注目されたファミリーが、その強い絆を見せつけたのは00年7月21日のこと。 「紹介します、藤圭子!」 札幌・真駒内アイスアリーナで開かれたヒカルのステージで、舞台裏にいた母親を呼び出し「夢は夜ひらく」をデュエット。唯一の [全文を読む]

憔悴の宇多田ヒカルに悲劇の連鎖 藤圭子さんの実兄が「宇多田照實を許さない」と告白

メンズサイゾー / 2013年08月29日17時00分

藤さんの元夫で音楽プロデューサーの宇多田照實氏(65)に対し、藤さんの実兄で元歌手の藤三郎氏(63)が「家族をバラバラにした」「遺体に面会させてもらえない」などと不信感をぶちまけているのだ。 藤さんの突然の死から6日目の27日、海外で訃報を受けたという宇多田は東京・目黒の葬儀場に到着。照實氏とともに母親の遺体と対面し、約40分間の別れの時を過ごした。出棺が [全文を読む]

藤圭子と沢木耕太郎「宇多田ヒカルは知らない……“愛欲真実”をタブー発掘!」(2)2人の本当の関係は?

アサ芸プラス / 2013年10月28日10時00分

ただ、沢木さんは仕事も順調だったので、全てをリセットし、アメリカで生活する決心がつかなかったのかもしれません」 一方、藤のほうは、のちに結婚する宇多田照實氏(65)とも、このニューヨーク時代に出会っていたという。藤と正子さんがアパートに入居した際にパーティを開いた時である。 「私が呼んだ知り合いの中に、当時は現地でコーディネーターをしていた宇多田さんもいら [全文を読む]

母・藤圭子の急死で心配される、娘・宇多田ヒカルの今後

日刊サイゾー / 2013年08月24日09時00分

結局、翌年に再び渡米し、宇多田照實氏と結婚、83年に長女を――つまり、のちの宇多田ヒカルを出産しました」 藤が飛び降りたのは、同居していたという知人男性のマンションの13階。ふたりの関係は詳しく分かっていないが、6年前から共に暮らしていたという。しかし、遺体を確認したのは、前夫で音楽プロデューサーの宇多田照實。ふたりは07年に離婚しているが、絶縁状態という [全文を読む]

宇多田ヒカルの母・藤圭子が死去…飛び降り自殺か 業界でささやかれていた精神不安

メンズサイゾー / 2013年08月22日16時25分

その後は前川清との結婚・離婚を経て一時引退し、83年に音楽プロデューサーの宇多田照實氏との間に長女・光(現在の宇多田ヒカル)をもうけるも、長らく表舞台から遠ざかっていた。そんな彼女に再びスポットが当たったのは、宇多田の母親としてだった。 宇多田は93年に「U3」(父・宇多田照實、母・藤圭子、娘・ヒカルのファミリーユニット)として米国でインディーズデビュー [全文を読む]

宇多田ヒカル“異例の移籍”カギを握る「3人の恩人」の存在

WEB女性自身 / 2017年03月03日06時00分

「メジャーデビューする前、宇多田は、母親で歌手の藤圭子(享年62)と父親の宇多田照實氏(68)と家族バンド『U3』を結成して、英語の楽曲を歌っていたんです。当時、14歳だった彼女の才能を最初に認めたM氏が、「日本語で歌わないの?」と持ちかけ、デビューにつながったのです」(前出・別の音楽関係者) M氏は別の曲の予定だったデビュー曲を『Automatick』 [全文を読む]

宇多田ヒカル、紅白初出場 15歳の衝撃デビューから“人間活動”への専念…6年ぶり本格復帰でエンジン全開<略歴>

モデルプレス / 2016年11月24日14時51分

父は音楽プロデューサーの宇多田照實、母は演歌歌手の藤圭子。 1998年12月、「Automatic/time will tell」でCDデビュー。セールスはダブルミリオンを記録し、わずか15歳にしてトップアーティストの仲間入りを果たす。1999年3月にはファーストアルバム「First Love」を発売。累計750万枚以上を売り上げている。 以降も「Can [全文を読む]

朝ドラ主題歌なのに?宇多田ヒカルが「紅白」への生出場を断ったワケ

アサジョ / 2016年10月22日09時58分

「ヒカルの父である宇多田照實氏は、彼女の音楽プロデューサーだけでなくイメージ管理も務めています。もし今回の新作アルバムの売り上げが低迷していたら、宣伝も兼ねて紅白出場の可能性があったようですが、結果は大ヒット。そのため、メディアにあまり出ず、アーティストとしてのイメージを保ってきたヒカルが、わざわざ大晦日に表へ出るメリットはないと、照實氏が判断した可能性が [全文を読む]

宇多田ヒカル「全米3位」新作アルバム「Fantome」で見ていた「藤圭子の亡霊」

アサ芸プラス / 2016年10月15日09時57分

アルバムのタイトルもフランス語で『幻』『気配』『亡霊』などの意味で、藤さんそのものを投影しています」 藤、そして父・宇多田照實氏(68)と家族3人でユニットを組むなど、デビュー当時は仲がいいと評判だった宇多田ファミリーだが、実は母娘の間には長らく確執があった。ワイドショースタッフが解説する。「宇多田は自身のプロデュース方針で揉める両親と、徐々に距離を置いて [全文を読む]

活動再開の宇多田ヒカル 語り始めた亡き母への想い

NEWSポストセブン / 2016年09月29日07時00分

藤は1982年に宇多田照實氏(68才)と結婚。翌年に出産し、3人は日本各地を愛車で旅する自由な生活を満喫する。そんな生活が変わったのは1998年。宇多田のデビューがきっかけだった。 ファーストシングル『Automatic』が200万枚を売り上げ、翌年発売のアルバムは900万枚を突破。空前の宇多田ブームを前に両親の関係も変わっていった。「宇多田さんのプロデュ [全文を読む]

フォーカス