宇多田照實のニュース

藤圭子、宇多田照實氏と“離婚7回”の理由

アサ芸プラス / 2013年09月05日10時00分

さらに翌年には7度目の離婚に踏み切った藤圭子と宇多田照實氏は25年の夫婦生活を完全に終えた。 振り返れば、ヒカルのブレイクによって全国民に注目されたファミリーが、その強い絆を見せつけたのは00年7月21日のこと。 「紹介します、藤圭子!」 札幌・真駒内アイスアリーナで開かれたヒカルのステージで、舞台裏にいた母親を呼び出し「夢は夜ひらく」をデュエット。唯一の [全文を読む]

憔悴の宇多田ヒカルに悲劇の連鎖 藤圭子さんの実兄が「宇多田照實を許さない」と告白

メンズサイゾー / 2013年08月29日17時00分

藤さんの元夫で音楽プロデューサーの宇多田照實氏(65)に対し、藤さんの実兄で元歌手の藤三郎氏(63)が「家族をバラバラにした」「遺体に面会させてもらえない」などと不信感をぶちまけているのだ。 藤さんの突然の死から6日目の27日、海外で訃報を受けたという宇多田は東京・目黒の葬儀場に到着。照實氏とともに母親の遺体と対面し、約40分間の別れの時を過ごした。出棺が [全文を読む]

藤圭子と沢木耕太郎「宇多田ヒカルは知らない……“愛欲真実”をタブー発掘!」(2)2人の本当の関係は?

アサ芸プラス / 2013年10月28日10時00分

ただ、沢木さんは仕事も順調だったので、全てをリセットし、アメリカで生活する決心がつかなかったのかもしれません」 一方、藤のほうは、のちに結婚する宇多田照實氏(65)とも、このニューヨーク時代に出会っていたという。藤と正子さんがアパートに入居した際にパーティを開いた時である。 「私が呼んだ知り合いの中に、当時は現地でコーディネーターをしていた宇多田さんもいら [全文を読む]

母・藤圭子の急死で心配される、娘・宇多田ヒカルの今後

日刊サイゾー / 2013年08月24日09時00分

結局、翌年に再び渡米し、宇多田照實氏と結婚、83年に長女を――つまり、のちの宇多田ヒカルを出産しました」 藤が飛び降りたのは、同居していたという知人男性のマンションの13階。ふたりの関係は詳しく分かっていないが、6年前から共に暮らしていたという。しかし、遺体を確認したのは、前夫で音楽プロデューサーの宇多田照實。ふたりは07年に離婚しているが、絶縁状態という [全文を読む]

宇多田ヒカルの母・藤圭子が死去…飛び降り自殺か 業界でささやかれていた精神不安

メンズサイゾー / 2013年08月22日16時25分

その後は前川清との結婚・離婚を経て一時引退し、83年に音楽プロデューサーの宇多田照實氏との間に長女・光(現在の宇多田ヒカル)をもうけるも、長らく表舞台から遠ざかっていた。そんな彼女に再びスポットが当たったのは、宇多田の母親としてだった。 宇多田は93年に「U3」(父・宇多田照實、母・藤圭子、娘・ヒカルのファミリーユニット)として米国でインディーズデビュー [全文を読む]

宇多田ヒカル“異例の移籍”カギを握る「3人の恩人」の存在

WEB女性自身 / 2017年03月03日06時00分

「メジャーデビューする前、宇多田は、母親で歌手の藤圭子(享年62)と父親の宇多田照實氏(68)と家族バンド『U3』を結成して、英語の楽曲を歌っていたんです。当時、14歳だった彼女の才能を最初に認めたM氏が、「日本語で歌わないの?」と持ちかけ、デビューにつながったのです」(前出・別の音楽関係者) M氏は別の曲の予定だったデビュー曲を『Automatick』 [全文を読む]

朝ドラ主題歌なのに?宇多田ヒカルが「紅白」への生出場を断ったワケ

アサジョ / 2016年10月22日09時58分

「ヒカルの父である宇多田照實氏は、彼女の音楽プロデューサーだけでなくイメージ管理も務めています。もし今回の新作アルバムの売り上げが低迷していたら、宣伝も兼ねて紅白出場の可能性があったようですが、結果は大ヒット。そのため、メディアにあまり出ず、アーティストとしてのイメージを保ってきたヒカルが、わざわざ大晦日に表へ出るメリットはないと、照實氏が判断した可能性が [全文を読む]

宇多田ヒカル「全米3位」新作アルバム「Fantome」で見ていた「藤圭子の亡霊」

アサ芸プラス / 2016年10月15日09時57分

アルバムのタイトルもフランス語で『幻』『気配』『亡霊』などの意味で、藤さんそのものを投影しています」 藤、そして父・宇多田照實氏(68)と家族3人でユニットを組むなど、デビュー当時は仲がいいと評判だった宇多田ファミリーだが、実は母娘の間には長らく確執があった。ワイドショースタッフが解説する。「宇多田は自身のプロデュース方針で揉める両親と、徐々に距離を置いて [全文を読む]

活動再開の宇多田ヒカル 語り始めた亡き母への想い

NEWSポストセブン / 2016年09月29日07時00分

藤は1982年に宇多田照實氏(68才)と結婚。翌年に出産し、3人は日本各地を愛車で旅する自由な生活を満喫する。そんな生活が変わったのは1998年。宇多田のデビューがきっかけだった。 ファーストシングル『Automatic』が200万枚を売り上げ、翌年発売のアルバムは900万枚を突破。空前の宇多田ブームを前に両親の関係も変わっていった。「宇多田さんのプロデュ [全文を読む]

SMAPと宇多田ヒカルが「すべて」!? 昨年低迷『紅白』の命運を握るアーティストの「不安点」

Business Journal / 2016年09月16日11時00分

一部メディアは彼女のマネジメントをする父の宇多田照實氏が、『紅白』に消極的と報道している。宇多田ヒカル自身も『紅白』をほとんど見たことがないとのことで、思い入れとしては大きくはない。間に父が入ることで、頓挫する可能性もあるということらしい。 唯一の希望は、高視聴率をキープしている『とと姉ちゃん』の主演、高畑充希の司会の可能性が大きいという点だろうか。ただ、 [全文を読む]

宇多田ヒカル、5年ぶりの新曲に込めた”亡き母”への愛

デイリーニュースオンライン / 2016年04月09日13時05分

その8年後、突然歌手引退を発表、1982年には音楽プロデューサーの宇多田照實と再婚し、 後に“平成の歌姫”と絶賛される宇多田ヒカルが誕生した。 「宇多田は本当に母親のことを好きだったと聞いています。当時のブログでも、“悲しい記憶が多いのに、母を思う時心に浮かぶのは、笑っている彼女”と綴っている。藤が亡くなったのは8月22日という真夏。今回発表した2曲のタイ [全文を読む]

すぐにパパが出てくる宇多田ヒカルに「なんか面倒くさい」の声――

日刊サイゾー / 2015年12月16日09時00分

活動休止中の歌手・宇多田ヒカルが、一部スポーツ紙で「来春、復帰へ」と報じられたことについて、父で音楽プロデューサーの宇多田照實氏が9日、Twitterで全面否定した。照實氏は、フォロワーから「報道は本当なんでしょうか?」と尋ねられ「全くのガセネタです」とコメント。報道では宇多田が来春に向けてレコーディングを再開させ、大型ドラマや情報系番組の新テーマ曲起用も [全文を読む]

祝!宇多田ヒカル活動再開...宇多田を人間活動=活動休止に追い込んだ「家族」の呪縛、そして再開の理由とは?

リテラ / 2015年12月08日18時14分

しかし、そもそも、なぜ宇多田ヒカルは「人間活動」という名の長期休養に入らざるを得なかったのか? そこには、宇多田ヒカルと両親、とくに父・宇多田照實との複雑かつ入り組んだ親子関係が関係している。 1stアルバム『First Love』で累計売り上げ枚数765万枚という、今後永遠に破られることはないであろう記録を打ち立て、デビュー直後から日本を代表する歌姫と [全文を読む]

宇多田ヒカル ロンドンで息子の日本語教材に選んだ“あの名作”

WEB女性自身 / 2015年09月18日06時00分

当時、父の宇多田照實氏(67)は娘が日本語を忘れることがないようにと『まんが日本昔ばなし』のビデオを見せていたのです。ヒカルにとって母・藤圭子さん(享年62)もいっしょに家族3人で見た忘れられない作品です。今年8月中旬に照實氏が渡英した際にDVDを手渡したと聞いています」ロンドンで愛息と『まんが日本昔ばなし』を見ながら、宇多田の胸に甦ってくるのは亡き母の思 [全文を読む]

宇多田ヒカル ロンドンで息子の日本語教材に選んだ“あの名作”

WEB女性自身 / 2015年09月18日06時00分

当時、父の宇多田照實氏(67)は娘が日本語を忘れることがないようにと『まんが日本昔ばなし』のビデオを見せていたのです。ヒカルにとって母・藤圭子さん(享年62)もいっしょに家族3人で見た忘れられない作品です。今年8月中旬に照實氏が渡英した際にDVDを手渡したと聞いています」ロンドンで愛息と『まんが日本昔ばなし』を見ながら、宇多田の胸に甦ってくるのは亡き母の思 [全文を読む]

有名人衝撃死の真相「藤圭子」“三回忌前に噴出する同居男の正体”

アサ芸プラス / 2015年08月09日17時57分

デビュー当時は僕らマネージャー陣も含めて、タコ部屋生活のような環境でしたから」 圭子は夫・宇多田照實氏と離婚し、娘の宇多田ヒカルとも疎遠になっていた。旧知の新聞記者を呼びつけては一方的にどなり散らすほど、情緒不安定になっていたという。「そんな純ちゃんを1人にしたら、何が起こるかわからない。離婚したとはいえ、元夫が“監視役”として男を同居させていたんだと思い [全文を読む]

謎のイタリア人と電撃再婚した宇多田ヒカルに「なんか痛々しい…」の声――

日刊サイゾー / 2014年06月12日11時00分

さらに“痛々しさ”に拍車をかけているのが、父親の宇多田照實氏の存在。スポーツ紙記者によると「親子であるのと同時に、娘のプロデューサーでもある。ささいなことにも口を挟むことで有名で、藤さんの亡くなった時も、家族の絆をこれでもかとアピールし、対立する親族男性を潰しにいった」(スポーツ紙記者)。 最近も「女性自身」(光文社)が、宇多田が結婚後「ロンドンでイタリ [全文を読む]

前川清と藤圭子 舞台でネタにされるその関係とは

アサ芸プラス / 2014年04月25日09時59分

その10年後の82年に藤さんは、音楽プロデューサーの宇多田照實さんと再婚し、ヒカルちゃんを産んだ。ところが、当時の前川さんと藤さんの結婚は、人気歌手同士ということもあり、今でも前川さんは『ヒカルちゃんのお父さんじゃないから』と釈明するのが“定番ギャグ”になっています」 実際、その日の舞台でも前川は続けて、「ヒカルちゃんが売れたのは、父親の差ですよ。息子が売 [全文を読む]

「まるで浜崎あゆみ……?」宇多田ヒカルの“年下格差婚”に広がる、戸惑いの声

日刊サイゾー / 2014年02月08日09時00分

「父・宇多田照實も自身のTwitterにおいて『爽やかで陽気、賢いイタリア人青年』と評していますが、先月31日には、宇多田の体調を訊ねるファンのツイートに対し『心が繊細なので気を付けてあげたい』と返しており、再婚が自然なものとして受け入れられるように配慮しているような印象がありますね。今は好青年でも、そのうちヒモになってしまいスピード破局、なんてことにな [全文を読む]

藤圭子 作家・大下英治が今も忘れない「歌舞伎町で食事した夜」

アサ芸プラス / 2014年01月09日09時58分

新宿・歌舞伎町の台湾料理屋で宇多田照實さんと藤圭子と彼女を世に出した石坂まさをさんと、4人で会ったんだ。2時間ぐらいだったな。その時、デモテープを聴かされたけど、私は魅力を感じなかった。私は怨み歌の藤圭子が好きですから、そういうものではなかったから。本人は、演歌から転換したかったんだと思うけど、私は力を感じなかった。中途半端な歌謡曲って感じで。石坂さんも乗 [全文を読む]

フォーカス