万城目学のニュース

万城目学、待望の最新小説『バベル九朔(きゅうさく)』3月19日、遂に発売!今年最大の「奇書」を見逃すな!

PR TIMES / 2016年02月19日17時23分

万城目氏より直筆メッセージが到着! 作家生活10周年にして、新たな万城目ワールドの幕が開ける! 2006年、『鴨川ホルモー』で鮮烈なデビューを果たし、『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』など新作を発表する度に、映像化や、直木賞ノミネート、本屋大賞ノミネートなどで話題になる人気作家、万城目学。近年では『偉大なる、しゅららぼん』の映画化が記憶に新しい。そ [全文を読む]

万城目学待望の最新作『バベル九朔』カバーデザイン完成&特設サイトがオープン!著名人からの推薦コメントも到着!

PR TIMES / 2016年02月29日19時30分

特設サイトは万城目学自らが描く雑居ビル「バベル九朔」案内図や登場人物紹介など、コンテンツが盛りだくさん!株式会社KADOKAWAより3月19日に発売される万城目学著『バベル九朔(きゅうさく)』のカバーデザインが遂に完成、そして著者と作品の特設サイトがオープン!(http://www.kadokawa.co.jp/chosha/makime/babelkyu [全文を読む]

実写&アニメW映像化の『僕だけがいない街』ノベライズ、万城目学著『バベル九朔』など話題作が盛りだくさん!『文芸カドカワ』2月号、1月9日配信!!

PR TIMES / 2016年01月08日17時49分

実写&アニメW映像化『僕だけがいない街』ノベライズ連載中!!犯人が語る“哲学”とは?!万城目学『バベル九朔』はクライマックス直前!仁木英之の忍者コメディ『立川しのびより』絶好調!話題作「うつヌケ」カリスマブロガーずんずん登場!!どうぞ、ご期待ください。 [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2031/resize/d7006-203 [全文を読む]

『プリンセス・トヨトミ』などでおなじみ万城目学先生 ボツ脚本のアイデアが映画でパクられた!?

ガジェット通信 / 2016年12月31日13時45分

『鴨川ホルモー』『プリンセス・トヨトミ』などの作品で知られる、小説家の万城目学先生(‏@maqime)。 12月30日、 今年を漢字一字で表すなら「苦」。くるしいより、にがいのほうで。来年はよき相手と、よき仕事ができますように。 とツイート。 その後、 実は二年前から、とある映画の制作に携わっていました。原作ではなく、オリジナルの作品の脚本を担当するという [全文を読む]

「万城目学はベストセラー作家だったんだなあ」と本人が語る新境地の自信と限界とは…

週プレNEWS / 2016年05月17日11時00分

続く『鹿男あをによし』では奈良、『プリンセス・トヨトミ』では大阪…と、関西を舞台にファンタジーの要素を取り入れた小説を書き継いできた万城目学(まきめ・まなぶ)が、デビュー10周年の節目に長編『バベル九朔(きゅうさく)』を発表した。 主人公の九朔(注・名字です)は、作家志望の雑居ビル管理人。物語の入り口こそ等身大の日常風景だが、ある一点を皮切りに、ばかでか [全文を読む]

万城目学「バベル九朔」、実写&アニメW映像化「僕だけがいない街」小説版、二大話題作衝撃の最終回!『文芸カドカワ』3月号、2月10日(水)配信!

PR TIMES / 2016年02月10日12時37分

実写&アニメW映像化「僕だけがいない街」小説版!万城目学「バベル九朔」二大話題作衝撃の最終回!女子ラグビーで、目指すはオリンピック!!新連載・五十嵐貴久「セブンズ!」、話題作・田中圭一「うつヌケ」女の幸せって…!?どうぞ、ご期待ください。 [画像1: http://prtimes.jp/i/7006/2107/resize/d7006-2107-60816 [全文を読む]

本日発表の第150回直木賞候補作『とっぴんぱらりの風太郎』(万城目学)、『王になろうとした男』(伊東潤)緊急電子化!本日より発売開始!

@Press / 2013年12月20日14時30分

株式会社文藝春秋(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:平尾隆弘)は、本日発表になった第150回直木賞候補作品『とっぴんぱらりの風太郎』(万城目学)、『王になろうとした男』(伊東潤)を、緊急電子化して本日より発売します。 万城目学さんの『とっぴんぱらりの風太郎』は、“ニート忍者”風太郎が主人公。電子版は、「週刊文春」連載時の挿絵100枚超を特別収録した、 [全文を読む]

“無礼すぎる”フジテレビに「作家NG」が止まらない! 佐藤秀峰、池井戸潤に続き、万城目学まで……

日刊サイゾー / 2017年02月25日11時00分

「それが昨年末、作家の万城目学先生がTwitterで『映画のために苦労して書いたオリジナル脚本を全ボツにされたと思ったら、その内容が完成された映画でパクられていた』などとツイートしたんです。作品名は出していませんが、これが『本能寺ホテル』なのは間違いありません。その後、『週刊文春』(週刊文春)など各メディアが後追いしましたが、万城目先生はフジテレビに対し [全文を読む]

万城目学 原作の話題作『偉大なる、しゅららぼん』を劇場公開より2週間早く自宅で楽しめる

PR TIMES / 2014年02月12日15時24分

試写会対象作品は、3月8日より全国公開(配給:東映、アスミック・エース)される万城目学原作の映画『偉大なる、しゅららぼん』です。本作は、J:COMグループのアスミック・エース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮田 昌紀)が企画・制作を手がけ、「ももいろクローバーZ」の描き下ろし新曲が主題歌に起用されるなど、今注目の話題作です。<マキメ・ワー [全文を読む]

『七帝柔道記』が「本の雑誌」上半期ベスト3位に!! 井上雄彦氏、万城目学氏、森絵都氏ら、各界からの反響続々!!

PR TIMES / 2013年07月10日15時37分

株式会社 角川書店 「本の雑誌」上半期ベスト10の第3位に増田俊也が描く青春小説『七帝柔道記』が選出された!! 漫画家の井上雄彦氏、作家の森絵都氏、万城目学氏など、各界からの反響が続々と届いている。 『七帝柔道記』の舞台は北海道大学柔道部。ただひたすら仲間と共に強くなるため、青春の全てを捧げた主人公、そして北大柔道部員たちの姿を描いた、汗と涙、涙の青春小説 [全文を読む]

フォーカス