中田宏のニュース

元横浜市長・中田宏が見た「日本維新の会」の実像

週プレNEWS / 2013年06月25日06時00分

そんな維新の会の実像を元横浜市長、中田宏の視点を通して内側から描いた異色の政治ドキュメンタリーが『維新漂流 中田宏は何を見たのか』だ。著者の田崎健太氏に聞いた。 ―維新の会といえば、橋下と石原慎太郎という共同代表ふたりのキャラがあまりにも強烈で、なかなかその内側が見えづらいのですが、今回、あえて中田宏氏という党内の「第三極」の視点で維新を描こうとしたきっか [全文を読む]

中田宏氏「生活保護でパチンコ」おかしい 自分のカネで遊べ

NEWSポストセブン / 2016年11月11日07時00分

だが、前・横浜市長の中田宏氏は「自由と権利」が一人歩きする日本社会の風潮を疑問視する。 * * * 「生活保護費でパチンコ」を禁じる地方自治体の試みが潰されたことをご存じだろうか。 大分県別府市は昨秋、市の職員らがパチンコ店などを巡回。生活保護の受給者を見つけたらまず口頭注意、複数回繰り返した場合は書面での警告を経て保護費の一部の支給を1~2か月間停止して [全文を読む]

胸の谷間を見せつつSoweluが有吉とドMトーーク

Smartザテレビジョン / 2015年06月12日22時55分

MCの有吉弘行らを前に、大御所芸能人、一流スポーツ選手、文化人らが自身の過ちを告白・ざんげする「有吉反省会」(日本テレビ系)に、アーティストのSoweluと、元横浜市長の中田宏氏が反省をしにやって来る。 ことし2月、音楽活動を再開したSoweluが「正統派シンガーとしてデビューしたにもかかわらず、どんどん過激になった」と反省する。ブログや雑誌のインタビュー [全文を読む]

維新の会をボロボロにした元凶は松井幹事長だった?

週プレNEWS / 2013年06月05日10時00分

当時の様子を、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』(集英社インターナショナル)の著者である田崎健太氏が振り返る。 「公開討論会に参加した中田宏(現衆院議員)さんは、当日になっても討論会の段取りなどの詳細を維新側から聞かされていませんでした。山田宏さんなど、ほかの参加者にも同じ対応でした。それでは準備ができないし、出たとこ勝負になって、議論が深まらない。維新 [全文を読む]

橋下徹氏総選挙出馬なら大阪市長後継に中田宏・前横浜市長ら

NEWSポストセブン / 2012年11月26日07時00分

「維新の有力候補のはずの中田宏・前横浜市長の公認がまだ決まっていない。それは橋下さんが国政に出て、大阪出身の中田さんが後継市長になるという交代シナリオが検討されているからです。最終判断は公示直前でしょう」 後継市長には中田氏のほか、橋下ブレーンなど複数の候補が挙がっているというが、その中田氏は、親しい政界関係者に、「橋下さんが決断するなら、私は大阪市長選 [全文を読む]

北朝鮮危機で右派錯乱! 百田尚樹は朝日新聞にテロ宣言、小籔千豊は米国に「何を守ってんねん」と逆ギレ

リテラ / 2017年04月17日12時00分

中田宏は支離滅裂な論理で米軍基地を擁護 本人は仮定の話であって予告ではないなどと嘯くのだろうが、本人がやらなくてもこのツイートはすでに大量に拡散されており、明らかにテロや殺人を煽動する行為だ。感化されたネトウヨがそれこそ関東大震災時の朝鮮人虐殺のような悲劇を引き起こす危険性も否定できない。万が一にでもミサイルが落ちたならパニックを起こさず冷静に対処するこ [全文を読む]

新幹線の不都合な闇…住民の足・在来線を破壊、JR繁栄を支える国民の税金負担

Business Journal / 2017年04月11日06時00分

元横浜市長の中田宏氏によれば、年間約5000億円が元本償還および利払いに充てられていると推察されるという。支払い財源については、郵便貯金特別会計からの特別繰入(02年度まで)、たばこ特別税収、一般会計国債費などによって手当てされてきた。 もちろん、1987年のタイミングで大幅な人員削減と合理化で分割民営化していなかったら、国鉄の債務ははるかにひどい状態に [全文を読む]

明日放映 『ビートたけしのTVタックル』で「認知症患者の徘徊」がテーマに

認知症ねっと / 2017年02月18日14時00分

2月19日の番組ではレギュラー出演者に加えて、岩下尚史、杉村太蔵、中田宏(元横浜市長)、東国原英夫、村田裕之(東北大学特任教授)、室井佑月、吉川美津子(終活コンサルタント)が出演し、「認知症患者の徘徊問題」と「病院の目の前に葬儀場建設」の2つの問題について議論します。 放映はテレビ朝日系列で、11時55分より(一部地域を除く)。 自治体の取り組みや「認知症 [全文を読む]

<政治家の発言の真偽を問う>朝日新聞のファクトチェック=事実確認に期待

メディアゴン / 2017年02月11日09時27分

実際には、2013年2月8日の衆院予算委員会で、日本維新の会の中田宏氏から憲法改正手続きを定めた憲法96条について問われ、「3分の1をちょっと超える国会議員が反対をすれば、指一本触れることができないということはおかしいだろうという常識であります。まずここから変えていくべきではないかというのが私の考え方だ」と答弁。個別の条文の改正について語っていた。 ファ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】坂上忍、ヒロミ世代の成人式に驚く 「昭和の不良は中に入らなかったんだ!」

TechinsightJapan / 2017年01月11日14時50分

1月10日放送の『バイキング』でも成人式について討論が行われ、新成人を祝う日本の伝統行事として廃止には反対する出演者が圧倒的に多かったものの、式の主催者側を経験している横浜前市長の中田宏氏は「やり方を見直すべき」と主張した。中田氏の次女も今年、横浜市の成人式に出席したというが、市長の話の最中に「長ぇ~よ」とヤジが飛んだり、爆竹が鳴らされたりしたそうである [全文を読む]

京都唯一の“回転展望レストラン”で絶景&フレンチが超贅沢!

Walkerplus / 2016年11月21日19時12分

フランスの三ツ星レストラン、「ジョルジュブラン」で研鑽を積んだ中田宏シェフのフランス料理は、リーガロイヤルホテル伝統の味にアレンジを加え、舌だけでなく視覚も満足させてくれる。 ランチのメイン料理には、「京都ぽーくロースの網焼き マスタードとバルサミコヴィネガーソース」を、ディナーのメイン料理には「合鴨肉のロースト オレンジマーマレード」を据えて、厳選した [全文を読む]

さすがの対応力!小藪千豊が高橋真麻にブチ切れた坂上忍に「女の子を責めるな」

アサジョ / 2016年09月08日17時59分

先週出演した元横浜市長の中田宏も番組冒頭で、『(この件について)話したくない』と言っていたため、この日も出演していた中田元市長に『冒頭でそれを言われたら、そこで終わってしまう。みんながみんな、しゃべりたいネタなわけじゃない』と坂上が蒸し返したのです。ところが、出演者の高橋真麻が『(事件が)進捗していない。何もないのに新しい意見を言う必要があるのか』と発言し [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】坂上忍 “高畑裕太容疑者”の話題に泣き言「今回の問題はいろんな意味でまいった」

TechinsightJapan / 2016年09月06日21時00分

元横浜市長・元衆議院議員の中田宏さんは前回の出演でこの話題についてのトークを渋り、坂上忍とやりあっている。被害者の気持ちを思い迷ったのが理由だ。それから中田さんは時間をかけて考え、今回は「(番組で)扱われるだけで被害者はきついだろう。とはいえ、有名人が容疑者として逮捕されたことを報じない社会もあり得ない」と説明してトークに参加した。8月26日にはジャーナ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】坂上忍「期待したいし、チェックしたい!」 小池百合子新都知事の就任会見に共感

TechinsightJapan / 2016年08月02日18時46分

8月2日の『バイキング』(フジテレビ系)は東京都議会員の塩村あやかさんや音喜多駿さん、政治ジャーナリスト・鈴木哲夫さん、元横浜市長の中田宏さんをゲストに迎えて放送された。小池百合子新都知事の就任会見が13時30分から始まるまで、出演者が新都知事は公約の“東京大改革”に基づき情報公開や東京五輪対策などを実行できるかを討論した。 中田さんは元横浜市長の経験か [全文を読む]

津川雅彦だけじゃない、「保育園落ちた」ブロガーに安倍応援団が次々卑劣な攻撃! 内調のデマリーク、ネトウヨも

リテラ / 2016年03月27日08時00分

また、発言の舞台となった『そこまで言って委員会』も安倍首相が何度も出演している露骨な安倍応援番組で、実際、この日は津川以外にも、司会の辛坊治郎、コメンテーターの中田宏、金美齢、竹田恒泰などがブログやデモ、国会で保育園問題を取り上げた民主党をひたすら攻撃していた。 番組に津川を呼んだのは、同番組の制作会社・AZITOの代表、井関猛親氏だという。井関氏といえば [全文を読む]

偏向番組『そこまで言って委員会』が「保育園落ちた」ブログを総攻撃! 津川雅彦は「書いた人間が死ね」

リテラ / 2016年03月21日18時00分

この設問の時点で「保育園落ちた」問題を批判的に取り上げようとする制作者サイドの思惑が見え隠れするが、司会の辛坊治郎が「民主党の国会議員も(国会で)訊く(質問する)前に、(ブログ主)本人に聞こうと思えば聞けるのに、なぜそれをせんっていう話」と述べると、今度は元横浜市長の中田宏が「(国会での抗議デモの)このなかには共産党の吉良(よし子)参議院議員がいた」「( [全文を読む]

【大喜利】ギャグかよ!民主党+維新の新しい党名「ネット公募」!案の定大喜利化。

秒刊SUNDAY / 2016年03月03日16時46分

・ 窃党・ 矛盾の党 維新=公務員改革の矛 民主=公務員労組の盾 どっちが強いのか見物だなw・ サヨクと愉快な仲間たち 」・ デモ扇動党 ジャスコ・ 産業廃棄物・ アルバイ党・ 居直り強党・ 埋め立て地・ スーパー浅党 場外乱党 本末転党・ 全日本野党(略称・野党) 中田宏案・ 「心中クラブ」っていうのにクスッときたw・ 憲法クイズ愛好会・ 税金ドロボウ党 [全文を読む]

東京五輪で風俗店が一掃される? 新人風俗嬢「接客講習」の掟とは? ベテランライターが風俗業界の噂を検証

リテラ / 2015年10月18日12時30分

21世紀に入ってからの具体例としては、石原慎太郎元都知事による新宿歌舞伎町の浄化作戦で多くの風俗店が歌舞伎町からの撤退を余儀なくされたケースや、中田宏元横浜市長の意向で横浜・黄金町のちょんの間が壊滅させられたケースなどが挙げられる。 このように、力を持つ立場にある人々の鶴の一声で、風俗業界は摘発が強化されることもあれば庇護されることもあるのだ。 そのため [全文を読む]

【維新内紛】執行部vs大阪系…罵り合いのウラに蠢く5億円借金と13億円の交付金

デイリーニュースオンライン / 2015年10月17日16時00分

江田はもともと選挙には弱い男で、2000年の総選挙では自民党から立候補して無所属の中田宏に、2003年の総選挙でも無所属で出て岩國哲人に敗れている。それが渡辺とつるんで「みんな」の幹事長になったことで知名度が上がり、「結いの党」を経て維新に合流し、橋下と共同代表になった。さらに単独代表になったことで全国に顔が売れるようになり、選挙にもがぜん強くなったという [全文を読む]

長州力を活写した作家・田崎健太に吉田豪が「次は『真説・藤波辰爾』を書いてくださいよ!」

週プレNEWS / 2015年09月27日06時00分

主な著書に『球童 伊良部秀輝伝』(講談社)、『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社)、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』(集英社インターナショナル)、『ザ・キングファーザー』(カンゼン)、『辺境遊記』(絵・下田昌克、英治出版)など 『真説・長州力1951―2015』 田崎健太/集英社インターナショナル/1900円+税 (取材・文/田中茂朗 撮影/関根虎洸) [全文を読む]

フォーカス