池田大作のニュース

清水富美加に「創価学会への改宗」を提言 長井秀和が攻めすぎと話題

しらべぇ / 2017年02月14日17時00分

(中略)池田大作大先生は、世界の池田・日蓮の再来とも言われる大指導者ですからね。 開けて行くと思いますよ。 創価学会の池田大作大先生も、生きてるか死んでるか分からないんですけど。どちらにしても、幸福の科学の大川隆法さんが池田大作大先生の生き霊か死霊を霊言降ろして、 池田大作大先生の有り難き御言葉を、清水富美加さんも拝聴したら、開けて行くと思いますよ。なので [全文を読む]

創価学会員だった暴力団会長高山登久太郎 死直前に学会批判

NEWSポストセブン / 2012年01月26日16時00分

創価学会という特異な宗教団体と池田大作というカリスマ指導者に迫った週刊ポストの連載『化城の人』。ノンフィクション作家の佐野眞一氏が、ある暴力団員による創価学会への思いを書いた。(文中敬称略) * * * 初代会長・牧口常三郎の教員時代に関連する興味深い記述を「警鐘」という過去の公式サイトで見つけた。これは、二〇〇三年六月に他界した指定暴力団会津小鉄会長の高 [全文を読む]

“創価学会タレント”久本雅美・長井秀和の清水富美加「出家」言及に、学会員から賛否の声

日刊サイゾー / 2017年02月24日07時00分

「彼の発言は池田大作名誉会長の健康状態をネタにしたり、学会が否定している霊魂について語っていたり、学会への愛や敬意が感じられません。こういう人物を“魔に食い破られた”というんです。邪心に支配されているんでしょう」(同) 長井はSNSで「池田大作大先生も、生きてるか死んでるか分からないんですけど。どちらにしても、幸福の科学の大川隆法さんが池田大作大先生の生き [全文を読む]

創価学会信者・長井秀和が清水富美加報道で宗教への弱腰を批判、自ら学会タブーに言及!「池田大作先生も...」

リテラ / 2017年02月18日19時00分

それが池田大作名誉会長に関するものだ。〈創価学会の池田大作大先生も、生きてるか死んでるか分からないんですけど。 どちらにしても、幸福の科学の大川隆法さんが池田大作大先生の生き霊か死霊を霊言降ろして、池田大作大先生の有り難き御言葉を、清水富美加さんも拝聴したら、開けて行くと思いますよ〉 長井のこの発言は学会員にとって驚愕すべきタブーであり、かつ "核心"を突 [全文を読む]

雅子さまはマスコミにイジメられている!? 皇室報道のパイオニア・花田紀凱が語る「皇室バッシング」

tocana / 2016年04月12日09時00分

それで、“ナベツネさんの死んだ時の読売新聞”と“池田大作が死んだ時の創価学会”、あとは“中国共産党が倒れた時の中国”、これだけは見たいなあと思ってます。だけど、池田大作さんはボケちゃってるって話もあるよね」――中国共産党の失墜も楽しみだ、と。花「ああいう大きな組織が崩壊した時には、いろんな資料が出てくるんですよ。ソ連崩壊のときは、日本共産党の野坂参三ってい [全文を読む]

創価学会が新「勤行要典」を制定 池田大作氏崇拝さらに強く

NEWSポストセブン / 2015年12月10日07時00分

池田大作名誉会長というカリスマ的存在が高齢化し、表舞台に現われなくなって久しい。その創価学会で最近、宗教団体としての根幹に関わる大々的な発表があった。それは果たして、どんな意味を持つのか。 11月17日、創価学会の機関紙「聖教新聞」の1面トップに、こんな見出しが躍った。「創価学会『勤行要典(ごんぎょうようてん)』を新たに制定 三代会長を永遠の師匠と仰ぐ」 [全文を読む]

「池田先生の教えに反している!」創価学会員の安保法制抗議活動が始まった! 支持率急落で公明党はどうする?

リテラ / 2015年08月12日20時00分

また、ネット上では、「創価大学・創価女子短期大学関係者 有志の会」が〈私たち関係者有志は、創立者・池田大作宣誓の理念を我が人生の根幹に据え、安全保障関連法案への「反対」を表明します〉とし、賛同署名を集めている。ほかにも、「ひとりの学会員」という名前で、公明党の山口那津男代表に向けて安保法制の白紙撤回を請願する署名活動を行う人も登場。彼は愛知県在住の50代 [全文を読む]

回復の池田名誉会長に創価学会幹部面会できぬのは遺産問題か

NEWSポストセブン / 2012年04月29日07時00分

一昨年から昨年にかけて創価学会名誉会長・池田大作氏の体調不隠情報がメディアで乱れ飛んだ。だが今年に入ってから一転、そういった記事はぱたりと見かけなくなった。 実は最近では、池田氏の健康状態が「回復しつつある」という説が有力だという。 池田氏の体調管理は、医師を除けば、ほとんど香峯子夫人や長男で創価学会副理事長の博正氏など「ロイヤルファミリー」にゆだねられて [全文を読む]

トーハン調べ 2015年 11月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2015年12月08日17時00分

1位は池田大作「新・人間革命 (27)」、2位には池井戸潤「下町ロケット(2) ガウディ計画」がともに初登場。3位の渡辺和子「置かれた場所で咲きなさい」は2012年5月期の初登場以来、24回目のランクインです。トーハン調べ11月期月間ベストセラーを発表いたします。1位は池田大作「新・人間革命 (27)」、2位には池井戸潤「下町ロケット(2) ガウディ計画」 [全文を読む]

維新・橋下徹氏と松井一郎氏の衆院選出馬断念の影に創価学会

NEWSポストセブン / 2015年06月11日16時00分

二階さんはそこから自民党に出戻り、自民党内で右に出る者のない創価学会との信頼関係を築いた」 大阪出身の西口良三は名誉会長の池田大作の運転手から引き上げられ、創価学会副会長になる。七七年以降、関西長や総関西長という肩書を得て、国政、地方の選挙を問わず、関西の学会・公明組織を動かしてきた。常勝関西の「西口王国」を築いて関西創価学会のドンと呼ばれ、池田大作の揺る [全文を読む]

創価学会 菅氏を通じ橋下徹氏・松井一郎氏衆院選不出馬要求

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

二階さんはそこから自民党に出戻り、自民党内で右に出る者のない創価学会との信頼関係を築いた」 大阪出身の西口良三は名誉会長の池田大作の運転手から引き上げられ、創価学会副会長になる。七七年以降、関西長や総関西長という肩書を得て、国政、地方の選挙を問わず、関西の学会・公明組織を動かしてきた。常勝関西の「西口王国」を築いて関西創価学会のドンと呼ばれ、池田大作の揺る [全文を読む]

体調不穏情報乱れ飛んだ池田大作氏 健康回復説有力になる

NEWSポストセブン / 2012年04月25日07時00分

「脳腫瘍」「植物状態」「Xデー」……一昨年から昨年にかけて創価学会名誉会長・池田大作氏の体調不隠情報がメディアで乱れ飛んだ。だが今年に入ってから一転、そういった記事はぱたりと見かけなくなった。 実は最近では、池田氏の健康状態が「回復しつつある」という真逆の説が有力なのだとか。 今年1月に84歳を迎えた池田氏が公の場に姿を見せなくなってから、すでに2年近く経 [全文を読む]

原発に賛成? 宗教界で対照的な創価学会と幸福の科学の立場

NEWSポストセブン / 2012年04月12日16時00分

「SGI(創価学会インタナショナル)の日」である1月26日に、池田大作SGI会長(創価学会名誉会長)が記念提言を行ない、その中で「日本のとるべき道として、原子力発電に依存しないエネルギー政策への転換を早急に検討していくべき」とした。 創価学会はアンケート取材に対して、池田氏提言と同様の姿勢を示した上で、震災前後でスタンスに「特段の変化はない」(広報室)と回 [全文を読む]

創価学会二代目会長の戸田城聖氏 姓名判断に凝り何度も改名

NEWSポストセブン / 2012年03月03日16時00分

創価学会という宗教団体と池田大作というカリスマ指導者に迫る週刊ポスト連載の『化城の人』。ノンフィクション作家の佐野眞一氏は、二代目会長・戸田城聖の改名についてこう記している。(文中敬称略) * * * 戸田は、十七歳で桜桃と改名したのを皮切りに、晴通、雅皓、博方、城外と改め、戦前は城外で通した。 だが、戸田のその改名癖を言い立てようと思って手記を引用したわ [全文を読む]

創価学会本部のある場所はかつて東京最大のスラムだった

NEWSポストセブン / 2012年01月17日16時00分

創価学会という宗教団体と池田大作というカリスマ指導者に迫った週刊ポストの連載『化城の人』。ノンフィクション作家の佐野眞一氏は、現在、創価学会本部があるエリアの歴史についてこう書いている。(文中敬称略) * * * 明治三十二(一八九九)年に出版された横山源之助の『日本の下層社会』(岩波文庫)は、東京の三大貧民窟として、四谷鮫河橋、芝新網町、下谷万年町をあげ [全文を読む]

池田大作氏が創価学会婦人部から絶大な人気を得た殺し文句

NEWSポストセブン / 2017年02月14日16時00分

今年始めに89歳になった池田大作氏が創価学会第三代会長に就任したのは、32歳の時。高度成長まっただ中の1960年だった。以来、“カリスマ”として50年以上にわたり学会を牽引した池田氏は、学会と日本社会にどんな役割を果たしたのか。社会学者の玉野和志氏(首都大学東京・教授)が考察する。 * * * 私は池田大作氏とは直接会ったことはありませんが、宗教家というよ [全文を読む]

“池田大作の言葉は創価学会本部の代筆“と元職員が実名証言! だが告発本の広告出稿を全国紙が拒否

リテラ / 2016年12月13日20時00分

本サイトでもレポートしてきたように、池田大作名誉会長の平和主義と護憲の教えに反する近年の公明党の動向は、昨年11月に起きた学会幹部の"粛清人事"の影響が強い。 原田稔会長体制が11年目を迎えた創価学会内の派閥闘争では、官邸と強力なパイプをもつ"親自民党"の谷川佳樹氏と、平和主義と護憲を全面に打ち出し"連立解消"の強硬路線をも視野に入れる正木正明氏との間で [全文を読む]

苫米地英人が語る、カネと宗教「イスラム以外の宗教は全部ビジネス」「墓場利権と対立してきた創価学会」(康芳夫対談)

tocana / 2016年12月01日08時00分

正に死の商人だ」【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/11/post_11462.html】苫「だから、戸田城聖(牧口常三郎とともに創価学会を立ち上げた第2代創価学会会長)は刑務所にいて、池田大作だけは生き残ったわけです。戸田城聖の時代までは、“墓場利権に迫害される側”が創価学会だったからです。池田大作の時代になって、ようやく [全文を読む]

池田大作名誉会長を「先生」に 創価学会「急変革」の謎

NEWSポストセブン / 2016年11月15日07時00分

カリスマ的存在である池田大作・名誉会長の教団内での位置付けが変わったのだ。表舞台に姿を現わさなくなって久しい池田氏の敬称を変えた意味を読み解く──。◆別格の「崇拝対象」「1面の紙面を見て、“一体何が起きたのか”と驚きました」 古参の学会員は率直な感想を口にした。11月5日、創価学会の機関紙「聖教新聞」は、トップ記事でこう報じた。〈我らは仏意仏勅の教団 大法 [全文を読む]

創価学会「勤行要典」新制定 シニア学会員離れていく懸念も

NEWSポストセブン / 2015年12月12日16時00分

「結局、創価学会は池田大作氏の後継者になりうる人材を輩出できなかった。それに尽きます。現在87歳になる池田氏は健康不安が常にささやかれ、実際に公の場に姿を見せることもなくなった。そこで池田氏の存命の間に、懸案となってきた教義の問題などの整理を、急いで行なおうとしているのだと思います。 実際、今回の勤行要典の話にしても、聖教新聞は『池田先生のご了承をいただい [全文を読む]

フォーカス