村瀬健のニュース

キスマイ藤ヶ谷太輔×山本美月「バス恋」に注目集まる

モデルプレス / 2016年09月01日06時30分

そんな2人を起用してラブストーリーを作り上げる村瀬健プロデューサーは、「いま青春を送っている方はリアルタイムの自分を投影しながら、かつて青春を送った方は心の中でひそかに生き続けている“あの人”のことを思い出しながら…、3夜連続で、キュンキュンしまくっていただければと思います」とアピール。 それぞれの起用理由も明かしており、「(藤ヶ谷は)Kis-My-Ft [全文を読む]

キスマイ藤ヶ谷太輔、山本美月と「7年の恋」 “愛は負けない”バスケ選手に<コメント到着>

モデルプレス / 2016年08月31日11時06分

そんな2人を起用してラブストーリーを作り上げる村瀬健プロデューサーは、「いま青春を送っている方はリアルタイムの自分を投影しながら、かつて青春を送った方は心の中でひそかに生き続けている“あの人”のことを思い出しながら…、3夜連続で、キュンキュンしまくっていただければと思います」とアピール。 それぞれの起用理由も明かしており、「(藤ヶ谷は)Kis-My-Ft [全文を読む]

競馬場オッサンの野次 「あかん、差し歯買う金なくなった!」

NEWSポストセブン / 2012年06月07日16時01分

そんなオッサンたちが発する野次や愚痴、嘆息、そして妄言に魅了され、競馬場通いをやめられなくなったというのが、競馬歴26年の放送作家・村瀬健氏。これまで収拾し続けてきた珠玉の野次と、村瀬氏がツッコミを入れた実況中継は、勝った人も負けた人も爆笑必至。厳選4本をぜひご堪能あれ。 * * * ●「勝ったらソープ! 負けたら母ちゃん!」(70代・男性) おもしろす [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】志尊淳の“寝顔” 『帝一の國』プロデューサーも感心「さすがは野村周平カメラマン!」

TechinsightJapan / 2016年12月29日11時20分

ただ、本作をはじめドラマ『14才の母』『BOSS』『PRICELESS』『信長協奏曲』やなど数々の作品を手掛けるフジテレビ映画制作部プロデューサーの村瀬さんが『村瀬健(sellarm)ツイッター』で「さすがは野村周平カメラマン! クランクインした途端これですから」というのだからヒーローよりカメラマン向きなのかもしれない。 ちなみに志尊淳は寝顔を撮られなが [全文を読む]

知英、ミステリアスな“キーマン”に「美しすぎる」と期待の声

モデルプレス / 2016年10月16日06時30分

◆知英の起用理由 同局の村瀬健プロデューサーは「知英さんに演じていただいたソニアは、アニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』におけるクラリスのような存在だと思っています。この物語でもっとも重要な鍵を握る特別な存在です」と知英が演じたシンナバル王朝の末裔・ソニアについて紹介。「異国の女性で、気品のある美しさを持ち、かつ深い憂いを感じさせるこの役のキャステ [全文を読む]

知英、誘拐に監禁…ハードなシーンの連続「なかなか難しかった」

モデルプレス / 2016年10月15日08時00分

◆知英の起用理由 同局の村瀬健プロデューサーは「知英さんに演じていただいたソニアは、アニメ映画『ルパン三世 カリオストロの城』におけるクラリスのような存在だと思っています。この物語でもっとも重要な鍵を握る特別な存在です」と知英が演じたシンナバル王朝の末裔・ソニアについて紹介。「異国の女性で、気品のある美しさを持ち、かつ深い憂いを感じさせるこの役のキャステ [全文を読む]

松下奈緒、女子力高い刑事に 鈴木亮平・稲垣吾郎ら豪華キャスト出演

モデルプレス / 2016年10月10日11時50分

■編成企画・村瀬健(フジテレビ)コメント この秋一番のエンターテインメント・ミステリードラマをお届けいたします。第12回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた原作小説のスピーディーかつスリリングな展開、予想を裏切るまさかのどんでん返しを、破格のスケールで映像化しました。主人公・郷間彩香や警察庁のエリート吉田透、ミステリアスな立てこもり犯・國井哲也など、 [全文を読む]

“強さと可憐さ“を備える女優・芳根京子、月9ワースト視聴率の『いつ恋』で純朴美少女を好演!

メンズサイゾー / 2016年03月22日21時00分

芳根が演じたキャラクターについて、番組プロデューサーの村瀬健氏は、「主人公の未来を左右することになる重要な人物」で「とてつもなく難しいキャスティングであった」と公式サイト内のインタビューで明かしている。それだけ重要な役に芳根を起用したのは、「強さと可憐さ、明るさと健気さという両極端な二面を感じさせる」からとのことだ。 そんな芳根は登場シーンから多くの視聴 [全文を読む]

芳根京子、『いつ恋』最後のキーパーソンに選ばれた理由 二面性を持つキャラと演技力に迫る

リアルサウンド / 2016年03月22日06時10分

この『いつ恋』で彼女が演じた明日香というキャラクターについて、本作のプロデューサーである村瀬健は、「主人公の未来を左右することになる重要な人物」であり「とてつもなく難しいキャスティングであった」と表現した。それだけ重要な役を芳根京子に託した理由として、彼女の経験値と演技力に加え、「“強さとかれんさ”、“明るさとけなげさ”という両極端な二面を感じさせる」と [全文を読む]

「いつ恋」に芳根京子!彼女しかいないとPが出演依頼

Smartザテレビジョン / 2016年03月07日18時04分

村瀬健プロデューサーは“彼女しかいない”と出演を依頼したそうで、その理由を「田舎から東京に出て来たばかりでかつての音をほうふつとさせるような10代の女の子、それも音の未来を左右することになる重要な人物…という明日香を考えたとき、とてつもなく難しいキャスティングになると感じました。そこでたどり着いたのが芳根京子さんです。 音に通じる“強さとかれんさ”、“明 [全文を読む]

フォーカス