井原西鶴のニュース

【なんばオリエンタルホテル】なにわの偉人 井原西鶴特集:『秋の大阪』をテーマに川柳・俳句大募集。大賞にはペア宿泊券プレゼント

PR TIMES / 2012年09月04日10時33分

今年は大阪が生んだ天才浮世草子作家「井原西鶴」。代表作を特典とする宿泊プラン「西鶴」を新たに販売すると共に、なんばオリエンタルホテルでは初めて、俳諧師でもある井原西鶴に因み、「秋の大阪」をテーマとした川柳・俳句を大募集。大賞にはホテルペア宿泊券をプレゼント。文化の秋に「大阪」を楽しむ、なんばオリエンタルホテルの秋企画を実施いたします。■井原西鶴特集 内容詳 [全文を読む]

外国人とは分かり合えない、捕鯨を文化として繋いできた日本の歴史

まぐまぐニュース! / 2017年05月12日04時30分

井原西鶴の『日本永代蔵』には、和歌山の太地にいた「クジラ突き(クジラを銛で打つ人)」の名人、太地角右衛門をモデルにした男の話が出ていて、歌舞伎にもなっている。この男は約60メートルのセミクジラをしとめて、前代未聞の大きさであると書かれている。 その後、この太地で、丈夫な麻で造られた巨大な網を使った捕鯨法が考案された。何隻もの船で沖合に、小学校の校庭ほどの [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】つかこうへいの娘・愛原実花 “宝塚の恋愛事情”を追及され絶句「答えを言ってるようなもの」

TechinsightJapan / 2016年12月17日19時57分

退団後の初舞台は片岡愛之助が色男の浮世之介を演じる井原西鶴の名作『好色一代男』だった。 そんな彼女が宝塚時代について「同期のミスは連帯責任。自分のミスで代わりに同期が怒られるのが辛かった」と明かす。上下関係が厳しく先輩の言うことには逆らえない世界だ。全国から集まるため寮では方言が飛び交うが馴染むことはできたという。ただ、上級生から怒られる際に関西弁で「ジブ [全文を読む]

貯金がない…30代、貯められる女になる方法は?【11月の人気記事ランキング】

ウートピ / 2016年12月01日09時45分

松尾芭蕉や井原西鶴の言葉から、貯金体質になるための姿勢や考え方を探ります。 2位「42度以上のお湯で洗うのはNG! 皮膚科医が教える「正しい髪の洗い方」」 皮膚科医の鈴木稚子さんによる「30歳からの美常識」第7回目が2位になりました。カバー力の弱まる30代からは今までのヘアケアも見直すべきタイミングです。正しい髪の洗い方、知ってますか? 3位「雨宮まみから [全文を読む]

いい歳なのに貯金がない……江戸の偉人から学ぶ「貯める体質」になる秘訣

ウートピ / 2016年11月08日21時45分

西鶴「金でままならぬのは命だけ」 一方、金を悪者にするこうした姿勢に反発したのが、井原西鶴や、『雨月物語』で有名な上田秋成です。秋成は「金は押し頂いておけばいい」(『胆大小心録』)、西鶴はずばり“金銀を溜むべし”(『日本永代蔵』)と言います。あなたに必要なのはこの姿勢、貯金体質になるには「お金の大事さ」を知ることです。 お金がどれほど大事なものか、繰り返 [全文を読む]

秋を堪能。紅葉から感じる”恋心”とは?【11月2~6日】

ANGIE / 2016年11月01日11時00分

それが、今回ご紹介する井原西鶴の『好色五人女』内の一作『恋草からげし八百屋物語』です。 主人公の八百屋のお七は、天保に起こった大火により自宅の八百屋から焼け出され、家族とともに避難した寺で寺小姓と恋仲になります。やがて店が建てなおされ、寺を引き払ったお七の一家でしたが……。 お七は、もう一度火災が起これば愛しい人に会えると考え、自宅に火を放ってしまいます。 [全文を読む]

六甲オルゴールミュージアム 企画展「からくり人形~西洋と日本~」 西洋の自動人形や日本の江戸からくりなど様々なからくりを実演

PR TIMES / 2016年10月25日10時41分

これに対して18世紀末には、井原西鶴が俳句に詠んだ「茶運人形」や田中久重の「弓曳童子」に代表される「座敷からくり(ざしきからくり)」が作られるようになりました。座敷からくりは、人の手を離れて動くからくりで主に江戸時代の大名や豪商などの宴席で楽しまれました。 [全文を読む]

六甲オルゴールミュージアム 企画展「からくり人形~西洋と日本~」 西洋の自動人形や日本の江戸からくりなど様々なからくりを実演

@Press / 2016年10月25日09時45分

これに対して18世紀末には、井原西鶴が俳句に詠んだ「茶運人形」や田中久重の「弓曳童子」に代表される「座敷からくり(ざしきからくり)」が作られるようになりました。座敷からくりは、人の手を離れて動くからくりで主に江戸時代の大名や豪商などの宴席で楽しまれました。 <リリースに関するお問い合わせ先> 六甲オルゴールミュージアム TEL:078-891-1284 F [全文を読む]

【 川奈まり子の実話系怪談コラム】 人形心中【 第四十七夜】

しらべぇ / 2016年09月28日19時00分

作家で評論家の須永朝彦が江戸期の奇譚約180篇を編纂した『江戸奇談怪談集』という本があり、その中に、井原西鶴が著した『男色大鑑(なんしょくおおかがみ)』の8巻にある『人形の恋(原題:『執念は箱入りの男』)』という怪異譚が納められている。『男色大鑑』が出版されたのは1687年。活人形ブームの約200年前だ。しかし、当時から人間そっくりな外観を備えた人形は存在 [全文を読む]

全員残念系!? 4兄弟コメディ『羽犬塚くん家の四男』【9月15日発売のコミックス一覧】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月15日06時30分

』 先御見瑠人 イースト・プレス 『しんさいニート』 カトーコーキ ●コミックエッセイの森 『のんで東北食べて東北』 杏耶 KADOKAWA ●B’sLOVEYコミックス 『僕と彼の進化論』 青 『おりこう野獣にはあらがえない』 スナエハタ 『人見知り田中くんの初恋ルート』 空井あお 『プレイボーイな俺がオンナにされましたっ!!』 渦井 『男色大鑑―無惨編 [全文を読む]

神様が集まる場所は、人気のデートスポットでもある!? 島根県にある縁結びの名所って?

マイナビ進学U17 / 2016年08月12日12時01分

17世紀末の謡曲(※1)「大社」(おおやしろ)には「男女ふうふのゑん(えん)をも御定・・・」と記され、また同じころの井原西鶴の『好色五人女』には「よき男を持してくださいませい」や「それは出雲の大社に頼め」といったやりとりなどが記されています。中世以降の福の神伝承に、近世始めの縁結び信仰が重なって、出雲での縁結びが定着したようです」※1……演劇の脚本にあたる [全文を読む]

好色一代男モデルの在原業平 女性への猛アプローチが凄かった

NEWSポストセブン / 2016年05月17日16時00分

江戸時代初期の浮世草子作者・井原西鶴が著した『好色一代男』のモデルといわれる。 「関係を結んだ女性がとにかく多い」と山科氏はいう(以下、カギ括弧は山科氏)。 「彼の性遍歴は江戸期に“1000人斬り”といわれていたようですが、その後の文献研究によって、55年の生涯で下は10代から上は99歳まで、ありとあらゆる世代の女性3733人を抱いたという記録が発掘されて [全文を読む]

もはやマッドマックス。岡本太郎賞受賞の焼き芋カーは品のいい悪趣味

まぐまぐニュース! / 2016年01月06日11時00分

江戸時代に人気を博した浮世草子(現在のライトノベル)作家、井原西鶴が著作のなかで「とかく女の好むもの芝居 浄瑠璃 芋蛸南瓜」と記したことから(諸説あり)女性の三大好物として語られるようになった。 いわば江戸時代版「セックスドラッグロックンロール」。さつまいもやパンプキンは美容にいい食材としてスイーツにも用いられ、現在も女性に大人気。タコも繁華街や行楽地でた [全文を読む]

NHKあさが来た ハゲタカ全盛時代に光る大阪人の「商い」魂

NEWSポストセブン / 2016年01月01日16時00分

日本初の経済小説を書いた井原西鶴は、商売を行う上で必要な心得として「始末」「算用」「才覚」「信用」を挙げている。あるいは近江商人から生まれた「相手良し、自分良し、世間良し」という三方良しの精神は、かつて日本の「商い」の神髄として浸透していた。 相手の立場を考え、それによって自分自身も生かされる--。あさと家族の物語の中に、そうした「商い」の哲学の潔さ、か [全文を読む]

累計22万部突破「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」第I期、ついに完結! 江戸時代の華やかな文学を人気作家が新訳した最新刊発売

PR TIMES / 2015年11月11日09時47分

井原西鶴・上田秋成・山東京伝・為永春水の、粋で美しく鮮やかな四作をすべて全訳・新訳で収録。 http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309728810/ 【完結記念トークイベント】 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集 第I期 完結記念 「新訳!艶めく江戸文学」 出演:島田雅彦、円城塔、いとうせいこう、島本理生、池澤夏樹 ●日時 [全文を読む]

5ヶ月で販売数2万個を突破! 秋の味覚“芋・栗”を使用した洋風菓子「いもくり」~スイーツ好きの女性によって開発~

@Press / 2015年09月01日12時30分

商品名の由来は「いもたこなんきんから」「いもくり」という商品名ですが、名前の由来となっているのは、江戸時代の浮世草子・浄瑠璃で活躍した井原西鶴の作品にある「とかく女の好むもの芝居浄瑠璃芋蛸南瓜」の「いもたこなんきん」から来ています。「いもくり」は、もともと“丹波栗”を使ったお菓子をつくりたい!という企画から商品開発がスタートしましたが、繊細な味の“丹波栗” [全文を読む]

『標準問題精講 国語 特別講義 読んでおきたい とっておきの名作25』現役教師が厳選!『源氏物語』から『図書館戦争』まで、読む力を深める作品群

DreamNews / 2015年07月16日14時00分

第一章 生きるということ彼らの流儀「あめ、あめ、ふれ、ふれ」(沢木耕太郎) / 女生徒(太宰治) / 心の平静について(セネカ) / 平家物語「知章最期」 / 壁(安部公房) / 無名仮名人名簿「七色とんがらし」(向田邦子)第二章 人と人とのつながり田舎荘子「猫の妙術」(佚斎樗山) / 砂漠(伊坂幸太郎) / 忘れられた日本人「子供をさがす」(宮本常一) [全文を読む]

高さ約4m、重さ約3トンの「シーサー」に出会える!裏路地も趣ある壺屋やちむん通り

しらべぇ / 2015年04月03日18時00分

●「壺屋焼」の歴史 井原西鶴が「好色一代男」を出版した1682年。沖縄県では、那覇市壺屋に一部の窯元(かまもと)が集約された。壺屋焼は荒焼(アラヤチ)や上焼(ジョーヤチ)が代表作。現在は規制により電気釜で焼く手法に変わったが、当時の面影を残す登り窯の南窯(フェーヌカマ)や東窯(アガリヌカマ)は現在でも見学ができる。 ※厨子甕(ずしがめ) 沖縄には、家の形 [全文を読む]

いくつ知ってる?大和心揺さぶる「桜」のロマンチックで風流な異称

TABIZINE / 2015年03月15日07時30分

江戸時代の浮世草子作家・井原西鶴が「手向け花とて、咲き遅れし桜を一本持たせけるに・・・(手向け花として、遅咲きの桜を死者に持たせてやる・・・)」と「好色五人女」に記したように、手向け花としてしばしば桜がお供えされたことから、この名が付いたそうです。また、古来より日本人は桜の木には神や精霊が宿ると考えていたそうで、神聖なお供え物としてふさわしい花だったのかも [全文を読む]

六甲オルゴールミュージアム 企画展「からくり人形 西洋と日本 ~不思議や魅力~」 ~自動人形と江戸からくりの歴史や仕組みを実演で紹介~

PR TIMES / 2014年11月14日15時13分

これに対して18世紀末には、井原西鶴が俳句に詠んだ「茶運人形」や田中久重(たなかひさしげ)の「弓曳童子」に代表される「座敷からくり(ざしきからくり)」が作られるようになりました。座敷からくりは屋内で使用され、主に江戸時代の大名や豪商などの宴席で楽しまれました。 <営業概要> 【入館料】大人(中学生以上)1,030円、小人(4歳~小学生)510円 【営業時間 [全文を読む]

フォーカス