佐藤雅彦のニュース

Kindleストアにて、佐藤雅彦による『もうひとつの憲法読本』(株式会社鹿砦社デジタル刊)電子書籍版が1月18日より販売開始いたしました。

6 / 2016年01月21日15時00分

株式会社鹿砦社デジタル(東京都千代田区三崎町/代表取締役:松岡 利康 http://www.rokusaisha.com/ )発行の、ジャーナリスト・佐藤雅彦による『もうひとつの憲法読本』(本体価格:1,500円)電子書籍版が、Kindleストアにて1月18日より販売開始いたしました。株式会社鹿砦社デジタル(東京都千代田区三崎町/代表取締役:松岡 利康 h [全文を読む]

ピタゴラスイッチの佐藤雅彦が考案! 『DEDEkit(デデキット) ~考え方のワークショップ~』で新しい頭の使い方を体験しよう

4 / 2016年12月16日09時17分

2016年12月17日(土)、全国書店、全国美術館のミュージアムショップなどで発売!図工美術教材の企画販売・ミュージアムショップ運営を行う株式会社美術出版エデュケーショナル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:大下正悟、URL: http://www.bijutsu.biz/)は、『DEDEkit ~考え方のワークショップ~』を東京藝術大学 大学院 映像研 [全文を読む]

若年性認知症の著者が伝えたい思いとは~新刊「認知症の私からあなたへ」

4 / 2016年06月07日09時35分

同書は、51歳でアルツハイマー病と診断され、自らの知恵と工夫で一人暮らしを続けてきた佐藤雅彦氏が伝えたい、勇気と励ましに満ちたメッセージが綴られている。医師で作家の鎌田實氏が巻末エッセイを執筆。「認知症になって生活は不便になったけど、不幸せではありません、ぼくは幸せです」 佐藤雅彦さんのこの言葉を聞いたとき、ぼくの心は揺さぶられました。(著書ホームページよ [全文を読む]

例の“四国がオーストラリアになってしまった地図”の件、元ネタはこの本だった?

2 / 2016年02月28日09時00分

それが今回ご紹介する、『四国はどこまで入れ換え可能か』(佐藤雅彦/新潮社)です。 同書は、So-netのコンテンツ『ねっとのおやつ』にて配信されたアニメーションを元に刊行されたもの。著者である佐藤雅彦氏は、NHK教育のテレビ番組『ピタゴラスイッチ』の監修や、ヒット曲「だんご三兄弟」の作詞・イラスト等で知られる人物です。電通勤務時代には、「バザールでござーる [全文を読む]

「認知症社会を考える」 -認知症でも働ける、お荷物ではなく人材

2 / 2015年11月27日10時43分

佐藤雅彦氏「不便だけど不幸ではない」数々紹介された中でも印象的だったのは、『認知症になった私が伝えたいこと』を出版するなど、認知症当事者でありながら自ら発信者でもある佐藤雅彦氏の「不便だけど不幸ではない」という言葉だ。「失ったもの」を悩むのではなく、「残されたもの」を工夫して日々生きていくことがたいせつだという。認知症の発症を知ることは終わりではなく、新し [全文を読む]

NHKEテレ人気番組のコンピ盤発売&真心ブラザーズと土屋伸之(ナイツ)からコメントも到着!

2 / 2013年08月21日16時00分

どちらの番組も番組総合演出は表現研究者である佐藤雅彦、映像制作チームはNHK Eテレで「ピタゴラスイッチ」のコーナーを手がけるユーフラテスが担当。 佐藤雅彦は『0655』と『2355』においてユニークで高度な放送メディアでのメディアデザインとコンテンツ制作を行なったと評価され、平成23年度(第62回)芸術選奨文部科学大臣賞メディア芸術賞を受賞している。今 [全文を読む]

学長自らもプロジェクトに挑戦! 『Readyfor』で『東京藝大×クラウドファンディング』スタート

1 / 2017年04月06日17時00分

(目標金額:300万円 実行者:大石泰氏) ・佐藤雅彦研究室/表現手法の探求 短編映画群 “filmlet C” 製作(目標金額:500万円 実行者:c-project) ・太陽の塔だけ? 大阪万博 バシェの音響彫刻を復元 !(目標金額:200万円 実行者:東京藝術大学バシェ音響彫刻修復プロジェクトチーム) ・世界初 クラシック曲”四季”をアニメ化!気鋭の [全文を読む]

田中泰延先生教えてください!ネットで目立って楽しく生きる方法

1 / 2017年03月31日19時20分

それを思いつけば21世紀の佐藤雅彦さんになれるのだと思います。霜田:確かに……それはもはやWEB業界全体の課題ですね。そういった広告とはまた別の、お金の儲け方として記事広告というものがあるのですが、それについてはどうお考えでしょうか。(ここで、同席していた阪南大学国際コミュニケーション学部教授の大野茂先生も参戦!)大野茂さん 1965年東京生まれ。電通〜N [全文を読む]

田中泰延先生教えてください!ネットで目立って楽しく生きる方法

1 / 2017年03月31日19時20分

それを思いつけば21世紀の佐藤雅彦さんになれるのだと思います。霜田:確かに……それはもはやWEB業界全体の課題ですね。そういった広告とはまた別の、お金の儲け方として記事広告というものがあるのですが、それについてはどうお考えでしょうか。(ここで、同席していた阪南大学国際コミュニケーション学部教授の大野茂先生も参戦!)大野茂さん 1965年東京生まれ。電通〜N [全文を読む]

道交法改正で認知症対策強化、当事者団体「一括禁止ではなく、個別に技量判断を」

1 / 2017年03月14日19時20分

共同代表の佐藤雅彦氏(62)は「認知症なら免許を返納すれば良いという考えがあるが、本人の生活基盤が奪われ、仕事や生きがいのための活動も阻害されてしまう。中には若年性の痴呆症の人もいる」と警鐘を鳴らす。JDWGにとって、現在の議論は、高齢者全般で起こりうることと、認知症に伴うことが混同されているように映るそうだ。 JDWGが求めるのは、客観的にドライバーの技 [全文を読む]

フォーカス