清水健太郎のニュース

敏いとう「俺が見てきた芸能界薬物汚染40年」の闇真相(3)清水健太郎は病気だから治らない

アサ芸プラス / 2017年03月08日12時57分

「美川憲一だってショーケンだって、復活して活躍してるわけでしょ? 田代まさしや清水健太郎の場合は、薬物の恐ろしさを伝えるという貢献もできるわけで。芸能界ってのは懐が深いからね。何度でもやり直しがきくんですよ」 名前が出た清水健太郎は過去に薬物での逮捕歴が計6回(83年、86年、94年、04年、10年、13年)を数える。03年、それまでに3度逮捕されていた清 [全文を読む]

ツライ、苦しい…傷ついた心に響く「失恋ソング」ランキング発表!

Woman Insight / 2016年11月11日12時17分

まずは20位から2位まで一気に見ていきましょう! 「失恋ソング」ランキングTOP20(曲名/アーティスト名) 20位 Aitai/加藤ミリヤ 19位 I LOVE YOU/尾崎豊 18位 いつかのメリークリスマス/B’z 17位 すき/DREAMS COME TRUE 16位 元気を出して/竹内まりや 15位 たとえ どんなに・・・/西野カナ 14位 サ [全文を読む]

高知東生の更生は不可能?芸能人”薬物事犯”の異常な再犯率

デイリーニュースオンライン / 2016年07月03日08時07分

清水健太郎(63) 薬物事犯といえば、横綱級の存在感を放つのが清水健太郎だ。大麻、覚せい剤、合成麻薬の使用で過去に6度逮捕されている。交通死亡事故やひき逃げでも逮捕歴があり、2013年には脱法ハーブ使用による入院歴も。現在は歌手として活動を再開している。 ■田代まさし(59) タレントの田代まさしは、覚せい剤取締法違反で4度逮捕されている。1991年に [全文を読む]

2015年上半期“輝く!有名人スキャンダル大賞!”「田代まさしがまた起こしたあの騒動は…」

アサ芸プラス / 2015年08月13日09時57分

それでも清水健太郎の芸能人逮捕回数記録保持者の座は揺るがないという。吉 清水健太郎さんも最近一緒にイベントやってたら、ガンガン電話かかってくるようになって。最近起こした交通事故の話も聞いてるんですよ。「今はいつ尿検査をやっても大丈夫だ」って豪語してましたね。宇 今は?吉 警察が「ちょっとそこの交番まで行って尿検査しましょう」「何で俺がそんなパトカーに乗んな [全文を読む]

11月引退を決意した天龍源一郎が「革命と反骨39年」を語り尽くす!(1)引退ではなく“廃業”

アサ芸プラス / 2015年02月26日09時54分

当時、清水健太郎って人気あったでしょ? だからヘアカットする時に「健太郎カットにしてよ!」って(笑)。今でも清水健太郎さんの名前を見たり聞いたりすると感慨深いですよ。 ── 会見では「こんなにプロレスにハマるとは夢にも思っていなかった」と。 天龍 最初の何年間かはプロレスでうまくいかないと「俺はこんなアンチャンたちと違って、幕内で勝ち越してプロレスに来てや [全文を読む]

芸能マスコミ関係者を脱力させた、2014年“痛かった会見”ベスト3

サイゾーウーマン / 2014年12月29日13時00分

■第2位 清水健太郎“懲りなさすぎ”の結婚会見 薬物関連で6回逮捕されている清水健太郎が10月に行った結婚会見。おめでたい席のはずがとんでもない会見になってしまった。「会場は都内のとあるクラブだったのですが、清水は会見前に自ら記者らを集めて『1つだけ約束をしてほしい。この会場名は絶対に公表しないでくれ。約束だからな!』と念入りに要請されたそうです。会場の壁 [全文を読む]

清水健太郎の結婚会見に、ワイドショー「映像は次に何かあったときの資料用に撮っただけ」

日刊サイゾー / 2014年10月16日11時00分

12日、俳優で歌手の清水健太郎(62)が都内で会見し、所属する個人事務所社長の瑞穂さん(44)と結婚したことを発表したが、この会見はかなり異常な雰囲気の中で行われたという。 「会見場に指定されたのは、都内のクラブ。そこでは、11日に誕生日だった清水の誕生パーティーも行われていたようだが、招待客は明らかにヤバイ筋ばかり。おまけに、清水が『コンプライアンスの問 [全文を読む]

『ミナミの帝王』他 Vシネで絶対見るべき鉄板シリーズTOP5

NEWSポストセブン / 2014年07月01日16時00分

バブルなど各時代の時事問題も取り入れつつ、ついには寅さんシリーズを超える本数にまで大ヒットした」◆首領への道……第1作『首領への道』1998年/GPミュージアムソフト/監督・石原興/出演・清水健太郎、白竜 関西極道界から日本一の首領を目指す主人公・桜井鉄太郎の骨肉の戦いを描く人気シリーズ。全25作。「極道社会の細部をこれでもかと描写した秀作。清水健太郎演じ [全文を読む]

芸能人の"覚醒剤取締法違反"…なかでも印象深い事件は

NewsCafe / 2014年05月30日12時00分

[男性/40代/会社員]【2位】清水健太郎(19.2%)■薬物中毒は矯正不可だという見本だな。[男性/10代/会社員]■覚醒剤を初めて知ったのが、清水健太郎の逮捕だった。[男性/40代/会社員]■3度目くらいの出所の後、ラジオの生放送に乱入したのを偶然聴いたことがある。支離滅裂で会話が噛み合わず、まだやってる感がアリアリ。程なくまた逮捕された(怒)。[女性 [全文を読む]

薬物容疑で逮捕された清水健太郎さん 「処分保留」で釈放されたのはなぜ?

弁護士ドットコムニュース / 2013年07月24日11時58分

合成麻薬を使用したとして逮捕された元俳優の清水健太郎さん(60)が6月下旬、処分保留で釈放された。報道によると、東京地検は、処分保留の理由を明らかにしていないという。だが、清水さんは「違法とは知らなかった」と供述していたとされ、その主張が影響した可能性もある。清水さんは5月下旬、渋谷区の路上でふらついていたところ、警視庁の捜査員から職務質問を受け、任意の尿 [全文を読む]

酒井法子、ニューアルバムの仰天価格

NewsCafe / 2017年03月04日07時00分

しかし、どうしても覚醒剤がやめられず4度の逮捕を繰り返した歌手、清水健太郎(64)のケースもありますから微妙ですね」(先の音楽ジャーナリスト) 酒井は覚醒剤で逮捕されたのが2009年夏。当時の夫はその後も薬物の誘惑に負けて逮捕されるなど、そのたびに酒井も名前が出て、完全復活に影を落とす繰り返しだ。高い金を払っても支持してくれるファンが頼りの生活は続く…。N [全文を読む]

【プロ野球】東大のエース・宮台康平がドラフト1位!? 神宮を沸かせた最高学府・東大の名選手たちを振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年01月18日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■「六大学」の所以となった黄金バッテリー 1925年秋、六大学リーグ発足当時の東京帝大(現東京大)を支えたのが、東武雄と清水健太郎のバッテリーだった。 六大学リーグがまだ東大を除く五大学だった時代、五大学リーグは新規加盟校として東大に声をかけた。しかし、現在ほどではなかったものの、当時の東 [全文を読む]

失恋したときに聴きたい……3位「366日」、2位「もう恋なんてしない」をおさえて1位に選ばれたのはアノ名曲!

Suits-woman.jp / 2016年12月01日08時00分

昨年も同様のランキングが発表されていますが、順位の変動はあるものの、上位5曲に入れ替わりはなく、鉄板の「失恋ソング」がランクイン! さっそくランキングをチェック! 失恋した時に聴きたい「失恋ソング」総合ランキングTOP20 1位:M/プリンセス プリンセス 2位:もう恋なんてしない/槇原敬之 3位:366日/HY 4位:会いたくて 会いたくて/西野カナ 5 [全文を読む]

【ランキング】傷ついた心に刺さる失恋ソング第1位は……

Entame Plex / 2016年11月10日14時20分

●あなたが失恋した時に聴きたい「失恋ソング」総合ランキング 順位:曲名/アーティスト名 1位:M/プリンセス プリンセス 2位:もう恋なんてしない/槇原敬之 3位:366日/HY 4位:会いたくて 会いたくて/西野カナ 5位:Over/Mr.Children 6位:NAO/HY 7位:First Love/宇多田ヒカル 8位:サンキュ./DREAMS C [全文を読む]

傷ついた心に響く「失恋ソング」ランキング2016。~音楽情報誌『CD&DLでーた』~

PR TIMES / 2016年11月09日10時49分

回答者数 n=6082人順位:曲名/アーティスト名1位:M/プリンセス プリンセス2位:もう恋なんてしない/槇原敬之3位:366日/HY4位:会いたくて 会いたくて/西野カナ5位:Over/Mr.Children6位:NAO/HY7位:First Love/宇多田ヒカル8位:サンキュ./DREAMS COME TRUE9位:さよなら大好きな人/花*花10位 [全文を読む]

伝説のヤクザが傷心なべおさみに「マカオで賭博場」アドバイス

WEB女性自身 / 2016年09月09日06時00分

結婚式に出席したときに撮られたのでしょう」(清水健太郎の所属事務所) いずれも、金子氏とは面識がないとコメントした。一方、金子氏と年賀状のやり取りをしていた俳優のなべおさみは、金子氏との関係を認めた。 「息子の替え玉受験事件で落ち込んでいるとき『お茶でも飲もう』と電話をもらったのが最初。『マカオで賭博場をやれ。銭になるぞ』と誘ってくれたことがありましたが『 [全文を読む]

酒井法子、復帰で蒸し返された約束

NewsCafe / 2016年06月28日14時12分

歌手の清水健太郎(63)が覚醒剤をやめられずに何度も逮捕されたことからもわかるように、脳は一度快感を記憶したら意思だけで断ち切るのは至難の業です」(先の週刊誌記者) 酒井は介護の道を捨てるだけでなく、人間の道も捨てないように頑張ってほしいものだ。NewsCafeゲイノウ [全文を読む]

7月ドラマは警察官役なのに…夫・高知東生の薬物逮捕で高島礼子にも疑惑の目が!?

アサ芸プラス / 2016年06月27日17時59分

清水健太郎が服役していた際に、元妻がやはり薬物で逮捕されたことがあり、清水にクスリ漬けにされていたのではと報じられました。歌手の酒井法子も夫婦で薬物を使用して逮捕。バンド『JAYWARK』のボーカルだった中村耕一が薬物所持で逮捕された際、事実婚状態であった矢野きよ実も尿検査を受けています。『おしどり夫婦』と呼ばれた高知と高島の関係ですから、高島も検査を受 [全文を読む]

有名人の薬物事件に「愛人」の影…どうして彼らはモテるのか

しらべぇ / 2016年06月12日05時30分

田代まさし、清水健太郎、押尾学、ASKA...いずれも愛人とともに薬物を使用していた。「愛人ルート」による違法薬物の流入は、よくあることなのだ。そして言い換えれば、彼らはまがりなりにも「モテる」ということである。■番長とマーシー、愛人にするなら?ここで、世の女性たちに伺いたい。ひとりは今話題の清原和博氏、もうひとりは「芸能界の薬物王」となってしまった田代ま [全文を読む]

けっこう多い!? 6割超が「芸能人と握手した経験アリ!」

NewsCafe / 2016年04月18日12時00分

「20年前、大阪・梅田でドラマ撮影してた中島ゆたかサンと握手しました」「十代の頃に帰省したら偶然に清水健太郎さんが」「大学生の頃近くの雀荘で竜雷太に会い、いい人でファンになりました」「昔、八神純子さんに。小柄で綺麗な人だった」「ガッツ石松さん。手が大きかった」「忌野清志郎さんと! しびれた(泣)」「馬場さん。名前の通りジャイアントだったよ」「柴田恭兵さん、 [全文を読む]

フォーカス