雲霧仁左衛門のニュース

國村隼、「離れている方が思いが募る」盗賊“雲霧”と激突

Smartザテレビジョン / 2016年11月25日23時25分

'17年1月6日(金)から放送が始まるBS時代劇「雲霧仁左衛門3」(毎週金曜夜8:00-8:45NHK BSプレミアム)の試写会・取材会が渋谷・NHK放送センターで行われ、主演の中井貴一、内山理名、國村隼が登壇した。 本作は、中井演じる雲霧仁左衛門率いる盗賊の雲霧一党と、一党を捕えようとする火付盗賊改方長官・安倍式部(國村)との戦いを描く第3弾。今シリーズ [全文を読む]

落語家の時代劇悪役はなぜ怖いのか 春風亭昇太、小朝も

NEWSポストセブン / 2017年02月15日07時00分

NHK BS時代劇『雲霧仁左衛門3』の春風亭小朝だ。小朝は主人公・雲霧仁左衛門(中井貴一)に裏金を奪われ、彼らに復讐をしようとあの手この手を考える藤堂家の家老・磯部役。悪の黒幕だ。ただし、こちらは昇太義元とは対照的。密談をするため、商家の座敷にわざわざ駕籠で乗り込んだり、悪だくみを思いつくと、「ふふふ、面白くってきたぞ」と、池の鯉のエサの麩をバリバリと握り [全文を読む]

松井玲奈が時代劇初出演!密偵役で中井貴一と対決

Smartザテレビジョン / 2017年01月13日17時05分

NHK BSプレミアムで毎週金曜に放送中のBS時代劇「雲霧仁左衛門3」(夜8:00-8:45)の1月20日(金)第3回放送に、松井玲奈がゲスト出演することが決定した。松井は初めての時代劇出演となる。 本作は、池波正太郎の同名時代小説を原作に、中井貴一演じる盗賊・雲霧仁左衛門の戦いを描くシリーズの3作目。今シリーズでは、仁左衛に復讐(ふくしゅう)を果たそうと [全文を読む]

内山理名の腹痛に負けない女優魂に中井貴一も感嘆!

Smartザテレビジョン / 2015年01月22日13時35分

NHK BSプレミアムで2月6日(金)からスタートするBS時代劇「雲霧仁左衛門2」の試写会が同局で行われ、出演の中井貴一、内山理名、伊武雅刀、田村亮らが会見に出席した。池波正太郎原作の本作は、大金持ちからは決して盗まず、人を殺さず、傷つけない盗賊の一味・雲霧一党を率いる雲霧仁左衛門と、一党を根絶やしにしようともくろむ火付盗賊改方長官の安部式部との激突を描い [全文を読む]

“タレント活動休止”の泰葉に、和田アキ子が戦々恐々!? 「アッコの息の根を止める」と業界から期待も

日刊サイゾー / 2017年06月08日11時00分

その小朝は、今年1月から放送されたBSプレミアム時代劇『雲霧仁左衛門3』で雲霧を目の敵にする磯部主膳役を演じた。磯部は権力欲が旺盛、傲慢で陰湿、かつ狡猾な性格で、小朝は地で演じたといわれたほどだ。そんな性格の小朝に愛想を尽かしたのは、泰葉だけでない。元恋人で女優の岸本加世子、2人の仲を取り持とうとして小朝に裏切られたビートたけし。それに、その 権力欲に振 [全文を読む]

本田博太郎 CG使わない『北京原人』なら時代変えたと思う

NEWSポストセブン / 2017年02月24日16時00分

* * * 本田博太郎は1995年、工藤栄一がメイン監督を務めたテレビシリーズ『雲霧仁左衛門』にレギュラー出演し、盗賊団の一味「州走りの熊五郎」を演じた。山崎努が扮する頭目の指示に対して「へい」と返事をするのだが、その口調が独特だった。「工藤さんが熊五郎だったら、ということを考えていました。工藤さんだったら、命令されてもパッとは動かないだろう、と。まして [全文を読む]

NHKドラマで好演!板尾創路が評価される“他の俳優にはない”魅力とは!?

アサ芸プラス / 2017年02月14日05時59分

現在、NHKプレミアムドラマ「雲霧仁左衛門3」にて関口雄介役で出演中の板尾創路。「主人公を打ち果たそうと狙う剣の達人の役どころは鬼気迫るものがある」(テレビ誌ライター) と、まずまずの評判だ。このドラマだけではない。最近の板尾はお笑いよりも俳優としての活動が際立っている。「一昨年放送されたNHKの朝ドラ『まれ』では、主人公の舅の役で出演しました。髪をキチン [全文を読む]

中井貴一と内山理名がまるで紅白歌合戦の司会者のように…

NEWSポストセブン / 2016年12月03日16時00分

NHK-BSプレミアムの時代劇『雲霧仁左衛門3』(2017年1月6日スタート)の会見が11月24日に行われ、主演の中井貴一(55才)、内山理名(35才)、國村隼(61才)が出席。 同日に同局で行われた『第67回NHK紅白歌合戦』の記者会見に合わせたように、内山は赤いワンピース、中井は白いセーターを着て登場。中井は「意識したわけではないですが、司会者の発表み [全文を読む]

「鬼平犯科帳」が28年の歴史に幕!民放時代劇の火は消えてしまうのか?

アサ芸プラス / 2016年11月10日09時58分

池波正太郎原作・中井貴一主演の『雲霧仁左衛門』は、今年第2シリーズが放送され、来年の第3シリーズ放送も決定しています。民放で人気だった時代劇をNHKがリニューアルするという流れができつつあるのです」(テレビ誌ライター) 一方で、BS・CSチャンネルの時代劇専門チャンネルは、「鬼平外伝」シリーズ全5作をはじめオリジナル時代劇を精力的に制作し、WOWOWでもオ [全文を読む]

中井貴一、棒読みで感情が伝わる俳優になることを目指す

NEWSポストセブン / 2016年11月05日07時00分

近年でもフジテレビのドラマ『最後から二番目の恋』で平凡な市役所職員を演じながら、NHK時代劇『雲霧仁左衛門』では貫禄の芝居で盗賊の首領を演じている。「エンターテインメントは、常に緩急だと思っています。それは俳優人生も同じです。俳優の人生を一つの映画とした場合、そこにも緩急を考えながらお客さんに見せていきたい。 僕は19歳で会社を作り、自分で判断したり、スタ [全文を読む]

宮下順子もコメンタリー参加 45周年を記念して日活ロマンポルノ・初のブルーレイ化!

ソーシャルトレンドニュース / 2015年12月18日00時00分

岡本喜八監督『ダイナマイトどんどん』(78)と五社英雄監督『雲霧仁左衛門』(78)では、ブルーリボン賞助演女優賞を、中上健次原作、神代辰巳監督の『赫い髪の女』(79)で、報知映画賞の主演女優賞を受賞している。現在も女優として様々な映画に出演する。■関連記事・日活ロマンポルノ公式サイト [全文を読む]

トラベル ウェブ マガジン「旅色」11月号を公開/表紙・巻頭グラビア インタビューは内山理名さん

PR TIMES / 2013年10月26日10時40分

■巻頭グラビア・インタビュー 内山理名「旅が教えてくれたもの」10代から芸能界に入り、幅広い役柄を演じる演技力の持ち主で、現在、時代劇「雲霧仁左衛門」(NHK BSプレミアム)に出演中の女優・内山理名さんが登場。プライベートでは国内外さまざまな場所に足を運んでいるという旅好きな彼女。旅先でゆとりある時間を過ごすことで、新たな自分が見つかると語ります。20代 [全文を読む]

フォーカス