梅野隆太郎のニュース

【プロ野球】ジャクソン(広島)とマテオ(阪神)は916票差!オールスター中間発表・激戦区はここだ!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月27日16時05分

■【セ・リーグ】捕手 1位:梅野隆太郎(阪神) 30,980票 2位:小林誠司(巨人) 24,906票 中村悠平(ヤクルト)が上位にくると予想したが、好調・阪神の梅野隆太郎が人気を集めた。しかし、打率.175に沈んでいることはやや懸念材料。胸を張ってオールスターに出るために打撃での巻き返しにも期待したい。 ■【セ・リーグ】二塁手 1位:菊池涼介(広島) [全文を読む]

若松勉氏がみた今年の阪神

ベースボールキング / 2017年05月07日11時00分

5回裏に梅野隆太郎のタイムリーで1点を返すと、6回は鳥谷敬、高山俊のタイムリーなど一挙7点を奪い1点差に迫る。勢いが止まらない阪神は7回に、糸原健斗のタイムリーで同点、梅野が2点タイムリー三塁打を放ち逆転に成功した。8回にも1点を加えた阪神は、最大9点あった差をひっくり返し大逆転勝利。広島に代わって首位に浮上した。 ニッポン放送ショウアップナイターで解説を [全文を読む]

【プロ野球】原口文仁、鳥谷敬のコンバートで混迷! 鳥谷「二塁or三塁プラン」で阪神の開幕スタメンを考えてみた

デイリーニュースオンライン / 2017年03月08日17時05分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■【鳥谷二塁プラン】阪神開幕スタメン 1(左翼)高山俊 2(遊撃)北條史也 3(中堅)糸井嘉男 4(右翼)福留孝介 5(一塁)原口文仁 6(二塁)鳥谷敬 7(三塁)大山悠輔ほか 8(捕手)梅野隆太郎/坂本誠志郎 1番、2番、3番の入れ替わりはあるかもしれないが、鳥谷が二塁を守る場合は、おそ [全文を読む]

“外様”から“生え抜き”へ変わりゆく阪神の捕手事情

ベースボールキング / 2017年02月22日11時15分

昨季もスタメンマスクは原口文仁(68試合)、梅野隆太郎(29試合)、岡崎太一(24試合)、坂本誠志郎(18試合)、清水誉(2試合)、鶴岡一成(2試合)となっており鶴岡を除き全員生え抜きだった。シーズンオフに清水、鶴岡の2名が退団。今季は捕手全員が生え抜きとなった。これは実に1996年以来21年ぶりのことだ。 今キャンプ中に金本知憲監督も正捕手を明言してお [全文を読む]

【プロ野球】激走サトノダイヤモンド! 有馬記念で予想を的中させたプロ野球選手は誰だ!?

デイリーニュースオンライン / 2016年12月31日17時05分

評論家としてもキャンプで◎を見つけること間違いなし! ■馬券絡みだった選手・OB (1)キタサンブラック つば九郎(ヤクルト)≪1→2/8/9/6、3連単軸一頭マルチ≫ 山本昌(中日OB) 三浦大輔(中日)≪1/6→1/6→2/11/13/14/16≫ 田中将大(ヤンキース)≪1→11/8/4/6→2/4/6/8/11/13/14/16≫ 松田宣浩(ソフト [全文を読む]

『阪神電車で甲子園へ行こう!』CMを4月7日から放映 ~藤浪選手・梅野選手のバッテリーが共演。全駅での構内放送も実施~

PR TIMES / 2015年04月06日16時14分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、阪神タイガースが球団創設80周年を迎えることを記念し、阪神甲子園球場での本拠地開幕を迎える4月7日(火)から梅田駅「駅SIGHT」、甲子園駅デジタルサイネージ等において、これからの阪神タイガースを背負う藤浪晋太郎選手と梅野隆太郎選手が出演する『阪神電車で甲子園へ行こう!』CMを放映します。 こ [全文を読む]

『阪神電車で甲子園へ行こう!』CMを4月7日から放映 ~藤浪選手・梅野選手のバッテリーが共演。全駅での構内放送も実施~

@Press / 2015年04月06日15時45分

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市福島区、社長:藤原崇起)では、阪神タイガースが球団創設80周年を迎えることを記念し、阪神甲子園球場での本拠地開幕を迎える4月7日(火)から梅田駅「駅SIGHT」、甲子園駅デジタルサイネージ等において、これからの阪神タイガースを背負う藤浪晋太郎選手と梅野隆太郎選手が出演する『阪神電車で甲子園へ行こう!』CMを放映します。 こ [全文を読む]

梅野隆太郎選手が公式Facebook運用を開始!!阪神タイガース承認アプリ 「トラカメラ」が全面サポート!同時に、『梅野隆太郎選手応援キャンペーン!』実施!

PR TIMES / 2015年01月30日18時11分

株式会社インタラクティブブレインズ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 新妻 桂)が企画・運営する阪神タイガース承認のスマートフォン向けカメラアプリ「トラカメラ」では、2015年1月30日から阪神タイガース梅野隆太郎選手公式Facebookの運用を開始しました。[画像1: http://prtimes.jp/i/4748/34/resize/d4748-3 [全文を読む]

球宴ファン投票、セ捕手部門で阪神・梅野抜き巨人・小林がトップに

ベースボールキング / 2017年06月08日16時13分

6月8日時点の結果が発表され、セ・リーグ捕手部門で、小林誠司が梅野隆太郎を抜き、1位になった。 5月22日に最初の中間結果が発表されてから、セ・リーグ捕手部門では阪神の梅野が首位を守ってきたが、8日、巨人の小林が15万5684票を集めて梅野の15万3294票を2390票上回り、トップに躍り出た。 なお、巨人の選手は先発投手部門で菅野智之、中継投手部門でマシ [全文を読む]

里崎氏が語る捕手の打撃力

ベースボールキング / 2017年06月05日10時00分

近藤を除いた2人の打撃成績をみると、中村悠平(ヤクルト)が打率.260、梅野隆太郎(阪神)が打率.186とかなり寂しい数字。近年は“打てる捕手”がかなり減少している。 ◆ 打撃練習だけが練習じゃない!? 現在ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務め、現役時代正捕手としてロッテで2度の日本一(05年、10年)、第1回WBCの世界一に貢献した里崎智也氏は、 [全文を読む]

【5月31日プロ野球全試合結果】楽天が4連勝で貯金20、広島が怒濤の7連勝、日本ハム・斎藤佑樹が今季初勝利

サイクルスタイル / 2017年05月31日22時51分

阪神は0-0で迎えた2回表、1死満塁の絶好機を作ると、梅野隆太郎捕手が適時打を放って2点を先制。続く高山俊外野手の内野ゴロの間に走者が生還し、3-0とした。その後は無得点が続くも9回表、走者一、三塁の場面で糸井嘉男外野手が適時打を放つなど貴重な2点を追加した。投げては、能見が8回途中9奪三振無失点の快投を見せ、今季2勝目。対するロッテは投打ともに振るわず、 [全文を読む]

【交流戦】阪神、能見篤史が8回途中無失点…ロッテは打線が沈黙「ファンの怒りはもう限界」

サイクルスタイル / 2017年05月31日21時40分

阪神は0-0で迎えた2回表、1死満塁の絶好機を作ると、梅野隆太郎捕手が適時打を放って2点を先制。続く高山俊外野手の内野ゴロの間に走者が生還し、3-0とした。その後は無得点が続くも9回表、走者一、三塁の場面で糸井嘉男外野手が適時打を放つなど貴重な2点を追加した。 投げては、能見が8回途中9奪三振無失点の快投を見せ、今季2勝目。対するロッテは投打ともに振るわ [全文を読む]

【交流戦】阪神が乱打戦を制す…ロッテは石川歩が7失点、今季いまだ勝ち星なし

サイクルスタイル / 2017年05月30日23時01分

その後も俊介外野手や梅野隆太郎捕手の適時二塁打など打線がつながり、10-4と大量リードを奪った。 投げては、先発の秋山拓巳投手が5回7失点と乱調ながらも、打線の援護を受けて今季4勝目。敗れたロッテは、先発の石川歩投手が5回途中7失点と振るわず5敗目を喫した。石川は今季、いまだ勝ち星がない。 交流戦初戦を白星で飾った阪神。ファンからは、「勝ったは良いけど、点 [全文を読む]

首位・阪神率いる金本監督 ベテラン記者が指摘する“2年目の変化”

文春オンライン / 2017年05月27日07時00分

「去年1年戦って、攻撃の軸が福留孝介1人では足りない、ということを痛感したからこそ、前言を翻して、糸井を獲りにいった」(同前) その甲斐あって、今の阪神は、糸井、福留、鳥谷敬のベテラン3人とキャッチャーの梅野隆太郎の4人がレギュラーとして固定され、チームの軸となっている。レギュラーの決まらない4つのポジションを、中堅・若手が争っている状況だ。 「去年の新 [全文を読む]

【オールスター】ファン投票中間発表…糸井が全体トップ、DHで大谷が1位

ベースボールキング / 2017年05月22日15時51分

◆ セントラル・リーグ ファン投票結果<先発投手>1位 2万2461票 菅野智之(巨人)2位 1万1130票 メッセンジャー(阪神)3位 9570票 バルデス(中日)4位 7184票 野村祐輔(広島)5位 6501票 藤浪晋太郎(阪神)<中継投手>1位 1万4772票 マテオ(阪神)2位 1万4737票 ジャクソン(広島)3位 1万3273票 マシソン(巨 [全文を読む]

打てる捕手が減少 投手出身・江本氏の考えは?

ベースボールキング / 2017年05月19日10時00分

セ・リーグの打撃成績をみると、阪神・梅野隆太郎捕手(打率.184)、巨人・小林誠司捕手(打率.173)の打率が2割に届いていない。阪神と巨人の正捕手を務める2人だが、バットでは結果を残せていない印象だ。 古くは野村克也氏、田淵幸一氏をはじめ、最近では古田敦也氏、城島健司氏、阿部慎之助など打てる捕手が存在した。しかし、昨季は12球団で規定打席に到達した捕手は [全文を読む]

オールスターゲームのファン投票がスタート!【ノミネート選手一覧】

ベースボールキング / 2017年05月16日10時40分

◆ セ・リーグ【先発投手】九里亜蓮(広島)野村祐輔(広島)ジョンソン(広島)菅野智之(巨人)マイコラス(巨人)田口麗斗(巨人)石田健大(DeNA)井納翔一(DeNA)今永昇太(DeNA)能見篤史(阪神)藤浪晋太郎(阪神)メッセンジャー(阪神)石川雅規(ヤクルト)ブキャナン(ヤクルト)小川泰弘(ヤクルト)吉見一起(中日)大野雄大(中日)バルデス(中日)【中継 [全文を読む]

【プロ野球】奇跡の大逆転劇で勢いに乗る阪神。リーグ制覇に向け「守り勝つ野球」を徹底できるか!?

デイリーニュースオンライン / 2017年05月14日16時05分

さらに、上本博紀、中谷将大、梅野隆太郎がポイント、ポイントでいい働きを見せている。昨季ブレイクした高山俊、北條史也、原口文仁は「2年目のジンクス」にぶち当たりながらも、徐々に調子を取り戻している。 金本知憲監督が理想とする、ベテラン、中堅、若手がうまく融合したチームに仕上がりつつあるのだ。 ■阪神は守り勝つ野球をしてこそ優勝が見えてくる 阪神はこのままの [全文を読む]

ノムさんに配球を学びにきた阪神の捕手とは…

ベースボールキング / 2017年05月08日00時35分

7日、『S☆1』(TBS系)にVTR出演した野村克也氏が、同日に行われた阪神-広島戦に『8番・捕手』で先発出場した阪神の梅野隆太郎について語った。 プロ4年目の梅野は今季、開幕から30試合中29試合で先発マスクを被る。野村氏は「全く繋がりがないのに梅野はあいさつに来た。プロ野球に俺は60年いるけど、配球のこと色々と聞いてきたのは梅野だけだよ」というエピソー [全文を読む]

猛虎打線を牽引する糸井、数々の記録への挑戦も

ベースボールキング / 2017年05月06日10時00分

勝利の立役者は、3安打3打点挙げた捕手の梅野隆太郎と2本のタイムリーを放った糸井嘉男の2人。特に糸井は、現在9試合連続安打中とその勢いは止まらない。 オフにオリックスからFAで移籍してきた糸井だったが、キャンプ前の1月下旬に右膝痛で離脱。決して順風満帆のスタートではなかった。しかし開幕2週間前の3月中旬に図ったようにオープン戦で戦列に復帰すると、開幕後は中 [全文を読む]

フォーカス