市川雷蔵のニュース

市川雷蔵 日本映画と米国映画の差は「宗教」にあると考えてた

NEWSポストセブン / 2013年03月14日07時01分

今回は、映画史にその名を残す美形スター、市川雷蔵の意外な演技観を紹介する。 * * * 市川雷蔵。1969年に37歳の若さで逝去した、映画史にその名を残す美形スターである。暗い影を負った儚さの漂う端正な顔立ちは、代名詞ともいえる『眠狂四郎』をはじめとするニヒルな役柄にピッタリで、死後40年以上を経た現在でもカリスマ的な人気を誇っている。 そんな雷蔵が志して [全文を読む]

勝新太郎と市川雷蔵が由来の“かつライス”が大人気!

Walkerplus / 2016年09月13日11時52分

「かつライス」は、俳優・勝新太郎の“かつ”と市川雷蔵の“ライ”にちなんでネーミングされた。オムライスに和風カレー、キャベツ、サクッとジューシーなカツをのせたボリュームのある一皿。 同店では、その他にもランチタイムのおばんざいバイキングや、体に優しい定食メニュー、手作りスイーツなどがそろう。17時からは居酒屋として、お酒とこだわりの一品を楽しめるのもうれし [全文を読む]

「生きざまに惚れた」山本耕史が語る”薄桜記”の魅力!

Smartザテレビジョン / 2015年08月17日15時19分

片腕の剣豪・丹下典膳役(たんげてんぜん)はこれまでにも市川雷蔵ら大物俳優が演じてきたが、本作の典膳役は、今や時代劇の顔ともなった俳優の山本耕史。山本はインタビューで、撮影時の工夫や時代劇への思い入れを語った。――テレビ放送当時も「片腕での殺陣」が話題になりましたが、どのような工夫をされていたのですか?まず抜刀はできても納刀ができない、というところがあったり [全文を読む]

映画の街・太秦のキネマ・キッチン、"勝"新太郎×市川"雷"蔵の「かつライス」が3,000食突破

@Press / 2016年09月06日10時00分

なかでも映画の街、太秦(うずまさ)らしく、俳優勝新太郎さんの「かつ」と市川雷蔵さんの「ライ」の文字をとった「かつライス」は、懐かしくボリュームのある一品で、好評により3,000食を突破いたしました。また企業様、団体様に人気の「しあわせのおすそわけ弁当」は、毎日の大切な食事の場面を盛り上げ優しい気持ちになると評判のメニューです。■キネマ・キッチンについてお昼 [全文を読む]

完璧男ディーン・フジオカの「弱点は耳」と共演の萬田久子が暴露!?

Movie Walker / 2017年06月09日04時00分

未知数な部分も多々ありますが、市川雷蔵さんや佐田啓二さんのような、一本通っている、地の足のついた役者というのは滅多に会えないんですけど、彼は会うたびに成長されていて、今回は難易度の高い芝居を見事にクリアされていて感動しました」と言葉を贈る。 監督の言葉にディーンも「ありがとうございます」と頭を下げ、最後に担当した主題歌について「作品の一部になるよう、かつ楽 [全文を読む]

伊武雅刀 『スケバン刑事』悪役教師役は「気持ち良かった」

NEWSポストセブン / 2017年06月01日16時00分

あと、月形龍之介さんや市川雷蔵さんの映画を観て立ち居振舞いを勉強していました。全て自己流ではありますが、やはり時代劇をやるからには姿勢を貫き通さないと」 ●かすが・たいち/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『役者は一日にしてならず』(小 [全文を読む]

牛尾刑事・片岡鶴太郎 セリフが多いのに寡黙な男の演じ方

NEWSポストセブン / 2017年04月16日07時00分

監督は一貫して、かつては市川雷蔵の映画などを撮ってきたベテラン・池広一夫だ。「監督からは『牛尾刑事は寡黙な男なんで、そんな感じでやってくれる?』と言われていました。それならセリフも少ないんだろうと思って台本を開いたら、とんでもなく多いんですよ。『寡黙だというのに、こんなに喋っていいんですか』と監督に言ったら『いいの』って。ようするに、『字面を見ると多いけど [全文を読む]

作者語る『ルパン三世』の秘密4「五右エ門を生んだ“すし店での会話”」

WEB女性自身 / 2017年03月26日06時00分

その生みの親であるモンキー・パンチ先生が、知られざる石川五右ェ門誕生の秘話を本誌に明かしてくれました! 「五右ェ門のイメージは歌舞伎の五右衛門ではなくて、『忍びの者』という映画の中で市川雷蔵さんが演じた、織田信長の暗殺を企む石川五右衛門という忍者なんです。ものすごくかっこよくてね。五右ェ門をこの忍者の十何代目かに設定して出そう、と」 しかし、悩んだのが五右 [全文を読む]

金正男暗殺、素人女性を利用する手口は「陸軍中野学校」の模倣だった!?

週プレNEWS / 2017年03月06日06時00分

また、彼はいつも市川雷蔵主演の『陸軍中野学校』の映画を見こんでいたようですし、今回の金正男暗殺はその映画の中の世界がそのまま現実になったような事件です。 つまり、北朝鮮の暗殺には今も陸軍中野学校の伝統が受け継がれているんですよ。 ★なぜこのタイミングで北朝鮮は金正男氏を暗殺したのか? この続きは『週刊プレイボーイ』12号(3月6日発売)「鈴木宗男×佐藤優 [全文を読む]

マツコが「今年は60年に一度の大荒れの年」と言及、実は60年前も凄かった!

アサ芸プラス / 2016年11月28日09時59分

「ここから石原裕次郎と高倉健は、市川雷蔵、勝新太郎、萬屋錦之介とともに戦後を代表するスターになっていきます。言わば56年は、戦前からの大スターと戦後のスターが世代交代し、映画界の分岐点となった年だったのです」(映画ライター) また、テレビの世界でも続々とニュースターや人気番組が誕生した。NHKで55年秋からラジオ放送を開始した公開番組「お笑い三人組」は翌5 [全文を読む]

週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(1)中村玉緒が勝新「波瀾の生涯」を語り尽くす

アサ芸プラス / 2016年10月10日17時57分

大映は長谷川一夫さんや市川雷蔵さんなど二枚目がスターでしたが、主人のように“悪”が主役だったのは初めて。──さらに「悪名」や「座頭市」とヒットシリーズが始まりました。玉緒 私と婚約して1作目が「悪名」(61年~)で、結婚した直後が「座頭市」(62年~)やったんですわ。主人は相手役の方に恵まれたゆうのもありますね。「悪名」では田宮二郎さん、「座頭市」では天知 [全文を読む]

イレズミと性の関係とは? 外国人観光客のタトゥーへの対応はどうすべきか? 【『イレズミと日本人』著者インタビュー 後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月16日06時30分

もちろんアウトローで入れている人も多くいると思いますが、今やスーツを着たビジネスマン風の『経済ヤクザ』もいる時代ですから、イレズミのありなしでは判断しきれないと思います」 同書には市川雷蔵から北野武作品に始まり、実際にイレズミを入れてしまった五社英雄監督のエピソードまで、日本映画とイレズミの関係について詳しく描かれている。そして山本さんは本の中で、「イレズ [全文を読む]

戸田恵子 58歳にして「透明肌」の理由は”とにかく野菜”だった

WEB女性自身 / 2016年09月05日06時00分

私がリスペクトする俳優さんの1人、段田(安則)さんが、市川雷蔵ばりのかっこいい時次郎を演じるのも必見です」 そう語るのは、公演中の舞台『遊侠 沓掛時次郎』(新国立劇場小劇場にて10月2日まで)で、座長夫人・長谷川つた子役を演じている戸田恵子(58)。シリアスからコメディまで幅広く演じられる女優であり、アニメ『それいけ! アンパンマン』のアンパンマンの声など [全文を読む]

みのもんた「さようなら、健さん」

アサ芸プラス / 2014年12月13日09時57分

私の世代だと、健さん以前の長谷川一夫、市川雷蔵、大河内伝次郎、片岡千恵蔵という時代劇スターが演じる股旅モノを観てきて、そこに健さんが現れたという過程を覚えている。昔ながらの任侠映画の美学もありつつ、新しい時代の美意識もあった。映画館から出てくる時、「男たちは肩で風切って歩いていた」と言われるけど、あの頃は本当にそうだったもんね(笑)。私も男だから、やっぱ [全文を読む]

<西暦と元号の整合性>忠臣蔵・赤穂浪士はいつ「討ち入り」したのか?

メディアゴン / 2014年12月13日00時11分

それから1958年の大作、大映のオールスター映画「忠臣蔵」(監督・渡辺邦男)、配役は大石内蔵助:長谷川一夫 浅野内匠頭:市川雷蔵 岡野金右衛門:鶴田浩二 赤垣源蔵:勝新太郎 大石主税:川口浩 堀部安兵衛:林成年 吉良上野介:滝沢修というすごいスターばかりなのですが、この中で大石内蔵助の長谷川一夫は「おのおの方、討ち入りでござる」という台詞は言いません。何度 [全文を読む]

『仁義なき戦い』撮影時の松方弘樹 2か月寝なかった熱い時代

NEWSポストセブン / 2014年08月23日07時00分

早逝したスター・市川雷蔵の穴埋めを期待された松方は、『眠狂四郎』『若親分』といった雷蔵の当たり役を演じている。「大映にはレンタルという形で行きました。東映にいても上がつかえていましたからね。岡田茂さんが『ちょっと大映に行ってこい。あそこはスターがいないから、主役を取れるぞ』と。 東映じゃあ、うだつが上がらないんですよ。役も二番手ならまだいいけど、その辺のい [全文を読む]

ゴジラ、伊福部昭の映画音楽研究者として知られる小林淳(伊福部昭百年紀コンサート実行委員)の新著『伊福部昭と戦後日本映画』が7月10日発売!

DreamNews / 2014年07月08日13時00分

東 宝、東映、大映、松竹、日活、そして独立プロと、映画界を横断し、黒澤明、市川崑、三隅研次、今井正、熊井啓、新藤兼人、吉村公三郎、本多猪四郎、三船敏 郎、勝新太郎、中村錦之助、市川雷蔵、石原裕次郎ら、巨匠・名優たちとともに、映画作りに参画した、戦後最大の映画人のひとりだった。伊福部研究の第一人 者が書き下ろす、伊福部昭を通して見る、戦後映画史の大著。201 [全文を読む]

悪役俳優たちの素顔

クオリティ埼玉 / 2014年04月16日13時48分

東京大学と山形大学を続けて中退後、大映映画入りし、勝新太郎や市川雷蔵の敵役が多かった。細面で端正な顔立ちだが、鋭い目付きとドスのきいた声が悪役に向かわせた。一時期、公家の役が多くなり、声色を変えて演じていた。持ち前の声が封印されてしまい、惜しいなと思ったが、やがて元の悪役に戻った。 蟹江も早過ぎる死だったが、天津と成田は50代で亡くなった。長く生きていれば [全文を読む]

俳優成田三樹夫「役作りであまり深刻に考え込んだりしない」

NEWSポストセブン / 2014年04月01日16時00分

端正なマスクと鋭い眼光、押し出しの強い声……といった若さに似合わぬその堂々たる風貌と芝居は早くから高く買われ、デビューして数年のうちに勝新太郎主演「座頭市」シリーズや市川雷蔵主演「眠狂四郎」シリーズといった大映の人気作品で相手役に抜擢された。 彼が役者として何を考え、何を目指していたかは謎めいた部分が多い。が、梅林敏彦のインタビュー本『アウトローに挽歌はい [全文を読む]

小野田少尉とインテリジェンス

クオリティ埼玉 / 2014年01月29日07時17分

市川雷蔵主演の映画「陸軍中野学校」の影響でスパイ養成所の印象を一般にはもたれているが、陸軍中野学校はもっと広義の情報戦の教育、訓練の学校だ。特徴はいわゆる軍隊の組織風土とはかけ離れた自由闊達な精神教育であるといわれている。小野田さんの卒業した二俣分校は遊撃戦(ゲリラ戦)の専門課程であるが、本校の教育の影響はあったと想像される。その校風は筆者なりに解釈する [全文を読む]

フォーカス