開高健のニュース

現代の釣りロマン! 作家・夢枕獏×怪魚ハンター・小塚拓矢、平成『オーパ!』対談【前編】

週プレNEWS / 2017年05月01日11時00分

冒険家は釣りにおける夢やロマンをどこに見いだすのか? 時間さえあれば世界を回り釣りを楽しむ作家・夢枕獏(ゆめまくら・ばく)と、開高健に抗い世界中の怪魚を釣り上げてきた男・小塚拓矢(こずか・たくや)が縦横無尽に語り尽くす! * * * ―夢枕先生は怪魚について、どのようなイメージをお持ちですか。 夢枕 本来の定義はさておき、僕の中では怪魚というのは、ゴツくて [全文を読む]

開高健と島地勝彦の名著『水の上を歩く?酒場でジョーク十番勝負』が四半世紀ぶりに復活【代官山蔦屋書店オススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2015年07月03日08時30分

■『水の上を歩く?』開高健、島地勝彦 文豪・開高健と伝説の週刊プレイボーイ元編集長・島地勝彦による伝説の対談集『水の上を歩く? 酒場でジョーク十番勝負』が四半世紀の時を経て復刊。 元々、『サントリークォータリー』22から31号の連載としてスタートした企画が、1989年にTBSブリタニカより書籍化され、その後2015年6月22日に復刻されたものとなる。2人 [全文を読む]

現代の釣りロマン! 作家・夢枕獏×怪魚ハンター・小塚拓矢、平成『オーパ!』対談【後編】

週プレNEWS / 2017年05月02日15時00分

冒険家は釣りにおける夢やロマンをどこに見いだすのか? 時間さえあれば世界を回り釣りを楽しむ作家・夢枕獏(ゆめまくら・ばく)と、開高健に抗い世界中の怪魚を釣り上げてきた男・小塚拓矢(こずか・たくや)が、前編に続き、縦横無尽に語り尽くす! * * * ―ところで、小塚さんはなぜか、「TENGA」の公式サイトに登場していますよね。 小塚 元々は「魚なんて何を使っ [全文を読む]

出汁の芸術「おでん」の真骨頂!開高健も惚れ込んだ『たこ梅』の関東煮(かんとだき)

サライ.jp / 2017年04月09日19時00分

* * *作家の開高健は、創業1844年という大阪いや日本最古の関東煮屋『たこ梅』の大ファンだった。同店は、かの『なだ万』を実家とする俳人・楠本憲吉もつねに賞揚し、織田作之介の『夫婦善哉』で店を開こうとする主人公が研究のために訪問したと書いた店であり、池波正太郎や吉田健一など名だたる作家が愛好した老舗だ。開高もよく店を夫人との待ち合わせに使い、勤務していた [全文を読む]

『SINRA』2017年1月号が発売! 特集は「冒険家の食卓」

PR TIMES / 2016年11月28日17時11分

[画像3: http://prtimes.jp/i/5875/1445/resize/d5875-1445-384570-1.jpg ]【特別企画】開高健 わが人生、酒と食の冒険~開高の旅には必ず酒があった~歴史に名高い名コピーを生んだサントリーの宣伝を手掛けた作家・開高健の食と酒、サントリーや山口瞳との物語。[画像4: http://prtimes.jp [全文を読む]

女優の夏帆が、三船敏郎、黒澤明ら著名人の墓参りに…「掃苔のすすめ」で自分を見つめ直すきっかけに

PR TIMES / 2015年10月15日12時35分

今回、掃苔人を務める女優の夏帆がその足跡に触れる人物は、俳優の三船敏郎と映画監督の黒澤明、女優の森光子と田中絹代、作家の開高健と劇作家の寺山修司といった、一時代を築いたそうそうたる面々だ。この企画を聞いた夏帆は「一時代を築いた方たちのお墓を巡る機会はなかなかないですし、お墓を通じて故人の人生をひもといていくなんて興味深い。ぜひ出演したいなと思いました」と [全文を読む]

人間に焦点を当てたサントリー"社史"に心をつかまれる

ニューズウィーク日本版 / 2015年08月07日19時45分

『佐治敬三と開高健 最強のふたり』(北 康利著、講談社)について、著者は「あとがき」にこう記している。 最初は「佐治敬三伝」を書くつもりだった。だが彼の繊細さや人間臭さを物語るエピソードを集めていくうち、合わせ鏡のような人物が浮かび上がってきた。それが開高健だった。(463ページより) たしかにそのとおりで、全体的な体裁は佐治敬三と、彼の人生のすべてであっ [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第17号 9月5日(金)発売!第17号の特集テーマは、「【没後25年記念特集】開高健――その豊穣なる文章世界」

DreamNews / 2014年09月05日09時00分

多様性を考える言論誌[集英社クオータリー]コトバ『k o t o b a』第17号9月5日発売定価:1,440円(1,333円+税) http://kotoba.shueisha.co.jp/【発売日】9月5日(季刊・3月、6月、9月、12月の各6日発売・土曜の場合は5日)【定価】1,440円(1,333円+税)【特集内容】「【没後25年記念特集】開高健 [全文を読む]

サントリー佐治信忠社長 幼少期に開高健の薫陶受けて育った

NEWSポストセブン / 2014年08月04日16時00分

創業家出身の社長といえば、伝統を重視し、改革を嫌うきらいがある。帝王学を授かりながらも、就任した途端、守りに入ってしまうトップは珍しくはない。特に、「孤独」に弱い二世や三世は多い。ところが、サントリー社長・佐治信忠氏、この人はまるで違う。大きすぎる父の背中に臆することなく改革を追い求めてきた。最大の改革が初の「創業家外」への社長禅譲だろう。10月1日から、 [全文を読む]

eBookJapanのiPhone、iPad、Mac版ブックリーダーがePubに対応!! 講談社文芸文庫の名作など、ePub書籍がマルチデバイスで楽しめるようになりました!

PR TIMES / 2013年10月31日19時19分

純文学・ノンフィクションの巨星として、今なお多くの人々に読み継がれる開高健の全作品(小説全68作品、釣り紀行11作品、ルポ6作品)を網羅した「開高健 電子全集」や、キリスト教の精神に基づき人間の内面に深く踏み込んだ作品を数多く発表した三浦綾子の全単独作品(81作品91点)を集めた「三浦綾子 電子全集」など、注目作品が目白押しとなっています。 9月27日以降 [全文を読む]

eBookJapanのWindowsPC、Android版ブックリーダーがePubに対応!! 小学館、講談社、光文社、東洋経済新報社のタイトルを充実のラインナップでリリース

PR TIMES / 2013年09月26日19時08分

文芸書では、純文学・ノンフィクションの巨星として、今なお多くの人々に読み継がれる開高健の全作品(小説全68作品、釣り紀行11作品、ルポ6作品)を網羅した「開高健 電子全集」(小学館)をはじめ、キリスト教の精神に基づき人間の内面に深く踏み込んだ作品を数多く発表した三浦綾子の全単独作品(81作品91点)を集めた「三浦綾子 電子全集」(小学館)、直木賞作家・色川 [全文を読む]

「週刊プレイボーイ」が本気で挑む、創刊50周年メモリアルイヤーの特別企画 週プレ編集部が完全プロデュースする公式酒場『週プレ酒場』を新宿歌舞伎町に一年間限定でオープン!

PR TIMES / 2017年06月01日12時14分

[画像1: https://prtimes.jp/i/20859/3/resize/d20859-3-483305-0.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/20859/3/resize/d20859-3-234689-1.jpg ] 『週刊プレイボーイ』は、1966年10月の創刊以来、その時代を代表するアイドルたちの グラビア写 [全文を読む]

「秘宝ポジフィルム一挙出し!」で名コラムリストが語る“70年代グラビアと週プレ”の時代

週プレNEWS / 2017年05月06日15時00分

―人生相談はその後、開高健さんやアントニオ猪木さんに赤塚不二夫さん…現在のリリー・フランキーさんまでが担当し、いまだ続く人気コーナーです。一方のグラビアで好きなアイドルはいました? 亀和田 それはあまり…(笑)。その頃の僕は、グラビアを見て性的な妄想に耽(ふけ)るなんて安易すぎるなんて思ってたしね。それより街をうろついてたら年上の美女と出会って、どこかへ [全文を読む]

島田陽子 「エロティシズム表現は様々、挑戦しがいがある」

NEWSポストセブン / 2017年03月22日07時00分

同時期、私はニューヨークに住んでいて、開高健の、『夏の闇』の撮影準備をしていました。結果、その撮影は中止となり、宣伝写真が残りました。それを一冊の本にしたいとの依頼がありました。 樋口可南子さん、宮沢りえさんの写真の素晴らしさに表現者としてのクリエイティビティが刺激され、私も後に続きました。それが初めての写真集『キールロワイヤル』です。『quatre』は [全文を読む]

「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」3月より電子書籍の配信を開始 池澤夏樹新訳のベストセラー『古事記』がついに電子化!

PR TIMES / 2017年03月03日14時44分

●2017年3月 『古事記』(池澤夏樹訳)【1巻・1,800円】 ●2017年4月 『中上健次』 【23巻・2600円】 『樋口一葉 たけくらべ/夏目漱石/森鴎外』(川上未映子訳/夏目漱石/森鴎外)【13巻・2700円】 ●2017年5月 『堀辰雄/福永武彦/中村真一郎』【17巻・2600円】 『南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一』【14巻・2700 [全文を読む]

定額制の音声コンテンツ聴き放題サービス 「LisBo(リスボ)」10/3(月)スタート! https://www.lisbo.jp/

DreamNews / 2016年10月03日09時00分

<公開コンテンツ>■岩波書店 (29講演)・網野善彦 「日本中世の平民と職人(第一回)(第二回)」・大野晋 「語学と文学の間」・中尾佐助 「イモの文化とイネの文化」・遠山茂樹 「近代天皇制の成立過程(第一回)(第二回)」・坂口謹一郎 「酒学入門」・高田博厚 「ルオー:その人と芸術」・谷川徹三 「日本の美」・福田歓一 「民主主義と国民国家」・真下信一 「人間 [全文を読む]

サントリー新浪CEOが語る、「グローバル化」と「やってみなはれの精神」

Forbes JAPAN / 2016年08月17日09時00分

芥川賞作家で名コピーライターとしても知られる開高健が、ラテン語の「Festina lente(急がば回れ)」を開高流にアレンジしたものだ。「社長、あれだよ!」佐治会長にそう諭されたのは、新浪が「それまで自分の時間をつくることが苦手だった」からだ。「最近になってようやく、少しはできるようになりました。それまでは、平日休日問わずスケジュールは15分刻みで、はい [全文を読む]

夏目雅子、高倉健らを撮った写真家・立木義浩が語る「女、文豪、役者、そして写真」

週プレNEWS / 2016年08月09日06時00分

週プレでは柴田錬三郎先生、開高健先生との幸運な邂逅(かいこう)もあった。撮影の前日は背筋が伸びるというか、子供のように興奮したものだ。だって、一生かかっても身につけることができない教養の宝庫と少なからず時間を共にするんだから。 ふたりに共通して感じたのは“魔が差す”ということ。ワッとしゃべっているけど、不意に意識が内側に寄りかかる瞬間があった。きっと、言 [全文を読む]

街道トラッカーズ 日光街道(2/4)

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年07月29日09時00分

そんな開高健の言葉が、なぜだかぼんやり浮かぶ。 ラジオから流れるナック(NACK5)では、昨晩負けた浦和レッズの試合を分析している。 ―――そうか、ここはもう埼玉大陸じゃないか。 草加松原遊歩道の隣に綾瀬川が流れる 草加の辺りは、中小の運送屋や工場、物流基地が多い。山も谷もなく、関東平野特有のノッペリした平坦な感じがこのまま春日部まで続く。360度、右も左 [全文を読む]

ファンキー加藤があの直木賞作家に聞いた人生相談「オレの前に堂々と出てきただけで対談する意味はある」

週プレNEWS / 2016年06月29日06時00分

開高健(かいこう・たけし)さん、柴田錬三郎さん…週プレで人生相談した人はみんな死んじゃうから(苦笑)。 加藤 大沢さんが、『鮫(さめ)と飲みあかそう!』を連載していたのは1996年でした。 大沢 バブル崩壊のちょっと後かな。それ以前…80年代の初めくらいから週プレとは付き合いがあったんだけど、まぁ、とんでもないばかな連中の集まりでね。突然、「先生、スケベ光 [全文を読む]

フォーカス