堀辰雄のニュース

映画版の謎もこの1冊で解決!? 宮崎駿が自ら描いた『風立ちぬ』の原作マンガの中身とは

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月28日09時00分

また、映画版『風立ちぬ』が、堀越二郎をモデルにその半生を描きながら、堀辰雄の小説『風立ちぬ』の要素を随所に盛り込んでいる……というのは有名な話。そして、この原作マンガには、映画には姿を現さない堀辰雄も登場している(ちなみに彼の顔は例外的に「犬」だ)。 堀越二郎と堀辰雄が出会うのは東京本郷の洋食屋・ペリカン。お店は実在したものだが、2人の出会いは完全な妄想 [全文を読む]

遠くに『風立ちぬ』の世界を見る

クオリティ埼玉 / 2014年02月10日17時51分

映画は零式艦上戦闘機の設計者・堀越二郎の自伝と堀辰雄の小説『風立ちぬ』が巧みに組み合わされたストーリーだが、軽井沢、浅間山はこれらの共通舞台なのだ。 小説では堀辰雄本人とおぼしき主人公と結核を患っている婚約者との愛を、美しい風景描写をからませながら独特の文体で描いているが、この話が宮崎作品にも盛り込まれている。映画人気もあって、軽井沢にある「堀辰雄文学記念 [全文を読む]

「いろんな本が枕もとに高く積まれてあるだけで愉しい」(堀辰雄)【漱石と明治人のことば134】

サライ.jp / 2017年05月14日06時00分

【今日のことば】 「いろんな本が枕もとに堆高(うずたか)く積まれてあるのは愉しい」 --堀辰雄 『美しい村』『風立ちぬ』『菜穂子』など、西洋の香気豊かな作品で知られた作家の堀辰雄は明治37年(1904)東京・麹町の生まれ。一高時代に芥川龍之介や室生犀星に師事した。芥川龍之介は夏目漱石の晩年の愛弟子だったから、堀辰雄は漱石の孫弟子ということになる。 東大在 [全文を読む]

「スマホでUSEN」朗読番組追加のお知らせ

PR TIMES / 2014年04月10日13時57分

<4月11日 配信作品> NHK朗読~中原中也「中原中也作品集」~ 朗読:蟹江敬三 NHK朗読~中原中也「晩年の日記抜粋」~ 朗読:蟹江敬三 <今後配信を予定している作品 ※4月中旬以降、順次配信予定> NHK朗読~太宰治 「雪の夜の話」 朗読:奈良岡朋子 NHK朗読~芥川龍之介 「少年」 朗読:橋爪 功 NHK朗読~芥川龍之介 「或る日の大石内蔵助」 [全文を読む]

映画『風立ちぬ』 観る前に知っておきたい5つのポイント

ダ・ヴィンチニュース / 2013年07月19日11時50分

宮崎駿監督がインスパイアされた2冊と鈴木敏夫プロデューサーインタビューはこちら【Point1 宮崎監督がはじめて描く大人の恋愛】堀辰雄の『風立ちぬ』がベース ジブリ初の大人の恋愛とキスシーンも主人公の堀越二郎は、関東大震災の折に、里見菜穂子という少女と同じ汽車に乗り合わせる。その10年後、二人は運命的な再会を果たし、恋に落ちるが、菜穂子はそのとき不治の病を [全文を読む]

「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」3月より電子書籍の配信を開始 池澤夏樹新訳のベストセラー『古事記』がついに電子化!

PR TIMES / 2017年03月03日14時44分

●2017年3月 『古事記』(池澤夏樹訳)【1巻・1,800円】 ●2017年4月 『中上健次』 【23巻・2600円】 『樋口一葉 たけくらべ/夏目漱石/森鴎外』(川上未映子訳/夏目漱石/森鴎外)【13巻・2700円】 ●2017年5月 『堀辰雄/福永武彦/中村真一郎』【17巻・2600円】 『南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一』【14巻・2700 [全文を読む]

ジョン・レノンが愛した『伝説のバニラ』関西再登場!前回、衝撃の一万名が来店 絶賛した味が阪急うめだ本店に

@Press / 2016年11月18日09時30分

当店70年の歴史のなかで、川端康成、室生犀星、堀辰雄など多くの著名人がこのたった一つのスイーツを食し、異口同音に絶賛してきました。一つのスウィーツでこれだけの伝説とエピソードを持った商品は他に存在しないとまで言われています。 食べた後の“のどごしの余韻”まで研究し尽くされた芸術的な味わいで、世界に誇れるNo.1ヴィンテージ・バニラ「ロイヤルスウィートバニラ [全文を読む]

ジョン・レノンが愛した『伝説のバニラ』関西再登場!期間限定・6月30日まで阪急うめだ本店にて営業

@Press / 2016年06月16日09時30分

当店70年の歴史のなかで、川端康成、室生犀星、堀辰雄など多くの著名人がこのたった一つのスイーツを食し、異口同音に絶賛してきました。一つのスウィーツでこれだけの伝説とエピソードを持った商品は他に存在しないとまで言われています。 食べた後の“のどごしの余韻”まで研究し尽くされた芸術的な味わいで、世界に誇れるNo.1ヴィンテージ・バニラ「ロイヤルスウィートバニラ [全文を読む]

【書評】村上春樹『色彩を…』 主人公のスタンスは「寓話」か

NEWSポストセブン / 2016年01月25日16時00分

これがゲーテの『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』を意識した教養小説として試みられているという当初の印象は変わらなかったが、宮崎駿『風立ちぬ』が堀辰雄ではなくトマス・マン『魔の山』を下敷きにしていることも含め、ドイツ型教養小説の奇妙なこの国での流行の意味は「国民の復興」とどこか地続きだとはおもう。だからこの小説が「歴史修正主義の寓話」として読まれるように [全文を読む]

『青空文庫POD』1月刊行は440作品、1,320製品!-牧野信一、林芙美子、宮沢賢治、宮本百合子、福沢諭吉などの作品を中心に-

PR TIMES / 2016年01月07日10時23分

上記著者の他に、永井荷風、永井隆、中里介山、中島敦、長塚節、中戸川吉二、中原中也、中谷宇吉郎、中山太郎、南部修太郎、新美南吉、西尾正、西田幾多郎、新渡戸稲造、野上豊一郎、野口雨情、萩原朔太郎、橋本五郎、長谷川時雨、長谷川伸、服部之総、浜尾四郎、浜田青陵、林不忘、葉山嘉樹、原勝郎、原民喜、樋口一葉、久生十蘭、火野葦平、平出修、平田晋策、平野万里、平林初之輔、 [全文を読む]

多くの著名人が愛した『伝説のバニラ』が関西初出店!「軽井沢カフェ・ド・ミノリヤ」、11月30日まで阪急うめだ本店にて営業

@Press / 2015年11月20日09時30分

当店70年の歴史のなかで、川端康成、室生犀星、堀辰雄など多くの著名人がこのたった一つのスイーツを食し、異口同音に絶賛してきました。一つのスウィーツでこれだけの伝説とエピソードを持った商品は他に存在しないとまで言われています。食べた後の“のどごしの余韻”まで研究し尽くされた芸術的な味わいで、世界に誇れるNo.1ヴィンテージ・バニラ「ロイヤルスウィートバニラ」 [全文を読む]

重版決定!!トーチweb連載作品『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』重版のお知らせ

@Press / 2015年10月06日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『濹東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美南 [全文を読む]

だいだい10ページ。”史上最も肩のこらない文学入門” 中島敦『山月記』を読む

ダ・ヴィンチニュース / 2015年09月27日11時00分

今回は特別に、『山月記』をだいたい8ページくらいの漫画で読んでみよう! 有名すぎる文学作品収録作品 太宰治『人間失格』 中島敦『山月記』 梶井基次郎『檸檬』 森鴎外『舞姫』 坂口安吾『桜の森の満開の下』 フランツ・カフカ『変身』 宮沢賢治『注文の多い料理店』 永井荷風『ぼく東綺譚』 泉鏡花『高野聖』 夏目漱石『三四郎』 アンデルセン『雪の女王』 芥川龍之 [全文を読む]

トーチwebから『有名すぎる文学作品をだいたい10ページくらいの漫画で読む。』刊行のお知らせ

@Press / 2015年09月10日10時00分

<収録作品> ・太宰治「人間失格」 ・中島敦「山月記」 ・梶井基次郎「檸檬」 ・森鴎外「舞姫」 ・坂口安吾「桜の森の満開の下」 ・フランツ・カフカ「変身」 ・宮沢賢治『注文の多い料理店』 ・永井荷風『ぼく東綺譚』 ・泉鏡花『高野聖』 ・夏目漱石『三四郎』 ・アンデルセン『雪の女王』 ・芥川龍之介『羅生門』 ・田山花袋『蒲団』 ・幸田露伴『五重塔』 ・新美 [全文を読む]

『標準問題精講 国語 特別講義 読んでおきたい とっておきの名作25』現役教師が厳選!『源氏物語』から『図書館戦争』まで、読む力を深める作品群

DreamNews / 2015年07月16日14時00分

第一章 生きるということ彼らの流儀「あめ、あめ、ふれ、ふれ」(沢木耕太郎) / 女生徒(太宰治) / 心の平静について(セネカ) / 平家物語「知章最期」 / 壁(安部公房) / 無名仮名人名簿「七色とんがらし」(向田邦子)第二章 人と人とのつながり田舎荘子「猫の妙術」(佚斎樗山) / 砂漠(伊坂幸太郎) / 忘れられた日本人「子供をさがす」(宮本常一) [全文を読む]

【お土産グルメも】避暑地の王道、軽井沢の楽しみ方

TABIZINE / 2015年07月05日13時00分

堀辰雄氏の小説「風立ちぬ」の舞台にもなりました。 (C) flickr/Yuki Shimazu 幸福の谷 ホテル裏手の「幸福の谷」。川端康成の別荘もあったそうです。歩いていると、小説の主人公になったような気がしますね。私有地なので、配慮して散策しましょう。 万平ホテル 裏手「幸福の谷」 (C)万平ホテル ジョン・レノンが愛したカフェテラス 万平ホテルに長 [全文を読む]

国葬された偉大なフランス人による唯一の難解小説「テスト氏」【芥川奈於の「いまさら文学」】

しらべぇ / 2015年07月05日08時00分

さらにヴァレリーを知りたい人は、堀辰雄の中編小説『風立ちぬ』の冒頭を読むとワクワクさせられるだろう。堀自身が訳したヴァレリーの詩『海辺の墓地』の一節、「風立ちぬ、いざ生きめやも」が引用されており、また小説の題名にも使われているからだ。 (文/芥川 奈於 http://sirabee.com/author/nao_akutagawa/ ) [全文を読む]

宮崎監督長編映画引退作「風立ちぬ」をノーカットで!

Smartザテレビジョン / 2015年01月31日06時00分

主人公の二郎は、ゼロ戦を設計した実在の人物・堀越二郎氏と、小説「風立ちぬ」の著者で文学者の堀辰雄氏を合わせてつくられた、自分の夢に忠実に真っすぐ進む青年。声は庵野秀明が担当している。また、里見菜穂子の声は瀧本美織が、ほか西島秀俊、西村雅彦、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎ら豪華俳優陣が声優として参加した注目作だ。 「崖の上のポニョ [全文を読む]

全巻80万円の春画集 「ありのまま」で累計1万部の大ヒット

NEWSポストセブン / 2014年10月25日16時00分

ボードレールや堀辰雄に傾倒していました。彼は自分の信念に忠実な人で、大学を中退したのも、意に添わない教授がいて衝突したからなんです」 大学中退後、白倉氏は語学教材の出版社に勤めたのち、詩人の安東次男や銅版画家の駒井哲郎らと知遇を得る。これが機縁となり、美術出版社「青地社」(1969年)、「エディション・エパーヴ」(1973年)などを興した。その後、1986 [全文を読む]

アニメ界の2大巨匠・宮崎駿とジョン・ラセターのコラボもありうる? 鈴木敏夫が明かした2人の関係

おたぽる / 2014年06月23日20時00分

「大きな風立ちぬ GIANT PAPER」には、文芸評論家の市川真人が、映画の題名に由来する小説『風立ちぬ』について、作者の堀辰雄の半生を追いながら、映画と小説の関係性について考察するコラムや、またお菓子研究家の福田里香が、本作の主人公である堀越二郎をはじめとするジブリ作品の"メガネキャラ"のルーツや魅力に迫るコラムなどが掲載されている。中でも注目は、ジ [全文を読む]

フォーカス