大村智のニュース

大野智!?ノーベル賞「大村智」と嵐の「大野智」と空目する人続出

秒刊SUNDAY / 2015年10月05日19時54分

今年のノーベル医学生理学賞を大村智(北里大教授)ら3人に授与すると発表。授賞理由は「寄生虫によって起こる感染症の治療法の発見」とされる。これで日本のノーベル賞は昨年の赤崎勇、天野浩、中村修二の3氏続き2年連続の受賞という快挙を成し遂げた。ネットではこの快挙に意外な人物の受賞と見間違えるという珍事態が起きている【速報 JUST IN 】ノーベル医学・生理学賞 [全文を読む]

ノーベル賞を受賞した大村智教授、成功の秘訣は「出会いを大事にすること」

まぐまぐニュース! / 2016年01月01日22時00分

2015年ノーベル化学賞を受賞した大村智教授。彼の研究はアフリカに住む多くの人々を失明する病から救いました。そんな彼の足跡についてメルマガ『Japan on the Globe-国際派日本人養成講座』の著者・伊勢雅臣さんが紹介しています。 大村智教授、一期一会のノーベル賞 大村智(さとし)が東京・墨田区の夜間高校で物理と化学の試験を監督している際、ふと目に [全文を読む]

【クイズ】ノーベル賞受賞の日本人教授、最初の職業はどれ?

まぐまぐニュース! / 2015年11月09日08時00分

ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智教授。その研究の内容もさることながら、彼の一風変わった経歴も話題になっています。英語塾の講師を務めている由紀さんのメルマガ『世界の人と話そう! やさしい英語ニュース』では、大村教授のことを英語の勉強も交えて、紹介しています。 大村智教授 ノーベル医学生理学賞を受賞 やさしいニュース英語QUIZ Q1 大村さんの大学卒業後 [全文を読む]

ノーベル賞大村智さん 成功の裏に「常に視線は地面」

WEB女性自身 / 2015年11月03日00時00分

この教えを貫いたことが今回の受賞に結びついたのです」 今年、ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智・北里大学特別栄誉教授(80)。定時制高校の教師から研究者になり、アフリカや中南米などで多くの人を失明に追い込んだ「河川盲目症」の特効薬「イベルメクチン」を発見。 アフリカ大陸を救った 化学者と称される大村さん。そんな彼の実像を描いた『大村智』(中央公論新社) [全文を読む]

成功する人は、恩返しと○○が必要! ノーベル生理学・医学賞の大村智氏がエッセイで「人生の本質」を語る

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月12日11時00分

昨年「ノーベル生理学・医学賞」を受賞した、北里大学特別栄誉教授の大村智先生がエッセイ集をこの度上梓した。ストックホルムでのノーベル賞受賞記念講演をはじめ、雑誌や新聞などで発表した随筆が一冊にまとめられた。 身近な所ではペットの犬のフィラリア治療薬や、アフリカの感染症治療薬。多くの人や生物の命に貢献する大発見をした人物だ。そんな世紀の発見をした大村氏は、頭で [全文を読む]

ノーベル賞・大村智教授が明かした「私の歩んで来た道」、受賞につながった「12の秘訣」とは?

Record China / 2016年06月11日18時40分

ノーベル賞受賞者の大村智・北里大学特別栄誉教授が「私の歩んで来た道」と題して日本記者クラブでこのほど講演、有用だった「12の秘話」を語った。同教授は寄生虫が引き起こす難病の治療に役立つ微生物由来物質「エバーメクチン」を発見。マラリア治療に有効な成分を発見した中国・屠ヨウヨウ氏らとともに、2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。(1)雑草のように伸び伸 [全文を読む]

工業高校定時制教師時代、生徒の油まみれの手を見て研究者に=「研究一筋」がよかった―ノーベル賞受賞の大村智教授

Record China / 2016年05月28日04時00分

2016年5月25日、ノーベル賞受賞者の大村智・北里大学特別栄誉教授が「私の歩んで来た道」と題して日本記者クラブで講演した。「眺望がいい」山梨県の農村で野良仕事をしながら幼少時代を送り、自然やスキーに親しんだことがよい思い出になっている、と振り返った。大学卒業後、東京の工業高校定時制で教師をした際、油が付着している生徒の手を見て「中小町工場で昼間働き、手を [全文を読む]

ノーベル賞の大村智さん 義兄明かす「亡き妻の献身37年」

WEB女性自身 / 2015年10月15日06時00分

毎年およそ3億人を感染症から救っているとされ、今年のノーベル医学・生理学賞の受賞が決まった北里大学特別栄誉教授の大村智さん(80)。その研究生活を支え続けたのが、15年前の 00年に亡くなった妻・文子さん(享年60)だった。 新潟県糸魚川市に住む、文子さんの兄・秋山昌廣さん(85)も義弟のノーベル賞受賞に感慨深げだった。 「何年も候補だったのになかなか受賞 [全文を読む]

数億人の未来を変えた!「ノーベル医学生理学賞」受賞の大村智氏とメルク社が行った無償の国際貢献

FUTURUS / 2015年10月06日18時00分

source:http://www.shutterstock.com/ 既に『FUTURUS』でも速報としてお知らせした通り、スウェーデンのカロリンスカ医科大が10月5日に発表したノーベル医学生理学賞の受賞者は、日本人の大村智・北里大特別栄誉教授(80歳)とアイルランド出身で米ドリュー大名誉研究フェローのWilliam C. Campbell氏、そして中国 [全文を読む]

【ノーベル賞速報】寄生虫やマラリア研究の北里大・大村智教授ら3人がノーベル医学生理学賞を受賞、日本人は2年連続

FUTURUS / 2015年10月05日19時15分

source:http://www.shutterstock.com/ 日本人が2年連続でノーベル受賞だ! 本日10月5日、スウェーデンのカロリンスカ研究所は、ノーベル医学生理学賞を、北里大の特別栄誉教授である大村智氏をはじめ、William C. Campbell氏、Youyou Tu氏ら3名に授与すると発表した。 氏らは、寄生虫やマラリアなど、寄生虫感 [全文を読む]

ノーベル医学・生理学賞に大村智さん

NewsCafe / 2015年10月05日18時40分

報道によると、今年のノーベル医学・生理学賞の受賞者に大村智・北里大学名誉教授(80)が選ばれたことが分かった。日本人がノーベル医学・生理学賞を受賞するのは2012年の山中伸弥以来で3人目となる。 [全文を読む]

北里研究所創立100周年、北里大学創立50周年を記念した書籍『Kitasato 100×50』が4月下旬に刊行。

DreamNews / 2016年04月27日10時00分

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智博士の授賞式での様子も紹介され、北里研究所・北里大学のこれまでとこれからを読み解ける1冊となっている。■タイトル:Kitasato 100×50 ■発行:学校法人北里研究所 ■発売:出版文化社 ■体裁:A4版、並製本 ■総頁数:214頁 ■定価:2,000円+税 ■ISBN:978-4-88338-594 [全文を読む]

アサヒGHDが2015年「元気をもらったニュース」に関する意識調査を実施

PR TIMES / 2015年12月29日16時03分

■ 元気をもらったニュースの1位は「ラグビーW杯の快挙」[画像: http://prtimes.jp/i/16166/26/resize/d16166-26-796384-0.jpg ]■ フィギュア界をけん引する羽生選手が世界最高得点-浅田選手の 復帰優勝にも拍手!■ 2015年の顔は「五郎丸歩さん」-独特なルーティンポーズで 一躍人気者に■ 文学界は「 [全文を読む]

時事通信が選ぶ国内10大ニュース

インフォシーク / 2015年12月28日14時00分

第9位 日本人科学者2人がノーベル賞授賞式を終え、ノーベル賞のメダルを見せる梶田隆章さん(左)と大村智さん=12月10日、スウェーデン・ストックホルム【時事通信社】 アフリカや中南米の寄生虫病特効薬の開発に貢献した大村智・北里大特別栄誉教授がノーベル医学生理学賞を、素粒子「ニュートリノ」に質量があることを初めて確認した梶田隆章・東京大宇宙線研究所長がノーベ [全文を読む]

微生物が気象を左右する? 『見えない巨人―微生物』11月発売

PR TIMES / 2015年11月24日15時25分

2015年、北里大学特別名誉教授の大村智博士がノーベル生理学・医学賞を受賞したことで、微生物への注目が高まっています。本書は、目には見えないけれど、私たちの身近なところで大きな役割を担っている微生物について、その生き方や働きなどを一冊にまとめた本です。専門的な解説ではなく、自然科学に興味のある一般の方や学生、これから微生物を学ぶ人に最適な入門書となってい [全文を読む]

小島慶子のそこじゃない!「相次ぐ地方大学出身者のノーベル賞受賞。18歳の春にどこに入ったかで人生は決まらない」

週プレNEWS / 2015年10月21日11時00分

2015年のノーベル賞の受賞者が発表され、大村智氏が「生理学・医学賞」を、梶田隆章氏が「物理学賞」をそれぞれ受賞。 大村氏は山梨大学、梶田氏は埼玉大学出身と、地方大学の出身であることも注目を集めたが…。 タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に独自の視点で斬り込む! *** 2015年の大村智(さとし)さん(山梨大)と梶田隆章さん(埼玉大) [全文を読む]

ノーベル賞・大村氏が発見した「ワクチン」無償提供――特許権を放棄する必要はある?

弁護士ドットコムニュース / 2015年10月21日10時48分

ノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった大村智・北里大学特別栄誉教授に関して、その研究業績だけでなく、人道的な行動にも賞賛の声が集まっている。 大村氏が、1979年に学会で発表した「エバーメクチン」という化学物質は、寄生虫感染症に有効な「イベルメクチン」の発見につながった。「イベルメクチン」は、米製薬大手「メルク」から、商品名「メクチザン」として発売。世界保 [全文を読む]

日本薬学会第137年会(仙台)一般シンポジウム(2017年3月25日) 「日本発 顧みられない熱帯病(NTDs)治療薬におけるパートナーシップの最前線」 約200名の参加者により大盛況の下に終了

Digital PR Platform / 2017年04月24日13時37分

その理由として、前回においては「昨今のエボラ、デング熱の話題から」が断トツに高かったのですが、今回は「大村智先生のノーベル賞受賞から」「官民パートナーシップGHIT Fundの活躍から」「グローバルヘルス向上への貢献から」が理由として上回りました。 [全文を読む]

犬猫の死因1位はがん、今や動物向け放射線治療もある

NEWSポストセブン / 2016年12月13日16時00分

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した北里大学特別栄誉教授の大村智博士が1979年に開発した寄生虫駆除薬「イベルメクチン」は、今でも、アフリカだけで年間数万人を失明から救っている、代表的な寄生虫予防薬だ。同薬は、当時、心臓病や肝臓病などを引き起こすとされ、犬の死因の30%を占めていた「フィラリア症」の予防にも絶大な効果を示し、犬の寿命を10年延ばし [全文を読む]

なぜ日本ばかりが?中韓で図らずも一致した、ノーベル賞が取れない理由

Record China / 2016年10月15日13時30分

医学・生理学賞の日本人の受賞は、昨年の大村智氏(北里大学特別栄誉教授)に続いて2年連続だ。日本は21世紀に入ってからは米国に次いで2番目に多くのノーベル賞を受賞している。一方、中国は昨年、屠ヨウヨウ氏が大村氏とともに同賞を受賞し、中国人として3人目のノーベル賞受賞者となった。韓国は2000年に平和賞を受賞した金大中(キム・デジュン)元大統領1人だ。こうした [全文を読む]

フォーカス