小出義雄のニュース

「監督はペテン師でないと。俺なんか五重人格」と小出義雄氏

NEWSポストセブン / 2016年08月13日16時00分

その高橋を育てた小出義雄監督(77、佐倉アスリート倶楽部)に会ってきた。リオ五輪直前とあってスポーツ熱が高まるなか、名伯楽の口から漏れ出るのは、日本陸上界への悲観と叱咤と、自らの大いなる夢だった。 * * * 小出の練習メニューは量が破格だ。追い込んで追い込んで、疲労がピークに達したとき、さらに追い込む。走らせる基本は褒めることだ。「僕は怒ったことはないよ [全文を読む]

<『いきがい・絆・健康・くつろぎ』情報 >リソル生命の森「お茶の間ゼミ」11月の開催日程。「小出監督の特別講演」「数学パズルで恋占い」「シンプル凧を作って楽しむ」

DreamNews / 2015年10月27日17時00分

<リソル生命の森「お茶の間ゼミ」2015年11月の各種講座&イベント予定>■小出監督の特別講演「君ならできる!」~JMTC・30周年記念講演 ・有森裕子選手、高橋尚子選手、鈴木博美選手など、世界で活躍するメダリストを 育ててきた小出義雄監督の特別講演会。日本メディカルトレーニングセンター (JMTC)の30周年記念講演です。 ・開催日時:11月7日(土) [全文を読む]

りゅうちぇる、金メダリスト・高橋尚子が語る師弟愛に感動

Smartザテレビジョン / 2017年02月20日09時45分

リクルート陸上部で指導をしていた小出義雄監督の元でさらなる飛躍を図ろうと、8つの実業団からきていたオファーを全て断ってしまう。 だが、リクルート陸上部はその年の大学卒業採用枠がなく、高橋は途方にくれたが「合宿だけでも参加させてください」と粘ったことで契約社員として入部の機会を得た。 そこから高橋が得た教訓は「あきらめたらすべて終わり」。 入部して間もなく [全文を読む]

小出義雄監督「世界で勝つには一か八かでやらないと」

NEWSポストセブン / 2016年08月12日16時00分

その高橋を育てた小出義雄監督(77、佐倉アスリート倶楽部)に会ってきた。会った当日は、リオ五輪直前とあってスポーツ熱が高まるなか、名伯楽の口から漏れ出るのは、日本陸上界への悲観と叱咤と、自らの大いなる夢だった。 * * * あのシドニー五輪の金メダルも、高橋と小出、二人の命がけの取り組みの賜物だった。象徴的な練習がある。 練習拠点は標高1600mの米国コロ [全文を読む]

小出義雄監督 最後の命がけは鷲見梓沙の東京五輪での勝負

NEWSポストセブン / 2016年08月11日16時00分

やっぱり、日本人はマラソンなんだよ」 日本の女子マラソンを世界一に押し上げたパイオニア、小出義雄は、77歳になった今も冷めやらぬ熱い胸の内を語った。 「4年後の東京五輪は81歳になる。そこでね、選手をアフリカ人と競わせて、もう一度金メダルを獲って、国民を喜ばせてから、俺、死んで行こうかなって。そう思うとね、頑張れるんですよ」 1992年バルセロナ五輪で銀、 [全文を読む]

<リオ五輪サッカー>ナイジェリアに学ぶ『タフ』さ[茂木健一郎]

メディアゴン / 2016年08月08日07時40分

有森裕子さん(バルセロナ五輪・マラソン銀メダリスト)にうかがった話だが、小出義雄さん(陸上指導者)は、予想のできない練習メニューをしばしば課した。たとえば30キロ走をした後で、1万メートルのタイムトライアルをやるなどの練習をしたという。有森さんはそれについていった。【参考】<コレジャナイ>東京五輪公式アニメグッズの絶望的なダサさ普通に考えれば、タイムトライ [全文を読む]

リオ五輪直前祈念!ヒロインたちが発した「歴史的名セリフ」の裏ドラマをプレイバック!

アサ芸プラス / 2016年08月03日05時56分

「“専門家”が選んだんだから」 小出義雄監督の精いっぱいの皮肉もまた、隠れた名セリフである。 [全文を読む]

皇居外周ランニングは排ガスで逆に健康に害、は本当?もっと危険なことが?

Business Journal / 2016年02月02日06時00分

実際に体に悪影響を及ぼしているのだろうか? この疑問に対し、シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子氏を育てた小出義雄監督に師事し、現在はボクシングトレーナーとして活躍する野木丈司氏に意見を聞いた。●都心に住んでいる時点でリスクは抱えている「まず個人的な体験談をお話しさせていただくと、私はプロボクサーとしての現役時代に当時マラソンで活躍されて [全文を読む]

「運動のし過ぎ」はどこから?適度な運動と過度な運動の境界線

JIJICO / 2015年08月09日14時00分

小出義雄監督は講演で3000mの高地でトレーニングを行った際、「普通のトレーニングをしていたら、世界のトップには立てない」と語っていました。 これは、オリンピックの優勝という高い目標と、高橋選手の強靭な肉体と精神力があったために可能なトレーニングであり、一般人はおろか普通の競技者にとっても過度なトレーニングとなります。運動のし過ぎによるオーバートレーニング [全文を読む]

【保険市場コラム】一聴一積 金 哲彦さんによる連載コラム「走ること・生きること」第3回『走ることの楽しさを実感してみませんか?』を掲載しました

PR TIMES / 2015年03月11日14時16分

選手として活躍後、1992年に小出義雄監督率いる同クラブのコーチとなり有森裕子など、数々のオリンピック選手を指導した。2002年NPO法人ニッポンランナーズを創設、理事長として新しいスポーツ文化の構想を推進している。2011年度から、エディオン女子陸上競技部ゼネラルマネージャーに就任。また、テレビやラジオの駅伝・マラソン解説者としても活躍中。 [全文を読む]

【保険市場コラム】一聴一積 金 哲彦さんによる連載コラム「走ること・生きること」第2回『大腸ガンになって知った、走ることの喜びともう一つの「健康」』を掲載しました

PR TIMES / 2015年02月25日13時57分

選手として活躍後、1992年に小出義雄監督率いる同クラブのコーチとなり有森裕子など、数々のオリンピック選手を指導した。2002年NPO法人ニッポンランナーズを創設、理事長として新しいスポーツ文化の構想を推進している。2011年度から、エディオン女子陸上競技部ゼネラルマネージャーに就任。また、テレビやラジオの駅伝・マラソン解説者としても活躍中。 [全文を読む]

【保険市場コラム】一聴一積 金 哲彦さんによる連載コラム「走ること・生きること」第1回『一人ひとりのランナーにドラマを感じる東京マラソン』を掲載しました

PR TIMES / 2015年02月12日12時17分

選手として活躍後、1992年に小出義雄監督率いる同クラブのコーチとなり有森裕子など、数々のオリンピック選手を指導した。2002年NPO法人ニッポンランナーズを創設、理事長として新しいスポーツ文化の構想を推進している。2011年度から、エディオン女子陸上競技部ゼネラルマネージャーに就任。また、テレビやラジオの駅伝・マラソン解説者としても活躍中。 [全文を読む]

スノボ銀メダリスト竹内智香 スイス代表チーム入りが転機に

NEWSポストセブン / 2014年08月13日07時00分

高橋:当時、小出義雄監督に「実業団チームで走らせてください」と申し入れたんだけど何度も断られたの。智香ちゃんもスイスの代表チームには直談判したんでしょ? 竹内:はい。私は当時23才で、日本代表では最高齢になり、代表メンバーから外されてしまったんです。それで、もう失うものはなにもないし、自分を試してみたくて、強豪国のスイス代表チームに直談判したんです。でも [全文を読む]

浅田真央 1年間休養宣言でこのまま電撃婚?

アサ芸プラス / 2014年06月03日09時57分

負けず嫌いの本人にしても、ソチ五輪のフリーで自己ベストを更新しながら、3ルッツでエッジ違反、3フリップ&3ループでも減点だっただけに、時間がたつにつれリベンジしたいという思いが強くなってもおかしくない」 かつて、マラソンの高橋尚子が恩師の小出義雄監督のもとを離れみずから「チームQ」を結成し、北京五輪を目指したように「チーム真央」構想が浮上しているという。広 [全文を読む]

女子マラソン惨敗で小出監督「Qちゃんは10倍練習してた」

NEWSポストセブン / 2012年08月20日16時00分

木崎は、五輪が終わったら結婚、引退も視野にあると周りに話していて、結果よりも、五輪に出られることに喜びを感じているように見えました」(スポーツ紙記者) シドニー五輪(2000年)で愛弟子、高橋尚子を金メダリストに輝かせた小出義雄氏は嘆く。 「Qちゃんはものすごく練習したの。今の子の10倍くらいはしてた。練習は量の問題じゃないけど、やっぱり1番になりたかった [全文を読む]

高橋尚子、母親にも交際を黙っていた"大人の事情"

サイゾーウーマン / 2012年03月26日12時00分

親しみやすい笑顔やキャラクター、当時のコーチだった小出義雄監督との二人三脚も人気を呼び「Qちゃんフィーバー」を巻き起こした。08年10月に引退を表明し、その後はスポーツキャスター、マラソン解説者として活動している。 同誌の直撃に高橋は「まだ私なんかを取り上げてくださるんですか?」と謙遜しながらも、西村さんとは09年後半から付き合い始めたことを認めた。さらに [全文を読む]

野口みずきの師匠 五輪選考大会3回も走るのおかしいと指摘

NEWSポストセブン / 2012年03月19日07時00分

有森、高橋ら数多の名ランナーを育ててきた佐倉アスリート倶楽部代表の小出義雄氏も、名古屋のレース展開を踏まえてこう語る。 「金を獲るには、金を獲る練習をやらないといけないんです。練習量は嘘をつかないですからね。嘘をつくのは女房だけ(笑い)」 小出氏は、10年前と現在では「選手の気質」が変わってきた、と嘆いた。 「大きな声じゃいえないけど、最近の選手はすぐ泣 [全文を読む]

フォーカス