根岸吉太郎のニュース

奥山恵美子仙台市長、佐藤孝弘山形市長が参加! 大学と連携協定を結ぶ、仙台市、山形市の両市長をお招きし、「クリエイティブ・ローカル/仙山生活圏の可能性」と題したシンポジウムを開催!

DreamNews / 2017年03月03日13時00分

■入場無料(要申込)/定員300名 ■会場、日時: ホテルメトロポリタン山形4階「霞城」2017年3月22日(水)14:00開式(13:30開場)東北芸術工科大学(学長:根岸吉太郎)では、大学と連携協定を結ぶ、仙台市、山形市の両市長をお招きし、「クリエイティブ・ローカル/仙山生活圏の可能性」と題したシンポジウムを開催します。 時間距離が約1時間の両県庁所 [全文を読む]

日本の祭りを体験取材したイラストエッセイ『祭りさんぽ』(上大岡トメ+ふくもの隊 著)5月31日発売!!

PR TIMES / 2017年05月23日10時36分

京都造形芸術大学 東北芸術工科大学 出版局 藝術学舎(学長:尾池和夫/根岸吉太郎 東京都港区)は、上大岡トメ+ふくもの隊 著 『祭りさんぽ』(1200円・税別)を2017年5月31日より発売します。 [画像1: https://prtimes.jp/i/26069/4/resize/d26069-4-299907-0.jpg ] 訪れた祭りは全部で9つ。 [全文を読む]

18人のOB・OGが、銀座界隈の画廊で一斉に個展を展開! 「東北芸術工科大学 アートウォーク2017」2/20(月)より開催

DreamNews / 2017年02月15日10時00分

東北芸術工科大学(山形市上桜田/学長:根岸吉太郎 以下、本学)は、2017年2月20日(月)~25日(土)の6日間、銀座・京橋・日本橋の合計13画廊の協力により「東北芸術工科大学アートウォーク 2017」を開催いたします。本イベントは、本学の卒業生支援プログラムの一環として行うもので、本学出身の絵画、版画、彫刻分野で活動するアーティスト18人の個展を同期間 [全文を読む]

みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016が開幕 山形の中心地で23日間45組のアーティストがアート、音楽、文学、ファッション、食など多彩なプログラムを展開

@Press / 2016年09月14日11時30分

東北芸術工科大学(所在地:山形市上桜田、学長:根岸吉太郎)では、荒井良二氏を芸術監督に迎え、2016年9月3日(土)から2度目となる「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」を開催しています。展示作品・公演・イベント・ツアーなどの開催プログラムを45組のアーティストが23日間にわたって、山形市内をアートで盛り上げていきます。公式ウェブサイト: htt [全文を読む]

みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016 全プログラム詳細・参加アーティスト・ライブ&ツアー日程・会場が決定!公式ウェブサイトにて情報を公開

@Press / 2016年07月22日16時30分

東北芸術工科大学(所在地:山形市上桜田、学長:根岸吉太郎)では、荒井良二氏を芸術監督に迎え、2016年9月3日(土)から2度目となる「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」を開催いたします。そしてこの度、展示作品・公演・イベント・ツアーなどの開催プログラム、および参加アーティストが決定いたしました。「山形ビエンナーレ2016」公式ウェブサイトにて詳 [全文を読む]

9月開催「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」公式ビジュアル完成・参加アーティスト決定

@Press / 2016年04月21日14時30分

東北芸術工科大学(所在地:山形市上桜田、学長:根岸吉太郎)では、2016年、荒井良二氏を芸術監督に迎え、2016年9月3日(土)から2度目となる「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」を開催いたします。この度、公式ビジュアルおよび、参加アーティストが決定いたしました。「山形ビエンナーレ2016」公式ホームページにて、開催テーマや主な特徴、地域連携プ [全文を読む]

河瀬直美に続け! ゆうばり国際ファンタスティック映画祭の注目女性監督7人

ソーシャルトレンドニュース / 2016年02月16日12時45分

根岸吉太郎監督『サイドカーに犬』に子役として出演して以降、俳優としても活躍し、映画甲子園2014で長編監督デビュー作『真夏の夢』がグランプリを受賞した。昨年のゆうばり映画祭・フォアキャスト部門でも『真夏の夢』が上映され、今年は最新作『脱脱脱脱17』がゆうばり映画祭において最年少監督としてコンペティション部門に入選。シンガーソングライター井上苑子のMVの監督 [全文を読む]

非日常の官能に耽ってデトックス! 知的な女性に贈る「日活ロマンポルノ」のススメ(前編)

ダ・ヴィンチニュース / 2014年08月09日05時50分

崔洋一、相米慎二、滝田洋二郎、根岸吉太郎、森田芳光、金子修介、黒沢清などの映画監督も、ロマンポルノ出身です。 そもそも、日活ロマンポルノ作品は男性向けに作られたもの。しかし、これを「知的な女性にこそオススメしたい!」と話すのは、KADOKAWAの女性向け官能小説レーベル「fleur」編集部の面々。今回は、6作品を鑑賞した編集担当のプロと女女官好きの営業Mが [全文を読む]

7月10日より音楽ライブチケット販売開始!山形の自然と歴史 芸術と文学のコラボレーション体験「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」9月20日より開催

@Press / 2014年07月07日15時30分

東北芸術工科大学(所在地:山形市上桜田、学長:根岸吉太郎)は、2014年9月20日から10月19日までの1ヶ月間、山形県山形市の中心部にある国の重要文化財「文翔館」を拠点に、大学主催では初の規模となる芸術祭「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2014」を開催。7月10日より、音楽ライブチケットを販売開始します。2014年の開催テーマは〈山をひらく〉。みち [全文を読む]

カブク、3Dプリンティングの産学連携講座 東北芸術工科大学で開講

PR TIMES / 2014年05月19日11時10分

(五十音順・敬称略)カブク(本社:東京、代表取締役 兼 CEO:稲田雅彦氏)は、Qurz(本社:東京、代表取締役:島村卓実氏)、東北芸術工科大学(所在地:山形市、学長:根岸吉太郎教授)、日経BP社(本社:東京、社長:長田公平)の日経BPイノベーション研究所、HORBAL(本社:東京、取締役:新城健一氏)と共同で、「3Dプリンティング」に関する産学連携講座を [全文を読む]

子ども・市民の創造的な学びの場を市民と共につくる「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2014」山形県山形市で9月20日から10月19日まで開催

@Press / 2014年04月08日10時30分

東北芸術工科大学(所在地:山形市上桜田、学長:根岸吉太郎)では、2014年9月20日から10月19日までの1ヶ月間、山形県山形市の中心部にある国の重要文化財「文翔館」を拠点に、「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2014」を開催致します。この芸術祭から、多くの市民の方とアーティストが共同してアートの力で東北の魅力を掘り起こし、全国へ、世界へ、発信して参り [全文を読む]

画家・千住博が世界を志す芸術家を徹底育成 『千住博 ザ・スーパー・アートスクール』 5月より受講選考のための出願開始

@Press / 2013年03月18日11時00分

京都造形芸術大学(学長:千住博)では、東北芸術工科大学(学長:根岸吉太郎)とともにプロデュースする社会人向けスクール「芸術学舎」の東京拠点である「東京芸術学舎」にて、2013年8月より、新講座『千住博 ザ・スーパー・アートスクール』を開講することとなりました。本講座では受講選考を実施し、少数の合格者のみが参加できる形態をとります。受講生は研究生という立場で [全文を読む]

全4回連続シンポジウム「日本の美術教育を考える」を開催 ― 今の日本から世界のトップアーティストは育つのか? ―

@Press / 2012年09月14日12時00分

東北芸術工科大学(所在地:山形県山形市、学長:根岸吉太郎)と京都造形芸術大学(所在地:京都府京都市左京区、学長:千住博)は、両校合同の外苑キャンパス(東京都港区)において、全4回の連続シンポジウム「日本の美術教育を考える」を開催します。この企画は、1998年告示の学習指導要領改訂以来、小学校の図画工作や中学校・高等学校の美術の授業が大幅に削減され、美術を専 [全文を読む]

小山薫堂が学長、新時代の“しかけ人”を育成するビジネススクール『東京企画構想学舎』 2つの新講座を開講

@Press / 2012年06月19日09時30分

東北芸術工科大学(学長:根岸吉太郎)と株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ(代表取締役社長:小山薫堂)は、「優れた企ては人のこころを動かし、世の中を活気づける」という想いから、新時代を切り開いていく“しかけ人”の育成を目指す社会人スクール『東京企画構想学舎』(学長:小山薫堂)を2010年に設立し、本年7月より2つの新講座を開講します。東京企画構想学舎: [全文を読む]

小山薫堂が学長 新時代の「しかけ人」育成スクール『東京企画構想学舎』2012年度は2つの新しいプログラムにて展開

@Press / 2012年05月22日09時30分

東北芸術工科大学(学長:根岸吉太郎)と株式会社オレンジ・アンド・パートナーズ(代表取締役社長:小山薫堂)は、国内外の第一線で活躍する「しかけ人」たちを講師に、クリエイティブセンスとビジネスセンスを兼ね備えた企画者の輩出を目指す社会人スクール『東京企画構想学舎』(学長:小山薫堂)を2010年10月に設立し、これまでに2期を展開、約300名の学生・社会人が参加 [全文を読む]

フォーカス