杉本博司のニュース

東京都写真美術館がリニューアル!廃墟の美を撮る杉本博司展を開催

IGNITE / 2016年09月03日07時30分

同館の新しい門出と、総合開館20周年を記念し、日本を代表するアーティストの1人、杉本博司の展覧会「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展を開催する。期間は9月3日(土)~11月13日(日)。 杉本博司《パラマウント・シアター、ニューアーク》(スタンリー・クレーマー『渚にて』1959) 2015年、ゼラチン・シルバー・プリント ©Hiroshi Sugimoto [全文を読む]

杉本博司の大規模展が千葉市美術館で開催。日本初公開を含む古今の作品を展示

FASHION HEADLINE / 2015年10月18日21時00分

現代美術家の杉本博司による大規模展「杉本博司 趣味と芸術-味占郷/今昔三部作」が、10月28日から12月23日まで千葉県の千葉市美術館にて開催される。 同展は、千葉市美術館の開館20周年を記念して開催されるもの。1996年に開館記念展の第2弾として開催された「Tranquility -静謐」展の招待作家の1人であった杉本博司を迎え、現代美術の枠を超えたアプ [全文を読む]

MDとアートを融合した新業態 セレクトストア 〈イセタンサローネ〉東京ミッドタウンに来春、4月3日(金)にグランドオープンします

PR TIMES / 2014年12月02日19時01分

●内装デザイン: 新素材研究所 / 杉本博司氏+榊田倫之氏 建築設計事務所 『新素材研究所 / 杉本博司+榊田倫之』 その名称から連想するイメージとは正反対に、古代や中世、近世に一般的であった素材や技法を 検証し、現代においてどう再編集し検証しうるかという課題に取り組んでいます。近代化の中で忘れ 去られようとしている技術を固持し、伝承し、更にその技術に磨 [全文を読む]

最新技術が魅せる伝統美 MOA美術館、杉本博司監修でリニューアル

ニューズウィーク日本版 / 2017年03月02日12時50分

新しい展示スペースは、現代美術作家の杉本博司と建築家の榊田倫之が主宰する「新素材研究所」が手がけました。当館の所蔵品に合わせ、屋久杉や行者杉、黒漆喰や漆、畳といった、日本の伝統的かつ逸品の素材を用いて、作品をより美しく見せる空間を演出しています。(参考記事:パーカーポイントを90点以上獲得した日本酒とは? 『世界が憧れる日本酒78』で日本酒との新たな出会い [全文を読む]

2年振りの開館、東京都写真美術館が大規模リニューアル。記念展「杉本博司 ロスト・ヒューマン」開催中【Report】

FASHION HEADLINE / 2016年09月07日11時00分

これを記念し11月13日まで「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展を開催中。現代美術作家・杉本博司による、人類と文明の終焉という壮大なテーマを掲げたインスタレーションを展開する。約2年にわたる大規模改修工事を経てリニューアルオープンを遂げた東京都写真美術館。英語館名「Tokyo Photographic Art Museum」の頭文字を取った「トップミュージア [全文を読む]

発売中の『Numero TOKYO』では、人気占星術家ムーン・リーによる12星座“命中”星のお告げを大特集。三代目 J Soul Brothers全員が登場! 広瀬すず、マギーなど旬が詰まった一冊に!

DreamNews / 2015年06月04日17時00分

またクリエイション大国“日本”に迫り、冨永愛のモードな東京クルーズや、杉本博司へのロングインタビューも。オールメンバー登場の三代目 J Soul Brothersに加え、広瀬すず 女優の新境地、マギーボディの秘密など、旬なゲストが登場!「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」およびnumeo.jpのアストロロジー連載が話題の、人気占星術家ムーン・ [全文を読む]

構想10年、杉本博司の集大成となる「小田原文化財団 江之浦測候所」に込められた想いとは――

FASHION HEADLINE / 2017年05月30日18時00分

現代美術作家の杉本博司が構想し、10年の歳月をかけて建設を進めてきた文化施設「小田原文化財団 江之浦測候所」が今年の10月9日に開館し、一般公開がスタートする。ギャラリー棟、野外舞台、茶室などを備えた「江之浦測候所」が、相模湾に臨んだ江之浦の地に新設された理由や開館に寄せた杉本博司の想いなどから、その見どころに迫ろう。 ニューヨークを拠点に、写真家、建築家 [全文を読む]

241の世界のブランドが集結!銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」が4月20日に開業

GOTRIP! / 2017年04月16日13時00分

蜷川実花、名和晃平、杉本博司の3作家によるグループ展「Sensible garden 感覚の庭」が5月31日まで開催します。 杉本博司は、上顧客のための特別なラウンジ「LOUNGE SIX(ラウンジ シックス)」の空間デザインも手がけています。 ・アルコールやコールドブリューアイスコーヒーが楽しめる「STARBUCKS RESERVE BAR」も併設 銀 [全文を読む]

杉本博司が70年代から劇場を撮り続けた『THEATERS』、時を刻み続ける写真【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2016年09月22日21時00分

■『THEATERS』杉本博司 写真において「決定的な瞬間」という言葉がよく言われるように、写真は、一瞬間を切り取るものだ。絶え間なく流れる時間の中から、シャッターが切られるその瞬間だけが、写真の中に凝固している、かのように思われる。しかし、果たして、写真とは本当にそういうものなのだろうか。杉本博司の写真は、そうした写真のイメージを覆すものだ。本書に収めら [全文を読む]

スポーツ・文化・ワールド・フォーラム文化イベント 野村萬斎×杉本博司「“ディヴァイン・ダンス 三番叟 ~神秘域(かみひそみいき)~”」の上演について

PR TIMES / 2016年09月03日10時50分

演 目:「“ディヴァイン・ダンス 三番叟 ~神秘域(かみひそみいき)~”」 日 時:平成28年10月21日(金)19時~20時(開場:18時) 会 場:Bunkamura オーチャードホール(東京都渋谷区道玄坂2-24-1) 出 演:野村 萬斎 (狂言師) 構成・美術:杉本 博司(現代美術作家) 実施体制: (主催)文部科学省、国際交流基金(共催)Bun [全文を読む]

「杉本博司 ロスト・ヒューマン」展が東京都写真美術館で開催、世界初公開の「廃墟劇場」含む3シリーズを展示

FASHION HEADLINE / 2016年06月29日19時00分

杉本博司 ロスト・ヒューマン」展が、9月3日から11月13日まで、東京・恵比寿の東京都写真美術館で開催される。1948年に東京に生まれた杉本博司は、アメリカ・カリフォルニア州のアートセンター・カレッジ・オブ・デザインで写真を学び、「ジオラマ」「劇場」「海景」シリーズなどの大型カメラで撮影された精緻な写真作品を制作して、国際的に高い評価を確立した写真家で現 [全文を読む]

坂本龍一氏推薦! 立東舎書籍『戦争と芸術 美の恐怖と幻影』、3月24日発売 フジタからリヒターまで、芸術作品に表された戦争の姿を解剖する

PR TIMES / 2016年03月09日12時18分

坂本龍一京都造形芸術大学国際藝術研究センター所長として著者自身がキュレーターを務めた「戦争と芸術」展は、同大学アートスペースにて4回にわたって企画され、藤田嗣治、中村研一、横尾忠則、草間彌生、杉本博司、宮島達男、山口晃、Mr.(ミスター)、トマス・デマンド、ダレン・アーモンド、ポール・ヴィリリオなど、古今東西のアーティストの作品を展示し、大きな話題となりま [全文を読む]

杉本博司の個展がコスチューム ナショナルにて開催、“蝋燭の一生”の記録を展示

FASHION HEADLINE / 2015年12月10日17時00分

現代美術作家・杉本博司の個展「Hiroshi Sugimoto“In Praise of Shadows”」が、12月12日から16年2月28日までコスチューム ナショナル(CoSTUME NATIONAL)の青山旗艦店にて開催される。 杉本博司は、哲学に基づいた考察と精緻な写真技術によって“時間”、“光”、“モダニズム”をテーマにした数々の名作を生み出し [全文を読む]

新しいものを作ろうとしないクリエイティブの考え方--「THE」水野学、中川淳、鈴木啓太、米津雄介 2/2【INTERVIEW】

FASHION HEADLINE / 2015年06月10日22時16分

■イセタンサローネのデザインを手掛けた杉本博司と「THE」の共通項――イセタンサローネの内装は「アートとファッションの融合」をコンセプトに、杉本博司さんが手掛けています。屋久杉をはじめ、日本古来の素材や技法を活かした環境で「THE」を展開されていかがでしたか米津:初めて、開店時に「THE」の商品が並んでいる様を見て、杉本さんの手掛けられた美術館的な内装に置 [全文を読む]

杉本博司内装の「イセタンサローネ」、日本伝統素材をモダンにした新ショップ

FASHION HEADLINE / 2015年04月03日15時00分

この内装デザインを手掛けたのは、新素材研究所の杉本博司と榊田倫之の2人。床に青森県産の十和田石や山口県の大理石を使用する他、屋久杉、ヒノキ、敷瓦など、ジャパンメイドにこだわった素材を組み合わせた什器や内装が印象的で、洗練された日本の美意識を感じさせてくれる。2階から1階へとつながる螺旋階段を降りると、そこには杉本が撮影したモノクロの螺旋階段の写真が飾られて [全文を読む]

アラーキー、杉本博司、ティルマンスの“黒い”展示がコスチュームナショナルで開催中

FASHION HEADLINE / 2014年10月27日22時00分

杉本博司の神経細胞のような写真作品、荒木経惟の寂寥感漂うモノクロの空、ヴォルフガング・ティルマンス(Wolfgang Tillmans)の艶を放つブラックプレートなど、作家の意外な一面を見せてくれる。 【イベント情報】 Black Hologram 会場:CoSTUME NATIONAL | LAB 住所:東京都港区南青山5-4-30CoSTUME NA [全文を読む]

初音ミク主演による世界初のボーカロイド・オペラを手がけた音楽家 渋谷慶一郎とevalaを迎え、公開トークイベントを開催

@Press / 2014年10月15日12時00分

以後、映画『死なない子供 荒川修作』、『セイジ 陸の魚』、『はじまりの記憶 杉本博司』、『劇場版 SPEC~天~』、『TBSドラマ SPEC』 など数多くの映画音楽を担当。2012年には『サクリファイス 渋谷慶一郎 feat.太田莉菜』、『イニシエーション 渋谷慶一郎 + 東浩紀 feat.初音ミク』を発表、コンサート『ジョン・ケージ生誕 100年記念コン [全文を読む]

パレ・ド・トウキョウ個展開催中の杉本博司、六本木IMAでトークショー実施

FASHION HEADLINE / 2014年07月14日14時00分

パリのパレ・ド・トウキョウで「今日、世界が死んだ」展を9月7日まで開催中の杉本博司によるトークショー「宴のあと。トウキョウ・デ・パレ・ド・トウキョウ」が、東京・六本木のイマコンセプトストア(IMA CONCEPT STORE)にて7月26日16時から18時まで開催される。 写真家、現代美術作家、蒐集家、著述家、建築家、そして能や狂言など伝統芸能との深いかか [全文を読む]

坂本龍一がWOWOWオリジナルドキュメンタリー『ノンフィクションW』テーマソング書き下ろし決定!

PR TIMES / 2013年03月06日19時41分

中でも、現代美術家の杉本博司を密着取材したドキュメンタリー「ノンフィクションW『はじまりの記憶~現代美術作家・杉本博司~』」(2010年)は、第39回国際エミー賞芸術番組部門にノミネートされ、2012年には再編集版が劇場公開されました。 その「ノンフィクションW」のテーマソングを、この度、坂本龍一が書き下ろしました。曲名は「Litany」。 4月からの「ノ [全文を読む]

60歳でアートに目覚めた現役医師、自宅は美術館顔負けの空間

Forbes JAPAN / 2017年05月03日11時00分

杉本博司が捉えた光を、やわらかな光の中で眺める至福!観ているのはアーティスト自身による作品であることは言うまでもないが、コレクターによって作品が新たな極みに引き上げられたのではと錯覚するほど、まさに美術館顔負けの空間だ。 この端倪すべからざるコレクションの主N氏は、IT長者でもなければ、流行の先端をゆくファッションブランドのオーナーでもない。85歳にして現 [全文を読む]

フォーカス