向井亜紀のニュース

11/22のいい夫婦の日は12本の花に想いを込める「ダズンフラワー」を贈ろう! 髙田延彦さんが奥さんのためにダズンフラワー作りに挑戦! 第3回 花の国コロンビア・アワード記者発表会報告

DreamNews / 2016年11月17日18時00分

髙田延彦さんは妻の向井亜紀さんへ向けたダズンフラワー作りに挑戦、花を贈るのは恥ずかしいという世の男性へ「女性に花を贈る日本の男性たちよ。もっと沢山出てこいや!」と熱いエールを送りました。また、日比谷花壇によるワークショップも合わせて開催され11組22名の一般ご夫婦がダズンフラワー作りに挑戦しました。第3回 花の国コロンビア・アワード日程:11月16日(水) [全文を読む]

極秘がん手術の向井亜紀「代理出産」も子供たちに話してきた

NEWSポストセブン / 2014年04月25日07時00分

昨年8月に、S状結腸がんで極秘に摘出手術を受けていたことが明らかになった向井亜紀(49才)。今回のように、がんという大きな病を患ったときでも、向井は決して隠すことなく、子供たちに真実を話してきた。もちろん“代理出産”という特異な状況も、子供たちが小さいころから、きちんと伝えてきたという。 「自宅のリビングには、シンディ(代理母)の写真が飾ってあるんです。幼 [全文を読む]

向井亜紀 昨年8月にS状結腸がんで極秘の摘出手術受けていた

NEWSポストセブン / 2014年04月24日05時00分

向井亜紀(49才)が昨年夏、極秘入院してがん手術を受けていたことが分かった。 「がんの手術を受けることを伝えると、子供たちは大きなショックを受けてしまって…。ですから、手術した事実をメディアに取り上げられ、子供たちをさらに不安にさせたくないという思いから、これまで公表を控えてきたんです」(向井) この事実をキャッチしたのは3月下旬のこと。しかしこの1年、司 [全文を読む]

【保険市場コラム】一聴一積 向井 亜紀さんによる連載コラム「夢が生きる力になる」第1回『健康~病気体験~』を掲載しました

PR TIMES / 2015年06月24日17時57分

[画像1: http://prtimes.jp/i/4608/361/resize/d4608-361-509456-0.jpg ]株式会社アドバンスクリエイト(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:濱田 佳治、以下アドバンスクリエイト)が運営する国内最大級の保険選びサイト「保険市場( https://www.hokende.com/ )」において、保険市場 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】モト冬樹、ロケVTRで自分の頭頂部に愕然 「あんなにハゲてたっけ」の声も多々

TechinsightJapan / 2017年06月05日18時06分

この他にツイッターで目立っていた意見は、「神田正輝の横で、モト冬樹がずっとハゲネタてんこ盛り話で向井亜紀や三船美佳から笑いとってるけど、正輝はずっと苦笑い」というものであった。 画像は『モト冬樹 2017年6月3日付オフィシャルブログ「娘が嫁ぐ嫁いだ親父二人」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 みやび) [全文を読む]

「じゃないほう芸人」の華麗なる逆転人生(2)オセロ松嶋、ブレイクの転機は“中島の不貞”

アサ芸プラス / 2017年05月03日17時58分

「数多くのレギュラー番組を掛け持ちし、大人気だった中島ですが、歌手の井上陽水との不貞騒動や、親友である向井亜紀の夫・高田延彦との略奪愛疑惑が持ち上がり、視聴者から総スカンを食らいました。その後中島は体調不良により休業、占い師による洗脳騒動でさらにイメージはガタ落ち。現在のブログを読む限り、これといった仕事はないようです。一方の松嶋は結婚・出産しママタレント [全文を読む]

オカダ・カズチカと交際のテレ朝・森葉子アナに「野球選手を選ぶより賢い」の声

アサ芸プラス / 2017年01月18日17時58分

それこそかつて、人気女優の倍賞美津子と結婚したアントニオ猪木のように、今回の交際も話題になることでしょう」(前出・スポーツライター) プロレスラーと結婚した女性タレントには向井亜紀(相手は高田延彦)や小池栄子(坂田亘)、高見恭子(馳浩)、早坂好恵(スペル・デルフィン)など、順調な夫婦生活を送っているケースが少なくない。森アナにもぜひ幸せになっていただきたい [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】“西のカトパン”ヒロド歩美アナ 『旅サラダ』1200回記念ケーキにガブリ「勝俣さんおいしい!」

TechinsightJapan / 2016年08月31日11時00分

さらに控室で“祝1200回”の大きなケーキを囲んだ際の1枚には神田正輝、向井亜紀、勝俣州和、三船美佳、旅サラダガールズ・西山真以そしてヒロド歩美アナの姿があった。 ヒロド歩美アナと言えばこの夏『熱闘甲子園』のキャスターを務めた際に、ミニスカートからのぞく美脚がセクシーだとネットで話題になった。その容姿から「西のカトパン」と呼ばれるほどの人気だ。 『Face [全文を読む]

伝説のラジオ「ミスDJ」復活で思い出される川島なお美と千倉真理の女バトル

アサ芸プラス / 2016年07月25日05時59分

主なパーソナリティは川島なお美、千倉真理、斉藤慶子、向井亜紀らで、復活する「ミスDJ」は千倉が担当する。「当時の若者はみな夢中になって聞いていたものです。当時、青山学院大学に籍をおいていた川島なお美が番組でカンニングしたことをうっかりしゃべってしまい、大問題になったのを覚えている人も多いのではないでしょうか」(マスコミ関係者) そんな「ミスDJ」が返ってく [全文を読む]

国内最大級の保険選びサイト「保険市場」に新商品追加!

PR TIMES / 2016年06月10日16時37分

企業プレスリリース詳細へPR TIMESトップへ [全文を読む]

フォーカス