宇津井健のニュース

2月25日(火)創刊!『山口百恵「赤いシリーズ」DVDマガジン』

PR TIMES / 2014年02月13日11時38分

■商品情報 ・山口百恵「赤いシリーズ」DVDマガジン ◇創刊号発売日:2014年2月25日(火) ◇発売:講談社 ◇価格:本体1,514円(税別) 創刊号のみ752円(税別) <収録作品(放送順) タイトル(放送年月日/山口百恵以外の主な出演者)> 赤い迷路 1974年10月~1975年3月 / 宇津井健、長山藍子、松田優作 赤い疑惑 1975年10月~ [全文を読む]

故・宇津井健さんと入籍したクラブママが出していたラブレターの中身

アサ芸プラス / 2014年04月28日09時59分

宇津井健さんが亡くなる当日に入籍した名古屋の高級クラブ「なつめ」のママ・加瀬文恵さんが、宇津井さんとは別の男性に熱烈な恋文を送っていたという。そのお相手とはどんな人物か気になる話だ。 「地元の政財界でも名士として知られ、名の通った企業の社長であるA氏なんですが、宇津井さんより先にもう亡くなっていましてね。奥さんが遺品を整理していたら、その恋文が出てきたそう [全文を読む]

宇津井健さんが亡くなった当日に「再婚」・・・死ぬ間際の「結婚」は認められるの?

弁護士ドットコムニュース / 2014年03月27日15時50分

3月中旬に82歳で亡くなった俳優の宇津井健さんが、息を引き取る数時間前に「再婚」していたことがわかり、話題になっている。報道によると、再婚相手は、宇津井さんの40年来の知り合いである加瀬文恵さん(79)。2006年に宇津井さんが前妻をなくして以降、2人はともに食事をしたり、旅行したりする仲で、ここ半年ほどは、体調を崩した宇津井さんが加瀬さんの自宅で療養して [全文を読む]

故・宇津井健さんの死に際に再婚した未亡人が33億円倒産

NEWSポストセブン / 2016年05月08日16時00分

俳優の宇津井健さんが2014年3月に82歳で逝去して2年。未亡人が苦境に立たされている。当時、内縁関係を続けていた名古屋の高級クラブ「なつめ」のママ・文恵氏と臨終の5時間前に婚姻届を提出し、最期にけじめをつけた“美談”としてメディアを賑わせた。文恵氏が「お互いの遺産は放棄する」と公言したことも感動を呼んだ。 ところが、その後、彼女は「遺産放棄するとは言って [全文を読む]

宇津井健さんの遺骨めぐる息子と後妻の対立解決 遺産はまだ

NEWSポストセブン / 2016年02月17日16時00分

1月中旬、神奈川県川崎市の緑豊かな丘陵に広がる高級公園墓地で、俳優・宇津井健さん(享年82)の納骨が行われていた。この墓には宇津井さんの両親や前妻が眠っている。宇津井さんが慢性呼吸不全で逝去してから間もなく2年。納骨を巡って、後妻と息子の間で対立があり、その結果ここまで時間が経ってしまったのだ──。 話は宇津井さんが亡くなった日にさかのぼる。その日、宇津井 [全文を読む]

高倉健、謎の養女が“遺産”をほぼ総取り!? やしきたかじん、宇津井健“後妻騒動”再びか

サイゾーウーマン / 2015年01月06日13時00分

「昨今芸能界では、3月に死去した宇津井健も、今際の後妻となった名古屋のクラブママ・文恵さんの存在が取り沙汰されています。遺産相続放棄を約束していたという文恵さんが、『遺産を放棄するとは言わない』と主張し、宇津井の長男と対立しているそうなんです。Tさんに関しても、健さんの遺産はほとんど彼女1人が相続するとあって、今後さらなる報道合戦が予想されます」(前出・ [全文を読む]

故宇津井健さん 長男と未亡人「お骨」バトルに泉ピン子激怒

NEWSポストセブン / 2014年12月14日07時00分

12月5日、愛知県名古屋市内の寺院で、3月14日に慢性呼吸不全のため亡くなった宇津井健さん(享年82)の墓開きが行われた。ここは明治37年に建立された“名古屋一由緒ある寺院”と呼ばれている。 「宇津井さんの墓所が建てられたのは松坂屋やトヨタの創業者なども眠る、寺院の中でも格式が高い場所です」(寺院関係者) このお墓を建てたのは、宇津井さんが亡くなる5時間前 [全文を読む]

宇津井健、未亡人“遺産騒動”に泉ピン子が『渡鬼』参戦!? 「墓の場所教えろ」と大激怒

サイゾーウーマン / 2014年10月12日09時00分

3月にこの世を去った俳優・宇津井健をめぐる“遺産争い”が、各関係者を巻き込む大バトルに発展しつつある。9日発売の「女性セブン」(小学館)では、生前『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)で宇津井の娘役を演じた泉ピン子が、宇津井の死去当日に結婚した名古屋の高級クラブ「なつめ」のママ・文恵さんに激怒していると報じられた。 宇津井と文恵さんは40年ほど前からの知り合い [全文を読む]

泉ピン子 故宇津井健さんの未亡人に「墓の場所を教えろ!」

NEWSポストセブン / 2014年10月11日07時00分

9月11日のピン子の誕生日を1か月遅れで祝っていたのだ、 『マッサン』のヒットについて、気を良くして話していたピン子だったが、話題は今年3月に亡くなった宇津井健さん(享年82)の話に。『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)で宇津井さんが演じた岡倉大吉の娘役だったピン子。 「ピン子さんは宇津井さんの再婚相手のかたのことを“どうしても許せない!”とか“やっぱり財産 [全文を読む]

資産家有名人達の相続事情 故・宇津井健氏や鳩山家の場合は

NEWSポストセブン / 2014年07月30日07時01分

人気ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』などで活躍した俳優・宇津井健さんは今年3月に亡くなった(享年82)。2006年に妻に先立たれていた宇津井さんは、亡くなる当日に知人女性(80歳)と入籍した。 亡くなる当日の入籍とはいえ、配偶者になれば相続の優先順位は1位となり、配偶者は50%を相続する権利を有する。 10億円ともいわれた遺産の行方が注目されたが、再婚相手の [全文を読む]

宇津井健さん死の当日再婚妻と長男 お骨と遺産でモメていた

NEWSポストセブン / 2014年05月10日07時00分

3月14日、慢性呼吸不全のため、この世を去った宇津井健さん(享年82)。彼は亡くなる5時間前に、名古屋の高級クラブ『なつめ』のママ・文恵さん(80才)と再婚。文恵さんは、遺産相続権は放棄することを明らかにしている。一部では、長男が家族と暮らしている東京都内の自宅を相続する権利があると長男に詰め寄っているとの噂もあるという。 また、遺骨を巡っても文恵さんと長 [全文を読む]

ピン子 宇津井健さんお別れ会で再婚相手に遺産関連辛辣手紙

NEWSポストセブン / 2014年05月08日16時00分

5月1日、宇津井健さん(享年82)のお別れの会が都内のホテルで行われた。この日、『渡る世間は鬼ばかり』(TBS系)で宇津井さんの娘役を演じた泉ピン子(66才)は仕事の都合のため、欠席。代わりに、手紙で以下のようなメッセージを送った。 《いつも“再婚しないで。じじいのところに来る女は金目当て”と言ってたけど、やっぱり寂しかったのかな。でも、再婚相手の方はお父 [全文を読む]

宇津井健さん 80歳新妻語る「5時間の新婚生活」

WEB女性自身 / 2014年03月25日00時00分

クラブを経営する私の立場を気遣って『あなたは商売柄、僕と結婚すると迷惑になるかもしれないけど、僕はぜひ、君と結婚したいんだ』って――」 そう振り返ったのは、3月14日に慢性呼吸不全のため亡くなった宇津井健さん(享年82)の妻・文恵さん(80)。2人が入籍し、正式な夫婦となったのは亡くなる当日のことだった。戸籍上でも夫婦となった2人だったが、その新婚生活はわ [全文を読む]

百恵さん 宇津井健さんから学んだ“理想の夫婦のあり方”

WEB女性自身 / 2014年03月20日07時00分

3月14日、俳優・宇津井健さんが慢性呼吸不全のため死去した。82歳だった。 宇津井さんと三浦夫妻の親交は長く、そして深い。‘72年、友和が本格的に俳優としてデビューしたドラマ『シークレット部隊』で主役を演じていたのが宇津井さん。そのとき“三浦友和”という芸名をつけてくれたのも宇津井さんだったのだ(本名は三浦稔)。また’73年秋からスタートした『顔で笑って』 [全文を読む]

宇津井健さん 酸素マスクをつけながら遺作「渡鬼」収録した

NEWSポストセブン / 2014年03月20日07時00分

3月14日午後6時5分、俳優・宇津井健さんが、慢性呼吸不全のために療養先の愛知県名古屋市内で亡くなった。82才だった。 宇津井さんのの“遺作”となったのが、昨年5月27日、6月3日に放送された『渡る世間は鬼ばかり 2013年二時間スペシャル 前後編』。亡くなった藤岡琢也さん(享年76)から2006年4月に引き継いだ泉ピン子(66才)ら5人娘の父親・岡倉大吉 [全文を読む]

故宇津井健さん 亡くなった当日に内縁の妻と入籍していた

NEWSポストセブン / 2014年03月19日05時00分

3月14日に亡くなった宇津井健さん(享年82)が、それまで内縁関係にあった妻と、亡くなった当日に入籍していたことがわかった。 JR名古屋駅から車で10分ほどの繁華街の中にある130年の歴史を持つ由緒ある大きな斎場で3月17日、宇津井さんの告別式がしめやかに営まれた。 宇津井さんは2006年4月に妻・友里恵さん(享年74)を亡くしていたため、喪主は長男(51 [全文を読む]

百田尚樹『殉愛』批判の幕開けの中、バーニング・作家タブーに“従順”な大手出版社の闇

サイゾーウーマン / 2014年12月09日21時20分

第249回(12/4~9発売号より)1位「宇津井健さん 墓開きを迎えるも決着つかぬドロ沼相続問題」(「週刊女性」12月23日号)2位「菅原文太さん “婦唱夫随”で貫いた『妻への絶対愛』48年間」(「女性自身」12月23日号)3位「中山秀征 語り合いたい人 山路徹」(「女性自身」12月23日号) 死亡5時間前に入籍した宇津井健の泥沼の遺産問題――。記事のメイ [全文を読む]

<決定版・欽ちゃんインタビュー>萩本欽一の財産(26)「番組を当てようと思った時は他のことをしては駄目だ」

メディアゴン / 2014年11月29日00時01分

でもせっかく頼みに来てくれた長谷部(務=プロデューサー)さんに、嫌だっていうのもなんだから、絶対飲めない条件出したの、金曜9時ならやりますって」TBSの金曜9時といえば、1960年代後半から1970年代前半にかけて宇津井健主演の「ザ・ガードマン」、「シークレット部隊」「燃える兄弟」と続き、1970年代に入ってからは宇津井健、山口百恵、三浦友和らが出演した「 [全文を読む]

蘇る!山口百恵「赤いシリーズ」の“衝撃”(4)秋野暢子が感じた悪役の重圧

アサ芸プラス / 2014年05月15日09時58分

秋野は面食らったが、宇津井健や三國連太郎といった重厚な俳優たちがいる。役柄もストーリーもこれまでとは一変するおもしろさがある。むしろ、楽しむような気持ちで取り組んでいった。 ただし、放映が開始されると、その“逆風”は想像をはるかに超えた。ネットなどない時代である。視聴者は役柄と俳優を混同し、非難の目を向ける。 「覚悟はしていたけど、私の役が回を追うごとに [全文を読む]

【TBSオンデマンド】橋田壽賀子ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」2013年二時間スペシャル 前篇 本日5月29日(水)より見逃し配信開始!!

PR TIMES / 2013年05月29日18時03分

今回は、結婚して幸楽を出て行った眞(えなりかずき)を気にかける五月(泉ピン子)ほか、岡倉大吉(宇津井健)と5人姉妹たちの“その後”を描きます。出演は宇津井健、長山藍子、泉ピン子、中田喜子、野村真美、藤田朋子、角野卓造、えなりかずき、赤木春恵ほか、おなじみの面々が勢揃い。どうぞお楽しみに!【ストーリー】[前編]貴子(清水由紀)と結婚している眞(えなりかずき) [全文を読む]

フォーカス