亀井義行のニュース

【プロ野球】ヒーローは最後にやってくる!? 頑張れ“ラスト侍”田中広輔! WBC・過去の秘密兵器を振り返る

デイリーニュースオンライン / 2017年02月01日17時05分

■2009WBC:亀井義行がサプライズ選出から帰国後にブレイク ■亀井義行(現登録名:亀井善行/巨人) 【WBC成績】 3試合:打率1.000(1打数1安打)/0本塁打/0打点/1盗塁 【前年成績】 96試合:打率.268(276打数74安打)/5本塁打/23打点/7盗塁 衝撃的選出といえば、亀井義行も印象深い。原辰徳監督、高代延博コーチに外野守備を高く [全文を読む]

新天地で開花の気配…石川慎吾は巨人の救世主となるか

ベースボールキング / 2017年05月08日12時00分

【巨人・外野手の成績】 陽 岱鋼 ※一軍出場なし ギャレット ※一軍出場なし 長野久義 26試 率.192 本0 点1 亀井義行 25試 率.242 本0 点10 松本哲也 ※一軍出場なし 橋本 到 12試 率.200 本0 点1 重信慎之介 20試 率.188 本0 点1 石川慎吾 24試 率.306 本2 点6 堂上剛裕 ※一軍出場なし 立岡宗一郎 [全文を読む]

巨人の“日替わり”外野陣、正解は…?

ベースボールキング / 2017年04月28日18時00分

【巨人・主な外野陣】 22試合(22試合) 立岡宗一郎 率.256 本0 点6 18試合(15試合) 長野久義 率.185 本0 点1 18試合( 2試合) 亀井義行 率.261 本0 点7 16試合( 9試合) 石川慎吾 率.243 本0 点1 15試合( 7試合) 重信慎之介 率.179 本0 点1 12試合( 8試合) 岡本和真 率.227 本0 [全文を読む]

打率1割台の異常な不振…巨人・長野久義、ことごとくチャンス潰し完全にチームのお荷物に

Business Journal / 2017年04月18日17時00分

外野の一角を争う亀井義行は、当初は控えでしたが代打で結果を出して、現在は打率.400(規定打席未到達)と絶好調です。特に得点圏打率.714と勝負強さを発揮しており、チャンスに弱い長野との差を浮き彫りにしています。 また、北海道日本ハムファイターズから移籍してきた石川慎吾も、直近の試合で長野が守っていたライトでスタメン出場しており、このままいけば、高橋監督が [全文を読む]

【プロ野球】ペナントレースの火花は開幕早々に消えるのか? 巨人が開幕戦を3タテしたワケ

デイリーニュースオンライン / 2017年04月06日16時05分

また3試合目では、実戦で育てたい岡本に代えて亀井義行を打席に送る。すると亀井も2点タイムリー二塁打で期待に応えた。勝利を引き寄せ、岡本に刺激も与える一石二鳥の一打となった。 村田に亀井。他球団ならまだまだレギュラーで試合に出場できる選手だけに、彼らを代打で使える戦力の充実ぶりは恵まれている。 しかし、勝負どころを見極めての起用、采配は監督の力量によるとこ [全文を読む]

【プロ野球】左投手がいない!? 選ばれし28名の侍戦士たちの特徴とは? 歴代WBCメンバーと徹底比較!

デイリーニュースオンライン / 2017年02月06日17時05分

■2017WBC:4人 田中広輔(広島)/筒香嘉智(DeNA)/秋山翔吾(西武)/青木宣親(アストロズ)(※大谷翔平を含めれば5人) ■2013WBC:7人 阿部慎之助(巨人)/鳥谷敬(阪神)/松井稼頭央(楽天)/稲葉篤紀(日本ハム)/本多雄一(ソフトバンク)/糸井嘉男(オリックス)/角中勝也(ロッテ) ■2009WBC:9人 阿部慎之助(巨人)/岩村明 [全文を読む]

【プロ野球】開幕スタメンは後半戦開幕に生き残れた? 開幕戦→後半開幕戦の各球団スタメン比較《セ・リーグ編》

デイリーニュースオンライン / 2016年08月02日17時05分

■巨人 ≪開幕オーダー≫ 1 右 長野久義 2 中 立岡宗一郎 3 遊 坂本勇人 4 一 ギャレット 5 二 クルーズ 6 左 亀井義行 7 三 村田修一 8 捕 小林誠司 ≪後半戦開幕オーダー≫ 1 中 橋本到 2 二 山本泰寛 3 遊 坂本勇人 ◎ 4 右 長野久義 ○ 5 一 阿部慎之助 6 三 村田修一 ○ 7 左 ギャレット ○ 8 捕 小林誠 [全文を読む]

【プロ野球】セ球団のレギュラーが決まらないポジションを徹底解剖

デイリーニュースオンライン / 2016年04月18日16時04分

■巨人 ≪レフト≫ 亀井義行 先発6 大田泰示 先発5 堂上剛裕 先発3 中井大介 先発2 北篤 先発2 巨人は6番レフトが空席。開幕から5選手を使っているが、全員が打率.250未満で抜けた存在はいない……。 ■阪神 ≪キャッチャー≫ 梅野隆太郎 先発10 岡崎太一 先発7 ≪センター≫ 横田慎太郎 先発12 江越大賀 先発5 阪神は「固定できない」とい [全文を読む]

不振の巨人セペダ 来季キューバから選手獲るための人質の評

NEWSポストセブン / 2015年09月13日16時00分

亀井義行(33)も本来なら「勝負強い」バッティングが持ち味。しかしもうひとつ印象に欠ける。巨人OBの広野功氏は打撃フォームに問題があるという。 「速い球に振り遅れたくないのでトップが浅くなっている。そこで多分、トップを深くとれとアドバイスされているんでしょうが、そのせいでボールを正しく見られていない。それでど真ん中も振り遅れて空振りをしてしまうのです」 [全文を読む]

巨人・原監督 4番について答える必要はない発言に広岡氏憤る

NEWSポストセブン / 2015年05月12日07時00分

相川亮二が登録抹消されたのを始め、阿部慎之助、亀井義行、坂本勇人もベンチから消えてしまった。投手陣もエースの内海哲也、西村健太朗が離脱している。 思い通りにならないチーム事情からなのか、さすがに最近は原辰徳監督のイライラが目立っているという。 特に開幕から不調に喘いでいた村田修一に対する当たりが強い。打線不振のテコ入れのため、巨人は4月末に新外国人フランシ [全文を読む]

巨人 選手たちの集団離脱は原監督から人心離れ始めた象徴か

NEWSポストセブン / 2015年05月11日16時00分

相川亮二、阿部慎之助、亀井義行、坂本勇人、内海哲也、西村健太朗など挙げてみたらきりがない。 一部では、選手たちの集団離脱は、原辰徳監督から人心が離れ始めている象徴だという声もある。ある巨人若手OBは、こんな見方をする。 「原監督は今年で通算12年目。近年では稀に見る長期政権だ。それはもちろんこれまでの実績があるからだが(注・11年間で優勝7回、日本一3回、 [全文を読む]

ケガ人続出巨人に広岡氏「暖かい海外で自主トレなどアホか」

NEWSポストセブン / 2015年05月11日07時00分

阿部慎之助も同じく太ももの肉離れで戦線を離脱、チーム本塁打王だった亀井義行も「下半身の張り」で離脱しており、4月28日には主将の坂本勇人が「左ふくらはぎの張り」でベンチから消えてしまった。 投手陣もエースの内海哲也が左前腕部炎症を起こし、二軍で調整を続けていた西村健太朗もイースタンの試合で、ライナーが顔面を直撃、10針縫う大ケガをした。 「鍛え方が足りない [全文を読む]

故障者続出の巨人にOB広岡達朗氏「鍛え方足りないのが原因」

NEWSポストセブン / 2015年05月09日07時00分

その前日にはチーム本塁打王だった亀井義行も「下半身の張り」で離脱しており、28日には主将の坂本勇人が「左ふくらはぎの張り」でベンチから消えてしまった。 投手にも故障者が列をなしている。開幕前には澤村拓一、山口鉄也、杉内俊哉らが「背中の張り」や「寝違え」など体の不調を訴えた。彼らはなんとか開幕には間に合わせたものの、同じく開幕前に左前腕部炎症を起こしたエース [全文を読む]

巨人阪神戦 実況アナとやり合った水野雄仁氏の怖すぎる解説

NEWSポストセブン / 2015年04月14日07時00分

鳥谷敬の大飛球を亀井義行が好捕。辻岡アナが「亀井のファインプレー!」と実況すると、水野氏がチクリ。 「まァ、亀井クラスの守備力だったらファインプレーだといってほしくないでしょうね」 辻岡アナは「あ、そうですか……」と意気消沈した。雲行きはさらに怪しくなっていく。6回裏、阿部慎之助の打席。この日まで調子の出ていなかった阿部について、水野氏が解説する。 水野「 [全文を読む]

巨人・原監督 コンバート乱発と選手獲得失敗で迷走中?(3)アラフォー補強で若手の士気が低下?

アサ芸プラス / 2014年11月27日09時57分

とはいえ外野手は、今の段階でも亀井義行(32)にアンダーソン(32)、矢野謙次(34)、松本哲也(30)らがいて、若手有望株にも大田泰示(24)と中井大介(24)が控えているんだから、明らかな飽和状態。状況がまったく見えていないのでしょう。金城に相川、そんなアラフォーのオッサンコンビをFAで獲れば、若い選手の士気にも大きく影響する」 こう嘆いたのは、チーム [全文を読む]

「横浜主力獲得で日本一」都市伝説根拠に巨人は金城に食指?

NEWSポストセブン / 2014年11月11日16時00分

「長野久義がヒザの故障で来季開幕に間に合わないから、というのが表向きの理由のようだが、巨人には亀井義行、矢野謙次、松本哲也といった若い外野陣が揃っている。“横浜から主力を獲得した球団が日本一になる”という都市伝説を本気で信じているわけではないだろうが、よくわからない方針だ」(巨人OB) 2010~2014年まで日本一になった球団は、直近に横浜から選手を獲 [全文を読む]

キューバの至宝・セペダ 不要論浮上も無下に扱えぬ深い理由

NEWSポストセブン / 2014年06月30日07時00分

その立役者には、交流戦3勝の小山雄輝と、交流戦から一軍に復帰し、規定打席には達していないながらも打率.356、3本塁打と打ちまくった亀井義行の名が挙がっている(記録はすべて交流戦終了までのもの)。その半面、ファンの間では、「アイツはもういらない」と囁かれる“裏MVP”の選手がいる。「キューバの至宝」として今季、鳴り物入りで入団したセペダである。 過去3度の [全文を読む]

セ・パ交流戦突入!12球団「内部崩壊バクダン」の着火マンは?(1)苦戦が続く巨人の問題

アサ芸プラス / 2014年05月22日09時57分

放出要員にセペダ獲得でますます余剰戦力となりつつある、亀井義行(31)の名前があがっていますが、大補強に走って生え抜きを冷遇すれば、“暗黒時代”の様相を呈してくるのでは」(スポーツ紙デスク) 一方、鯉のぼりの季節を過ぎても快進撃を続けている広島カープも不安要素がないわけではない。今オフのメジャー移籍が濃厚と見られていたエース・前田健太(26)の評価が揺らぎ [全文を読む]

「おぱたぬ可愛いすぎ!」元フジテレビ女子アナ久々のバラエティ降臨

メンズサイゾー / 2014年03月05日15時30分

ただ、ああ見えてもけっこう肉食という噂で、過去には巨人の亀井義行選手との路上キス写真をスクープされてますからね。当時の報道によると、宮瀬さんが一方的にせがんだということです。加えて、今の夫は大手広告代理店の社員ということですから、可愛い顔してやることやってるなという印象があるかもしれませんね。今はフリーアナとして活動しているようですが、ほとんど仕事らしい仕 [全文を読む]

スクープ三冠王!巨人「ぶっちぎり優勝」記念座談会(3)

アサ芸プラス / 2012年10月03日10時59分

前回のWBCに出たおかげでテングになり、「何で僕は坂本より年俸が低いんでしょう」などと言っていた亀井義行(30)なんて、それこそ出場機会を求めてよそに出ればいい。その実力を証明してほしいね。 A 今年の巨人は、原監督の進退も含め、まだまだ話題を提供し続けそうだな。 【関連記事】 スクープ三冠王!巨人「ぶっちぎり優勝」記念座談会(1) スクープ三冠王!巨人「 [全文を読む]

フォーカス