林芙美子のニュース

ルクサ会員限定 女優・仲間由紀恵主演舞台「放浪記」製作発表特別ご招待付 貸切公演チケット2015年4月13日(月)先行販売開始

PR TIMES / 2015年04月13日13時08分

■ルクサ会員限定貸切公演詳細日程:2015年10月25日(日)/開演時間:12:00~会場:日比谷シアタークリエ (住所:〒100‐0006 東京都千代田区有楽町1-2-1)キャスト:仲間由紀恵(林芙美子 役)、若村麻由美(日夏京子 役)、永井大(藤山武士 役)、 羽場裕一(白坂五郎 役)、村田雄治(安岡信雄 役) 他先行販売期間:2015年4月13日(月 [全文を読む]

元ひきこもりの文学アイドル西田 藍が選ぶ、「私を救った本」ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2013年06月06日17時30分

元引きこもり、登校拒否という暗い過去を持ち、フィリップ・K・ディック、林芙美子など濃すぎる読書遍歴が一部から注目を集めている文学アイドル西田 藍。今回はそんな彼女の引きこもり時代を救ってくれた本を選んでもらった。【画像あり】元記事はこちら「救われたというのはおこがましい言い方かもしれない、と思いつつ選んでみました。うまく社会に適応できなかったわたしの逃げ道 [全文を読む]

「自分の人生に絶望を持たないで生きて来た人間は一人もいない」(林芙美子)【漱石と明治人のことば142】

サライ.jp / 2017年05月22日06時00分

何等かの意味で、自分の人生に絶望を持たないで生きて来た人間は、一人もないにきまっている」 --林芙美子 『放浪記』というと、近年は作者の林芙美子の名前より先に、女優の森光子や仲間由紀江の名を頭に思い浮かべる人が多いのかもしれない。舞台化された作品が、それだけ長く受け継がれている証左であるから、地下の林芙美子も案外ご機嫌なのかとも想像される。 林芙美子は明治 [全文を読む]

豊富な知識であなたの読みたい本を探します! マンガ『書店員 波山個間子』

ガジェット通信 / 2017年02月15日11時00分

私も今度の休みは『書店員 波山個間子(1)』を持って近所の喫茶店に行こうと思います(笑) ●試し読みもできる、『COMIC it』(コミックイット)の作品紹介ページはこちら!! http://comic-it.jp/lineup/hayamakomako/ (参考書籍) 向田邦子『新装版 眠る盃』講談社文庫、2016年 武田百合子『犬が星見た ロシア旅行』 [全文を読む]

多くの文化人も旅立った「尾道駅旧駅舎」が取り壊しへ

Jタウンネット / 2017年05月27日07時01分

尾道に居住した志賀直哉や林芙美子をはじめ、小泉八雲や菊池寛ら多くの文化人が利用したことが記録されているということです。全面的な建て替えを控え、5月14日におこなわれた旧駅舎とのお別れイベント「ありがとう尾道駅舎」。参加者は125年を超える歴史を感じながら、慣れ親しんだ駅舎との思い出をかみしめました。JR尾道駅の片岡茂樹駅長は、「私も入社時はこちらで駅員をし [全文を読む]

花の美しさを永遠にするために、ニコライ バーグマンが考えたこと

cafeglobe / 2017年05月25日11時15分

小説家・林芙美子が女性をたとえる表現として引き合いに出したように、花は美しく、悲しいかな、はかないもの。 フラワーアーティストのニコライ バーグマンも、同じように感じていました。 デンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ バーグマン。1998年に日本での展開をスタート。2017年、デンマーク王国大使館より日本との友好関係の架け橋となる親善大使を任命。 [全文を読む]

「電気ブラン」シリーズに、ボトルカクテル『東京浪漫 電気ブランハイボール』が登場! 話題の映画『夜は短し歩けよ乙女』とのタイアップ広告も実施!

もぐもぐニュース / 2017年04月19日16時09分

明治浪漫を感じる「電気ブラン」を、さっぱりとしたハイボールで手軽に楽しめる “夢のカクテール”と呼ばれ、太宰治や林芙美子ら数多くの文学作品にも登場するなど、今日まで脈々と文化として息づいてきた「電気ブラン」は、浅草の老舗「神谷バー」の看板メニュー。合同酒精の創業者、神谷傳兵衛(かみやでんべえ)氏によって、1893年(明治26年)頃に生み出された琥珀色のリ [全文を読む]

【WAO!】子どものための電子書籍シリーズ“WAO文庫”から、第6巻『よりよく生きる』が新発売!テーマは「人生と善」。

PR TIMES / 2017年04月18日17時33分

宮沢賢治の「グスコーブドリの伝記」をはじめ、新美南吉「鳥右ヱ門諸国をめぐる」、林芙美子「おにおん倶楽部」など、5 人の作家による7作品を収録しました。小学校高学年から中高生にお勧めです。 掲載作品は、全て現代かなづかいに改め、小学 5 年生以上で履修する漢字には、ルビをふって読みやすくしました。また、難しい言葉や昔の制度・文化については、画面に触れるだけで [全文を読む]

「ほかの人に出来て、私に出来ないことはない」(田口八重)【漱石と明治人のことば80】

サライ.jp / 2017年03月21日06時00分

柊家には、川端康成、三島由紀夫、林芙美子、チャップリンらも宿泊し、八重さんはその接客に当たったという。私も何度か訪れ宿泊したことがあるが、気持ちのいい宿である。 まだ八重さんが生まれる以前、明治25年(1892)には、若き日の夏目漱石と正岡子規も連れ立ってこの宿に宿泊している。 文/矢島裕紀彦 1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツな [全文を読む]

迎賓館を改装した憧れのホテルへ!ベトナム『ダラット・パレス』に泊まる【ベトナムの避暑地ダラット紀行1】

サライ.jp / 2017年02月17日19時00分

林芙美子の小説「浮雲」にも登場する、ベトナムのダラット。フランスの植民地時代に開発されたこの標高約1500メートルの高原の街は、新婚旅行先として人気が高い。数回にわたってダラットの魅力をお伝えするこの連載、第1回目は、かつて迎賓館として使われていた建物をリニューアルしたホテル『ダレット・パレス』を紹介する。■涼しいダラットまでは1時間ベトナム旅行というと、 [全文を読む]

直木賞作家の井上荒野さんが記念講演

PR TIMES / 2017年01月27日15時27分

林芙美子文学賞表彰式・講演会 300名様をご招待 株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は、2月26日(日)に北九州市で開かれる「第3回林芙美子文学賞」(同市主催)の表彰式会場で、賞の最終選考委員をつとめる井上荒野さんによる記念講演会を開きます。井上さんは直木賞作家で、昨年は「赤へ」が第29回柴田錬三郎賞を受賞しました。作家生活や好きな料理の話など [全文を読む]

女将お手製の湯衣で浸かる露天風呂。長野・上林温泉「塵表閣本店」

IGNITE / 2016年09月22日10時00分

1901(明治34)年に開業し、夏目漱石、与謝野晶子、林芙美子、川端康成など多くの著名人、政治家などが訪れた風情ある老舗和風旅館である。 通りに面した重厚な門構えに、塵表閣のシンボルともいえる大暖簾がかかる。 部屋数は少なく、全6室。 全ての部屋は二間の和室で広々とし、ゆっくりと寛げる落ち着いた大人の宿という雰囲気である。 源泉の露天風呂や半露天風呂のつ [全文を読む]

70年代の新宿の裏通りを生き生きと描き出した青春小説

NEWSポストセブン / 2016年09月11日16時00分

かつて林芙美子が『放浪記』で描いたように。 家出した娘を探しに新宿に出てきた父親の話が泣かせる人情話になっている。男やもめの父親は、盛岡の市役所を辞め、新宿で娘を探す。「僕」をはじめ新宿人たちがそれを助ける。父親は次第に新宿に溶けこみ、おでんの屋台を始め、なんと若い女性と結婚する。再会した娘はそんな父親を祝福する。 新宿の町は、落ちこぼれた者たちが助け合っ [全文を読む]

大竹しのぶ パートナー見つけて共に暮らすこと望んでいない

NEWSポストセブン / 2016年08月30日07時00分

作家の林芙美子の生涯を描き、戦争反対を強く訴える物語です。そのときは4度目の上演でしたが、朝日新聞の取材で、2002年の初演時に、井上先生が出演者の子どもに『これは昔の話じゃない。10年後の日本だからね』とおっしゃった話をして、その通りの日本が近づいてきていると、言ったのですね。そうしたらテレビ局に、そんな話は1回だけにしてください、と言われましたね」 そ [全文を読む]

あなたは「字ギレイ顔」?女性の品格の差は「字」で現れる!書道をやるメリットとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月30日15時00分

平塚らいてう、林芙美子、壺井栄の3人の女性作家の筆跡をイメージしながら、自書タイトルでもある「負け犬の遠吠え」を書き上げた。この時の思いを「白と黒だけで表現する、書の世界。それは縛りがきつそうに見えて、決してそうではないのでした。相手は、紙一枚。こちらが持つのは、筆一本。傍らには頼るべきお手本も無いという事態は、まるで大海原を一人で漂っているような心細さで [全文を読む]

井上荒野×角田光代×川上未映子 「林芙美子文学賞」トークイベント開催!

PR TIMES / 2016年06月13日16時19分

【参加費無料】7月4日(月)19時より、浜離宮朝日ホール・小ホール(東京・築地)にて 『放浪記』『浮雲』で知られ、昭和の激動期を駆け抜けた作家・林芙美子にちなみ、北九州市が2014年に「林芙美子文学賞」を創設しました。第三回を迎える本年度から、受賞作を「小説トリッパー」(朝日新聞出版発行)誌上に発表の場を移すことを記念しまして、同賞の選考委員・井上荒野氏、 [全文を読む]

ブス・チビ・家庭環境複雑な女子は採用不可…紀伊國屋書店、過去に強烈な採用差別基準!

Business Journal / 2016年04月16日06時00分

(例)ゴッホ、林芙美子、石川啄木(9)尊敬する人物が学校の先生の場合、どういう点を尊敬するか質問すること。 [全文を読む]

仲間由紀恵、舞台「放浪記」が不評で“5代目相棒”に決定!?

アサ芸プラス / 2016年04月04日09時59分

実在した林芙美子は決して美人ではありませんし、森光子もしかり。だから劇中で『ブス』と罵声を浴びせられてもサマになる。ところが美形で売ってきた仲間が『ブス』と罵られ、『これまで一度だって優しい言葉を掛けられたことがない』と言っても、違和感があり過ぎます。脚本を変えない限りロングランは難しいでしょうね」(舞台関係者) しばらくは「放浪記」の再演はなさそうなだけ [全文を読む]

『青空文庫POD』1月刊行は440作品、1,320製品!-牧野信一、林芙美子、宮沢賢治、宮本百合子、福沢諭吉などの作品を中心に-

PR TIMES / 2016年01月07日10時23分

なお、1月の刊行は、牧野信一81点、宮本百合子39点、林芙美子25点、宮沢賢治21点、夏目漱石12点、福沢諭吉3点など70名の作家の作品をセレクトいたしました。今までと同様に3サイズ、通常月の約4倍の440点を「Amazon.co.jp」、「三省堂書店オンデマンド」(ポケット版は販売されません)、「ウェブの書斎オンデマンド本 楽天市場店」、「honto.j [全文を読む]

福田沙紀、テングの鼻が折れた後…

NewsCafe / 2015年11月11日16時00分

「福田は仲間演じる作家・林芙美子と共に働くカフェの女給役。女給役の中では最も重要なポジションです。今回の仲間版初演での演技が評価されれば、舞台女優として活路を見いだせるでしょう」 生ものの舞台では連帯感と協調性が養われるため、本人次第で舞台経験は大いに役立つだろう。 「加えて、今月からウェブで配信が始まった、女優・上野樹里(29)と韓国の人気グループ、B [全文を読む]

フォーカス