藤野英人のニュース

カリスマ投資家がカンブリア宮殿で語る「ブレイク企業」発掘の法則

まぐまぐニュース! / 2017年03月15日01時28分

しかし、カリスマ投資家とも称される今回の主人公・藤野英人社長は「リスクを恐れる日本人の価値観が未来をダメにしている」と語ります。「テレビ東京『カンブリア宮殿』(mine)では、放送内容を読むだけで分かるようにテキスト化して配信(MAG2 NEWS読者限定で「テレビ東京ビジネスオンデマンド」が最大3か月無料キャンペーンを実施中)。藤野社長が提唱する「夢のある [全文を読む]

シンプルに、でっかく儲ける! 地方経済の主役『ヤンキーの虎』とは?【著者インタビュー】

ダ・ヴィンチニュース / 2016年06月28日06時30分

これらは一体、どんな人が経営しているのだろう? それは「ヤンキーの虎」だと、『ヤンキーの虎 ――新・ジモト経済の支配者たち』(藤野英人/東洋経済新報社)の著者で、ファンドマネージャーの藤野英人さんは言う。藤野さん曰く、ヤンキーの虎とは「地方を本拠地にしていて、地方でミニコングロマリット(様々な業種・業務に参入している企業体)化している、地方土着の企業。あ [全文を読む]

【セミナーレポート】「国際競争力No.1の 地方創生×持続可能なインバウンドビジネス」地方の価値の再発見が日本の「観光立国」への近道に!

PR TIMES / 2016年01月29日19時40分

一般社団法人太陽経済の会(所在地:東京都千代田区、代表理事:山崎養世)は、2016年1月26日(火)、レオス・キャピタルワークス株式会社代表取締役社長 藤野英人氏、株式会社丸井グループ代表取締役社長 青井浩氏、作家石川好氏の3名をお招きし、セミナーを開催しました。 「国際競争力No.1の 地方創生×持続可能なインバウンドビジネス」と題した本セミナーでは、各 [全文を読む]

カリスマ投資家、日本のライフスタイル・文化を世界に提案する企業トップ、地方創生プロデューサーが語る日本の成長戦略のキーとなる『地方創生』と『インバウンド』

PR TIMES / 2015年12月25日12時29分

一般社団法人 太陽経済の会(所在地:東京都千代田区、代表理事:山崎養世)は、2016年1月26日(火)、レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役社長 藤野英人氏、株式会社丸井グループ 代表取締役社長 青井浩氏、作家 石川好氏の3名をお招きし、セミナーを開催することをお知らせいたします。 日本の成長戦略のキーとなる『地方創生』と『インバウンド』に対して [全文を読む]

日経Wアカデミー、マネープランやビジネスに役立つセミナーを東京・大阪で開催

@Press / 2017年06月08日11時30分

(日程順)<東京会場/SPACE NIO(日本経済新聞社東京本社ビル2階)>(1) 6月17日(土)「マーケティングの学校」http://www.nikkei4946.com/seminar/seminar.aspx?ID=1896講師:國田圭作氏(博報堂行動デザイン研究所所長) 森川亮氏(C Channel代表取締役) 山本高史氏(コピーライター、関西大 [全文を読む]

人気マンガ家・かっぴーやベストセラー投資入門書の著者など豪華スピーカーが登壇!「FROGGY LIVE - あなたのお金をカエル授業 -」開催決定!

PR TIMES / 2017年02月27日11時57分

加えて、登壇者には、家計再生コンサルタントとして様々なメディアでも注目を集める横山光昭氏や、独自の哲学で勝ち続けてきたファンドマネージャーのレオス・キャピタルワークス藤野英人氏、ファイナンシャル・ジャーナリストの竹川美奈子氏など、「お金と向き合う」ことを後押しする豪華な有識者が集結します。なお、当日の各セッションは、「FROGGY公式YouTubeチャンネ [全文を読む]

電子書籍フェア「新成人・新社会人のためのビジネス書特集」を開催します。厳選20タイトルを50%OFF! 1/6(金)~1/12(木)

PR TIMES / 2017年01月05日12時30分

お見逃しなく! 【対象20タイトル】 ●『20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学 集中講義』 ●『未来を発明するためにいまできること スタンフォード大学集中講義II』 ●『新版 人生を変える80対20の法則』 ●『ストレスゼロの仕事術 人間関係・組織・成果…考え方ですべてが変わる!』 ●『「グズグズ癖」とキッパリ手を切る200のアイデア [全文を読む]

2017年の株式市場 重厚長大産業の大型株に脚光か

NEWSポストセブン / 2016年12月05日07時00分

「ひふみ投信」の運用責任者でレオス・キャピタルワークス代表・藤野英人氏が語る。 「インフラ投資は自国内を潤わすだけでなく、鉄鉱石やセメントなどの需要も伸び、それらを産出する資源国にも好影響をもたらすでしょう」 藤野氏は2017年の株式市場を牽引するテーマについて、「資源高の恩恵を期待できる商社をはじめ、建機や重工業といった『重厚長大産業』の大型株が大きく脚 [全文を読む]

日本経済を引っ張る「3つの虎」、あなたは何タイプ?

Forbes JAPAN / 2016年10月31日15時00分

藤野英人 ふじの・ひでと◎レオス・キャピタルワークス代表取締役社長。東証アカデミーフェローを務める傍ら、明治大学のベンチャーファイナンス論講師として教壇に立つ。『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(講談社刊)など著書多数。 [全文を読む]

日本の低成長率の原因は、少子高齢化ではなく「仕事嫌い」?

Forbes JAPAN / 2016年09月08日10時00分

藤野英人 ふじの・ひでと◎レオス・キャピタルワークス代表取締役社長。東証アカデミーフェローを務める傍ら、明治大学のベンチャーファイナンス論講師として教壇に立つ。『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(講談社刊)など著書多数。 [全文を読む]

マイナス金利は投資の追い風ー藤野英人の「投資の作法」

Forbes JAPAN / 2016年04月28日15時00分

「マイナス金利の負の面ばかりでなく、その利点にも目を向けるべき」と筆者、藤野英人は説く。日本銀行が、これまでの「量的・質的金融緩和」一本槍を変えて「マイナス金利」という変化球を繰り出した。短期的に円安・株高へ向かったものの、そのあと大幅に下落したので、「マイナス金利は失敗だ」という意見が識者に多い。だが、数日の株価の動きでマイナス金利の成否を決めるのはあま [全文を読む]

「心機一転の春、大人の学習特集」電子書籍フェア3/9より開催

@Press / 2016年03月09日10時30分

■対象12タイトル ●『オープン・サービス・イノベーション 生活者視点から、成長と競争力のあるビジネスを創造する』ヘンリー・チェスブロウ[著]博報堂大学 ヒューマンセンタード・オープンイノベーションラボ TBWA\HAKUHODO[監修・監訳] ●『45歳から5億円を稼ぐ勉強法』植田 統[著] ●『ドラッカーの黒字戦略』藤屋伸二[著] ●『ロジカル・シン [全文を読む]

インバウンドビジネスによる地方創生で日本を国際競争力No.1の国に!

PR TIMES / 2016年01月13日14時01分

カリスマ投資家、日本のライフスタイル・文化を世界に提案する企業トップ、地方創生プロデュ―サーによるセミナー開催 一般社団法人 太陽経済の会(所在地:東京都千代田区、代表理事:山崎養世)は、2016年1月26日(火)、レオス・キャピタルワークス株式会社 代表取締役社長 藤野英人氏、株式会社丸井グループ 代表取締役社長 青井浩氏、作家 石川好氏の3名をお招きし [全文を読む]

会員数19万人のオンライン動画学習サービスのビジネスパーソン向け授業特集第2弾は「お金」。FPやファンドマネジャーがお金のキホンを解説! 「働く人のための正しいお金の貯め方・増やし方」

@Press / 2015年12月01日13時30分

【第2回特集:「働く人のための正しいお金の貯め方・増やし方」】■藤野英人先生に学ぶ、仕事とお金と投資の関係(12月18日(金)21:00~22:30)https://schoo.jp/class/3006<藤野先生コメント>私の授業では、テクニックではなく生涯役に立つ「投資の本質的な理解ができる」ことを目指します。特に、長期投資の意味やその位置づけについて [全文を読む]

東芝問題を予見していた「伊藤レポート」は投資のヒント満載

NEWSポストセブン / 2015年09月28日07時00分

「ひふみ投信」の運用責任者で、新刊『日本株は、バブルではない』を上梓したばかりのレオス・キャピタルワークス取締役・最高投資責任者の藤野英人氏が解説する。 * * * 今後、大型株中心の指数に大きな上昇が望めず、膠着状態が続くようだと、銘柄選択にも工夫が必要となってくる。そこでいよいよ出番を迎えるのが、これまで出遅れていた小型材料株ではないか、と私は見ている [全文を読む]

米利上げに伴いディフェンシブ銘柄急落の可能性を専門家指摘

NEWSポストセブン / 2015年09月15日07時01分

これまで国内小型株中心の運用で「R&Iファンド大賞」を4年連続で受賞した「ひふみ投信」の運用責任者・藤野英人氏(レオス・キャピタルワークス取締役・最高投資責任者)は、「内需の大型株の値動きに注意すべきだ」という。以下、藤野氏が解説する。 * * * いま日本株を取り巻く環境に大きな転換が起き始めている。アベノミクスを機に2012年末から日本株は大きな上昇を [全文を読む]

プロの運用視点 ROE5%以下でキャッシュリッチな企業に注目

NEWSポストセブン / 2015年04月06日07時00分

これまで国内小型株中心の運用で高いパフォーマンスを出し続けているレオス・キャピタルワークスの最高投資責任者・藤野英人氏が解説する。 * * * 私が運用責任者を務める「ひふみ投信」では、これまで小型株中心の投資戦略をとってきた。大型株が伸び悩むなか、われわれのように小型株中心で運用するファンドが勝ちやすい相場が続いてきたため、当然の判断だった。 しかし、大 [全文を読む]

日銀の金融政策が国民に迫る「投資するか消費するか」の選択

NEWSポストセブン / 2015年03月29日07時00分

レオス・キャピタルワークスの最高投資責任者・藤野英人氏がその背景を解説する。 * * * 日本では「貯蓄から投資へ」というキャッチフレーズが長年繰り返されてきたが、今年はかけ声だけでなく、いよいよその流れが本格化する年になると予想する。 政府の債務残高(借金)は1000兆円を超え、これを解消するためには、【1】増税、【2】インフレが常套手段となる。すでに消 [全文を読む]

ポスト・アベノミクス相場では割安圏の安定成長株を狙いたい

NEWSポストセブン / 2014年06月27日07時00分

レオス・キャピタルワークスの最高投資責任者・藤野英人氏によると、2013年末の安倍晋三首相の靖国参拝を機に終焉を迎え、現在は「ポスト・アベノミクス相場」に突入しているのだという。この相場で勝つための投資戦略を、藤野氏が解説する。 * * * いまの相場では、アベノミクス相場の時のように、大型株と小型株のどちらを選べばよいか、といった考え方では勝ちにくい。投 [全文を読む]

アベノミクス相場は昨年末の靖国参拝で終焉を迎えたと専門家

NEWSポストセブン / 2014年06月18日07時00分

最近の日本株の動向を見て、「じっくり投資できる時期になった」と語るのは、レオス・キャピタルワークスの最高投資責任者、藤野英人氏。自身が運用責任者を務める「ひふみ投信」が「R&Iファンド大賞」を3年連続で受賞し、いま最も注目されるカリスマファンドマネージャーの一人だ。日本株を取り巻く相場環境について、藤野氏が解説する。 * * * 昨年来、日本株は「アベノミ [全文を読む]

フォーカス