森功のニュース

【フジテレビ】劇中歌とOPテーマを川谷絵音、主題歌をShiggy Jr.が担当!新感覚「男女入れ替わり」ドラマ『ぼくは麻理のなか』FODにて配信開始 2017年6月6日(火)0時~

PR TIMES / 2017年05月11日00時00分

物語は、大学にも行かずゲームばかりの自堕落な生活に明け暮れる小森功がある朝目を覚ますと、コンビニで度々遭遇し、ひそかに「コンビニの天使」と呼んでいた女子高生、吉崎麻理の姿になってしまいます。小森功は吉崎麻理として高校生活を送ろうとしますが、クラスメイト柿口依に別人だと見破られてしまいます。麻理はどこに行ってしまったのか?そして、ふたりは元の体に戻ることが [全文を読む]

川谷絵音、FOD「ぼくは麻理のなか」劇中音楽を担当

okmusic UP's / 2017年05月11日00時00分

■【ドラマあらすじ】友人作りに失敗したことが原因でまともに大学にも行けなくなり、ゲームなど自堕落な生活に明け暮れる日々を送る青年・小森功(吉沢亮)。ある朝、功がいつものように目を覚ますと、ある<異変>が。鏡に映っていたのは、自分とは 似ても似つかない美少女。彼女の名前は吉崎麻理(池田エライザ)。麻理は、功が行きつけのコンビニで度々遭遇し [全文を読む]

「シャアとガルマ和解か!?」 森功至さんの『Twitter』に池田秀一さん・潘恵子さんとの画像

ガジェット通信 / 2017年04月24日00時30分

4月22日、ベテラン声優の森功至さん(@katsuji_mori)が『Twitter』にて ャアとガルマ和解か!?取り持ったのはイセリナ?それともララァ? 右から池田秀一さん、森功至、潘恵子さん とツイート。御三方が一緒に写った画像をアップした。 誕生して40年近くになろうとしているが、未だに人気のアニメ「機動戦士ガンダム」。その主要キャラであるガルマ・ザ [全文を読む]

「もりかつじだよ~ん」 ガンダムやガッチャマンでおなじみベテラン声優の森功至さんが『Twitter』開始!

ガジェット通信 / 2017年03月14日17時30分

『機動戦士ガンダム』ガルマ・ザビ役や『科学忍者隊ガッチャマン』大鷲の健、はたまた『銀河英雄伝説』ウォルフガング・ミッターマイヤー役などで知られる、ベテラン声優の森功至さん。 今年の7月で72歳になるという森さん(@katsuji_mori)が、今回『Twitter』を開始! 3月12日に 森功至のTwitterができました!! 「もりかつじだよ~ん(^-^ [全文を読む]

菅官房長官が語る永田町の論理「皆が勝ち馬に乗ろうとする」

NEWSポストセブン / 2016年08月30日16時00分

その知られざる実像に迫った話題作『総理の影 菅義偉の正体』のなかで、ノンフィクション作家・森功氏からのロングインタビューに応えた菅氏は、彼の政治家との原点ともいえる出来事について語った。1998年の自民党総裁選で、所属していた経世会の小渕恵三氏ではなく、いまも政治の師と仰ぐ梶山静六氏を支持し、同派閥を抜け出したのだ。 * * * ――なぜ梶山氏だったのか。 [全文を読む]

菅官房長官が安倍首相との出会い語る「いつか総理になる人」

NEWSポストセブン / 2016年08月27日16時00分

これまでその実像が知られることはほとんどなかったが、話題作『総理の影 菅義偉の正体』のなかで、ノンフィクション作家・森功氏によるロングインタビューに応えた菅氏は、安倍首相との出会いについて、以下のように語っている。 * * * ――そもそも付き合いはどこからか。 「もとをたどれば、私がまだ当選二回のときでした。自民党の総務会で私が『北朝鮮に対する制裁法をつ [全文を読む]

【書評】銃弾飛び交う現場で武装解除を指揮する異色の日本人

NEWSポストセブン / 2015年04月28日16時00分

【書評】『紛争解決人 世界の果てで テロリストと闘う』森功著/幻冬舎/本体1400円+税 森功(もり・いさお):1961年福岡県生まれ。岡山大学文学部卒。週刊新潮編集部などを経て2003年からフリーのノンフィクション作家に。『平成経済事件の怪物たち』(文春新書)、『大阪府警暴力団担当刑事「祝井十吾」の事件簿』(講談社刊)など著書多数。 【評者】鈴木洋史(ノ [全文を読む]

フジテレビ日枝久氏が明かした社長人事の内幕

文春オンライン / 2017年06月11日07時00分

「今ならギリギリ間に合うと今回の決断をしたのです」 フジテレビの日枝久会長は、ノンフィクション作家・森功氏のインタビューにこう語った。 今年80歳になる日枝氏は、フジ・メディア・ホールディングスとフジテレビ両社の会長を務めている。この5月、会長として4人目の新社長を指名し、自らも6月の株主総会をもって会長を退くことが明らかになった。 いまから4年前、日枝氏 [全文を読む]

特区指定で血税96億円を手に入れた安倍の親友「加計学園」総帥が「首相の後ろ盾があるから大丈夫」と発言!?

リテラ / 2017年04月12日13時31分

現に、発売されたばかりの「文藝春秋」5月号に掲載されたノンフィクション作家・森功氏のレポートでは、岡山理科大の獣医学部新設にかんして、加計氏が"安倍首相の後ろ盾"があることを仄めかしていたことが記されているのだ。 それは2014年3月13日のこと。この日、加計氏は、岡山理科大の獣医学部新設に否定的見解を示してきた日本獣医師会を訪れ、同会の蔵内勇夫会長と、 [全文を読む]

朴槿恵を笑えない安倍首相の側近政治! 原発推進もTPPも一億総活躍も70年談話も裏にひとりの人物の入れ知恵が

リテラ / 2016年11月12日23時30分

たとえば、「文藝春秋」(文藝春秋)2015年12月号は「首相を振りつける豪腕秘書官研究」(森功)と題するルポで、これまでの安倍政権の重要政策に、いかに今井秘書官が深く関わってきたかを官邸関係者の証言をもとにつまびらかにしている。 [全文を読む]

影の総理・今井尚哉総理秘書官が打った「サミットの大芝居」

NEWSポストセブン / 2016年11月08日07時00分

ジャーナリストの森功氏が語る。 「首席秘書官の役割は総理が何を任せるかによって異なる。過去、議員事務所のベテラン秘書から起用された“官邸の金庫番”もいれば、情報収集やマスコミ工作に長けた“お庭番”もいた。今井氏はホワイトハウスの大統領補佐官に近く、総理の政策アドバイザーとして経済財政政策から外交、解散・総選挙のタイミングまでシナリオを書いている。 安倍晋三 [全文を読む]

堀川りょうさんと潘恵子さんのトークイベントも! 滋賀『ブルーメの丘』オクトーバーフェストが銀河英雄伝説とコラボ

ガジェット通信 / 2016年09月11日23時20分

銀河英雄伝説 オクトーバーフェスト2016 http://www.ginei-castrop.com/ 園内では、OVAでビッテンフェルトを演じた野田圭一さんやミッターマイヤー役の森功至さん、ミュラー役の水島裕さんのオリジナルボイスが流れるとのこと。 また、10月9日には主人公のラインハルトを演じた堀川りょうさんと、姉・アンネローゼ役の潘恵子さんのトーク [全文を読む]

キルヒアイスのあのセリフも! 銀英伝ニッセンココラボの『COCOROBO』が編集部にやってきた

ガジェット通信 / 2016年08月01日07時30分

2014年に始まったコラボ企画、疾風ウォルフモデルの『COCOROBO』が購入者プレゼントの非売品として登場し、疾風ウォルフことヴォルフガング・ミッターマイヤー役の森功至さんの声でしゃべりながらお掃除する紹介動画もアップされファンに衝撃を与えておりました。 そのコラボの最後を飾る商品として発表されたのが、主人公ラインハルトの親友である人気キャラクター、ジ [全文を読む]

【ガジェ通秋葉原制覇】東ビルを秋葉原のグルメスポットに指定しました @『南部や』

ガジェット通信 / 2016年07月17日22時00分

この第2東ビルには秋葉原の双璧と呼ばれる『村役場』(CV若本規夫)&『町役場』(CV森功至)が入っていますが、他にも行列の出来る人気店麺処『MAZERU』(CV広中雅志)もあります。 まさに銀河帝国、もとい秋葉原のグルメスポットとして完璧な布陣を誇り、自由惑星同盟(大手チェーン店)の進出を食い止める要塞になっているのです。 イベントの多い秋葉原 というわ [全文を読む]

橋下徹氏 都知事選に慎太郎流「後出しジャンケン出馬」か

NEWSポストセブン / 2016年06月21日16時00分

橋下氏について取材してきたジャーナリスト・森功氏はこう指摘する。 「実は、数か月前、橋下氏が松井氏と馬場氏の3人で飲んだ席で、2人から『参院選は苦しい。このままでは負ける。出てほしい』と懇願された橋下氏が酔った勢いで『俺が出ればいいんだろ』と言ったという情報がある。それは酒の上での冗談だろうが、馬場氏が橋下氏を都知事選に出馬させたいのは本音でしょう。 橋下 [全文を読む]

官邸が都知事選出馬に向け 「櫻井パパ包囲網」敷く

NEWSポストセブン / 2016年06月20日16時00分

だが、想定外の「真の隠し球」を首相官邸が握っていると見るのはジャーナリスト・森功氏である。それは人気グループ・嵐の櫻井翔の父親で、「櫻井パパ」こと桜井俊・前総務事務次官のことだ。 「いち早く自ら出馬を否定した櫻井パパを、官邸は最有力候補としてあきらめていない。今回の都知事選のように知名度のある多くの候補の名前が日替わりで出てくる状況では、桜井さんがそのまま [全文を読む]

沖縄県の元知事が「官房機密費50億円受け取った」と発言! 札束で辺野古移転認めさせるやり口は安倍政権でも

リテラ / 2015年12月21日17時30分

1990年から98年まで、2期にわたって沖縄県知事を務めた大田昌秀氏が、ジャーナリスト・森功氏のインタビューに答え、はっきりと「私の在任中、50億円の官房機密費を受け取りました」と証言したのだ。 いったい何があったのか。そもそも、普天間基地の返還交渉は大田県知事時代、米兵による少女暴行事件を機に本格化したものだった。そして、96年4月、当時の橋本龍太郎首相 [全文を読む]

大田元沖縄県知事「官房機密費50億円を受け取った」爆弾証言

NEWSポストセブン / 2015年12月21日07時00分

いまに続く政府と沖縄の「禁断の関係」について、12月21日発売の週刊ポスト(2016年1月1・8日号)誌上で、ノンフィクション作家の森功氏が明らかにしている。 森氏は地域振興策に名を借りた沖縄に対する飴とムチ政策について、大田昌秀・元沖縄県知事(90)に尋ねた。大田氏は普天間返還の日米合意の当事者であり、橋本龍太郎政権時代に政府とやり取りをしていたが、そん [全文を読む]

大阪W選圧勝で橋下政界復帰待望論 自民と改憲連合構想出る

NEWSポストセブン / 2015年12月09日07時00分

ジャーナリストの森功氏は仮に来年7月の衆参同日選が行なわれた場合、橋下氏が「おおさか維新」の看板候補として衆院選に出馬する可能性が高いと指摘している。そうなれば大阪で三たび橋下旋風が起きるのは確実だろう。 ダブルに敗北した自民党大阪府連関係者は、「来年の参院選で大阪選挙区は定数が4に増える。府連ではまだ公認候補は決まっていないが、勢いに乗ったおおさか維新 [全文を読む]

衆参同日選挙 安倍首相決断に大きな影響与えたのは大阪W選挙

NEWSポストセブン / 2015年12月08日07時00分

ジャーナリストの森功氏が指摘する。 「安倍首相にとっておおさか維新の勝利で橋下徹氏が政治的に生き残ったことが大きな意味を持つ。安保法制で落ち込んだ内閣支持率はいまや40%台まで回復、一部の調査では50%に乗った。支持率の上では衆参同日選を打つ環境は整ってきたが、安倍政権が一番嫌なのは野党が反自民でまとまることだ。 橋下氏は野党の選挙共闘には同調しないからお [全文を読む]

フォーカス