平野勝之のニュース

長く付き合える機械式カメラvol.1 僕の16年選手、ライカM6TTL ー映画監督・平野勝之「暮らしのアナログ物語」【10】

&GP / 2017年05月31日20時00分

電気カメラやデジカメは、果たしてこれほどの耐久力はあるだろうか? (文・写真/平野勝之) ひらのかつゆき/映画監督、作家 1964年生まれ。16歳『ある事件簿』でマンガ家デビュー。18歳から自主映画制作を始める。20歳の時に長編8ミリ映画『狂った触覚』で1985年度ぴあフィルムフェスティバル」初入選以降、3年連続入選。AV監督としても話題作を手掛ける。代 [全文を読む]

映画監督・平野勝之「暮らしのアナログ物語」【9】花瓶~木も泣けばいいのに。

&GP / 2017年04月29日18時00分

(文・写真/平野勝之) ひらのかつゆき/映画監督、作家 1964年生まれ。16歳『ある事件簿』でマンガ家デビュー。18歳から自主映画制作を始める。20歳の時に長編8ミリ映画『狂った触覚』で1985年度ぴあフィルムフェスティバル」初入選以降、3年連続入選。AV監督としても話題作を手掛ける。代表的な映画監督作品として『監督失格』(2011)『青春100キロ』 [全文を読む]

映画監督・平野勝之「暮らしのアナログ物語」【8】のんびり手書きの世界。旅の日記帳、手帳

&GP / 2017年03月27日21時00分

(文・写真/平野勝之) ひらのかつゆき/映画監督、作家 1964年生まれ。16歳『ある事件簿』でマンガ家デビュー。18歳から自主映画制作を始める。20歳の時に長編8ミリ映画『狂った触覚』で1985年度ぴあフィルムフェスティバル」初入選以降、3年連続入選。AV監督としても話題作を手掛ける。代表的な映画監督作品として『監督失格』(2011)『青春100キロ』 [全文を読む]

映画監督・平野勝之「暮らしのアナログ物語」【7】救われたお風呂屋さんのボンボン時計

&GP / 2017年02月27日17時00分

みなさまもぜひお試しください >> かわうそ商店 >> 田村写真 (文・写真/平野勝之) ひらのかつゆき/映画監督、作家 1964年生まれ。16歳『ある事件簿』でマンガ家デビュー。18歳から自主映画制作を始める。20歳の時に長編8ミリ映画『狂った触覚』で1985年度ぴあフィルムフェスティバル」初入選以降、3年連続入選。AV監督としても話題作を手掛ける。代表 [全文を読む]

映画監督・平野勝之「暮らしのアナログ物語」【6】お守りになった手拭い

&GP / 2017年01月27日19時00分

(文・写真/平野勝之) ひらのかつゆき/映画監督、作家 1964年生まれ。16歳『ある事件簿』でマンガ家デビュー。18歳から自主映画制作を始める。20歳の時に長編8ミリ映画『狂った触覚』で1985年度ぴあフィルムフェスティバル」初入選以降、3年連続入選。AV監督としても話題作を手掛ける。代表的な映画監督作品として『監督失格』(2011)『青春100キロ』 [全文を読む]

映画監督・平野勝之「暮らしのアナログ物語」【5】照明器具 光について

&GP / 2016年12月19日17時30分

(文・写真/平野勝之) ひらのかつゆき/映画監督、作家 1964年生まれ。16歳『ある事件簿』でマンガ家デビュー。18歳から自主映画制作を始める。20歳の時に長編8ミリ映画『狂った触覚』で1985年度ぴあフィルムフェスティバル」初入選以降、3年連続入選。AV監督としても話題作を手掛ける。代表的な映画監督作品として『監督失格』(2011)『青春100キロ』 [全文を読む]

映画監督・平野勝之「暮らしのアナログ物語」【4】ポンポン 小さき者達

&GP / 2016年11月21日18時30分

これぞ「暮らしのアナログ」・・と思うのは僕だけでしょうか・・・? (文・写真/平野勝之) ひらのかつゆき/映画監督、作家 1964年生まれ。16歳『ある事件簿』でマンガ家デビュー。18歳から自主映画制作を始める。20歳の時に長編8ミリ映画『狂った触覚』で1985年度ぴあフィルムフェスティバル」初入選以降、3年連続入選。AV監督としても話題作を手掛ける。代 [全文を読む]

映画監督・平野勝之「暮らしのアナログ物語」【3】BERARDのまな板

&GP / 2016年10月19日20時00分

(文・写真/平野勝之) ひらのかつゆき/映画監督、作家 1964年生まれ。16歳『ある事件簿』でマンガ家デビュー。18歳から自主映画制作を始める。20歳の時に長編8ミリ映画『狂った触覚』で1985年度ぴあフィルムフェスティバル」初入選以降、3年連続入選。AV監督としても話題作を手掛ける。代表的な映画監督作品として『監督失格』(2011)『青春100キロ』 [全文を読む]

映画監督・平野勝之「暮らしのアナログ物語」【1】フィルムで撮る写真

&GP / 2016年08月10日19時00分

(文・写真/平野勝之) ひらのかつゆき/映画監督、作家 1964年生まれ。16歳『ある事件簿』でマンガ家デビュー。18歳から自主映画制作を始める。20歳の時に長編8ミリ映画『狂った触覚』で1985年度ぴあフィルムフェスティバル」初入選以降、3年連続入選。AV監督としても話題作を手掛ける。代表的な映画監督作品として『監督失格』(2011)『青春100キロ』 [全文を読む]

飯島愛ブログ閉鎖を機に振り返るAV女優たちの“非業の死“...他殺、心中、ジャニーズとの交際のもつれで自殺も

リテラ / 2015年10月12日16時00分

また、平野勝之・カンパニー松尾といったスターAV監督とも公私にわたって深い関係をもっていたことでも知られ、AV業界の「ミューズ」のような存在だった。訃報が報じられたときは『報道ステーション』(テレビ朝日系)でも追悼特集が組まれるなど、カルト的な人気を誇ったAV女優である。 そんな彼女は05年6月27日、音信不通となっていることを心配した平野勝之や林由美香の [全文を読む]

フォーカス