佐治信忠のニュース

サントリー、波紋呼ぶ「次期社長は創業家以外も」発言の真相と行方〜カギは大型M&A

Business Journal / 2013年09月12日07時00分

「(持ち株会社の)次期社長に創業一族以外から選ぶ可能性がある」 8月2日付日本経済新聞のインタビューでサントリーホールディングス(HD)の佐治信忠社長(67)が行った発言が、波紋を広げている。7月3日に東京証券取引所第1部に新規上場したサントリーグループの中核企業で、清涼飲料などを手掛けるサントリー食品インターナショナル(SBF)の鳥井信宏社長(47)が、 [全文を読む]

フォーブスが恒例の「日本長者番付」を発表!

IGNITE / 2017年04月07日08時00分

1) 孫 正義 204億ドル(約2兆2640億円) 2) 柳井 正 164億ドル(約1兆8200億円) 3) 佐治信忠 132億ドル(約1兆4650億円) 4) 滝崎武光 125億ドル(約1兆3880億円) 5) 三木谷浩史 61億ドル(約6770億円) 6) 高原慶一朗 45億ドル(約5000億円) 7) 森 章 44億ドル(約4880億円) 8) 毒 [全文を読む]

第36回「東京広告協会 白川 忍賞」 佐治信忠氏(サントリーホールディングス)に贈賞

PR TIMES / 2017年01月05日11時54分

第36回(平成29年)「東京広告協会 白川 忍賞」が佐治信忠氏(サントリーホールディングス(株)代表取締役会長)に決定した。また、特別功労賞が久保田和昌氏((株)サン・アド代表取締役会長兼社長、サントリーホールディングス(株)顧問)に贈呈される。 公益社団法人東京広告協会の第36回(平成29年)「東京広告協会 白川 忍賞」選考委員会が平成28年12月9日に [全文を読む]

サントリー新浪CEOが語る、「グローバル化」と「やってみなはれの精神」

Forbes JAPAN / 2016年08月17日09時00分

佐治信忠会長兼社長(当時)にそう誘われたという。80年に米ペプシコーラのボトリング会社、ペムコム買収を皮切りに事業のグローバル化を進めてきたサントリーは、09年以降、急速にM&Aが大型化した。ニュージーランドのフルコア(750億円)、フランスのオランジーナ(3,000億円)、イギリスのグラクソ・スミスクラインの飲料事業(2,100億円)。そして、14年5月 [全文を読む]

サントリー佐治信忠社長 幼少期に開高健の薫陶受けて育った

NEWSポストセブン / 2014年08月04日16時00分

ところが、サントリー社長・佐治信忠氏、この人はまるで違う。大きすぎる父の背中に臆することなく改革を追い求めてきた。最大の改革が初の「創業家外」への社長禅譲だろう。10月1日から、ローソン会長の新浪剛史氏が同社社長に就任する。 サントリーに社長就任前から、佐治氏の取材を重ねてきた経済ジャーナリスト・永井隆氏が、異端の創業家社長の来歴を綴る。 * * *「サン [全文を読む]

長者番付 資産1220億円に大躍進のテンプ篠原欣子氏の経歴

NEWSポストセブン / 2017年04月18日07時00分

グローバル市場でも好調なサントリーHDの会長で約1440億円資産を増やした佐治信忠氏が3位(1兆4650億円)。上場企業で社員の平均年収トップを誇るキーエンスの滝崎武光名誉会長(4位・1兆3880億円)は1兆円超え、金融事業が好調な楽天の三木谷浩史会長兼社長が5位(6770億円)だ。 このトップ5を見ると特に変化がないという印象を受けるかもしれないが、そう [全文を読む]

フォーブス「日本長者番付 2017」発表、孫正義が首位奪取

PR TIMES / 2017年04月06日10時35分

3位を維持したのは、サントリーホールディングス会長の佐治信忠。資産総額は132億ドル(約1兆4650億円)と、昨年の117億ドルから上昇した。この推定資産額には家族が保有するサントリー株も含まれている。4位につけたキーエンス創業者の滝崎武光は、資産増加額で孫に次ぐ2位となった。総資産は昨年比42億ドル増の125億ドル(約1兆3880億円)。センサーを製造す [全文を読む]

日本長者番付2017、孫正義が首位奪回 1年で資産6千億円増やす

Forbes JAPAN / 2017年04月06日07時01分

1位 孫 正義(ソフトバンク)/204億ドル(約2兆2640億円)2位 柳井 正(ファーストリテイリング)/164億ドル(約1兆8200億円)3位 佐治信忠(サントリーホールディングス)/132億ドル(約1兆4650億円)4位 滝崎武光(キーエンス)/125億ドル(約1兆3880億円)5位 三木谷浩史(楽天)/61億ドル(約6770億円)6位 高原慶一朗( [全文を読む]

長嶋茂雄 驚異的な回復の証!?「競馬パーティ」の主賓席でステーキをペロリ!

アサ芸プラス / 2017年03月19日17時56分

サントリーの佐治信忠会長(71)、プロ野球OBの東尾修氏(66)、佐々木主浩氏(49)、騎手の武豊(47)、パーティの総合司会を務めた徳光和夫氏(76)がミスターのもとに挨拶に訪れ、談笑していた。 パーティの乾杯酒として白とピンクのドンペリが用意されたが、ミスターはまず、そのグラスに口をつけた。競馬関係者が振り返る。「ココアパウダーのようなもので馬のシルエ [全文を読む]

安倍政権を操るサントリー、「優遇」政策に批判噴出…狡猾な政治家・新浪社長の暗躍

Business Journal / 2017年01月10日06時00分

同ホテル内の宴会場『AZALEA』でサントリーホールディングスの佐治信忠会長、新浪剛史社長と懇談。麻生太郎副総理兼財務相ら同席。同7時33分、同ホテル発」(16年10月24日付時事ドットコム「首相動静」より) 懇談会に同席したのは、二階俊博自民党幹事長、高村正彦自民党副総裁、大島理森衆院議長など政府・自民党の要人たちだ。首相が30分余りで退席すると、入れ替 [全文を読む]

サントリー初の外部社長は創業家につなぐ「最強の中継ぎ」

NEWSポストセブン / 2016年12月28日16時00分

経営者も長期的なビジョンをもって経営をしやすい」 前出の資産管理会社「寿不動産」でも、2016年3月に佐治信忠氏が退き、鳥井信宏氏が社長に就任。すでに創業家社長復活への地ならしは始まっている。 ※週刊ポスト2017年1月1・6日号 [全文を読む]

庶民の反発恐れ?酒税一本化見送りへ――財務省

経済界 / 2016年11月15日11時00分

さらに、見送りの流れを決定付けたとみられるのが、10月24日、東京のホテルニューオータニで、サントリーホールディングスの佐治信忠会長と新浪剛史社長が、安倍首相や麻生太郎財務相、自民党幹部らと会合を行ったことだ。昨年も同様の会合は開かれており、今年の会合でどういうことが話されたかは明らかになっていないが、業界では、サントリーが一本化に懸念を示した、とみられ [全文を読む]

三代続けば末代続く? アジアの富豪一族ランキング50

Forbes JAPAN / 2016年07月28日08時30分

2014年に創業家の佐治信忠氏が、元ローソン会長の新浪剛史氏を社長に抜擢した。同社は創業家の佐治、鳥井両家が交代で社長を輩出しており、創業家以外の社長就任は初めて。25. 森:日本、61億ドル、森ビル創業者・森泰吉郎は、2度世界一に輝いた森ビルの創業家。終戦後に森泰吉郎が東京都港区虎ノ門周辺の不動産を次々に獲得して、日本有数のデベロッパーを築き上げた。フォ [全文を読む]

創業家によるお家騒動相次ぐが「大政奉還」も目立つ

NEWSポストセブン / 2016年07月18日16時00分

逆に、サントリーは創業家の佐治信忠会長がキリンとの統合計画を進めたが不首尾に終わると、2014年にはローソン社長だった新浪剛史氏を社長に抜擢した。だが、これも将来の大政奉還をにらんだ布石だとみられている。『経済界』編集局長の関慎夫氏はこう指摘する。 「佐治氏はサントリー単独で本格的な海外展開による事業拡大をはかるために社外から“プロ経営者”の新浪氏を招いた [全文を読む]

孫氏や三木谷氏 「大ホラ」で若手に慕われジジ転がしも得意

NEWSポストセブン / 2016年07月01日16時00分

年が離れている目上の人に話を合わせるだけでなく、堂々と議論できるコミュニケーション能力に長けていた」(長田氏) 新浪氏は「かわいくない部下の典型」といわれながらも、いいたいことは上司にはっきりいう姿勢でローソンの社長にのぼりつめ、サントリーの佐治信忠会長によって後任に指名された。目上の人にかわいがられるのもポスト団塊世代のリーダーの特徴なのだろう。 197 [全文を読む]

新雑誌『衆知』を創刊

@Press / 2016年04月26日10時00分

(『衆知』編集主幹 櫛原吉男「『衆知』リニューアル創刊にあたって」より) ■リニューアル創刊号 特集/読みどころ 新創刊号の巻頭を飾るのは、サントリーホールディングスの佐治信忠会長とパナソニックの松下正幸副会長の特別対談。偉大な創業者を祖父に持つなど共通点の多い2人が、創業精神を守り伝えるための哲学を思い出とともに語り合います。 特集「難局を打破する組織 [全文を読む]

日本一のお金持ちは?―フォーブスが「日本長者番付」をネット公開

インターネットコム / 2016年04月07日13時15分

1. 柳井正氏 163億ドル(約1兆8,419億円) 2. 孫正義氏 149億ドル(約1兆6,837億円) 3. 佐治信忠氏 117億ドル(約1兆3,221億円) 4. 滝崎武光氏 83億ドル(約9,379億円) 5. 三木谷浩史氏 57億ドル(約6,441億円) 6. 森章氏 48億ドル(約5,424億円) 7. 高原慶一郎氏 42億ドル(約4,746 [全文を読む]

フォーブス誌が「日本長者番付」発表

PR TIMES / 2016年04月07日10時56分

3位は70歳の佐治信忠とその近親者だった。資産額は前年より約8億ドル多い117億ドル(約1兆3,221億円)となっている。サントリーホールディングスの代表取締役会長である同氏は2014年、バーボン・ウイスキーの「ジムビーム」と「メーカーズマーク」で知られる米ビームを160億ドルで買収。その後、同年に社長職を退き会長に就任。その後任には、同社の創業以来、初め [全文を読む]

日本長者番付、柳井正7000億円失うも首位

Forbes JAPAN / 2016年04月07日07時05分

2014年、社長の座を創業家以外に明け渡したサントリーホールディングスの佐治信忠、同じく2015年創業者として経営の一線を退いたキーエンスの滝崎武光がそれぞれ3位と4位にランクイン。 楽天の三木谷浩史は5位に。自動車の相乗りサービスを手掛けるリフトやピンタレストへの出資、米Buy.com、英Play.comの買収と、成長のための積極M&Aを展開しているが、 [全文を読む]

キリン、アサヒ、サントリー 出世する社員に個々の特徴

NEWSポストセブン / 2016年02月14日07時00分

「サントリーのある幹部が佐治信忠会長(HD)に文書で私見を伝える機会があり、『サントリーは社員が一流大出身者ばかりになってバカをやる人間がいなくなった。この会社にバカがいなくなったら終わりだ』と送ったら、『その通りだ』と書かれて返ってきたという。こうサラッと言えるのだから、“やんちゃ”を重んじる体質自体はまだ濃厚に残っているのだろう」(永井氏) かつて、 [全文を読む]

フォーカス