中瀬ゆかりのニュース

TOKYO MXが贈る名物情報バラエティ番組『5時に夢中!』スペシャル対談・第4回 岩井志麻子×中瀬ゆかり

週プレNEWS / 2012年11月07日15時00分

そのヤバすぎる面白さも皆さまに伝わったのでは……というところで、フィナーレに向けてダメ押ししてくれるのは、本誌もお世話になっている作家・岩井“しまんこ”センセイと、出版界を代表する文芸編集者・中瀬ゆかりさんの木曜日担当チーム! 息もぴったりのおふたりが、ノリ全開で繰り広げる“吉本新喜劇”対談は、「ゴジム」のオンエアでも聞けない激レア&エロトークが満載! ■ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】新潮社の名物編集者・中瀬ゆかり氏、“少年犯罪の実名報道”の批判に「野獣の何を守らなければいけないのか」

TechinsightJapan / 2015年03月08日19時25分

『新潮45』の元編集長であり、現在は新潮社の出版部部長の中瀬ゆかり氏は、コメンテーターとしても活躍している。同社の『週刊新潮』が川崎中1殺害事件の主犯格とされる18歳少年の実名と顔写真を報道したことに対し、世間では賛否の議論が巻き起こっている。「少年法を尊重すべき」といった声もあるが、中瀬氏は出演した番組で激しく反論した。 3月5日放送の『5時に夢中!』( [全文を読む]

同世代にモテない…20代女子へ作家・岩井志麻子のアドバイスが秀逸

しらべぇ / 2017年06月09日20時00分

8日放送のTOKYO MX『5時に夢中!』で、木曜コメンテーターの作家・岩井志麻子と新潮社出版部長・中瀬ゆかりが、「同世代にモテない」と悩む20代女性におくったアドバイスが秀逸と話題だ。(左・中瀬ゆかり、中・岩井志麻子。画像は5時に夢中!公式Facebookからのスクリーンショット)■モテない女性の悩み岩井と中瀬が視聴者の悩みに答える番組内の人気コーナー「 [全文を読む]

TSUTAYAとNewsPicksが本の未来を共に描く。「本3.0 本と教養とビジネス」シリーズイベントが始動

IGNITE / 2017年05月12日12時00分

6月7日の第2弾イベントでは、「文芸と教養」というテーマで、1904年(明治37年)創刊の文芸誌「新潮」編集長・矢野優氏と、新潮社出版部部長・中瀬ゆかり氏をゲストに招き、本の未来を語り描く。 本が持つ普遍的な価値をより深く、より魅力的に発信していくことで、顧客の知的好奇心が満たされ、読書生活がより豊かになるサービスの充実を図っていく、出版業界における一大プ [全文を読む]

マスコミ関係者必読の一冊「視聴率ゼロ!-弱小テレビ局の帯番組『5時に夢中!』の過激で自由な挑戦-」刊行記念トークイベントをTSUTAYA TOKYO ROPPONGIで開催決定!

PR TIMES / 2016年10月28日09時21分

メディア業界が大注目!?“5時に夢中!”のウラとオモテと題して、番組名物コメンテーターである新潮社出版部の中瀬ゆかり部長を聞き手に迎え、大川プロデューサーに番組の魅力について語って頂きます。 エンタテインメントを通じて様々な生活提案を企画する株式会社TSUTAYAは、2005年に誰にも知られずひっそりと東京ローカル局のTOKYO MXでスタートし、今では大 [全文を読む]

新説「浪速のエリカ様」の呼び名は正しかった!その理由は...|プチ鹿島の『余計な下世話!

東京ブレイキングニュース / 2015年04月14日12時00分

中瀬ゆかり氏「5時夢」で上西議員メークをマネ!激似で爆笑誘う 』(4月9日・スポニチ)。 新潮社の中瀬ゆかり氏が「5時に夢中!」(東京MX)のなかで上西小百合風のアイメークで登場したのだ。週刊文春に載っていた「中学生時代のぽっちゃりした上西議員の写真」が自身に似ていたので真似をしたという。 私は中瀬氏のメイクを見て大切なことを思い出したのだが、「ぽっち [全文を読む]

MX『5時に夢中!』名物Pが語る“暗黒の20代”

ORICON NEWS / 2017年06月09日08時40分

特にレギュラーコメンテーターとして、前述のマツコを筆頭に、ミッツ・マングローブ、岩井志麻子、中村うさぎ、中瀬ゆかり、岡本夏生、北斗晶など、同番組をきっかけに知名度を高めたり、最ブレイクを果たしたタレントたちがズラリ。主なターゲットとして、“夜のお仕事”を生業とする視聴者に標準を定め、出勤前のちょうど良いタイミングで放送されることから、同番組は“水商売界のめ [全文を読む]

又吉直樹小説第二弾、「書かずにはいられない重要な主題」

NEWSポストセブン / 2017年05月20日16時00分

会見には、新潮社の編集者・中瀬ゆかり氏も登場した。 撮影■浅野剛 [全文を読む]

TSUTAYAとNewsPicksが、本の未来を共に描く「本3.0 本と教養とビジネス」シリーズイベント始動

PR TIMES / 2017年05月01日09時00分

また、第2弾イベントでは、「文芸と教養」というテーマで、1904年(明治37年)創刊の文芸誌「新潮」編集長 矢野優様と、新潮社出版部部長 中瀬ゆかり様をゲストにお招きして、6 月7日に開催いたします。TSUTAYAとNewsPicksは、本が持つ普遍的な価値をより深く、より魅力的に発信していくことで、お客様の知的好奇心が満たされ、読書生活がより豊かになれる [全文を読む]

上田まりえ、Eカップバストを猛アピール! 「肩幅と胸板が厚いだけ」に反論

メンズサイゾー / 2016年11月18日20時00分

あるときは、編集者の中瀬ゆかり(52)に「上田さんは横乳に自信があるんでしょう」と指摘された上田が、カメラに向かって横乳を見せつけたりもしている。そのノリの良さを見るに、上田も一連の巨乳ネタを歓迎しているフシがある。 上田に対して共演者らが「グラビアやっちぇえ」とせっつくこともあるが、そんなとき彼女は断固拒否する。フリーになったときに「グラビアの仕事はしな [全文を読む]

フォーカス