中川郁子のニュース

【永田町炎上】”衆愚政治”が生んだ間違いだらけの議員選び

デイリーニュースオンライン / 2016年03月03日12時00分

国会議員では中川郁子議員と妻子持ちの門博文との路上キスに加え、宮崎謙介議員が「育休」を宣言して物議を醸した挙げ句、妻の金子恵美議員の妊娠中に京都の自宅マンションに女性タレントを連れ込んだ“不倫疑惑”で議員辞職に追い込まれた。この件に関しては、党の重鎮たる溝手顕正自民党参議院会長までが「うらやましい人いるんじゃないの」などと軽口を叩き、顰蹙を買う有様だ。 [全文を読む]

中川郁子農水大臣政務次官 “路チュー”騒動だけではない未亡人議員の性

アサ芸プラス / 2015年08月14日17時56分

路上キス写真に続いてその相手との再デート疑惑まで報じられた自民党衆議院議員の中川郁子農水大臣政務官(56)。しかし未亡人議員の「性」に驚く声は少なく、聞こえてくるのは“やっぱりな”という声ばかりで‥‥。 故・中川昭一氏の死後、残された妻として政界入りした中川氏。「清楚な未亡人」の化けの皮を剥いだのは今年3月12日号の「週刊新潮」だった。中川氏と妻子持ちの自 [全文を読む]

路チュー騒動の中川郁子農水政務官が「週刊新潮」記者の首に手を回し「チューしましょうか」と...

リテラ / 2015年07月24日08時00分

ほとんど報道されていないが、故・中川一郎氏の未亡人、中川郁子農水政務官がまたやらかしたらしい。 安保法案国会真っ只中の6月30日、中川議員はそんなの関係ないとばかりに門博文衆院議員と逢瀬を愉しんでいたのである。門議員は「週刊新潮」(新潮社)3月12日号で "不倫路チュー"をスッパ抜かれた相手。この2人、あれだけ世間を騒がせたにもかかわらず、いまだにその関係 [全文を読む]

肉食系派閥・自民党二階派の「出会い系」パーティーに注目せよ|プチ鹿島の『余計な下世話!』

東京ブレイキングニュース / 2015年05月26日17時00分

そのうち上半期をふりかえるとき、「そういえばあったなぁ」という話題といえば、自民党の中川郁子議員と門博文衆院議員の「路チュー」騒動ではないか。『週刊新潮』(3月12日号)のスクープだった。私があのとき気になったのは路チューの2人が自民党の二階派所属ということだった。トップの二階俊博氏は安倍一強といわれる自民党のなかで、今秋の総裁選出馬の噂もある人物。世間的 [全文を読む]

自民党路チュー議員の秘書、ナンパ相手にキス拒まれ店追放

NEWSポストセブン / 2017年06月05日16時00分

門議員といえば2015年に中川郁子議員との“路上キス”を週刊新潮に報じられた。〈お酒で気が緩み軽率で誤解を招く行動だった〉という門議員の謝罪コメントは、秘書には許されなかったのか。 ※週刊ポスト2017年6月16日号 [全文を読む]

フジテレビのコネ入社疑惑は藤井フミヤ長男だけじゃない!? 安倍内閣の閣僚、「文春」元編集長の子どもも入社

リテラ / 2016年10月01日22時30分

たとえば、中曽根康弘元首相の孫(長女の息子)や、故・中川昭一氏と中川郁子衆議院議員の娘、また14年には安倍首相の甥にあたる岸信夫外務副大臣の次男、さらには安倍首相の側近で現閣僚の加藤勝信内閣府特命担当大臣の娘もまたフジテレビに入社している。「他にも、大物財界人の子息、広告代理店やスポンサー筋の関係者、大手出版社幹部の子どもなどがたくさんいます。社員の半分以 [全文を読む]

【永田町炎上】蓮舫や三原じゅん子に百万票以上を投じた有権者の知的水準

デイリーニュースオンライン / 2016年07月28日12時05分

■「劣化」する「良識の府」 宮崎謙介や武藤貴也、中川郁子など昨今は衆議院議員の「劣化」が甚だしいが、今回の参議院選では過去最多の28名の女性議員が誕生した。むろん女性議員が増えることは悪いことではない。 問題は、中に「質の悪い議員」も紛れ込み、「劣化」が「良識の府」と言われる参議院まで蝕み始めたことだろう。 7月13日、理化学研究所は、スーパーコンピュー [全文を読む]

知名度低い自民若手 地元行かず政治活動費節約し貯金に励む

NEWSポストセブン / 2016年03月09日11時00分

妻子持ちの門博文衆議院議員(50才)との “路チュー”の現場を週刊誌に撮られた、中川郁子衆議院議員(57才)未公開株を巡る金銭トラブルが発覚し自民党を離党した武藤貴也衆議院議員(36才)、そして、育休取得宣言をしながら不倫が報じられて議員辞職した宮崎謙介元衆議院議員(35才)などは有名なところだろう。 もちろん、こういった議員の給料は国民の税金から支払わ [全文を読む]

政治家選ぶコツ 「顔つきや話し方、仕草見る」と政治評論家

NEWSポストセブン / 2016年03月08日07時00分

まずは昨年3月、妻子持ちの門博文衆議院議員(50才)との不倫が発覚し、“路チュー”の現場を撮られた中川郁子衆議院議員(57才)。 未公開株を巡る金銭トラブルが発覚し、未成年男性の買春疑惑まで報じられた武藤貴也衆議院議員(36才)。そして、今年2月に議員辞職した宮崎謙介元衆議院議員(35才)は “育休取得”を宣言しながら、出産のため妻が入院している隙に自宅マ [全文を読む]

自民党2012年問題「イケメンならOK」の大量当選の代償

NEWSポストセブン / 2016年03月03日07時00分

まずは昨年3月、妻子持ちの門博文衆議院議員(50才)との不倫が発覚し、“路チュー”の現場を撮られたばかりか、その後入院した禁煙の病室でたばこを吸っていたのがバレて謝罪した、中川郁子衆議院議員(57才)。スクープした週刊誌に直撃され、「私はもっと美人」などと訳のわからない否定をしたのと相まって大きな騒ぎとなった。 昨年8月に自民党を離党した武藤貴也衆議院議 [全文を読む]

議員の劣化が止まらない! 自民の下半身醜聞はなぜ二階派ばかり?

週プレNEWS / 2016年02月26日06時00分

六本木で路チュー不倫した中川郁子(ゆうこ)、門(かど)博文、議員宿舎に未成年の男性を連れ込み、買春していたとされる武藤貴也、そして今回の「ゲス不倫」の宮崎謙介と、ここ1、2年、下半身スキャンダルを起こした国会議員はいずれも当選2回組だ。 「彼らは皆、12年に民主党が下野し、安倍自民が大勝した衆院選の当選組です。当時はまともに政権運営できない民主党に国民が呆 [全文を読む]

自民若手の連続不祥事 選挙が楽でカネと暇ある環境が一因

NEWSポストセブン / 2016年02月25日07時00分

ゲス不倫の宮崎謙介前代議士、路チューの中川郁子氏、金銭トラブルの武藤貴也氏……。不祥事続出が問題視されている自民党の2012年当選組の新人議員(武藤氏は離党)。自民党が大敗した2009年当選組(小泉進次郎氏など4人)と比べると、国会質問の数でも大きく劣り、政治キャリア、政務能力の“劣化”が問題視されている。 宮崎氏が国会で質問をした回数は1年間でわずか2回 [全文を読む]

自民新人議員は暇 宮崎謙介氏の国会質問は1年で2回

NEWSポストセブン / 2016年02月24日07時00分

宮崎謙介前代議士、中川郁子氏、武藤貴也氏もまたしかり。いまや自民党の「2012年問題」と呼ばれる始末である。 2012年に初当選した議員は116人。実は、彼らには国会で仕事がなく、暇を持て余している。落選経験のある自民党中堅議員はこう語る。 「数が多いと競争が激しくなるかというとそうでもない。与党が巨大化して議員数が多すぎると国会質問の機会はなかなか回って [全文を読む]

宮崎謙介・中川郁子・武藤貴也… 自民党の2012年問題

NEWSポストセブン / 2016年02月23日07時00分

昨年3月に同僚議員・門博文氏(比例近畿)との不倫路チューを『週刊新潮』に報じられた中川郁子・農水政務官(当時。北海道11区)は、予算委員会への出席をドタキャンして緊急入院したかと思うと、禁煙の病室でタバコをプカリとしていたことがバレて国会でさらに謝罪。 未公開株をめぐる金銭トラブルで昨年8月に自民党を離党した武藤貴也・代議士(滋賀4区)は、未成年男性を議員 [全文を読む]

民主党・細野政調会長に"ゲス不倫"問題をぶつけて返ってきた反応は?

東京ブレイキングニュース / 2016年02月22日19時00分

同じ不倫の路チュー写真でも、中川郁子衆院議員と門博文衆院議員との路チュー写真は「美しい」という評価を聞いたことがない。その反対は聞いたことがありますけどね。また今回の宮崎氏の不倫事件でも、中川・門両氏の不倫は比較対象になっていません。彼らは同じ二階派の所属だったのに......。 ということで、政党支持率では自民党にはるかに負けている民主党も、この点だけは [全文を読む]

【宮崎議員辞職】で露呈した杜撰な公認候補選びの実態と、影に隠れた大臣らの失言

Business Journal / 2016年02月17日06時00分

この1年を振り返ると、・昨年3月、農林水産政務官だった中川郁子氏と、妻子がある門博文氏が路上でキスしている写真が「週刊新潮」(新潮社)に掲載された。・同6月、党内の勉強会で大西英男氏が「マスコミを懲らしめる」などと発言。・同8月、武藤貴也氏が「値上がり確実な新規公開株を国会議員枠で買える」などと持ちかけて金銭トラブルを起こしていたことが、「週刊文春」に報じ [全文を読む]

小沢遼子氏 日本の女性政治家は男性政治家のアクセサリー

NEWSポストセブン / 2016年01月26日16時00分

日本の政界では、たまに女性議員が話題に上ったかと思えば、小渕優子氏(政治資金問題)、中川郁子氏(同僚議員との路上キス)、上西小百合氏(国会休んで旅行疑惑)など、不祥事やスキャンダルばかり。なぜこんなことになってしまったのか。 評論家の小沢遼子氏は、同性の立場から「情けないよね」と嘆くばかりだ。 「日本の女性政治家は、票を集めるためだけの男性政治家にとって [全文を読む]

安倍政権お友達人事 政治的技量のなさ露呈するだけとの指摘

NEWSポストセブン / 2015年09月04日16時00分

最後に登場するのは、首相の盟友だった中川昭一・元財務相(故人)の妻である中川郁子・農林水産政務官(56)。今年2月23日、西川公也・農水相(72)が政治資金問題で辞任したその夜に自民党の門博文・衆院議員(50)との「不倫路チュー」姿が『週刊新潮』で報じられた。その後、会期中に都内の病院に突如として入院し、国会を欠席することとなった。 政治評論家の有馬晴海 [全文を読む]

フジテレビ局員の安倍総理の甥が政治部を希望した裏側とは?

アサ芸プラス / 2015年07月01日17時55分

恐らく社会部の配属になると思いますね」(前出・フジ局員) これまでにも同局では、故中川昭一元経産相と自民党の中川郁子衆院議員(56)の長女が報道記者として活躍していたり、中曽根康弘元総理(97)の孫がバラエティ制作センターの主務を務めているなど、「政治家の身内」が入社したケースがたびたびある。 東京新聞編集委員の五味洋治氏はこう指摘する。「フジだけではあり [全文を読む]

メディアに政治家子女 フジに安倍首相甥、産経に麻生氏甥等

NEWSポストセブン / 2015年06月14日07時00分

故・中川昭一氏(元財務相)と不倫路チュー騒動の中川郁子(ゆうこ)・自民党衆院議員の長女はフジテレビの報道記者。 フジには他にも「超大物」の子息が揃う。中曽根康弘・元首相の孫は政治報道とは無縁で「バラエティ制作センター」の主任を務める。 昨年には岸信夫・自民党衆院議員の息子、つまり安倍首相の甥が入社。本人の希望で報道局に配属されている。局内では「採用試験で出 [全文を読む]

フォーカス