稲盛和夫のニュース

孫正義、稲盛和夫、柳井正 成功を収めた大富豪の至言

NEWSポストセブン / 2017年01月26日16時00分

本文中敬称略】 ●稲盛和夫(京セラ名誉会長) 「人生の旅路には近道も、また楽々と飛んでゆける魔法の絨毯などもないのです」 京セラや第二電電(現KDDI)を創業し、経営破綻した日本航空(JAL)をわずか3年で再建した稲盛和夫(1932~)は、決して天才肌の経営者というわけではなかった。 原点であるセラミック事業は強い意志をもって地道に技術力を高めた結果、信頼 [全文を読む]

独自SEOで「ビジネスの効率的な仕組み」を提供|株式会社ベンチャーネット

デイリーニュースオンライン / 2015年04月22日15時50分

2013年、盛和塾に入塾し、稲盛和夫氏に師事。2014年に経営支援システム「VENTURE NET ENGINE」の開発に着手。この他にも多岐にわたるIT関連ビジネスを視野に入れて事業展開中。 企業の「成長局面」を人材派遣で的確に支援 株式会社ベンチャーネットのオフィス風景 人材紹介サービスの社会的意義も見据えている。 「タイミングよく時代の流れにのってう [全文を読む]

京セラにKDDI、そしてJAL再建…恐るべき稲盛経営と盛和塾の団結力

Business Journal / 2013年06月20日18時00分

「京セラ、KDDIを創業し、すでに名経営者としての盛名を固めていながら、78歳にしてあえて火中の栗を拾うように日本航空の再建を引き受け、日本航空では会社更生法の適用から2年で営業利益2000億円というV字回復をやってのけた稀代の名経営者」稲盛和夫氏の経営哲学を徹底解剖する特集だ。 特集の巻頭は稲盛和夫インタビュー、日本航空の再建を引き受けると、すぐに海外の [全文を読む]

好調のJAL 既に削減限界で成長に改革逆行必要と大前氏指摘

NEWSポストセブン / 2012年07月16日16時00分

無給で会長に就任して経営再建にあたった稲盛和夫氏(現在は名誉会長)が、従業員の3割に相当する1万6000人の削減、赤字路線の廃止、燃費が悪いB747など航空機の売却、グループ内に4社あった機体整備会社の統廃合など、これまで社内の人間にはできなかった大規模なリストラを断行して徹底的にコストを削減した成果である。短期間で経営改革を成し遂げた稲盛氏の手腕は、素晴 [全文を読む]

京セラ・稲盛和夫氏に学ぶ。自他ともに幸せになる「6つの教え」

まぐまぐニュース! / 2016年12月20日18時00分

松下幸之助氏、本田宗一郎氏らとともに「カリスマ経営者」と称される京セラの創業者・稲盛和夫氏ですが、氏が常に心に留めき、「すべての人が取り入れるべき」とまで語っている「ある教え」があります。それが「六度万行」なのですが…、一体どのような考え方なのでしょうか。無料メルマガ『生きる意味は仏教に学びなさい』の著者・中村僚さんがわかりやすく解説してくださっています。 [全文を読む]

エントリーシート正しい修正方法。修正液はNG、間違えない為の工夫と心構えで本気を伝えよう

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年03月31日12時00分

間違えないための心構えと工夫、間違えたときの対処法 京セラならびに現在KDDIの創業者で、JALの再建にも注力した稲盛和夫氏は、著書『働き方』(三笠書房)で次のようなエピソードを紹介しています。京セラがまだ小さな会社だった頃、稲盛氏と経理部長が帳簿を見直していたとき、数字の誤りに稲盛氏が気付きました。それを指摘すると、経理部長は消しゴムで消そうとしたそうで [全文を読む]

【航空業界の研究】JAL:V字回復を実現したJAL、その歴史と地上で航空を支える仕事とは?

楽天みんなの就職活動日記 / 2016年03月17日12時00分

しかし、京セラおよび現在のKDDIの創業者である稲盛和夫氏を会長に迎え、徹底的なコスト削減、大幅なリストラなどによる経営のスリム化を実施することでV字回復を達成。2012年には東証一部に再上場を果たしています。もしJALを志望するなら、基本的なフィロソフィーを変えることから経営改革に臨んだ、稲盛和夫氏に関する本を読んでおくとよいでしょう。現在、JALは20 [全文を読む]

三笠書房「就活応援フェア」対象書籍『働き方―――「なぜ働くのか」「いかに働くのか」』著者稲盛和夫が、キンドル電子書籍ストアにて『哲学・思想』『思想・社会』『哲学入門』でランキング1位の3冠獲得

DreamNews / 2016年02月19日18時00分

現代における「最高の働き方」とは? ベストセラー『生き方』『稲盛和夫の実学』の著者による書下ろし! 「なぜ働くのか」「いかに働くのか」──混迷の時代だからこそ、あえて「労働が人生にもたらす、素晴らしい可能性」を問いかける! 「人生において価値あるものを手に入れる法」、「平凡な人を非凡な人に変えるもの」、そして「成功に至るための実学」──。 「本書を通じて [全文を読む]

リア充にはアイディアセンスがない? 成功に必要なセンスを磨く方法

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月02日06時30分

孫正義(ソフトバンクグループ創業者)、稲盛和夫(京セラ・第二電電〈現KDDI〉創業者)、レイ・クロック(マクドナルドコーポレーション創業者)など誰もが知っている実業家の多くは若くして成功を収めている。数字を読む力、ビジネスチャンスをかぎ分ける力、運をつかむ秘訣、彼らの圧倒的経営センスはいったいどこから生まれたのか。このような疑問に答えるのが『成功者は、だか [全文を読む]

ビジネスパーソンこそ「瞑想」をしよう!日本初の認定瞑想ティーチャーが1日1分通勤電車でできる瞑想を初公開!

PR TIMES / 2015年09月24日10時01分

Google、Apple、イチロー選手、長谷部誠選手、稲盛和夫氏……グローバルエリートが実践する最強ビジネスツール。フォレスト出版ではこのたび、ビジネスパーソン向けの瞑想をテーマにした『世界のエリートはなぜ瞑想をするのか』を刊行しました。本書では、日本初認定瞑想ティーチャーが、多くの事例や体験談をもとに、ビジネスシーンにおける瞑想の有用性と1日1分からでき [全文を読む]

【新製品発表会 9月11日】イノベーション・新事業の創造に際し、これまででは、及びもつかなかった画期的なアイデアの創案を行えるプログラム「BCKicker」を開発。9月11日 新製品発表会を開催。

PR TIMES / 2015年09月07日09時28分

弊社では、数々のイノベーションを生み出した稲盛和夫氏らが提唱する「念いを実現する“成功の方程式”」を実現容易な手法として体系化することに成功しました。「成功の方程式」は、稲盛氏をはじめ多くの成功者たちが、念いを実現する成功法として説かれていますが、うまく実践できないのが現状です。弊社では、その原因を解明しました。うまくいかないのは、「各人には、念いはある [全文を読む]

立命館大学 稲盛経営哲学研究センター開設 及び開設記念講演会開催について

PR TIMES / 2015年06月08日09時27分

本研究センターは、稲盛和夫・京セラ株式会社名誉会長(以下、稲盛名誉会長)の企業経営における実践的哲学“稲盛経営哲学”の「普遍化」「一般化」ならびに、その理念の体得に繋がる「教育プログラムの開発」に取り組みます。今後、本研究センターでは、研究成果を広く世界に発信することにより、「日本と世界の新しい教育創造」に貢献することを目指します。“稲盛経営哲学”を総合的 [全文を読む]

京セラ名誉会長 稲盛和夫 鹿児島県及び鹿児島市への寄附金の贈呈について

@Press / 2015年06月03日10時30分

1 寄附者 稲盛和夫 (京セラ株式会社名誉会長,公益財団法人稲盛財団理事長) 2 寄附の内容 ・鹿児島における国際交流のさらなる発展のため,「国際交流センター(仮称)」の建設資金として,鹿児島県と鹿児島市へ各10億円を寄附する。 ・外国人留学生を受け入れる宿泊施設とともに,県民・市民が海外から来られる方々と活発に交流することができる拠点を,鹿児島県と鹿児島 [全文を読む]

中国で松下幸之助や稲盛和夫らの日本人の経営哲学が広く浸透

NEWSポストセブン / 2015年02月21日07時00分

現在、中国の書店では京セラ創業者・稲盛和夫の「経営哲学本」が山積みにされている。稲盛経営塾を中国各地でも開催して「従業員を大事にする」「相手の利益を考える」「嘘をつかない」などの理念を説き、中国経営者の「利益を上げることこそ使命」といった価値観に大きな影響を与えている。昨年、ニューヨーク証券取引所に上場を果たした中国のIT企業、阿里巴巴集団(アリババ)の [全文を読む]

中小企業経営者必読! 『夢現力―夢を現実にする力―』11月初旬発刊!

DreamNews / 2014年11月04日15時00分

京セラ株式会社名誉会長・盛和塾塾長の稲盛和夫氏やランチェスター経営戦略の第一人者である竹田陽一氏をはじめ、著者がこれまでに多くの師たちから得た貴重な学びに加え、著者自身が経営コンサルタントとして蓄積してきたノウハウ、経営戦略、経営理念、人生哲学などが満載。中小企業の経営者たち必読の一冊。■タイトル:夢現力―夢を現実にする力― ■著者:竹中 勇 ■発行所:出 [全文を読む]

稲盛和夫京セラ名誉会長の知恵袋が明かす「アメーバ経営」の実践書 『全員で稼ぐ組織 JALを再生させた「アメーバ経営」の教科書』

PR TIMES / 2014年05月29日10時40分

──稲盛和夫京セラ名誉会長 稲盛名誉会長の懐刀、森田直行氏による初の著書 2010年1月、会社更生法の適用を申請し事実上倒産をした日本航空(JAL)。会社更生法を活用しても 二次破綻は免れないと懸念されたJAL再建の命運を託された稲盛和夫京セラ名誉会長は、「自分がやるなら、 フィロソフィとアメーバ経営しかない」と考え、ブレーンとして京セラグループから引き [全文を読む]

稲盛和夫「アメーバ経営」非難と称賛だけでは見落とす本質とは~合理性と非合理性の調和

Business Journal / 2013年12月23日01時00分

稲盛和夫」--今や、この人の名を知らない人は少ないだろう。ビジネス情報に疎い昨今の大学生でも知っている。今さらいうまでもないが、京セラの創業者で、破綻した日本航空(JAL)を無報酬で再生に取り組み、蘇らせた経営者である。松下幸之助氏は昭和の「経営の神様」と呼ばれたが、稲盛氏は平成の「経営の神様」と称されており、当サイトでもたびたび取り上げられてきた。 企 [全文を読む]

百田尚樹×稲盛和夫対談「戦後の復興を支えた男たちの生き方を、とにかく今の日本に知らせたい」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年09月15日07時20分

特集では、百田氏と京セラ株式会社の創業者であり、JAL再建の立役者としても注目を集めている稲盛和夫氏との対談を掲載。大正・昭和という激動の時代、戦後日本復興のため尽力した主人公を描いた『海賊とよばれた男』について、そして「働く」ということについて語っている。 【稲盛】こういう素晴らしい本を書かれるのは大変でしょうね。どのくらいの時間をかけて書きあげられまし [全文を読む]

ワコール創業塚本氏 京セラ稲盛和夫氏妻の内助の功を高評価

NEWSポストセブン / 2013年08月12日07時00分

“経営の神様”京セラ創業者の稲盛和夫氏の場合はどうか。妻の朝子さんは、稲盛氏が起業前に勤めていた会社で助手をしていた女性だという。稲盛氏は夫人について著書『ガキの自叙伝』で、こう語っている。 〈妻は知り合ってから今までグチひとつこぼしたことがない。京セラ創業のころ、食べるもの、着るものも満足に買えなかったが、不満一つ言わなかった。それ以来、帰宅するのはい [全文を読む]

事業再生コンサル 民主党再生にJAL再生の稲盛和夫氏を推挙

NEWSポストセブン / 2013年07月30日07時00分

喜多氏が「最も適した人材」として推すのが、JALの再生を成し遂げ、民主党の支援者でもあった稲盛和夫氏だ。 「もともと官僚的な組織だったJALの会長に稲盛さんが座って、“アメーバ経営”といわれる徹底的な収益管理を行なった。その上で“会社を残すために頑張ろう”と、社員の意志を統一したわけです。稲盛さんクラスの経営者であれば、今の民主党を立て直すことも不可能では [全文を読む]

フォーカス