鈴木翔太のニュース

データで勤怠管理をしている会社で、労働時間を改ざんされたらどうすればいい?

相談LINE / 2015年06月13日21時00分

さて今回は、人件費を減らそうとするブラック企業が、労働者に無断で残業時間を改ざんしようとした場合にどんな罰則があるのか、また勤怠をデータで管理されていた場合、労働者としてはこのような事態にどう対策するべきかを鈴木翔太弁護士に伺った。 ■時間外勤務中の業務全てを記録することが重要! 「労働時間をタイムカードやパソコンのログ時間を使ってデータ管理しているにも [全文を読む]

学校で水を飲んでも窃盗にならないのに充電したら窃盗になる理由って?

相談LINE / 2015年06月27日19時00分

今回は、学校で水を飲むことが窃盗にならずに、充電したら窃盗になってしまう理由について、前回同様、鈴木翔太弁護士に話を伺った。 ■水も電気も、何のために使われるのかが重要 当然ではあるが、学内で使われる水道代や電気代は大学が負担している。しかし水は自由に飲むことが出来ることに対して、電気は違う。 「学生は、講義の受講や研究といった学習のために大学に行きます [全文を読む]

【中日】期待の鈴木翔太を“父親気取り”で応援すると前向きになれる

文春オンライン / 2017年05月17日11時00分

それは鈴木翔太のプロ入り4年目にしての初勝利。連敗で淀みきっていた心に一服の清涼剤を流し込んだような、まさに溜飲を下げる投球を見せてくれたのだ。 5月9日、舞台は岐阜の長良川球場。対DeNA戦。地方球場という投げづらいマウンドにはビクともせず、5回2/3をロペスの一発だけに抑える好投。圧巻は5回。連打で無死一、二塁となってからの三者連続三振。かつてのエー [全文を読む]

勝訴率で選びたいけど、勝訴率をアピールする弁護士広告がないのはなぜ?

相談LINE / 2015年10月05日22時00分

ではなぜ勝訴率や過去に取り扱ってきた案件を広告に表示しないのか、その理由を鈴木翔太弁護士に伺った。 ■弁護士の広告出稿には、守られなければならないルールがあった! 2000年に自由化された弁護士広告。自由化といっても完全ではなく、広告の運用においてルールが存在するのだろうか。 「日本弁護士連合会会則29条の2は、ルールに従う限りにおいて、弁護士の広告を認め [全文を読む]

今では当たり前となった弁護士広告。そもそも何故禁止されていた?自由化された理由は?

相談LINE / 2015年08月10日19時00分

この理由について鈴木翔太弁護士に伺った。 ■弁護士の「品位」を損なう可能性があるとされていた広告 早速であるが、弁護士が広告を出してはいけない理由を伺った。 「従前、弁護士倫理第8条において、弁護士の広告は全面禁止されていました」(鈴木翔太弁護士) 「その理由は、弁護士は公共的な奉仕者であって、個人的な利益追求者と異なり、依頼者獲得の競争をするために広告す [全文を読む]

社長「タイムカードは定時で切れと全員に言っておけ」社員「了解です」ーーこれって社員も共犯?!

相談LINE / 2015年03月16日21時00分

今回はそんな悪質なケースについての法的責任を鈴木翔太弁護士に聞いてみました。 ■代表的な「残業代削減」の9パターン! まずは悪質なケースについて代表的な9つのパターンをご紹介します。 (1)「うちの会社は残業代でないよ」ということを事前に説明し、残業代削減。 (2)会社で残業させず、会社指示の下、仕事を自宅に持ち帰らせる。 (3)残業上限時間を勝手に決め、 [全文を読む]

中日、鈴木翔太がプロ初勝利…ビシエドが一発含む3安打3打点で強力援護

サイクルスタイル / 2017年05月09日22時07分

先発の鈴木翔太投手が好投を見せるなど投打がかみ合い、8-3で快勝した。 中日は3回裏、走者一、三塁の好機を作ると、堂上直倫内野手が適時打を放って2点を先制。その後、ビシエド内野手に今季第5号の2点本塁打が飛び出すなど打線がつながり、5-0とリードを広げた。 6回表には、鈴木がDeNAのロペス内野手に2点本塁打を浴びて追い上げられるも、7回裏には走者一、二塁 [全文を読む]

前回プロ初勝利の中日・鈴木が首位阪神に挑む 16日のセ・リーグ試合予定

ベースボールキング / 2017年05月16日14時03分

対する中日は、9日のDeNA戦で6回途中2失点と試合を作り、プロ初勝利を挙げた4年目右腕・鈴木翔太がマウンドに上がる。阪神打線を封じ、ローテーション入りに向けてアピールしたいところだ。 【16日の試合予定】 巨人(菅野智之)- ヤクルト(ブキャナン) <東京ドーム 18時00分> ・最近5試合の成績 巨(3位):●●○●● ヤ(5位):○●○●○ 阪神( [全文を読む]

谷繁前監督の“置き土産” 中日・鈴木翔太が遅すぎる初勝利

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年05月10日12時05分

「4年目の初勝利なのですごくうれしい。今まで苦しかった。時間がかかりましたけど、1つでも多く勝てるように頑張りたい」 六回途中、9奪三振2失点でプロ初勝利を挙げた右腕はこう言った。 確かに時間を要した。静岡の聖隷クリストファー高校から13年ドラフト1位で入団。中日は1位指名で松井裕樹(楽天)を外すと、当時の谷繁新監督は、スカウトの映像を見て一目惚れしていた [全文を読む]

【5月9日プロ野球全試合結果】阪神が怒濤の6連勝、ヤクルト・大松尚逸が代打サヨナラ弾、ソフトバンク・千賀滉大が5勝目

サイクルスタイル / 2017年05月09日23時07分

■中日、鈴木翔太がプロ初勝利…ビシエドが一発含む3安打3打点で強力援護中日は5月9日、岐阜市の長良川球場でDeNAと対戦。先発の鈴木翔太投手が好投を見せるなど投打がかみ合い、8-3で快勝した。中日は3回裏、走者一、三塁の好機を作ると、堂上直倫内野手が適時打を放って2点を先制。その後、ビシエド内野手に今季第5号の2点本塁打が飛び出すなど打線がつながり、5-0 [全文を読む]

フォーカス