柴田錬三郎のニュース

「週刊プレイボーイ」人生相談47年の歴史が生んだ、男と女の名言集

週プレNEWS / 2013年10月07日10時00分

遠藤周作、今東光、柴田錬三郎、開高健、野坂昭如、浅田次郎らの作家をはじめ、松山千春、アントニオ猪木、赤塚不二男、坂本龍一、武田鉄也などさまざまなジャンルの人生の先輩たちが若者の悩みに答えてきた。そして現在はリリー・フランキーの人生相談が連載中だ。 現在発売中の『週刊プレイボーイ42号』では、創刊47周年記念企画として、創刊から現在までの「恋愛記事クロニク [全文を読む]

「週刊プレイボーイ」が本気で挑む、創刊50周年メモリアルイヤーの特別企画 週プレ編集部が完全プロデュースする公式酒場『週プレ酒場』を新宿歌舞伎町に一年間限定でオープン!

PR TIMES / 2017年06月01日12時14分

[画像1: https://prtimes.jp/i/20859/3/resize/d20859-3-483305-0.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/20859/3/resize/d20859-3-234689-1.jpg ] 『週刊プレイボーイ』は、1966年10月の創刊以来、その時代を代表するアイドルたちの グラビア写 [全文を読む]

「秘宝ポジフィルム一挙出し!」で名コラムリストが語る“70年代グラビアと週プレ”の時代

週プレNEWS / 2017年05月06日15時00分

時代小説の大御所・柴錬(柴田錬三郎)さんと横尾忠則さんによる豪華な組み合わせの全編カラーで。横尾さんの絵をゴージャスに見せてやるって意気込みが誌面から伝わってきましたね。 ―連載中、ふたりはホテルで缶詰になって生まれたという渾身の作品です。 亀和田 あとは「人生相談」。これも柴錬さんが最初ですけど、青春の真っ只中で悶え苦しんでいる若者たちに「バカヤロウ!」 [全文を読む]

夏目雅子、高倉健らを撮った写真家・立木義浩が語る「女、文豪、役者、そして写真」

週プレNEWS / 2016年08月09日06時00分

週プレでは柴田錬三郎先生、開高健先生との幸運な邂逅(かいこう)もあった。撮影の前日は背筋が伸びるというか、子供のように興奮したものだ。だって、一生かかっても身につけることができない教養の宝庫と少なからず時間を共にするんだから。 ふたりに共通して感じたのは“魔が差す”ということ。ワッとしゃべっているけど、不意に意識が内側に寄りかかる瞬間があった。きっと、言 [全文を読む]

ファンキー加藤があの直木賞作家に聞いた人生相談「オレの前に堂々と出てきただけで対談する意味はある」

週プレNEWS / 2016年06月29日06時00分

開高健(かいこう・たけし)さん、柴田錬三郎さん…週プレで人生相談した人はみんな死んじゃうから(苦笑)。 加藤 大沢さんが、『鮫(さめ)と飲みあかそう!』を連載していたのは1996年でした。 大沢 バブル崩壊のちょっと後かな。それ以前…80年代の初めくらいから週プレとは付き合いがあったんだけど、まぁ、とんでもないばかな連中の集まりでね。突然、「先生、スケベ光 [全文を読む]

NHKは『とと姉ちゃん』のモデル・大橋鎭子の戦争反対の思いを描くことができるのか?

リテラ / 2016年05月07日08時00分

親交のあった作家・柴田錬三郎はそんな大橋氏のことを〈仕事はもちろん、日常茶飯事にこれほど重宝な人間は、またとあるまいと、おもわれるオール・マイテイの女だつた〉と評している。 ファッションページでは自らモデルをつとめ、着物から直線裁ちでつくることができる普段着を提案。「誰にでも必ず出来る」料理記事や、「暮しの手帖」の代名詞ともいえる消費者目線の「商品テスト」 [全文を読む]

【著者に訊け】月村了衛氏 ハードボイルド作『影の中の影』

NEWSポストセブン / 2015年11月08日16時00分

『眠狂四郎』(柴田錬三郎)が支持された理由もたぶん主人公の現代性にあって、虚構を借りて今を描くエンタメの本流は、むしろ時代小説にあったはずです」 例えばデビュー作『機龍警察』ではパワードスーツを思わせる特殊装備を纏った傭兵部隊がテロリストを相手に活躍。警察が傭兵を雇う至近未来を描いて好評を博し、シリーズ化された。「特に今の国際情勢は文献が5年で古くなるほど [全文を読む]

当代屈指の伊達男が一流のファッションを指南するエッセイ集

NEWSポストセブン / 2015年04月13日07時00分

今東光や柴田錬三郎との交遊が臨場感たっぷりに描かれるのも、昭和の文豪たちにかわいがられた著者ならではだろう。 彼のファッションをそっくり真似するには並外れた情熱と財力が必要になるが、その「お洒落哲学」は女性にも応用可能だ。教科書ではなく“ファッションの参考書”として、また一流の美意識を持つ「本物のダンディ」の実像を知る上でも貴重な読書体験となるに違いない。 [全文を読む]

【著者に訊け】脚本家・金子成人『付き添い屋・六平太』語る

NEWSポストセブン / 2014年12月14日16時00分

江戸後期、生活感溢れる剣の遣い手という設定は、かつて金子氏が脚本を手がけた『御家人斬九郎』(フジテレビ系 柴田錬三郎原作 渡辺謙主演)とも重なる。「僕は時代劇でもああいう洒脱さがある方が好きだし、人が生きている感じがする。 例えば飯屋。それ以前は屋台で何か軽くつまむ程度だったのが、江戸も中期以降になると多種多様な飯屋が方々にでき、人が集まる拠点になった。 [全文を読む]

GACKTのソロ4年ぶり、かつ現在までの歴史を振り返るベスト盤的内容のツアーを、WOWOWでオンエア決定!

PR TIMES / 2013年06月14日18時28分

さらに8月には、GACKTが2010年に初主演した舞台「眠狂四郎無頼控」もあわせてWOWOWでオンエア!柴田錬三郎原作の時代劇を、原案監修に小山薫堂、音楽監督にSUGIZO(X JAPAN、LUNA SEA)、そして舞台初主演のGACKTという強力な布陣で華々しく復活させた話題作をお届けする。 収録日:2013年7月 収録場所:神奈川 横浜アリーナ ■■ [全文を読む]

フォーカス