横山やすしのニュース

<番組制作の裏側でみたスターの裏話>高倉健・明石家さんま・佐野史郎・横山やすし・岡本太郎

メディアゴン / 2014年11月30日02時00分

●忘れられないスターの裏話・横山やすし横山やすし。伝説の天才漫才師である。優しい人だった。ただし、酒が入ると手がつけられなくなる。筆者は新人時代「横山やすし番」であった。所ジョージさん司会の「笑って許して!!」(1983〜1986・日本テレビ)というクイズ番組で、やすしさんはメイン回答者だった。大変扱いがデリケートな人だった。しかし、本番になると抜群に面白 [全文を読む]

<多様性なきバラエティ?>80年代のMANZAIブームと現在の芸人ブームの明らかな違い

メディアゴン / 2016年05月07日07時30分

出演はツービート(ビートたけし、ビートきよし) / B&B(島田洋七、島田洋八)ザ・ぼんち(おさむ、まさと) / 島田紳助・松本竜介(島田紳助、松本竜介)星セント・ルイス(星セント、星ルイス) / 中田カウス・ボタン(中田カウス、中田ボタン)横山やすし・西川きよし(横山やすし、西川きよし)であるが、筆者のセント・ルイス、カウス・ボタンに対する印象は薄い。司 [全文を読む]

元チェッカーズ、三田佳子、横山やすし... 犯罪を犯した有名人の息子4名!

tocana / 2015年10月06日09時00分

横山やすしの息子 木村一八 漫才師の横山やすしの息子・木村一八は幼少の頃よりテレビ番組に出演。俳優として順風満帆の人生を歩んでいたが88年の事件をきっかけに一変させる。木村が19歳のころ、六本木で酒に酔い、タクシー運転手を一方的に暴行を加えたとして逮捕された。被害者は脳挫傷に至る重症であったが、父親のやすしは取材陣に対し、「男は喧嘩するぐらいが丁度ええ」 [全文を読む]

有名人衝撃死の真相「横山やすし」“酔っ払い運転⇒吉本クビで糸が切れた”

アサ芸プラス / 2015年08月08日17時57分

日本一の天才漫才師・横山やすし(享年51)は波乱の後半生を送り、玉砕するかのように早世した。今なお関西を中心に人気は絶大。デビュー前からの「恩師」であるプロデューサーの澤田隆一氏が追想する。── やっさんと初めて出会ったのは、やすきよ(横山やすし・西川きよし)になってからですか。澤田 いや、もっと早くて彼が中学1年生の時。僕がやっていた「漫才教室」(ABC [全文を読む]

天才漫才師・横山やすしの決断力がスゴすぎる 誰もが怖がるピンチはどう乗り切るか?

AOLニュース / 2015年03月19日22時00分

横山やすしといえば、「横山やすし・西川きよし」として一時代を築いた漫才師です。無類のギャンブル好きとも知られています。彼のマネージャーでもあった、木村政雄の『気がつけば、みんな吉本』によると、彼はこんなことを言っていたそうです。 「誰もが怖がる切れかかった吊り橋を渡る時、俺はいつもこう考える。この橋はどれくらいの荷重に耐えられるやろうか。それからこの荷重 [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.10(3)破天荒芸人「横山やすし」の宿命的生き様

アサ芸プラス / 2017年01月02日09時52分

横山やすし・きよしコンビの漫才はいまも繰り返しテレビで放映され、その出色の面白さは色あせることがない。しかし、やすしの天才ぶりは、破天荒で破綻すれすれの性格に裏打ちされたものだった。ゆえに、その暴言と生活ぶりはハチャメチャの連続。しばしば事件を起こしては吉本興業から謹慎処分を受け、ついには追放となる。 その転落のきっかけは、相棒きよしが85年に国会議員にな [全文を読む]

大物スター8人!「伝説の会見」パフォーマンス(2)横山やすしが見せた“本物の涙”

アサ芸プラス / 2016年06月26日17時57分

当時の彼女は受け流すということができなかったんですね」(前田忠明氏) 続いてお届けする会見の主役は、天才漫才師と言われた故・横山やすし(享年51)。その人生はトラブル続きだったが、息子の木村一八(46)も父親に劣らぬトラブルメーカーだった。88年には、タクシー運転手に対する傷害で逮捕された。「原因は乗車拒否。しかし、暴行されたのは拒否した運転手ではなく、そ [全文を読む]

前園、亀梨、古くは横山やすしも……なぜ芸能人・業界人の“タクシートラブル”は続くのか

日刊サイゾー / 2013年10月18日11時00分

木村のコワモテぶりが、離婚の原因の1つだったようです」(同) 数ある芸能人の“タクシートラブル”でも極めつきなのが、故・横山やすしとその息子で俳優の木村一八の、親子二代にわたる狼藉ぶり。やすしは1970年、タクシー運転手への傷害事件という“最初のトラブル”を起こす。さらに懲りずに、77年にはタクシー運転手に「昔でいえば駕籠かき雲助やないか」と暴言を吐いて侮 [全文を読む]

有名人15人「臨終の瞬間」壮絶舞台ウラ(5)横山やすし「娘よ、漫才だけはするな」

アサ芸プラス / 2012年02月25日10時54分

最後まで破天荒な生きざまを貫いた横山やすし(享年51)。 96年1月、アルコール性肝硬変で不帰の人となった彼には、娘の木村ひかり(31)に宛てた遺言がある。 〈漫才だけはするな〉 死後、遺言を守っていたひかりだが、宮川大助・花子の娘・松下さゆみと出会い、コンビを結成。「七光り」をネタに自虐的な笑いを取っている。親の心子知らず。いや、蛙の子は蛙ということかも [全文を読む]

<小説・暴言作家問題>暴言を利用して比較優位の立場を得るための作戦か?

メディアゴン / 2015年06月29日06時50分

芸人で「やんちゃ」な人と言えば、なんと言っても横山やすしだ。けれども、いくら国民が「やんちゃ」好きでも、横山やすしを国のトップには選ばないだろう。待てよ、ビートたけしはどうだろう。「やんちゃ」な上に映画でフランス人から賞をもらったり、時々政治の難しい話を茶化したしているじゃないか。もし、国のトップが直接選挙で選ばれることになったら、ビートたけしが選ばれるか [全文を読む]

よこしまな動機の男女コンビもいるんだね! 尊敬すべき先輩コンビはどこに?〈にちようチャップリン〉(テレビ東京)

J-CASTテレビウォッチ / 2017年05月24日12時00分

ウッチャンは黙って静かに笑っているだけだが、これが横山やすしだったら、そんなナンパ感覚で漫才をやる奴には激怒し、暴言を吐いていたに違いない。 ところで、番組では男女コンビの草分けとして南海キャンディーズがVTRで登場し、別格扱いされていたが、ミヤコ蝶々・南都雄二、京唄子・鳳啓助、あした順子・ひろし、かつみ・さゆりはどうなるんだ!? と思った。お笑いネタ番組 [全文を読む]

絶対にカンペーを読まぬ所ジョージは「芸能界最強の褒め上手」

NEWSポストセブン / 2017年04月07日07時00分

過去には、収録開始時に激怒していた横山やすしをいつの間にかニコニコ笑顔にさせてしまったこともある。黒澤明や大江健三郎にも愛されていました」(同前) ●吉川圭三(よしかわ・けいぞう)/1957年東京生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、82年に日本テレビ入社。上記の番組のほか、『特命リサーチ200X』『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』なども担当。2013年よ [全文を読む]

NON STYLE・井上裕介、ひき逃げ事故が芸能活動の転機に? コンビ間“アンバランス”解消へ……

日刊サイゾー / 2017年03月08日21時00分

かつて、お笑いコンビ「横山やすし・西川きよし」が芸能活動を行っていた頃、お笑いに無頓着だった西川が、不祥事を連発するお笑い天才肌の横山を支えたのは有名な話。前出のテレビ局員は「今回の事件をきっかけに、NON STYLEのコンビ間のパワーバランスが均衡すれば、もっと活躍の場が広がるのではないかと言われています。コンビ間のわだかまりが解けて、いずれ『NON [全文を読む]

ハードコアチョコレート主催の“コアチョコ映画祭”で「ビッグマグナム 黒岩先生」のTシャツを先行販売!

@Press / 2017年01月20日13時30分

有限会社ハードコアチョコレート(本社:東京都中野区、取締役:宗方雅也、以下 ハードコアチョコレート)は、2017年1月28日(土)に、オールナイト映画祭イベント“コアチョコ映画祭”「HARDCORE CHOCOLATE GRINDHOUSE'17」をテアトル新宿にて開催することを記念して、東映株式会社(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:多田憲之、以下 [全文を読む]

あの「ビッグマグナム 黒岩先生」のTシャツ当日販売も決定! 『コアチョコ映画祭』開催迫る!!

ガジェット通信 / 2017年01月14日14時45分

そして、上映される映画はというと、菊池桃子のデビュー作「パンツの穴」と、横山やすし主演の「ビッグマグナム 黒岩先生」という、もはや伝説の2作品! 来場者にはもれなくスマホ対応の限定オリジナルデザイン・コアチョコグローブがプレゼントされる。 プレゼント抽選会やお得な物販コーナーも設けられるとのことだが、今回なんと「ビッグマグナム 黒岩先生」のTシャツが当日 [全文を読む]

西川きよしさん長男・西川忠志さんが『Twitter』アカウントを開設!

ガジェット通信 / 2016年12月20日10時00分

横山やすしさんの長男、木村一八さんのような破壊力はないが、代わりに人の良さ、育ちの良さがにじみ出る関西では貴重なセレブキャラだ。 一見固く、面白みはないのだが、よく噛みしめると彼の人生が醸し出す自嘲的なブルース風味の笑いの要素があふれだしてくる。 現在のところ、『YAHOO!ブログ』の更新報告、テレビ番組への出演報告など無難なツイートが目立つが、顔文字が [全文を読む]

第10回「フジテレビ物語(中編)」

ソーシャルトレンドニュース / 2016年10月14日19時00分

関西を代表する漫才コンビの横山やすし・西川きよしに、当時、東京の演芸界で飛ぶ鳥を落とす勢いだった星セント・ルイス。この東西2大巨頭に、チャレンジ枠として若手漫才コンビのB&Bが加えられた。■漫才ブームの夜明け1枚の写真がある。それは、ステージ袖のモニターを見つめるやすし・きよしとセント・ルイス4人の姿。彼らの表情は曇っている。それは、まさに今、ステージ上で [全文を読む]

“文春”の歴代スクープ43本を一挙収録『週刊文春オリジナルコレクション』を電子書籍で発売!

@Press / 2016年07月12日18時00分

横山やすし、勝新太郎の死から、世間を震撼させたあの事件、政治家・芸能人のスキャンダルまで、43本のスクープを収録したスペシャル版です。本書は、昨年7月に、プリントオンデマンド書籍として限定発売したところ好評を博し、このたび電子書籍として再販売することとなりました。ぜひこの機会に、「週刊文春」の名スクープの数々をお楽しみください。■本書に収録されている記事毒 [全文を読む]

【書評】刑事弁護人が明かす隠語・俗語の語源と秀逸な使用例

NEWSポストセブン / 2016年06月28日07時00分

今は亡き横山やすしの語り口で読むと雰囲気が出ます。 ※週刊ポスト2016年7月8日号 [全文を読む]

ベッキー・乙武洋匡・自称「イクメン議員」… 人はなぜ危険な男女関係に走るのか?(1)

アサ芸プラス / 2016年05月02日09時57分

横山やすしや勝新太郎みたいな、本当に破天荒なスターが出にくくなるだけじゃないでしょうか」 [全文を読む]

フォーカス