藤井聡のニュース

ユネスコ遺産登録の南京大虐殺の真実から安倍政権の今後まで徹底検証!『言志vol.5』TV「チャンネル桜」責任編集 日本にとことんこだわる「大人の言論マガジン」第5弾!!

DreamNews / 2015年12月09日17時00分

その他にも「国土強靭化」でGDP600腸炎達成を訴える藤井聡京大教授の提言や、ビッグバンの謎に迫る巨大な加速器「リニアコライダー」について評論家の三橋貴明氏がレポートするなど内容は盛りだくさん。日本の明日を考えるヒントが満載の1冊です。<本書の内容> 【安倍政権今後三年への提案】 青山繁晴、高山正之、日下公人、高橋洋一、小堀桂一郎、小川榮太郎、伊藤貫、クラ [全文を読む]

大阪維新のBPO申し立ては異常だ! 藤井聡のテレビ出演がダメなら橋下支持の辛坊治郎とたむけんはどうなる?

リテラ / 2015年10月21日22時00分

ターゲットは同番組でコメンテーターをつとめる藤井聡・京都大大学院教授だ。藤井氏は橋下市長が掲げた大阪都構想反対の急先鋒的存在で、これまでも橋下市長と都構想の問題点を鋭く追及。今年2月にも維新の党が在阪各局に、藤井氏を出演させないよう"圧力文書"を送った経緯がある。 今回、維新が新たに問題にしたのは、その藤井氏が11月のダブル選挙で維新の対立候補者や自民党 [全文を読む]

橋下徹が都構想批判の学者を出演させるな、とテレビ局に圧力!安倍との言論封殺コンビで次は...

リテラ / 2015年03月07日23時04分

「大阪都構想」を巡って橋下市長と京都大学大学院教授の藤井聡氏がバトルを繰り広げていることは、すでに本サイトでも取り上げた。藤井教授がメルマガで都構想の問題点を指摘すると、橋下氏がツイッターで藤井氏のことを「バカな学者の典型」「この、小チンピラ」などと罵っていたのだ。 ここまでならよくある"橋下ケンカ商法"だが、今回は藤井氏が出ているテレビ各局に対して「藤 [全文を読む]

財政健全化議論浮上しPB黒字化の断念も――内閣府

経済界 / 2017年05月24日09時27分

政府中枢にいる内閣官房参与の藤井聡・京大大学院教授が「PB目標を撤回し、債務残高が国内総生産(GDP)に占める割合を減らすことを重視すべきだ」とネット上などで提言し、「政権中枢の意向なのか」と憶測を呼んでいるのだ。内閣府は来年6月ごろにまとめる経済財政運営の指針「骨太の方針」でPB目標の在り方を盛り込むとみられるが、今から議論の行方が注目される。 PBは社 [全文を読む]

東京オリンピック中止も!? 「2020年までに首都直下巨大地震が起きる」 複数の科学者が指摘

tocana / 2017年01月12日08時00分

京都大学の藤井聡教授は、2020年までに首都直下型の大地震が起こることは十中八九間違いないと指摘する。M9の東日本大震災を経た現在、多くの科学者は日本列島が集中的な「地震活動期」に入ったと考えているという。過去2千年を見ると、東日本の太平洋沖はM8クラスの巨大地震に計4回襲われているが、いずれも地震活動期の真っ只中のことだった。そして4回すべてのケースで [全文を読む]

東京五輪が中止になる「首都直下大地震」は明日にでも来る!(2)「地震活動期」に突入している

アサ芸プラス / 2016年09月08日05時55分

内閣官房参与で京都大学の藤井聡教授も、雑誌「VOICE」14年3月号で、首都直下型大地震が20年までに起こるのは十中八九間違いない、と指摘している。東京五輪までに90%の確率で大地震が発生すれば、東京とその周辺は大災害に見舞われ、五輪開催どころではなくなるだろう。〈マグニチュード9にも及ぶ東日本大震災が起こったいま、多くの科学者が、いまの日本列島は大地震が [全文を読む]

消費税10%先送りへの布石? 安倍首相が「国際金融経済分析会合」を新設した意図

まぐまぐニュース! / 2016年03月09日13時00分

内閣官房参与の藤井聡・京大大学院教授が、「政策総動員が打ち出されたG20声明を踏まえても、消費税引き上げの見送りはその意向に沿ったものだ」と指摘した、とロイターは伝えている。 前回と同様、延期の決定、衆院解散、自民圧勝の流れを狙っている? 延期に向けた布石はすでに打たれているかもしれない。ロイターは、複数の政府関係者の情報として、延期した場合の経済効果や、 [全文を読む]

テレ朝「橋下徹の冠番組」こそ放送法違反だ! 私人と“政党の支配者“を使い分けるダブルスタンダードを許すな

リテラ / 2016年02月23日12時30分

昨年10月、橋下氏が率いる大阪維新は、大阪都構想反対の急先鋒であった藤井聡・京都大大学院教授が出演していた情報番組『おはようコールABC』(ABC朝日放送)に対して、政治的公平を定めた放送法4条に違反するとしてBPOに調査を申し立てていた。 だが、藤井氏はたんなる学者であり、自分の意見を述べたにすぎない。政治権力の不当な介入を防ぐという放送法の本来の趣旨 [全文を読む]

安倍、橋下、憲法がタブーに...リテラが選ぶメディアタブー大賞2015 第5位〜第2位、そして大賞発表!

リテラ / 2015年12月31日22時08分

たとえば、橋下氏がぶち上げた「大阪都構想」をめぐっては、反対派の急先鋒だった藤井聡・京都大学大学院教授に対して「バカな学者の典型」「この、小チンピラ」とツイッター上で罵るだけでなく、テレビ各局に「藤井を出すな」という内容の"要請文"を出していたことが発覚。もちろん文書では、自民党の"伝家の宝刀"となった〈放送法四条における放送の中立・公平性に反する〉とい [全文を読む]

大阪は「副首都」ではなく「アジアの商都」を目指せ - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2015年11月24日16時30分

これでは、強靭化と何が違うのでしょうか? もしかして、藤井聡氏と賛同する人たちの主張を掲載したページと間違えたのではないかと思ったぐらいです。 要するに、東京に集中している官庁の中で、例えば厚労省なら年金行政を行う部分であるとか、文科省なら文化庁や原子力行政に関する部分など、特に東京に置く必然性のない(あくまで仮の例として言っています)機能が大阪に移転して [全文を読む]

ダブル選挙「維新完勝」、大阪はなぜ橋下徹に騙されたのか? あの空気を作り出したものの正体、そして共犯者とは?

リテラ / 2015年11月23日20時00分

在阪テレビ局・新聞社の記者やデスクやディレクター、橋下氏に「敵」認定され、攻撃された平松邦夫・前大阪市長や藤井聡・京都大学大学院教授らによる証言、また著者自身が取材した記者会見での橋下発言やその報道内容から、権力者にコントロールされ、無自覚なままに「橋下礼賛」の空気を作ってきた在阪メディアの実情を明らかにしている。 [全文を読む]

美人姉妹アナが「おはようコールABC」で初共演!

Smartザテレビジョン / 2015年09月28日05時01分

ニュースコメンテーターには、ニュース情報番組などで活躍中の藤井聡氏(火曜出演)を迎え、ますますパワーアップして、フレッシュな情報と元気な朝を届ける。 ちなみに斎藤裕美は、MCの斎藤真美アナの実の姉ということで、これが姉妹初共演となる。 「おはようコールABC」のMCを務める斎藤真美アナの姉・斎藤裕美は、10月1日(木)よりニュースコーナーを担当。妹・真美 [全文を読む]

難民受け入れから制限へ。ドイツが今も背負い続ける「重い十字架」

まぐまぐニュース! / 2015年09月17日19時10分

三橋貴明、藤井聡(京都大学大学院教授)、柴山桂太(滋賀大学准教授)、施光恒(九州大学准教授)、などの執筆陣たちが、日本経済、世界経済の真相をメッタ斬り!日本と世界の「今」と「裏」を知り、明日をつかむスーパー日刊経済新聞! [全文を読む]

「戦後」はまだ続くのか? 安倍談話が触れなかったこと

まぐまぐニュース! / 2015年08月19日19時50分

三橋貴明、藤井聡(京都大学大学院教授)、柴山桂太(滋賀大学准教授)、施光恒(九州大学准教授)、などの執筆陣たちが、日本経済、世界経済の真相をメッタ斬り!日本と世界の「今」と「裏」を知り、明日をつかむスーパー日刊経済新聞! [全文を読む]

日本の農業は本当に補助金漬けなのか? デマで進められる亡国の農協改革

まぐまぐニュース! / 2015年08月03日19時00分

三橋貴明、藤井聡(京都大学大学院教授)、柴山桂太(滋賀大学准教授)、施光恒(九州大学准教授)、などの執筆陣たちが、日本経済、世界経済の真相をメッタ斬り!日本と世界の「今」と「裏」を知り、明日をつかむスーパー日刊経済新聞! [全文を読む]

橋下徹の圧力で凍りつく在阪テレビ局の「都構想」報道...あの怪物を作り出したのは誰だ!?

リテラ / 2015年05月15日21時00分

直接の原因は、今年2月、都構想批判の急先鋒である藤井聡京都大学大学院教授をめぐって、橋下徹大阪市長の意を受けた維新の党が在阪各局に送った2通の"圧力文書"。内容は〈藤井氏が、各メディアに出演することは、放送法四条における放送の中立・公平性に反する〉〈藤井氏が、維新の会、大阪都構想に中立なわけがなく、番組内で虚偽の中立宣言をした藤井氏を出演させている放送局 [全文を読む]

橋下徹、政界引退か連立入りか 大阪都構想「住民投票」の行方は

WEB女性自身 / 2015年05月13日06時00分

そんななか、橋下徹市長(45)からツイッターで「バカ」「嘘八百」と罵倒されたこともある京大大学院・藤井聡教授が5日、都構想の危険性を明らかにする学者の記者会見を開催した。 「先日27日からネットで呼びかけを始めたところ、一週間でさまざまな分野の研究者126名からご賛同いただきました。これだけ多くの学者が多面的に批判していることからもわかるように、橋下市長 [全文を読む]

安倍政権のテレビ局への圧力は「放送法」の拡大解釈だった! メディア法の専門家に聞く

リテラ / 2015年04月15日08時00分

また2月には橋下徹大阪市長が、自身の掲げる大阪都構想への批判をエッセーに記した京都大学大学院教授・藤井聡氏について「藤井氏が、各メディアに出演することは、放送法四条における放送の中立・公平性に反する」などとテレビ各局への出演取りやめを要請していることが明らかとなっている。 放送法の条文を見ると、たしかにそのなかでは「不偏不党」や「公正さ」が要請されている。 [全文を読む]

『文藝春秋』5月号には『少年A神戸連続児童殺傷家裁審判「決定(判決)」全文』を掲載特集は『患者が知らない「医療の真実」』電子雑誌版も同時発売

@Press / 2015年04月10日11時30分

他にも天候皇后両陛下のパラオご訪問秘話や大リーグから凱旋帰国した広島カープ・黒田博樹投手の独占告白、『捏造の科学者』で大宅賞を受賞した須田桃子さんと作家の宮部みゆきさんがSTAP細胞問題の真相に迫る対談、大阪都構想を鋭く批判する藤井聡氏の解説など、いま社会を賑わす事柄についての記事が満載の1冊となっています。 ■書誌情報 文藝春秋 2015年5月号 価格 [全文を読む]

戦後70年の日本 なでしこ日本-日本女性のあり方『言志2015年3月 vol.3』

DreamNews / 2015年03月17日10時00分

水島総 「死にますわ」ジャーナリスト本来の面目 _ 安倍昭恵内閣総理大臣夫人 「本当の世界平和を構築できるのは日本だけです」 萩生田光一 「『戦後レジームからの脱却』を目指す安倍政権の姿勢は不変です」 有村治子 「すべての女性が生き方に自信と誇りを持てる社会に」 藤井聡 「経済成長と財政再建の両立は可能である」 第1特集 戦後70年の日本――戦後日本の現 [全文を読む]

フォーカス