楠木正成のニュース

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

楠木正成(1294年-1336年7月4日) 楠木正成が40歳を迎えた1334年は、建武元年。後醍醐天皇が親政を始めた翌年で、建武の新政まっただ中。 楠木正成としてはやり遂げた感でいっぱいだったと思うのですが、この年、楠木正成の後ろ盾であった護良親王が謀反の嫌疑をかけられて失脚。楠木正成も役職を辞任しています。 翌1335年に足利尊氏が離反。正成は天皇に [全文を読む]

「公」のために生きた楠木正成を見直し、その世界にひたる「楠木正成ゆかりの地を訪ねて」旅行参加者募集中です

PR TIMES / 2017年02月06日13時45分

大阪、京都から3月20日出発の1泊2日 鎌倉訪問・靖国神社昇殿も 産経新聞社(本社・東京都千代田区、社長・熊坂隆光)は、大阪本社発行版朝刊で好評連載中の「楠木正成考」にちなみ、3月21日に東京・明治神宮会館で、作家の井沢元彦さんや雅楽師の東儀秀樹さんらを迎えて「楠木正成考」シンポジウムを開催します。これに合わせ、シンポへの参加や古都・鎌倉の南北朝ゆかりの地 [全文を読む]

<中国人観光客が見た日本>日本旅行での心残り、「二度と再会できなかった」

Record China / 2017年04月01日12時30分

楠木正成の銅像の前を通った時、夫がこの人物についてあれこれ説明してくれた。私はただ、この銅像が生き生きと、堂々としていると思っただけだった。皇居の松の木と周囲のビルのコントラストがとても強烈で、こうした都市の感覚は上海や北京ともまた違った。 それから銀座に移動。他の人たちが解散と同時に免税店に走る中、購買欲が強くなく“任務(※知人からの買い物の頼みを指す) [全文を読む]

誤解された「尊皇攘夷」。日本を救った吉田松陰が遺したもの

まぐまぐニュース! / 2017年03月12日08時00分

「七生説」とは、楠木正成が朝敵・足利高氏に勝ち目のない戦を挑み、最後には弟・正季と差し違えて死ぬ直前に「七生までただ同じ人間に生まれて、朝敵を滅ぼさばや(滅ぼしたい)」と言って、からからと笑ったという史話に依る。 松陰はこの3年前、安政3(1856)年に『七生説』という一文を書いた。そこでは、三度、湊川(兵庫県神戸市)の楠公正成の墓所を参拝して、そのたび [全文を読む]

日本近代史の謎。西郷隆盛は本当に「征韓論者」だったのか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月03日04時30分

楠木正成あり、吉田松陰あり、そして大東亜戦争での特攻隊員たちがいる。西郷とその弟子たちもその系譜に連なっているのである。 こう考えてくると、「彼らが命を懸けてまで守ろうとした未来に、私たちは生きている」という以前紹介した映画『男たちの大和』のコピーがしきりに心に浮かぶ。しかし、その未来に生きる私たちは、今度は私たちの子孫のために、どのような「記憶」を残そう [全文を読む]

日本時代に帰りたい。台湾人女性が語る「美しき幸せな日々」

まぐまぐニュース! / 2017年02月28日04時30分

楠木正成、二宮金次郎、宮本武蔵から、野口英世、東郷元帥、乃木大将、そしてエジソンやキューリー夫人…、これらの人物が艱難辛苦を乗り越えて、立派な人になった、という話に、楊さんは感動して、自分もそうなりたい、と思った。 先生は「我が国には昔こういう偉い人がいた」という具合に教えてくれた。「日本には」とは言わなかった。だから楊さんも「我が国」と覚えてきた。 毎朝 [全文を読む]

【新刊】「新日本人物史 ヒカリとあかり」3巻 発売中

PR TIMES / 2017年02月01日14時42分

[画像: https://prtimes.jp/i/21716/23/resize/d21716-23-918715-0.jpg ] 「源実朝」「鴨長明・兼好法師」「北条時宗」「楠木正成・高師直」「足利義教」「大内教弘」の8人を取り上げています。 歴史の勉強は、勝者や勇者だけに目が行きがちですが、実は「裏と表」があります。南北朝の争い、民衆の一揆など、敗 [全文を読む]

落書きから見る歴史 いたずらが「第一級史料」を生み出す?

しらべぇ / 2016年09月22日05時30分

死を遂げるまで後醍醐側だった楠木正成ですら、「足利尊氏と和睦するべきだ」と主張している。つまり二条河原の落書は、この当時の大混乱を見事に書き表した文章なのだ。■カンボジアに日本の武士がもうひとつ有名な落書きを挙げれば、「アンコールワットの日本語文章」がある。これは17世紀、カンボジアにやって来た森本一房という日本の武士が書いたものだ。この森本一房、父はあの [全文を読む]

TVは勉強の敵にあらず。家族で「大河」を観る子は勉強が好きになる

まぐまぐニュース! / 2016年09月07日19時00分

足利尊氏、新田義貞、後醍醐天皇、楠木正成、高師直など、個性豊かな歴史上の人物が次々と登場して、鎌倉時代から南北朝時代を経て室町時代に至るまで、わくわくしながら見たものでした。足利尊氏に興味を持ち、関連する本も何冊か読みました。一年間見ていると、その時代についてかなりくわしくなります。 大事なのは、よい番組を選んで見ることです。そのためには、そのときたまたま [全文を読む]

尊氏はこんなにムチャクチャだった。学校で教えてくれない南北朝時代

まぐまぐニュース! / 2016年02月17日08時00分

九州から押し寄せた足利軍に対して、延元元(1336)年5月25日、湊川(現・兵庫県)の戦いに敗れた後、楠木正成・正季兄弟は「七生報国(七たび人間に生まれ変わって国に報いる)」を誓って差し違えた。 5月27日、後醍醐天皇は叡山に逃れたが、8月15日、京都に入った足利尊氏は持明院統の光厳(こうごん)上皇の弟宮を立てて光明天皇とした。後醍醐天皇が在位されている [全文を読む]

最古の兵法書を読んでわかった、日本が中国・韓国と相容れない理由

まぐまぐニュース! / 2016年02月12日06時00分

後に武士の理想像とされたのは楠木正成だが、人々が仰いだのは戦いでの卓抜な機略もさることながら、あくまでも後醍醐天皇の理想に殉じ、最後は弟と「七生報国(七たび生まれ変わっても国に報じよう」と言い交わし、高笑いした後に差し違えて自刃した一途さだった。 身の栄達も、謀略による勝利も願わず、ひたすらに志を遂げんとする一途さは、幕末に多くの志士を振るい立たせた吉田 [全文を読む]

<毎回「脳内脚本」を書いてます>私、江川達也は大河ドラマ「花燃ゆ」の屈折した大ファンである

メディアゴン / 2015年05月20日10時30分

光源氏(これは架空の人)、楠木正成、足利義教、織田信長、吉田松陰、伊藤博文、山県有朋、山本権兵衛、石原莞爾。自分以外の作者の描く歴史漫画は大体が嘘八百だと思っている。まあ、自分も編集者から漫画として面白くする為にウソをつくように説得されてしまったことがあるので大きな顔は出来ない。漫画として面白く描こうとすると歴史的史実と矛盾する。漫画として面白いということ [全文を読む]

戦国武将の兜を小スペースに飾れる伝統の技が活かされたインテリア兜5種の販売を開始いたしました。

DreamNews / 2015年04月13日17時00分

兜【楠木正成】http://naire-shop.com/naire-gingado-005/兜【黒田官兵衛】http://naire-shop.com/naire-gingado-003/兜【真田幸村】http://naire-shop.com/naire-gingado-004/兜【伊達政宗】http://naire-shop.com/naire-gi [全文を読む]

新感覚操作型タワーディフェンスゲーム『戦国ディフェンス』4日間限定スペシャルイベント「すみ姫のホワイトデープレゼント回収計画」を実施!【トランスコスモス株式会社】

DreamNews / 2015年03月13日14時00分

・ステージ4ボス:冠位十二階 報酬:銅銭2,000枚・ステージ14ボス:平将門 報酬:復活の御札・ステージ18ボス:源義経 報酬:銅銭5,000枚・ステージ27ボス:藤原道長 報酬:体力強化1.2倍・ステージ48ボス:楠木正成 報酬:復活の御札・ステージ62ボス:新田義貞 報酬:銅銭20,000枚・ステージ93ボス:北条早雲 報酬:銅銭40,000枚 ※ [全文を読む]

石坂浩二から武田鉄矢へ「お前みたいな顔に生まれたかった」

NEWSポストセブン / 2014年12月14日07時00分

なんてことを言うんだろうと思いましたよ」 その後、『徳川家康』では豊臣秀吉、『太平記』では楠木正成、『龍馬伝』では勝海舟と、大河ドラマに何度も出演している。「歴史上の人物を演じる時は、肌触りを大事にしています。人物としての木目(きめ)を出したいんですよ。秀吉の時は感情豊かに、人間の強弱をつけていく。母親が死んだときはガキミソのように、泣くだけ泣こう、とか。 [全文を読む]

歴☆女子会一押しの歴史小説『神剣の守護者』(智本光隆著)を期間限定セール

PR TIMES / 2014年11月12日14時41分

■セール対象タイトル タイトル:『神剣の守護者』 著者:智本光隆、今市子 (イラスト) 発行:学研パブリッシング 販売価格(税抜):通常価格952円→特別価格500円 セール期間:2014年11月25日まで 内容紹介: 「天下を統べるにふさわしき人物が現われるまで、この剣を守護せよ」 第六天魔王・信長が敵にした男は、軍神・楠木正成の末裔だった! 信長の伊 [全文を読む]

aura あなたは誰を導く星になる――? 「明星の華~太平記異聞~」 女性向け無料恋愛シミュレーションゲーム Mobage・mixiにて配信開始!

PR TIMES / 2014年03月12日13時51分

<キャラクター>【謎に満ちた天才軍略家】楠木正成【鎌倉を攻め落とした男】新田義貞【鎌倉武士の誇りを貫く】北条仲時【鎌倉幕府最後の執権】北条守時【栄光と悲劇の皇子】護良親王【元祖バサラ大名】佐々木道誉【足利幕府の副将軍】足利直義【南北朝時代最強の武将】北畠顕家【悪と色のインテリ執事】高師直【随筆『徒然草』の作者】吉田兼好<ゲーム画面><『明星の華~太平記異聞 [全文を読む]

aura あなたは誰を導く星になる――? 「明星の華~太平記異聞~」 女性向け無料恋愛シミュレーションゲーム GREE版アプリにて配信開始!

PR TIMES / 2014年02月28日12時55分

<キャラクター>【謎に満ちた天才軍略家】楠木正成【鎌倉を攻め落とした男】新田義貞【鎌倉武士の誇りを貫く】北条仲時【鎌倉幕府最後の執権】北条守時【栄光と悲劇の皇子】護良親王【元祖バサラ大名】佐々木道誉【足利幕府の副将軍】足利直義【南北朝時代最強の武将】北畠顕家【悪と色のインテリ執事】高師直【随筆『徒然草』の作者】吉田兼好<ゲーム画面><『明星の華~太平記異聞 [全文を読む]

フォーカス