真田幸隆のニュース

特許取得の生地を使用した包帯パンツ(R)を展開するSIDO(シドー) 甲冑パンツ「真田幸隆」モデルをオンラインストアで先行発売

DreamNews / 2016年12月19日09時00分

医療用包帯を元に独自に開発した特許取得の生地「HOHTAI(R)(ホウタイ)」を使用したアンダーウェアブランド、SIDOを展開するログイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野木志郎)は甲冑パンツの新作「真田幸隆」を2016年12月17日からSIDOオンラインストアにて先行発売します。2008年にスタートした甲冑パンツの今回の新作は、真田三代の既 [全文を読む]

真田三代の激動の歴史に迫る!第3回「真田三代戦国歴史検定」2016年3月6日開催

DreamNews / 2015年10月26日15時00分

日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 彰、略称:日販)は、真田幸隆・真田昌幸・真田信繁らの「真田三代」を通じて戦国時代に関する知識を問う「真田三代戦国歴史検定」を、2016年3月6日(日)に、真田町(長野県上田市)・東京・大阪にて開催します。当検定は、上田市、真田町商工会の後援のもと、日販が企画・運営を担当します。日本出版販売株 [全文を読む]

「真田幸村」の本当の名前、御存知ですか? 「真田三代戦国歴史検定」 2014年11月30日開催

DreamNews / 2014年08月01日14時00分

日本出版販売株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役:平林 彰 略称:日販)は、真田幸隆・真田昌幸・真田信繁の「真田三代」を通じて戦国時代に関する知識を問う「真田三代戦国歴史検定」を、11月30日(日)に、真田町(長野県上田市)・東京・大阪にて開催します。当検定は、上田市、真田町商工会の後援のもと、日販が企画・運営を担当します。日本出版販売株式会社(本社 [全文を読む]

今でも“『真田丸』ロス中……”という人にオススメ、『信長の忍び』原作者:重野なおきの『真田魂』をみんなで読もう

おたぽる / 2017年02月09日20時00分

まず物語は、昌幸の父・真田幸隆がなぜ武田家に仕えることになったのか? というところからスタート。その後、昌幸と山手殿(『真田丸』では高畑淳子が演じていた薫にあたる)の婚約~村松殿(木村佳乃が演じていた松)、信幸、信繁の誕生~武田信玄の死~そして長篠の戦で武田勝頼が大敗を喫してしまう――といったエピソードが第1巻では描かれている。 真田幸隆はかなり優秀な武 [全文を読む]

池波正太郎と大河ドラマが描く真田一族の街・信州上田

IGNITE / 2016年04月20日08時00分

少し中心部から離れてしまうのだが、真田信繁の祖父である真田幸隆が開山した真田家の菩提寺・長谷寺へ向かった。真田氏発祥の郷と言われる場所より、さらに山へと進む。 アーチ状になっている珍しい石門には六文銭が刻まれており、枝垂れ桜を初めとする花々が咲き乱れていて非常に美しい。 ここには真田幸隆夫妻と昌幸の墓がある。木々に囲まれ、そこには静かな時間が流れていた。 [全文を読む]

「真田丸」信尹と三十郎が“出演馬”たちの故郷へ!

Smartザテレビジョン / 2016年07月31日14時00分

その近くには武田家臣団の屋敷跡も多数あり、その中には信尹の父・真田幸隆のものも。信玄の屋敷との近さから、いかに幸隆が信玄にとって重要な家臣だったかが伝わる。 そして、2人はミニ企画展「隠岐殿遺跡の謎」が開催中の韮崎市民俗資料館も訪問。“隠岐殿遺跡”とは、武田家最後の当主・勝頼が築いた新府城下で発掘されたもので、信尹が武田家に仕えていたころの屋敷跡だったの [全文を読む]

真田丸『第26話』裏解説。朝鮮出兵の裏で起きていた奥羽の反乱

まぐまぐニュース! / 2016年07月03日13時00分

#真田丸 — ちるきち (@chirukichi) 2016年7月3日 ところでばば様(おとり様)の夫であった真田一徳斎こそ真田幸隆ですよね。幸隆さんと言うといまだに佐々木蔵之介さんの面影が浮かんでまいります。 #真田丸 — レイチェル@スカピン待機 (@Rachel2012R) 2016年7月3日 一見コント回のふりして一枚皮はぐと「朝鮮出兵」「秀勝死 [全文を読む]

真田幸村ゆかりの地に、歴史好き芸人ユニット「ロクモンジャー」が見参!

エンタメNEXT / 2016年03月30日19時00分

月1ででの歴史トークライブやバスツアーなども大好評で、4月30日売りの本誌「月刊エンタメ」にて新連載も決まっているので要チェック! 【甲冑のモデル】 いけや⇒真田幸隆(幸村の祖父) 房野 ⇒真田昌幸(幸村の父) トール⇒真田幸村 金田 ⇒穴山小助(真田十勇士の1人) 長谷川⇒三好清海入道(真田十勇士の1人) 山本 ⇒足軽B >公式サイト「軍師と足軽」 ht [全文を読む]

武将が敵味方なく供養される高野山 織田信長と明智光秀も

NEWSポストセブン / 2016年03月03日11時00分

また、信繁の終生の敵となった徳川家康や、祖父・真田幸隆が忠誠を誓った武田信玄のゆかりの寺院も建ち、そこにも伝来の文化財が残る。 かつて延暦寺を焼き討ちにし、本願寺と全面戦争を起こした仏教の敵ともいうべき織田信長の供養塔まで受け入れた高野山の懐の深さは、今なお変わることはない。 名将たちが一堂に会する高野山は現在、どの供養塔も雪に覆われ静かな時に包まれている [全文を読む]

爆乳から百合系まで!「萌え」なイラストで見る戦国軍師辞典が大評判

AOLニュース / 2014年10月02日19時00分

そのため、ネット上からは、 「ついに軍師まで萌え化の時代になったか...」 「真田幸隆キタwwww」 「ラインナップが意外と渋くてワロスwww」 「遂に甲斐親直が日の目を浴びる日が来たか」 「僧侶軍師の萌えに期待」 「戦国IXA層にはタマらんもんがあるな...」 「個人的には東北勢とか気になるんだが」 ...と、早くも評判の様子。 戦国ファンも萌え好きの [全文を読む]

フォーカス