松谷みよ子のニュース

松谷みよ子氏 晩年は本来の純粋でかわいらしい面強くなった

NEWSポストセブン / 2015年06月02日07時00分

570あまりの著作が今なお読み継がれている児童文学作家・松谷みよ子さんは、早くに離婚をして子供を1人で育てながら仕事をしたシングルマザーでもあった。「モモちゃん」のモデルでもある長女・瀬川たくみさんから見た松谷さんはどんな母親だったのだろう。在りし日の思い出を語った。 文/井上理津子(ノンフィクションライター) 〈たくみさんは、12年前から松谷さんの仕事を [全文を読む]

松谷みよ子氏 亡くなる直前を「モモちゃんのモデル」が述懐

NEWSポストセブン / 2015年05月28日11時00分

570あまりの著作が今なお読み継がれている児童文学作家・松谷みよ子さんは、早くに離婚をして子供を1人で育てながら仕事をしたシングルマザーでもあった。「モモちゃん」のモデルでもある長女・瀬川たくみさんから見た松谷さんはどんな母親だったのだろう。在りし日の思い出を語った。 文/井上理津子(ノンフィクションライター) 〈享年89。「母は、かっこよすぎるくらいかっ [全文を読む]

松谷みよ子さん 離婚した夫と隣の墓へとの提案に「いいね」

NEWSポストセブン / 2015年05月29日07時00分

『モモちゃんとアカネちゃん』シリーズや『いない いない ばあ』などの著作で知られる児童文学作家・松谷みよ子さんが、今年2月28日に老衰で亡くなった(享年89)。松谷さんは、早くに離婚をして子供を1人で育てながら仕事をしたシングルマザーでもあった。「モモちゃん」のモデルでもある長女・瀬川たくみさんが、松谷さんの最後の誕生会の様子と、父について語った。文/井上 [全文を読む]

なぜ、一度は愛し合った男女が別れてしまうのか 社会の中で“夫婦”であり続けることの難しさ

ウートピ / 2016年05月19日21時00分

『小説・捨てていく話』松谷みよ子(筑摩書房)〈たとえば、こんな方におすすめ〉かつて相思相愛だったパートナーとの「愛の変質」に悩んでいる人子どもの頃、母によく読み聞かされていた童話『ちいさいモモちゃん』に、実は続編があったと知ったのは、大人になってからだった。シリーズは全6作からなり、モモちゃんを主人公とする物語が前半の3作、4作目以降はモモちゃんの妹、アカ [全文を読む]

0歳~2歳まで楽しめるオススメ絵本3選

Woman.excite / 2016年04月28日04時00分

■赤ちゃん絵本の定番「いないいないばあ」『いないいないばあ(松谷みよ子あかちゃんの本)』(文・松谷みよ子、絵・瀬川康男/童心社)発売から48年、約560万部を超える日本で最も売れている絵本のひとつ。クマやネコ、ネズミなどの動物が「いないいないばあ」をするシンプルな絵本です。私は、息子が生後2ヶ月の頃からこの絵本を読み聞かせていました。2ヶ月くらいの赤ちゃん [全文を読む]

どんな本が読まれてる?絵本の年間1位はやっぱりあの話題作!【年間ランキング・本編】

Woman Insight / 2016年12月16日11時45分

絵本1位は「子どもがすぐ寝てくれる!」と話題の『おやすみ、ロジャー』 <絵本ランキング> 【第1位】おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本※電子書籍あり 著者:カール=ヨハン・エリーン (著)/出版社:飛鳥新社 【第2位】 もうぬげない/ヨシタケ シンスケ/ブロンズ新社 【第3位】 このあとどうしちゃおう/ヨシタケ シンスケ/ブロンズ新社 【第4位】 だ [全文を読む]

「初めての読み聞かせ」におすすめ! 赤ちゃんウケ抜群の絵本5選

Woman.excite / 2016年09月13日08時00分

■遊びを覚えられる絵本『いないいないばあ』作:松谷みよ子、絵:瀬川康男出版社:童心社顔を手で隠して、「いないいない」、手をぱっと外して「ばあ!」として見せる伝承遊び、「いないいないばあ」をテーマにした定番の赤ちゃん絵本です。大抵の赤ちゃんは、この単純な遊びが大好きで、絵本の中の猫やクマが「ばあ!」と顔を出すたびにキャッキャと大喜び。もう1回読んでと何度もせ [全文を読む]

なぜ人はうわさ話が好きなのか? うわさの真意を求めることとは別の、人々の心意

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月05日06時30分

しかし、児童文学作家の松谷みよ子氏から「あなたの目の前の伝承をみつめてみては」と助言され、自分の勤務先の生徒から話を聞き記録するようになったそうだ。 学校といえば、「学校の怪談」である。無人の音楽室でピアノが鳴る話などは、鎌倉時代にはすでに箏(そう)が夜更けに鳴るという同想の話がみえ、「昔からの言い伝えの焼き直しにすぎない」のだとか。そのうえで、怪談話の機 [全文を読む]

眠りスイッチが入りやすくなる!? パパおすすめの「読み聞かせ絵本」3選

It Mama / 2016年04月23日20時45分

【参考】 ※ いないいないばあ改版 – 松谷みよ子 ※ おひさま あはは – 前川かずお ※ だるまさんが – かがくいひろし [全文を読む]

プレママ・ママが選んだ「0歳児向けの絵本」TOP3―あのロングセラー絵本が第1位に

ダ・ヴィンチニュース / 2016年02月03日06時30分

◎誰もが1度は読んだロングセラー絵本が第1位!【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ■『いないいないばあ』著:松谷みよ子イラスト:瀬川康男発売日:1967年4月15日出版社:童心社赤ちゃんの大好きな「いないいないばあ」遊びを題材とした絵本で、1967年に発行された『いないいないばあ』が見事第1位を獲得。親子2代にわたって愛読しているという人も多いようで [全文を読む]

【巻頭大特集】ミリオンセラー絵本が生まれた秘密を総力特集! 100万冊売れた絵本のはなし【とじこみふろく】「ぐりとぐら」ポストカード4枚セット。MOE 11月号は、10/3発売!

DreamNews / 2015年10月02日16時00分

MOE 11月号は、10/3発売!MOE2015年11月号、10月3日発売! ■ 巻頭大特集 ■ミリオンセラー絵本が生まれた秘密を総力特集! 100万冊売れた絵本のはなし ● 最新スペシャルインタビュー1中川李枝子『ぐりとぐら』 ● 世代を超えて愛される 日本のミリオンセラー絵本ランキング ● 最新スペシャルインタビュー2かこさとし『はははのはなし』 ● [全文を読む]

大切な思い出を次世代へ…好きな絵本ランキング

NewsCafe / 2015年04月27日12時00分

先日惜しまれつつ世を去った絵本作家・松谷みよ子さんの「いない いない ばあ」などは、1967年の初版発行に始まり、1981年に第72刷発行、同年に改版第1刷を発行し、2014年には改版第228刷…。帯には"560万部"という堂々の数字が印刷されている(2015年3月末現在)。現代では大人をメインターゲットとした芸術性の高い絵本も数多く出版されているが、それ [全文を読む]

”富国強猫”掲げ…『ねこ新聞』発行し続ける夫婦の思い

WEB女性自身 / 2014年10月12日07時00分

紙面を飾ったのは、児童文学の巨匠・松谷みよ子のエッセイ。創刊時は夫婦とも編集も出版もズブの素人だった。 発行部数も順調に伸びたが、間もなく創刊1周年というとき、思いもよらぬアクシデントに見舞われる。夫婦で編集作業をしていた 95年5月。緑郎さんが脳出血で倒れたのだ。開頭手術は9時間に及んだ。一命は取り留めたものの、後遺症から緑郎さんの左半身が完全まひになっ [全文を読む]

じぇじぇ~っ能年玲奈の命が危険! 海女にまつわる本当に怖い怪談4選

ハピズム / 2013年05月17日09時00分

松谷みよ子『現代民話考3』(筑摩書房)より) [全文を読む]

フォーカス